夢の中に出てきた黄色い本

こんにちは、留年玉子です。

土日は何だかストレスが溜まっていてクタクタになって寝ていました。
土日にこんなにぐったりしてしまうのは久しぶりです。
原因はまぎれもなく「派遣切り」です。
間違いありません。

ところで、僕は土日にぐったりしていたわけですが、寝ているときに夢を見ました。
今回はその夢について書きます。

僕はある友達といっしょにどこか知らない街を歩いていました。
その友達というのは、ぶっちゃけ全然知らない人です。
顔も名前も全く知りません。
全然知らない人なのに、やたらと親しげに話していました。
(夢の中では、知らない人となぜか友達になっていることがよくあります。)

その街というのは、都会というよりは田舎のような雰囲気でした。
ほどほどに店がある田舎で、雰囲気的には僕の故郷の岡崎市に近い感じでした。

その友達と一緒に歩いていると、田舎の小さなスーパーみたいなところに着きました。
そのスーパーの入り口で何やら誰かが講演会をしていました。
よく見ると、「いつやるか?今でしょ!」の林修氏の講演会でした。

いったいなんでこんな小さなスーパーで林氏は講演会をやっているのでしょうか?
主婦の方をターゲットにしているのでしょうか?
講演会をやるにしても、イオンとか百貨店とかもっといいところでやればいいのに。
とは言っても、これはただの夢の中の出来事なので、こんなことをつっこむのはやめましょう。

講演会で林氏は「夢の実現のために必要なこと」というようなテーマで話していました。
ホワイトボードに何やらいろんなことが書かれていました。
残念ながら、僕は講演会の内容をほとんど覚えていません。
1つだけ覚えているのは、「継続すること」とホワイトボードに書かれていたことぐらいです。
講演会の終わりにはやっぱりこの言葉でしめていましたね。(笑)

 「いつやるか?今でしょ!」

それよりも気になったことは、林氏の前にある机に黄色い本が高々と平積みされています。
どうやら、今日の講演会はその本のPRのようでした。
一緒にいた友達は林氏にサインをもらって大喜びしていました。
僕の方は「あの黄色い本って何だ?」と考えていました。
夢はそこで終わりました。

夢から覚めた後、あの黄色い本のことが気になり、Amazonで調べてみました。
そしたらありました!!!

b0204981_22501044.jpg


「今やる人になる40の習慣」という本でした。
そうです、これに間違いありません。
実は、この本は本屋で何度も見ています。
でも、そのときは大した興味もなかったので、印象には残っていませんでした。
「あ~最近流行ってる今でしょの人の本か…」というぐらいしか思いませんでした。
それがなぜか今になって夢に出てきました。
いったいなぜかは分かりません。

そういえば、ケクレという科学者が夢をヒントにしてベンゼン環を発見したという話を思い出しました。
同じように、夢に出てきたこの本が今の問題解決のヒントになるかもしれません。
僕は派遣切りに遭って、「どうすればいいんだ」と悩みながら寝ました。
その解決策を脳が必死に考え、夢の中で形にして表したのがこの黄色い本なのかもしれません。
そう思うと、この本に興味が出てきて、とうとう買ってしまいました。
もちろん、これは僕の勝手な解釈が入っています。
夢に出てきたものが役に立つとは限りません。
でも、夢の中に出てきたものが現実に役立つかどうかを調べてみるのも面白いと思いませんか?
僕は面白いと思います。

というわけで、林氏の「今やる人になる40の習慣」を読み始めました。
正直言って、けっこう耳の痛いことも書いてあります。
今の僕には、耳障りのよい言葉よりも、耳に逆らう言葉の方が必要なのかもしれません。
もし、この本が役に立ったら、またブログで紹介したいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2013-06-24 23:11 | | Trackback | Comments(0)

今日見た夢 自分の部屋の見知らぬ住人

こんにちは、留年玉子です。
今、企業研究と業界研究が終わりました。
企業研究は、会社情報、製品以外にも、働いている先輩の声を13人分ノートにまとめてみました。
業界研究は、業界地図を2年分見比べて、どう変化したか、ライバルの会社はどこかをまとめてみました。
これだけやれば十分だと思います。
次は、履歴書を書いて、面接の練習をしたいと思います。
面接まであと1週間なので、まだ十分間に合います。

さて、今日は僕はこんな夢を見ました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
僕は近所のスーパーで食料品を買い、自分のアパートに帰ってきました。
しかし、帰ってくるといつもと部屋の雰囲気が違っていました。
僕のアパートは2Kで、和室が2部屋、キッチンの部屋が1つあります。
何と、そのそれぞれの部屋にPCが置いてありました。
普段はデスクトップのPC1台のみなのに、急に3台に増えていました。
それからしばらくすると、見知らぬ人たちが「ただいま」といって僕の部屋に入ってきました。
彼らは、男3人女2人で、全く顔と名前も知りません。
でも、本当に何食わぬ顔で入ってきました。
そして、彼らはいつまで経っても帰りませんでした。
なので、僕は彼らに質問しました。

留年玉子:もしかして、君たちはこの部屋で一緒に住む気なのか?
男女   :そうです。僕たちはもうすぐXX大学に入学するんで、ここに住むことになったんです。
       よろしくお願いします。
留年玉子:こちらこそ、よろしく。

普通なら、見知らぬ人に勝手に居候されたら追い出したくなります。
でも、なぜか急に仲良くなり、追い出す気がなくなりました。
いろいろ、大学生活の不安を相談しているうちに、だんだん楽しくなってきました。
そして、彼らと一緒に住もうと思いました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
…と言った所で夢は終わってしまいました。
何だか、人の温かみを感じる夢でした。
いったいこの夢が何を意味しているのかは分かりません。
そこで、この夢を自分の独断と偏見で分析してみました。

夢の中では、見知らぬ人が自分の部屋に入ってきました。
これは、就職活動の面接に通じていてます。
なぜなら、面接では見知らぬ人に自分の内面について質問されるからです。

また、面接では初対面の面接官と話します。
夢の中でも、初対面の男女と話しました。
しかも、僕は彼らとと一言交わしただけで仲良くなっています。
なので、この夢は「次の面接で上手くいく」という暗示かもしれません。

この分析が合っているかは分かりませんが、そうなれるように面接の準備をしたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-24 22:21 | | Trackback | Comments(0)