カテゴリ:タイムマシンシリーズ( 3 )

 

タイムマシンシリーズ 2003年8月16日

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。
とうとう盆休みも終わりなのに、まだ仕事がありません。
今日は今から12年前の2003年8月16日にタイムスリップしてみます。
2003年のとき、僕は大学入試に失敗して浪人生活を送っていました。
じゃあ、12年前の今日の留年玉子は一体何をしていたのでしょうか?
今回は昼の日記と夜の日記の2つあります。(笑)
--------------------------------------------------------
2003年8月16日(土)

<昼の日記>
すごく無気力だ。
何をするのも面倒くさいような気分だ。
これが「夏バテ」というやつなのだろうか。
しかし、今は受験生だから、そうバテてもいられない。
だから、早いところ体調を整えよう。
まあ、今まで受験勉強をやってきて、いろいろうまく行かないことが多かった。
それで疲れているのだろう。
悩めば悩むほど嫌になってくる。
だから、しばらく悩みから離れよう。
さて、それじゃあ自転車で河原を走ってくるか。
たまには体を動かそう。

勉強の方はいろいろ思い通りにいかないことが多かったけど、しかし、それなりに成績は伸びてきている。
せっかくここまで成績が上がったのだから、ちゃんとバトンを引き継いで最後まで走りきろう。
今の俺に足りないのは活力だけだ。
能力はちゃんと備わっているので、今は活力を取り戻そう。
ここであきらめたらもったいないぞ。
今からちゃんと活力を取り戻して、精一杯走りきってくれ。
--------------------------------------------------------
<夜の日記>
勉強しているうちに、だんだんと英語に自信がついてきた。
イディオムゼミのテキストをやってきたので、確かにマーク模試の文法の正解率が上がってきた。
また、そのテキストのイディオムも覚えてきたので、長文も少しずつだが読めるようになった。
あとはしっかりと腰を据えて長文対策をしよう。
とにかく、英語の長文に対する慣れが必要だから、来週は長文の問題集にとりかかろう。

あと、苦手な国語をやろう。
現代文は青本で7年分解いて、漢文は日栄社の薄い問題集をやる。
そうするだけでだいぶ違うだろう。

それから、あとはとにかくやり残した講義の復習をこの週のうちに片付けてしまいたい。
来週は授業がないといったって、休日のバカンスを楽しんでいると二学期が危うい。
だから注意しよう。

物理はスタンダード物理IB・IIを一冊仕上げよう。
(二学期までに)
夏休み中は予備校のテキストで電磁気を補い、スタンダード物理IB・IIで力学をしっかりと固めておきたい。

化学は気体、熱化学方程式だな。

数学は複素数の補講の復習が終わったら、問題集をどんどんやっていこう。

さて、そろそろ寝るか。
さあ、明日も頑張ろうぜ!!!
せっかくここまで成績が伸びたんだから、○○大に合格しなきゃもったいない。
--------------------------------------------------------
<補足説明>
2003年の今日は無気力な状態から立ち直って受験勉強を再開できたようです。
気持ちが乗らないときに自転車で河原を走ってくる習慣は、浪人生のときからやっていたんですね。
今の僕は庄内川の河原をよくサイクリングします。
昔の僕は岡崎市に住んでいたので、矢作川の河原でよくサイクリングしました。
(実家がちょうど矢作川の近くにありました。)

あと、夜の日記を見て思いました。
昔の自分はかなり計画的に物事を考えてるなあ。
僕は昔の自分をもう少し見習わないといけないな。(笑)

イディオムゼミというのは、予備校でやる英文法、英熟語の小テストのことです。
そのイディオムゼミで使っていたテキストはこれです。↓
b0204981_03172994.jpg

「大学入試スーパーゼミ 全解説 入試頻出英語標準問題1100(桐原書店)」を使っていました。
b0204981_03173818.jpg

最終的にこのテキストを3回繰り返しました。
この気合入った線引きを見ると、当時のことを思い出して気が引き締まります。
現在手元にある浪人時代の参考書はこの1冊だけです。
ほとんど捨ててしまったのですが、この1冊だけは非常に思い出が詰まっていて捨てられないです。
何より「同じテキストを3回繰り返した」というのが本当に有意義な経験でした。
そして、できなかったことができるようになって、退屈な受験勉強が少しずつ楽しくなりました。
もしかしたら、このあたりの体験は社会人になった今でも生かせそうです。

僕はこの浪人時代がいちばん勉強できました。
下手すると、大学に入った後よりもこの浪人時代の方がしっかり勉強してるんじゃないかな。
現在の僕は適応障害になって会社に行けなくなりました。
それでも、心の底で「何とかなるんじゃないかな」と思っている自分がいます。
いや、実を言うと僕はいつもそうです。
2年留年したときも、就職活動に失敗したときも、派遣切りにあったときも、いつも何とかなると思っています。
それはやっぱりこの浪人時代の必死に勉強した経験があるからです。
どんなに失敗しても「浪人時代にこれだけやったんだから大丈夫」というのがあります。
この浪人時代は最大の心の支えになっています。

あ~補足説明からかなり脱線して熱く語ってしまいました。
留年玉子はきっと次の仕事を見つけるでしょう。
今日はこれで終わります。

[PR]

  by blueshine6096 | 2015-08-17 03:53 | タイムマシンシリーズ | Trackback | Comments(0)

タイムマシンシリーズ 2002年8月1日

こんにちは、留年玉子です。
さっそくタイムマシンシリーズを始めたいと思います。
今日は今から13年前の2002年8月1日にタイムスリップしてみます。
---------------------------------------------------------------------------
2002年8月1日(木)

首が痛かった。
寝違えたのかもしれない。
そのせいか、補習、学習に身が入らなかった。
図書館学習のときは、物理や数学は首が痛くてとても考えられなかったので、英語の書き取りプリントをやった。
これなら頭を使わずにできるので、首が痛いながらもやることができた。
ただし、頭に入ったという自信はないけど。
今も首が痛い。
今日は氷枕で冷やそう。

「Sincely yours」の魅力がだんだんと分かってきた。
曲調、歌詞とともに全く無理がない。
肩の力が抜ける曲だ。
すごく助かる。
いつも無理してしまう俺でもこの曲を聞くとほっとする。

俺は大学受かるのだろうか…。
全くブルーだ。
俺は疲れた。
この曲が俺に力を与えてくれる。
だから、俺は生きる。
---------------------------------------------------------------------------
<補足説明>
この文章だけだとよく分からないところがいっぱいあるので、補足説明を付け加えます。

2002年当時、僕は高校3年の受験生でした。
愛知県岡崎市の某公立高校に通っていました。
山の上にあるバカ高校で、センター試験前日でさえ教室でプロレスごっこしてるようなところでした。
(今はだいぶマシになっているそうです。)
どうやら13年前の僕は寝違えてしまったようですね。(笑)

8月1日なので夏休みでした。
僕の通っていた高校は宿題がめちゃくちゃたくさんあって、夏休みのほぼ毎日補習でした。
愛知県の高校、その中でも岡崎市内の高校は本当に管理的というか、規則でガチガチに縛るところが多いんですよね。
宿題の中で、英語の書き取りプリントというのがありました。
ただひたすら英文を5回書かされるという本当にしょうもない宿題でした。
こんなのをやらされて英語が好きになるわけがないよ。

図書館学習というのは、補習の後に図書室が開放されていて、そこで勉強できるというものです。
公立高校の教室にはクーラーがありません。
8月の真夏日でも教室で汗まみれになりながら補習を受けなければなりません。
とある先生が数学の補習中にこんなことを仰られていました。
「暑さに耐えて必死で勉強することで人間性が磨かれる」
嘘付けバカ野郎!!!
今思うと、この先生はそうとう頭いかれてると思います。
話が逸れましたので元に戻します。
教室にはクーラーはないけど、図書室にはクーラーがあります。
なので、図書室は天国でした。
また、図書室は私語厳禁なので、孤独に黙々と周りを気にせずに勉強できるのがよかったかな。

あと、文章に出てきた「Sincerly Yours」というのはこんな曲です。

【ニコニコ動画】【日常MAD】Sincerely Yours

まあ、歌はお世辞抜きですごく上手いと思います。
当時はこの歌手のファンでした。
(今は完全に冷めているので、名前は書きません。)
でも、もう2010年に引退してしまいました。
今は犬の食べ物、飲み物を販売しています。(笑)

2002年の今日は、受験勉強に疲れていたようです。
今思うと、先生もけっこう無茶苦茶なことを言ってたんですね。
学校の先生のいうことを真に受けてはいけません。
その暑さに耐えて必死に勉強した僕は大学に落ちましたし、人間性は今のような会社にろくに行けない感じです。
もういっそのことサウナの中で勉強した方が良かったかな。(笑)
そうすれば、今よりももっと立派でまっとうな人間になれていたかもしれません。

こんな感じで、ネタがなくなったときはこんな感じでタイムマシンシリーズを書いていきます。
また機会があれば書きますので、そのときはよろしくお願いします。

[PR]

  by blueshine6096 | 2015-08-01 18:15 | タイムマシンシリーズ | Trackback | Comments(0)

タイムマシンシリーズ

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

あ~結局昨日はシンセサイザーを作れなかったぜ。
今日はシンセサイザー製作のことを書こうと思ったけど、これじゃ書けない。
そして、ブログのネタもそろそろなくなってきた。
考えてみれば、ブログを毎日更新なんてやったことなかったしなあ。
こんな部屋にこもりきってダラダラした生活ではネタも思いつかないよ。

そこで、ネタが切れたときのためにこんなことを思いつきました。
名づけて「タイムマシンシリーズ」です。

僕はこのブログとは別に日記帳に日記を書く習慣があります。
それはもう高校1年の夏から現在に至るまで15年近く続けています。
せっかくなので、「この日記帳もブログに生かそうかな」と考えています。
そこで生まれたのが、このタイムマシンシリーズです。

じゃあ、タイムマシンシリーズとはどんなものなのでしょうか?
タイムマシンシリーズは、日記を書くその日の何年か前に戻って、その日の出来事をブログに書きます。
例えば、今日は2015年8月1日ですね。
タイムマシンシリーズでは2014年8月1日、2013年8月1日、…2002年8月1日というように、何年か前の今日の出来事を記事にします。
もちろん、僕はタイムマシンなんて持っていません。
だから、過去に書いた15年分の日記帳を参照します。。
この15年分の日記帳を見れば、10年前のことを書くことも十分可能です。
それによって、あたかもタイムマシンを使って過去に戻ったような記事が書けるわけです。
というわけで、僕はタイムマシンシリーズと名づけました。

もちろん、日記帳の中には恥ずかしくて見せられないものもあります。
中にはどうしてもカットする部分もあることをご了承ください。
また、なるべくブログを始める2010年8月以前のことを記事にしたいと思います。

それでは、さっそくこのブログを書いた後にタイムマシンシリーズを始めたいと思います。
お楽しみに。

[PR]

  by blueshine6096 | 2015-08-01 16:36 | タイムマシンシリーズ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE