カテゴリ:留年生活( 26 )

 

大学を卒業しました

こんにちは、留年玉子です。
卒業証書も無事にもらえ、入学から7年を経て、ようやく大学を卒業できました。

b0204981_2319851.jpg


本当に長かったです。
でも、これで長かった留年生活にピリオドを打つことができました。
正直言うと、まだ卒業の実感はありません。
大学1年当時は嫌になって完全にサボっていました。
当時は本当に卒業がはるか遠くでした。
でも、この「大学を卒業した」という事実は、自分の思っている以上に大きなことかもしれません。

この7年間の大学生活を振り返ってみると「良い意味で孤独だった」と思います。
大学は1年留年すると、周りは知らない人だらけになります。
そして、その人たちはもうすでに人間関係ができあがっています。
その中に入っていくことは僕にとって困難でした。
なので、僕は1人でやっていくしかありませんでした。
周りは皆知らない人たちだらけなので、自分だけを頼りにするしかありませんでした。

でも、慣れてくるとそういう生活もいいと思いました。
なぜなら、自分の頭を使って生きていけるからです。
実は、留年する前の自分は、周りの人や友達に依存してばかりでした。
だから、集団の中にいると全く人任せで、自分の頭を使わなくります。
でも、留年してしまった以上は周りに親しい人はいないし、自分で考えるしかありません。
おかげで、以前よりはずっと独立心がついたと思います。

もしかしたら、極端な話ですが、社会に出ると周りが全員敵だらけになることがあるかもしれません。
でも、今の自分ならそれでも耐えていける自信があります。
なぜなら、良い意味で孤独な生活を7年間も続けていけたからです。

あと、大学に入って他に何が変わっただろうか。

1つは一人暮らしを始めたことです。
僕は、大学生活が始まって3年までは岡崎の実家から通っていました。
僕は二部だったので、昼間はアルバイトをしていました。
するとだいたい月に10万円ぐらい稼げます。
そして、月に5万円を貯金していました。
さらに、僕は留年もしたので、さらに余分にお金が貯まりました。
そしたら、60万円ほどお金が貯まりました。
そのお金を何か有効に使おうと思って始めたのが、一人暮らしでした。
本当にこれを始めて、今まで全くやらなかった炊事や家事をやるようになり、だいぶ自分が変わりました。
大学卒業後も一人暮らしを続けていきたいな。

もう1つは、英語の本が読めるようになったことです。
卒業研究で英語の論文を読破しました。
それがきっかけで、英文を根気強く読んでいけるようになりました。
大学卒業後は電子回路の洋書を読んで、回路の知識をつけていくつもりです。
そのときに、これが生かせると思います。

一方で、大学に入っても変わらなかったことがあります。
それは「シンセを自作したい」という気持ちです。
僕の大学生活は失敗ばかりでしたが、その失敗を乗り越え、また再びこの気持ちが燃え上がっています。
なので、この気持ちに偽りはないと思います。
だからこそ、これから自分で力をつけていき、シンセを設計できるようになりましょう。

最後に、僕から皆さんへ送りたい言葉があります。

留年玉子のブログを今まで見ていただいて本当にありがとうございます。

実を言うと、ブログをここまで続けられたのは初めてです。
今までいくつかブログに挑戦してきましたが、せいぜい1週間で挫折していました。
僕がここまでブログを続けていけたのは、皆さんのおかげです。
こんな独り言のようなブログにコメントしてくださった皆さん、ありがとうございます。
また、コメントはなくとも、このブログを見続けてくださった皆さんもありがとうございます。

僕はもう大学を卒業し、留年生ではなくなってしまいました。
まだ正式には決めていませんが、4月からこのブログはタイトルを変えるつもりです。
また暇なときでも見てください。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-03-24 00:32 | 留年生活 | Trackback | Comments(2)

不謹慎?

こんにちは、留年玉子です。

東北地方に大きな地震がきました。
そして、1万人以上の方が亡くなってしまいました。
ご冥福をお祈りします。

最近、何だかブログやツイッターで「日常のこと」を書くと「不謹慎だ!!!」と叩かれる雰囲気があるようです。
それで、ブログをどう書いていこうか悩みましたが、僕はこのブログに日常のことを書いていくことにしました。

僕は募金をしようと思います。
押入れに眠っている1円玉と5円玉しか入っていない貯金箱があります。
それを両替してどこかの募金団体に振り込もうと思います。
僕が今できることはこれぐらいです。

これから日常のことを書いていきますが、決して不謹慎なつもりはありません。
そのことだけは分かってほしいです。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-03-16 11:39 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

節分

こんにちは、留年玉子です。

今日は節分ですね。
僕は今まで節分がきても、特に節分らしいことをはしたことがありませんでした。
でも、今年は珍しく節分らしいことをしました。

b0204981_1144171.jpg


恵方巻きと豆を年の数だけ食べました。

豆まきはあとで掃除するのが嫌なのでさすがにやりませんでした。
なので、豆を年の数だけ食べることだけをやりました。
残念ながら、節分豆は売り切れていたので、こちらのピーナッツ豆を代わりに食べました。
僕は26歳なので、ちょうど26個数えて食べました。
普通の大学生4年生よりずいぶん年上ですね。(笑)
ぶっちゃけると、大学院生の修士課程の人よりも年上です。
むしろ、この年齢だとさらに上の博士課程の人の方が話しやすい気がします。
普段は自分の年齢を気にすることは全然ありませんが、豆を食べているときにそんなことを思いました。

また、恵方巻きは近くのスーパーで半額になってるのを買いました。
僕はシイタケが苦手なので、それを使ってないものを探したら、写真に載ってるものになりました。
今年の恵方は南南東なので、そちらに向いて無言で食べようとしました。
しかし、もう数年は寿司を食べてないのでついつい

「うまいっ!!!」

と叫んでしまいました。
本当は無言で食べなきゃいけないのに…
これが貧乏学生の悲しいところです。
でも、巻き寿司は本当においしかったです。
まあ、「うまい」の一言ぐらいは多めにみてください。(笑)

何か言い伝えによると、恵方に向かって無言で巻き寿司を食べると願いが叶うそうです。
もちろんこれだけで願いが叶えられるとは思いませんが、良い暗示にはなると思います。
1人暮らしをしていると、こういう季節の行事に疎くなってきます。
なので、少しずつこういうことも普段の生活に取り入れていこうと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-02-04 02:30 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

電子回路の洋書が届きました

こんにちは、留年玉子です。

一昨日、自分が注文していた電子回路の洋書が届きました。

b0204981_4563690.jpg


何というか、思ってた以上に分厚いっ!!!
これは普通の英語の辞書ぐらいの厚さがあります。
日本ではこんなにボリュームたっぷりな本はあまり見かけないので、見た目に圧倒されました。
でも、分厚いということはその分説明も詳しいです。
大学の先生が言ってたんですが、洋書は独学できるような作りになっているそうです。
和書では説明を省かれているような部分も、洋書ではくどいぐらいに懇切丁寧に説明されています。
だから、どうしても分厚くなってしまうようです。
まあ、分厚さは説明が丁寧である証拠だと思えばいいと思います。
あと、中身はこんな雰囲気です。

b0204981_513777.jpg


もっと英文がびっしり書いてあると思いましたが、そうでもないようです。
見開きの両サイドは大きなスペースがあり、全体的にゆったりした作りになっています。
分からない単語の意味を調べたときは、いつも本文中の単語の真下にメモをしています。
しかし、たまにスペースが狭くてメモしきれないときがあります。
そんなときはこのスペースが使えるかもしれません。

この本の読み方は、1文ずつ日本語に訳してノートに書いていく感じにしようと思います。
ちょうど、卒論で英語の論文を読んだときと同じ方法です。
この方法はぶっちゃけ時間がかかります。
最初は、読書のスピードは亀よりも遅いです。
でも、だんだんと著者の文体の癖に慣れてきて、読書のスピードが加速していくと思います。
僕が英語の論文を読んだときもそうでした。
本当はこんなことをせずとにスラスラと読んでいきたいですが、僕の英語力ではまだまだそれはできません。
泥臭いけど、まだ僕にはこういう読み方しかできません。
いつかは、ノートに訳を書いたりしなくても、英文をそのまま読んで情報を拾えるようになりたいですね。

実は、僕はもうすでにこの本を読み始めています。
本当は卒業論文と就職活動を終えてから読もうと思っていました。
でも、自分のやりたいことだから我慢できずに読み始めてしまいました。
今は卒業論文の邪魔にならない程度にかなりゆっくりと読んでいます。
実をいうと、まだ就職活動で一次面接すら突破したことないし、回路設計の仕事につけるかどうかも怪しいです。
それでも、この本を読んでみたくて仕方ありません。
この本を読破するには相当時間がかかると思います。
でも、2011年を丸々使ってもいいからこの本を読破したいと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-01-15 06:14 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

初詣 in 熱田神宮

こんにちは、留年玉子です。

昨日、熱田神宮に初詣に行ってきました。
もう5年ほど行ってませんが、久しぶりに行くことにしました。
久々に行ってみると、思ったよりかなり広かったです。
祈りを捧げる場所がいっぱいあり、すごく迷いました。
なので、とりあえずメインの神社1つに絞って祈りをささげてきました。

あと、絵馬に自分の目標を3つ書いてきました。

・卒業論文を書き終える。
・卒業までに就職する。
・電子回路の洋書を読破する。

今年はこの3つを達成したいと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-01-10 00:53 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

七草粥を作ってみた

こんにちは、留年玉子です。
昨日、初めてアクセス数が100を突破しました。
まさか新年早々から記録を更新するとは思いませんでした。
皆さん、このブログを見てくださってありがとうございます。

ところで、今日は七草粥を作りました。
岡崎の実家にいるときは、七草粥をいつも食べていました。
でも、名古屋に引っ越してからは全然食べていませんでした。
そこで、今日自分でこれを作ってみました。

b0204981_233012.jpg


写真だと箸が添えられていますが、ドロドロで食べにくいので結局スプーンで食べることにしました。
食べてみた感じとしては、かなり薄味だったかな。
僕は辛いものをよく食べていたので、ちょっと物足りない感じがしました。
でも、七草のシャキシャキした感じはよかったです。
まだ半分ぐらい残ってるので、明日はもう少ししょうゆを加えて食べようかな。
あと、食べた後ですが、いつもより体が温まって、元気が出てきた気がします。
やっぱり、七草粥は正月ボケから立ち直るために昔の人の知恵が詰まっているのかもしれません。
自分の食生活も、こんな昔の風習を少しずつ取り入れてみるのもいいかもしれません。

あと、これからは食生活をもう少し工夫したいと思います。
僕はここ最近どうも無気力気味でした。
何かをやろうと思っても、体がだるくて眠い状態が続きました。
今日は朝の8時に目が覚めましたが、体がだるくてなかなか起きれませんでした。
そして、結局起きたのが昼の3時でした。
このままじゃヤバイのは分かっているはずなのに、どうしてもだるくてしょうがない。
たぶん精神的な原因があると思いますが、今回は身体的な原因を調べてみました。

昨日ネットでいろいろ調べてみましたが、「体の疲れが取れない原因は酵素不足」だそうです。
それで、「酵素を取るには生野菜を取るのがいい」らしいです。
また、「やる気が不足しているときは竹の子を食べるといい」そうです。

そういえば、最近生野菜を食べていません。
最近野菜の値段が高いので、買うのをやめていました。
また、竹の子も全く食べていません。
以前は1回だけチンジャオロースーで竹の子を使ってたけど、それっきり食べていない。

なので、昨日スーパーで生野菜と竹の子を買ってきました。
(生野菜はミニトマトとキャベツにしました。)
そして、今日は試しにいつものご飯のときにそれらも一緒に食べることにしました。
生野菜として食べるので、キャベツも葉をもぎ取ってそのまま豪快にムシャムシャ食べました。
竹の子もあまりおいしくないけど、何等分かにしたものをそのまま食べました。

これらを食べてみて、さっそく体の調子が良くなりました。
かなり元気が出てきたので、汚い部屋を一気に片付けることができました。
やっぱり、食生活を少し改善するだけでもかなり元気になれるようです。

七草粥からだいぶ話がそれてしまいましたが、せっかく1人暮らしをしているので、自分の体の面倒は自分で見れるようになりたいと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-01-07 23:48 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます in 2011年

こんにちは、留年玉子です。
少し遅いですが、明けましておめでとうございます。
2011年も、僕の独り言のようなブログをよろしくお願いします。

このブログは最低でも、2011年の3月終わりまで続けていくつもりです。
それから先はどうするかまだ決めていません。
そのときにネタがなくなってきたらブログをやめるし、楽しくなってきたら続けていきます。

ところで、2011年にやってみたいことがあります。
それは「電子回路の洋書の読破」です。
僕は以前のブログに「シンセサイザーを作りたい」という内容をかなり長々と書きました。
シンセサイザーを自分で設計するには、やっぱり電子回路を勉強しておく必要があります。
電子回路の本は洋書の方に良い本がいっぱいあります。
だから、洋書の方を選びました。
それに、昨年に英語の論文を読破したおかげで、英文をきちんと根気よく読んでいく力がつきました。
使用する本は「Foundations of Analog and Digital Electronic Circuits」という本です。
この本は工学系大学の世界トップクラスであるMIT(マサチューセッツ工科大学)の電子回路の教科書として使われています。
これを読んでいって、電子回路を身につけて、シンセサイザーの設計に役立てようと思います。
また、YoutubeでMITの講義を聴くことができるようです。
例えば、下の動画は電子回路の講義です。



一度これを最後まで聴いてみたんですが、思ったより英語が聞き取れました。
まだ速すぎて聞き取れない部分もありますが、Youtubeなら何度も聞き直せます。
ところで、去年の就職活動で面接官のジジイに「英語の日記を書いてるだけじゃダメだ」と言われて腹が立っています。
だから、このようなウェブ上の英語の講義を受けて、英語を聞き取れるようになりたいと思います。
また、動画の下のアドレスのページに行けば、シラバスなども見れます。
これで、講義ごとにどこまで読めばいいかが分かります。
だから、「シラバスを確認し、決められた範囲を読み、講義を聴いて内容を確認する」というやり方にしようかなと思います。

ところで、僕は2011年に果たして就職できるでしょうか?
この厳しいご時世なので、もしかしたらできない可能性もあります。
でも、正社員だろうとフリーターだろうと上に書いた「電子回路の洋書の読破」はやるつもりです。
たとえフリーターでも遊びほうけているより、勉強していた方がチャンスが出てきそうな気がするからです。
フリーターで仕事を終えてからTV見ているだけの人と、ちゃんと勉強している人では将来にかなり大きな差が出てくると思います。
たとえこれが就職に繋がらなくても、人間的な部分で大きな差になるはずです。

2011年は、僕は後者の生き方を目指します。
夜間の大学で、僕は勉強とバイトを曲りなりにも両立してきたから、きっとできるはずです。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-01-05 00:08 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

2010年を振り返って

こんにちは、留年玉子です。
今年ももう終わりですね。
今日は今年の締めとして、2010年を振り返ってみたいと思います。

2010年は就職活動に大いに振り回されました。

まず、就職活動があまりに長引いたせいで、バイトを辞めさせられました。
毎年12月はバイトが忙しく、いっぱいいっぱいまで働いていました。
たしかにめちゃくちゃ疲れますが、「仕事をやりきったなあ」という達成感はいつもありました。
しかし、今年はそれがなくて何だか物足りなさを感じます。

また、就職活動は去年の9月から始めています。
しかし、僕はもうすでに3回も就職活動を投げ出しています。
(今年の1月、8月、12月です)
今までは気づかなかったけど、僕は就職活動がよっぽど嫌いなんだなと思います。
ぶっちゃけた話、就職活動なんて全然楽しくないです。
今まで就職活動に捧げた時間で好きなことに熱中した方が、よっぽど有意義じゃないかと思います。

あと、今年はちょっと心残りなことがあります。
それは「自分の好きなことよりもやらなきゃいけないことを優先しすぎた」からです。
まあ、これは状況が状況だし、仕方がなかったのかもしれません。
何しろ「講義の単位を取らないと研究室に行けない」とか「卒業できない」「就職活動をやらなきゃならない」という状況だったし。
だから、自分の趣味を完全に置き去りにして、やらなきゃいけないことを優先していました。

来年はいったいどんな年になるでしょうか?
僕はフリーターになるかもしれないし、正社員になるかもしれません。
どちらに転ぶかはまだまだ分かりません。
でも、どちらになったとしても、来年は自分の好きなことを思いっきりやってみたいと思います。

それでは、皆さん。良いお年を。
[PR]

  by blueshine6096 | 2010-12-31 05:49 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

卒業が近づいている実感

こんにちは、留年玉子です。

最近、卒業論文がかなり順調に進んでいます。
あまりに順調なので、ブログの更新をしばらく忘れてしまいました。

さて、今日は何を書こうか決めてません。
卒業論文が進んだといっても、「英語の論文の要約」をそのままパソコンに打ち込んだだけだし。
特に取り立てて話題にすることもありません。
そろそろこのブログもネタ切れかもしれません。
でも、まあ大丈夫です。
卒業論文を書き終えた後には就職活動があります。
どうせそのときにまた嫌なことをいっぱい体験し、書くことも増えると思います。
ちなみに、クリスマスは恋人とは過ごしていないので安心してください。(笑)

ところで、自分の中で「卒業が近づいているな」という感じがします。
これは今までの大学生活で初めて味わう感覚です。
今まではどちらかというと「いったい何時になったら卒業できるんだ!!?」という感覚でした。
まあ、2年も留年したし、夜間の大学は5年制だし、そりゃあ物理的にも長い時間ですね。
僕は要領そんなに良くないから、単位を何度も落としたりして、卒業なんて雲の上の存在だと思っていました。
これで、卒業論文を書き終えれば本当に卒業ですね。
今までは大学で何をするにも「2年間の留年」という背後霊が付きまとってきました。
大学では肩身が狭くて仕方なかったです。
でも、大学を卒業し、社会に出れば、2年間の留年はそれほど気にされないと思います。
(まあ、就職活動では大いにつっこまれますが)
せいぜい「ちょっと年を取った新人だな」と思われるだけだと思います。
僕は「2年間も留年した学生」という普通ではない立場でブログを書いてきましたが、社会に出れば何とそれが「普通の社会人」になれるんです。
これは僕にとってかなり大きな変化になると思います。
僕は浪人1年と留年2回を経験し、+3です。
でも社会にでることで+3→±0になれるからです。
今までの失敗もチャラにできます。
膨大な借金をチャラにできるぐらいに大きなことです。

もちろん、+3の経験は絶対に無駄にはならないと思います。
+3ぐらいになると、1回ぐらいの大失敗ではへこたれなくなります。
それに、「人生はいつでもやり直せる」と思えてきます。
あんまり自分で言うのも難ですが、「一本の道を何の疑問もなく進んできた人よりはずっと面白い人生を歩んでいる」と思います。(生意気だな)

う~ん、何も考えないで記事を書くと締めの言葉が思い浮かばないですね…。
とりあえずいろいろ書きましたが、まだ大学卒業と決まったわけじゃないし、就職先も決まっていません。
人生何が起こるか分からないので、最後まで気を抜かず頑張りたいと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2010-12-28 23:18 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

チキンカレーを作ってみた

こんにちは、留年玉子です。
今日は、夜中にネットをしていたら寝れなくなって、結局昼に寝ていました。
このままでは一日が無駄になった感じがするので、今日はブログを書きます。

さて、ブログのコメントで「私生活のことを書いてほしい」という要望があったので、さっそく書いてみることにしました。
今日のブログはいつもより生活感あふれていると思います。

今日はチキンカレーを作ってみます。
実をいうと、このチキンカレーは毎週作っています。
レシピは、自分の通っている美容室の会報に載っていました。
もちろん、美容室の会報だから、内容はヘアスタイルやファッションのことばっかりです。
その中に、なぜか「S井シェフの俺のメシ!」という料理コーナーがありました。
(どうやら、美容師の中に料理が得意な人がいるようです。)
その中にこの「チキンカレー」のレシピがありました。
試しに作ってみたら、すごく簡単にできておいしかったです。
なので、皆さんにもこれを広めようと思います。

それでは、下にレシピを書きます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『チキンカレー』

材料(2皿分)

 鶏もも肉1枚、カレー粉、ミートソース

作り方

 1.一口サイズにした鶏もも肉を塩コショウで炒めます。
 
 2.そこにミートソースを全て入れます。
 
 3.少し煮込んでから中火にしてカレー粉を入れます。
   (味見しながら好みの味に)

 4.弱火にして5分ほど煮込みます。

 5.ライスとカレーを盛り付け、できあがりです。
   (ライスをガーリックバターライスにするとさらにおいしくなります)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
それでは実際にやってみたものを書こうと思います。

材料を用意しました。
これぐらいの材料で2杯分のカレーが作れます。

b0204981_190529.jpg


ちなみに、カレー粉はこちらを使っています。
(カレー粉は自分の好みのものを使ってください)

b0204981_1931138.jpg


鶏もも肉を一口サイズに切り、コショウをかけました。
(キッチンが汚くてすみません。)

b0204981_197107.jpg


鍋に油を引いて、そのまま色が変わるまで炒めました。

b0204981_19144227.jpg


炒め終わり、鍋の中にミートソース1缶を入れてみました。

b0204981_1911014.jpg


僕はこれだと汁気が足りないと感じたので、いつも水100ccを追加しています。
(水の量は自分の好みで調整してください)

b0204981_19172560.jpg


これを沸騰させ、そこにカレー粉を入れて溶かしています。
(僕はカレー粉を1ブロック半使いますが、これも皆さんの好きな辛さになるように量を調節してください)

b0204981_19241926.jpg


カレー粉が溶けたら、弱火で5分ほど煮ると、カレーらしい色になってきました。

b0204981_1928696.jpg


これとライスを皿に盛り付け、完成です。
(デジカメに慣れていないせいか、写真がちょっと暗くなってしまいました)

b0204981_19302319.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
もう毎週食べていますが、食後の感想を書きます。

食べた感じとしては、カレーの中にミートソースのトマトの味が混ざった、とてもコクがあるカレーといった感じです。
(味を文章で伝えるのは難しいな)
具は鶏肉しか入っていませんが、ミートソースの中にトマトなどが入っているので、野菜不足にはならないと思います。
もしどうしても肉だけじゃ嫌だという人がいたら、新たに野菜を入れるか、サラダでも用意してみてもいいと思います。

普通、カレーを作るときはジャガイモ、タマネギ、ニンジンといった材料を炒めたり煮込んだりとけっこう手間がかかります。
僕が専業主夫ならできないこともないですが、一人暮らしで大学に通うとなるとけっこうな手間です。
それを、ミートソース缶を使うことで大幅に手間を省くことができます。
また、量も2皿分で、1人暮らしとしてはちょうどいい量だと思います。
これなら、1人暮らしでも作りすぎることはありません。
(家庭を持ってる方はもう少し量を増やして作ってみてください)
レシピもシンプルで1人暮らしにぴったりだと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
とまあ、こんな感じで、たまには卒業論文、就職活動から離れた記事も書いていこうと思います。
いつもの記事と違って、自分でも新鮮味を感じます。
また、料理意外にも何か面白いものがあったら書こうと思います。
それでは、今日はこのへんで。
[PR]

  by blueshine6096 | 2010-12-18 20:04 | 留年生活 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE