卒業論文を終えて

こんにちは、留年玉子です。

2/17(木)のプレゼンも終わり、無事に卒業研究を終了しました。
そして、今は就職活動に向けて動き出しています。
でも、ちょっと気分転換したいのでブログを書きます。

今回、卒業論文を乗り越え、7年間の大学生活に終止符を打つことができたわけです。
今の研究室は実を言うと第1志望ではありませんでした。
でも、僕は今の研究室に入ってよかったと思っています。

本当は電子回路の研究室に行きたかったけど、人気がありすぎていけませんでした。
なので、結局今の希土類の研究室に行くことにしました。
この研究室に行こうと思った決め手は「放任主義」です。
研究室の先生は「この研究室では放っておかれることが多いから、自分のことは自分で管理する必要がある」と言ってました。

今までの人生の経験で行くと、僕はガチガチに管理される環境よりも、放ったらかされる環境の方が力を発揮できていました。

たとえば、まだ岡崎の地元で高校生だった頃は、本当に宿題がメチャクチャ多くて、校則も厳しかったです。
生徒をガチガチに管理するような高校でした。
そして、与えられた宿題をこなしていましたが、全くといっていいほど成果はなかったと思います。

一方、予備校に通ってた頃は宿題もなかったし、校則もなかったです。
あまり「勉強しろ」とうるさく言わない雰囲気だったので、真面目な人は勉強をしまくって、遊びたい人は全く勉強しない感じでした。
僕はその中でほとんどハメを外さず勉強でき、今の大学に合格できました。

だから、僕はある程度放っておかれる雰囲気が合っていると思いました。
それで、この研究室に行きました。

卒業論文のペースもそりゃあもうマイペースでしたよ。
前期は毎週月曜日に先生と英語の論文を読んでいただけでした。
夏休み中は、バイトをクビになり、就職活動も上手くいかず、卒業論文からも逃げていました。
でも、やっぱりそれじゃダメだと思ったので、夏休み中に英語の論文を読みきりました。
そして、後期に研究室に復帰しました。
とは言っても、結局「月曜日と金曜日だけ研究室に来ればいい」ということになったので、毎日のように研究室に行くことは少なかったです。
大学に行きたくないときは家で英語の論文を要約したりしてました。
でも、さすがに〆切が近くなったときは毎日行きましたよ。
それで、着々と卒業論文をまとめて完成させることができました。

ところで、研究室で1年間過ごした感じとしては、ほどよく放任的でした。
とりあえず、自分のペースでやらせてくれる感じでしたね。
もちろん週1回は先生の指導がありましたが、口うるさいことを言われたことがほとんどありません。
やっぱり、夏休み中に英語の論文を自分で読みきったのがよかったのかもしれません。
たぶん、そのおかげで先生は「留年玉子はうるさく言わなくても自分でやれるんだな」と思ってくれたのかもしれません。

やはり、僕は放任的な雰囲気の中の方がやりやすいことが分かりました。
この研究室に入ってよかったと思います。
だから、これからの就職活動でも、ガチガチに管理さる会社よりもある程度放任的な会社を選ぼうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-22 23:13 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

卒業論文を提出できました!!!

こんにちは、留年玉子です。

今日ようやく卒業論文を提出できました。
表紙と中身はこんな感じです。
(大学名と本名は隠してあります。)

b0204981_3423699.jpg


b0204981_6572350.jpg


いちおう、2/17(木)に卒業論文のプレゼンがあります。
でも、そのプレゼンは上手くしゃべれなくても落ちることはめったにないそうです。
(もちろん、プレゼンの準備はそれなりにするつもりです。)
これで僕はもう95%以上の確率で大学を卒業できるでしょう。

このブログには書きませんでしたが、実は「後期は卒業論文を書くのをやめようか」と思ってたこともありました。
二部生は卒業論文が必須ではありません。
なので、卒業論文を書かず、講義だけを受けて卒業することもできました。
でも、今思うと「卒業論文を書いてよかった」と思います。
自分のやってきた研究がきれいに一冊の論文として完成したとき、何とも言えない感動がありました。
もちろん、今まで読んできた英語の論文の内容もこの中に入れておきました。
実験方法を自分の言葉で説明するのもけっこう苦労しました。
実験の図も何度も描き直しました。
こういう「自分のやってきたことを文章や図で、なるべく分かりやすく自分の言葉でまとめる」という行為は社会に出ても十分役に立つと思います。
社会人になっても仕事で報告書や企画書を書くだろうし、卒業論文を書いた経験がかなり役立つと思います。

この写真にある卒業論文は「僕の7年間の大学生活の集大成」だと思っています。
論文に書いた内容以上に僕にとっての重みを感じます。
なので、いつまでも捨てずに手元に残しておくつもりです。

さて、これで卒業論文が終わりました。
今までどんなに怠けていても、頭の中で卒業論文と就職活動のことを考えてたような気がします。
でも、これで片方の卒業論文を乗り越え、残りは就職活動だけです。
なので、パッと頭を切り替えて就職活動をするべきですがちょっと1日だけ休ませてください。
精神的にけっこう疲れている気がします。
なので、明日は久しぶりに渥美半島に行って海でも眺めてこようと思います。
そこで、これからのことをゆっくりと考えたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-09 23:59 | 卒業論文 | Trackback | Comments(2)

卒業論文を書き終えるまであと少し

こんにちは、留年玉子です。

卒業論文の〆切の2月9日が近づいています。
なので、現在の卒業論文の進み具合を報告します。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
○:完了 △:途中 ×:書いてない

1 序論 ○
2 原理 ○
3 実験器具 △
4 実験方法 △
5 実験結果及び考察 △
6 結論 △
7 参考文献 △
8 謝辞 ○
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3実験器具は実験器具の配置図を描いたほうがいいのか迷っています。
なので、先生に質問してみようと思います。

4実験方法は、今までやってきた実験の分は全て完成しています。
しかし、もう1つ実験が追加されるかもしれないので、いちおう△にしておきました。

5実験結果及び考察もあと少し考察を詳しくすれば、今までの実験の分は完成します。
ただ、これももう1つの実験が加われば記述を追加するかもしれません。

6結論は5の考察を完結にまとめるだけでいいのですぐ完成できます。
これも今までの実験の分は完成しています。
また、もう1つの実験が加われば記述を追加するかもしれません。

7参考文献は今まで読んできた英語の論文のタイトルがよく分かりません。
それを先生に聞けば完成できると思います。

こんな感じで、だんだんと終わりに近づいています。
ただ、追加の実験があるかどうかで事情が変わってきます。
できれば追加の実験はなくなってほしいです。
今日は家で卒論を書いて、できれば明日にはそれを印刷して提出できるようにしたいと思います。
せっかく2年留年してまでここまで頑張ってきたので、最後は自分でゴールしたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-06 20:03 | 卒業論文 | Trackback | Comments(2)

やりたいことは我慢しない

こんにちは、留年玉子です。

電子回路の洋書は毎日1時間ぐらい読む習慣がついてしまいました。
やっぱり、自分の好きなことに取り組んでいると元気が出てきます。
それに、大して興味もない卒業論文を書く気力も沸いてきました。

前回の日記では「先輩の書いた論文を自分で読んでレアアースに興味を持ちたい」と書きました。
しかし、現実を見てみると、締め切りまであと19日です。
それまでに卒業論文を提出しなきゃなりません。
もうこうなったら好きでも嫌いでも何でもいいから、とにかく卒業論文を書き上げましょう。

ちなみに、僕の卒業論文の大まかな構成を見せます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
進み具合 ○:完了 △:一通り書けた ×:書いている途中or書いてない

1.序論(△)
2.原理(△)
3.実験器具(△)
4.実験方法(×)
5.実験結果および考察(×)
6.結論(×)
7.参考文献(×)
8.謝辞(△)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
序論、原理、実験器具、謝辞は一通り書けました。
実験方法、実験結果および考察はまだ実験がまだ終わってないので途中かけです。
参考文献もまだ調べてその都度書き加えないといけないので、まだ途中かけです。
結論は最後にならないと分からないのでまだ書きようがありません。

とりあえず、書き終わった部分から先生に見せて、どんどんダメだししてもらいに行こうと思います。
だから、明日も頑張って研究室に行くつもりです。

さて、もうすぐ大学を卒業するのにこんなことを言うのも難ですが、「やりたいこと」と「やらなきゃいけないこと」の両立ができるようになった気がします。
今まではどちらかというと「やらなきゃいけないこと」を最優先して、「やりたいこと」を我慢していました。
具体的には、「単位を取るためにシンセサイザーの製作を我慢する」という感じでした。
もちろん、おかげで卒業に必要な単位を全て取れたけど、「何だか生きててちっとも楽しくない」という気分でした。
まあ、当時は2年間の留年が決まったばかりで、卒業が全く見えない状態でした。
だから、「やらなきゃいけないこと」を優先したくなるのも仕方なかったのかもしれません。
でも、最近思ったのは「やりたいことを思いっきりやった方が元気が出る」ということです。
冒頭でも書きましたが、電子回路の洋書を読むことで卒業論文を書く気力が沸くことに気づきました。
何だか、今まで「やりたいこと」を我慢してたのがアホらしく思えました。

本当は、こういうことにもっと早く気づけば、大学生活ももっと楽しくなってたかもしれません。
たとえば、シンセサイザー製作を思いっきりやれば、僕は電子回路にかなり詳しくなれます。
工学部内では、僕に電子回路に詳しい友人が1人ぐらいできていたかもしれません。
友人と趣味の話で盛り上がれるなんて楽しすぎる大学生活だと思います。

まあ、過ぎてしまった時間は戻ってこないし、そんなことを考えてもしょうがないけど。
でも、今まで「やりたいこと」を我慢してたんだったら、これからやればいい。
これから洋書を読み、電子回路に詳しくなって、シンセサイザーを設計できるようになればいい。

こんな感じで、これからはやりたいことを思い切りやり、元気に生きていこうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-01-22 04:55 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

能動的に生きる

こんにちは、留年玉子です。

最近、卒業研究の内容が面白くないと感じることがあります。
でも、面白くないからといってやめるわけにはいきません。
なぜなら、今まで2年留年しながらも必死で大学生活に食らいついてきたからです。
ここで諦めてしまっては、今までの頑張りは全て無駄になってしまいます。
だから、最後まで頑張って卒業しましょう。

ところで、今まで生きてきて「面白かったなあ」という体験を振り返ってみると、1つの共通点があります。
それは「能動的に生きている」ことです。
言いかえると、「自分でやっている」という部分が多いことです。
バイトで「面白かった」と感じたときはいつも「自分で仕事のやり方の工夫をしてた」と思います。
商品を手早く倉庫から集めてくるにはどうしたらいいか、商品を手早く梱包するにはどうしたらいいか、などいろいろ試行錯誤していました。
一方、「バイトが退屈になりだした」ときはその工夫をすっかりやらなくなったときでした。
ただ単に与えられた仕事をこなすだけで、何の工夫もありませんでした。
それに、今までろくに気にも留めてなかった周りの人の欠点ばかり目に付いていました。

もしかしたら、ここに今の卒業研究を楽しむカギがあるかもしれません。
たしかに、今の自分はすごく受身になっていると思います。
ただ単に、先生や先輩の言われたとおりのことをやっているだけです。
まあ、僕にはまだまだ知識がないのでそれは仕方ないのかもしれません。
自分から実験方法を提案したりするのは今の僕にはちょっと難しいです。
しかし、このままでは全く面白くないと思います。
なので、少しでも「自分でやっている」という部分を増やしていけば楽しくなると思います。

じゃあ、どうすればいいんでしょうか?
僕は今までの先輩が書いた論文を自分で読んでいこうと思います。
そうすれば、論文の書き方を参考にできるし、レアアースの勉強もできるからです。
レアアースのことが少しでも分かれば、今の研究にも興味が沸いてくるかもしれません。
また、論文には自分の取り扱っている以外の物質も出てきます。
できれば、そういうところも読んで、少しでも自分で知識を広げていきたいと思います。

まあ、たとえ僕が先輩に提案するまではいかなくても、このように自分でやれることはあるんです。
こんな感じで、少しでも「自分でやっている」部分を増やしていきたいと思います。
そうすれば、今のかなり受動的な姿勢が少しは能動的になってくれるでしょう。

卒業論文の〆切は2月9日です。
それまで、少しでも能動的に研究を楽しみたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-01-17 19:33 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

卒業論文のテーマ

こんにちは、留年玉子です。

昨日、英語の論文の要約が終わりました。
この英語の論文を元に、卒論の「原理」の部分を書いていくつもりです。

あと、僕の卒業論文のテーマが正確に決まりました。
それは「温度変化を利用したセリウムコバルトインジウムの結晶の育成」です。
セリウムコバルトインジウムと言っても何のことやらよく分かりませんが、希土類でそういう結晶があるそうです。
そして、その結晶を初めて作ったのがウチの研究室だそうです。
ただ、いちおう作れることには作れるけど、まだまだごく小さな結晶しか作れていません。
今まで、ウチの研究室は温度一定のままで結晶を作ってきました。
しかし、それでは限界があると分かったので、僕の論文では新たに「温度変化を利用した結晶育成方法」を試しにやってみることになりました。
(実は、僕の読んでた英語の論文も「温度変化を利用した化学反応」がメインでした)
そして、セリウムコバルトインジウムの大きな結晶を作れるかどうかを試してみます。

なぜ、大きい結晶を作らなければならないのでしょうか?
それは大きい結晶の方が結晶の性質を調べやすいからです。
ウチの研究室では、セリウムコバルトインジウムの比熱(物質の熱しやすさ)を調べようとしていますが、小さな結晶だとそれが調べにくいようです。
だから、大きな結晶を作る必要があるようです。

卒業論文のテーマはざっとこんな感じです。
英語の論文も要約できたので、卒業論文で書くこともそろってきました。
もしできれば、大学のパソコンだけでなく、自分の部屋のパソコンからも卒業論文を書いてみようと思います。
ただ、僕はワードやエクセルを持ってないので、体験版をダウンロードして使ってみようかな。
ちょっとできるかどうかは分かりませんが、試してみます。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-12-23 23:56 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

英語の力が上がった?

こんにちは、留年玉子です。

最近は毎日研究室に通えています。
ただ、先週まで昼夜逆転気味だったので、まだ朝早く起きられません。
でも、何とか最近は10時ぐらいに起きれるようになりました。
これからはもっと早く起きて、研究室ももっと早く行けるようにしたいです。

ところで、今やってる卒業論文は希土類の電子物性を扱っています。
でも、正直言うと、電子物性はそれほど好きではありません。
ただ、電子回路系の研究室に入れなかったので、比較的自分に合いそうな研究室を選びました。
それが今の希土類の研究室です。

でも、研究をやっていていいことがありました。
それは英語の論文を要約しているときでした。
今までは、英語の文章を訳すのに精一杯でした。
でも、それが今では、書いてある情報をきちんと拾えるようになってきました。
今日、研究室で英語の文章を読んでいて、そう感じました。
ささいなことですが、この違いはすごく大きいと思います。
なぜなら、英語のリーディングに磨きがかかったからです。
今までは、一文一文の意味に捕われていました。
それが今日になって、段落ごとに意味を取れるようになってきました。

大学卒業後に「希土類の知識」を使うことは少ないと思います。
一方、「英語の文章を読める」のは大学卒業後でも十分役立つでしょう。
なので、卒業後もこの能力は磨き続けたいと思います。
具体的には、大学卒業後は「電子回路の洋書を1冊読みきってみたい」です。
大学を卒業したら、正社員かフリーターかどちらになるか分かりません。
でも、たとえどちらになったとしても、自分の好きなことを洋書で勉強するつもりです。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-12-14 23:18 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

そんなの関係ねえ!!!

こんにちは、留年玉子です。

就職活動はしばらくやめて卒業論文に集中します。
ここ1週間、本当に何もやる気がありませんでした。
やる気がなさすぎて、丸1日寝ている日もありました。
でも、今日、自分の中のくすぶっていた気持ちに火が付き始めました。
なぜなら、研究室の先生に「そろそろ本格的に論文を書き始めて欲しい」と言われたからです。
何の変哲もない言葉ですが、僕も「そろそろやらなきゃ」と思えてきました。

今までの大学生活を振り返ると、後悔することがたくさんあります。
2年間も留年したし、友達もいないし、就職活動で内定とれないし、長引く就職活動でバイトも辞めさせられたし、シンセサイザーは完成してないし、おまけに研究室に未だになじめていません。
ぶっちゃけた話、自分でもバカみたいだと思います。

でもそんなの関係ねえ!!!

小島よしおみたいですが、「そんなの関係ねえ!!!」と言って開き直ろうと思います。
もう、今から論文を書くしかありません。
無気力になんかふっとばしてしまえ!!!
[PR]

by blueshine6096 | 2010-12-10 23:14 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

卒業研究を始めよう!!!

こんにちは、サッカーで日本がアルゼンチンに勝ってうれしい留年玉子です。

今日は、研究室の実験の準備をしました。
かなり謎めいた重たい装置をいくつか実験室まで運びました。
この装置でレアアースの研究をするようです。
今日は装置を運んだだけで、まだ実験はやっていません。
でも、ようやく研究室に自分の実験スペースができました。

研究室は月曜と金曜は必ず来るように言われています。
火曜~木曜は自由だそうです。
どうやら、うちの研究室はあまり束縛がないみたいです。
一応、火曜~木曜は先生から
「英語の論文の要約を作る時間に使ってほしい」
と言われました。
僕は夏休みに英語の論文を読みきりました。
この英語の論文で勉強したことを卒業論文に引用しても良いそうです。
そのために、訳した英語の論文を要約しておくと卒論が書きやすいそうです。
やっぱり、夏休みに必死で英語の論文を読みきってよかったです。
もう、早ければ明日からでも卒業論文を書き始めようと思います。

まあ、僕は研究室では先輩よりも先生と接する時間の方が多いようです。
なぜなら、僕は他のメンバーとは別のテーマだからです。
研究室のメンバーと話す機会は少なく、実を言うとまだなじめていません。
でも、その分先生から直接指導を受けられます。
それに、実験は慣れてくると1人でもできるそうです。
僕は今までの留年生活で「孤高なる存在」としてやってきました。
なので、1人で孤独に作業するのは好きなほうです。
まあ、とりあえず、目の前の卒業研究を一生懸命やってみましょう。
そうすれば、だんだんとレアアースのことも分かっていて、研究室のメンバーの会話にも入っていけると思います。

そして、卒業論文を「人より2年長い留年生活の集大成」としてまとめ上げたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-10-08 23:28 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

単位取得成功!!!

こんにちは、10月4日から卒業研究を再開する留年玉子です。

実はまだ手元に成績票がありません。
どうやら、成績発表の日にちを勘違いしてたみたいです。

どうやら、研究室の方に成績票が届いているようでした。
2ヶ月ぶりにいきなり研究室に行くのは、けっこう緊張します。
それに、僕はまだ先生がいないと研究が全くできません。
なので、メールでアポを取ってから研究室に行くことにしました。
本当は10月1日でもいいのですが、あまりに急すぎるので10月4日にしました。

そして、先生からメールが返ってきました。
そのとき、ついでに「成績」についてのコメントも返ってきました。

「見たところ不可は1つもありません。」

どうやら、単位は無事に取れているようです。
成績票はまだ手元にないので、まだ実感はわきません。
分かっているのは「単位が取れた」という事実だけです。
まだ、優なのか可なのかまで分かりません。
でも、成績票を見たとき、きっと喜びを実感すると思います。
成績はまた後で発表します。
これで、もう大学の講義を受けることはありません。
大学の講義についていろいろ思うことがあるので、それも書きたいと思います。

これで、後期は毎日のように研究室に通えます。
僕は研究室に2ヶ月間ご無沙汰したいましたが、幸いにも、先生に怒った様子はありませんでした。
僕はメールで「英語の論文を読み終えた」ことも伝えました。
先生は「真剣に勉強してくれてうれしい」と言ってくれました。
ようやく研究らしいことができるので楽しみです。
あと、研究室の人ともなるべく仲良くやっていこうと思います。
今まで、孤高なる存在(笑)で留年生活をしていました。
大学の中には全く居場所がなかったです。
でも、今は研究室という居場所ができました。
そろそろ孤高なる存在から脱出できるかもしれません。
しばらくは就職活動と並行してやりますが、あまり遠い所を受けなければ夕方でも研究室に行けます。
せっかく2年間も留年してるので、最後は卒業論文を書いて、自分の勉強してきたことを形に残そうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-09-30 18:23 | 卒業論文 | Trackback | Comments(2)