カテゴリ:就職活動( 24 )

 

就職活動で自殺だけは絶対にしないでください その2

続きです。

実は、留年玉子自身、在学中に内定を取ることができませんでした。
書類審査を突破することすら難しく、やっと到達した一次面接であっさり落とされていました。
だから、留年玉子は在学中に一次面接すら突破したことがありません。
何度も何度も落とされて、生きる気力すらなくしていました。
一時期「死んでしまいたい」と思ったこともありました。

でも、今思うと、こんなくじ引きに落とされ続けたぐらいで死ぬことまで考えていたのがバカみたいです。
むしろ、死ななくてよかったと思っています。

そういえば、大手就活サイトでは「人事は一瞬で学生の資質を見抜く」といってます。
でも、僕が面接を受けた感じでは、そんな人事みたことありません。
むしろ、僕は人事による偏見に苦しみました。
僕は「留年玉子」というハンドルネームのとおり、大学を留年していました。
大学を留年していたせいか、人事からはずいぶんと下らない説教をされましたね。
数を上げればきりが無いので1つだけピックアップします。
いちばん言われたのは、以下の言葉です。

「大学で2年も留年してるようなヤツが社会でやっていけるわけがない」

こんな言葉を何人もの面接官に言われました。
でも、そんな留年玉子でも仕事ができないなりに社会でやっていけてます。
彼らの言ってた説教は大はずれでした。
こんな下らない面接官の言葉を鵜呑みにしてた僕がバカでした。
なんだ、企業の人事さんって全然僕のこと見抜けてないじゃん…

すみません、話がそれたので本題に戻ります。
このように、就職活動ってめちゃくちゃ下らないくじ引き大会です。
こんな下らないくじ引き大会のために命を落とすのは本当にバカバカしいことです。
宝くじが外れたから自殺するようなものです。

もし、在学中に内定を取れなかったとしても、職に就く方法はあります。
正社員にはなれなかったとしても、派遣社員になる方法があります。
自分の行った手順を紹介します。

マイナビ派遣に登録する。
②気に入った派遣会社にエントリーする。
③派遣会社の登録会に行く。
④派遣会社から、仕事を紹介される。
⑤紹介された仕事をする会社に行き、簡単な面接をする。
⑥合格したので、派遣社員として仕事をする。

面接が1回ありましたが、正社員のときよりずーーっと簡単なものでした。
また、「紹介予定派遣」といって、一定期間派遣社員として働いて、会社側から認められたら正社員になれるという制度もあります。
(もちろん、会社が合わなかったらこちらから断ることもできます。)
派遣社員が嫌な方は「紹介予定派遣」を利用してみるといいと思います。

というわけで、在学中に内定を取れなかったとしても復活する方法は存在します。
なので、これらを保険だと思って、今の就職活動を頑張ってください。

う~ん、自分でも何かいてるのか分からなくなってしまいました。
とりあえず、僕が言いたいのは「就職活動で自殺だけは絶対にしないでください」ということです。
下らないくじ引き大会で当たりがでないからって、命を落とすことはやめてください。
せめて、丸1日ふて寝するぐらいにとどめておきましょう。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-12-24 18:15 | 就職活動 | Trackback | Comments(4)

就職活動で自殺だけは絶対にしないでください その1

こんにちは、留年玉子です。
最近、仕事から帰ってくるとすぐに寝てしまいます。
おかげで、なかなかブログが更新できませんでした。

ところで、就職活動が上手くいかなくて自殺してしまう学生がでてきているようです。

急増する20代の就職失敗自殺・生活苦自殺・失業自殺-若者の死因トップが自殺なのは先進国で日本だけ

今年も就職難です。
なかなか内定が取れなくて苦しんでいる学生がいっぱいいると思います。

でも、これだけは声を大にして言います。

自殺だけは絶対にしないでください。

僕は社会に出て、就職活動を振り返ってみて思ったことがあります。

それは「就職活動はめちゃくちゃ時間のかかるくじ引きだ」ということです。

大手就活サイトはよく「自己分析しろ!!!自己分析しろ!!!自己分析しろ!!!」としつこく言ってました。
しかし、たとえ自己分析を100時間やったとしても、面接官との相性が悪ければ落とされます。
また、自分がどんなに「この会社に入りたい!!!」と思っても、面接官との相性が悪ければ落とされます。
興味のわかない日経新聞を毎日欠かさず読んだとしても、面接官との相性が悪ければ落とされます。
卒業研究の時間を削ってインターンシップに参加しても、面接官との相性が悪ければ落とされます。
企業のHPをすみずみまで閲覧して全てを知り尽くしたとしても、面接官との相性が悪ければ落とされます。
就活本をボロボロ人るまで読んで社会人マナーを叩き込んでも、面接官との相性が悪ければ落とされます。
エントリーシートを丸1日かけて書き上げても、面接官との相性が悪ければ落とされます。

でも、学生の立場からすると、面接官との相性なんて、そんなの面接するまで分からないわけです。
面接官との相性がいいかは運に任せるしかありません。
つまり、合否の大半は運で左右されます。
これはもう「くじ引き」とおなじような世界です。
しかも、当たりかはずれか分かるのに数ヶ月かかります。
これはもう「めちゃくちゃ時間のかかるくじ引き」と同じではないでしょうか?

長くなったので、いったんここで切ります。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-12-24 16:28 | 就職活動 | Trackback(1) | Comments(0)

既卒フリーターを乗り越えた!!! その2

続きです。

こうして、既卒フリーターを乗り越えたわけです。

仕事内容は、技術的な資料作成と工作機械のプログラミングです。
プログラミングといっても、C言語やJAVAといったものではなく、工作機械独自の言語を使うそうです。
なので、プログラミングといっても大学で学んだものではなく、仕事の中で覚えていく側面が強いと思います。

現場の方たちは「長く働いてほしい」といってます。
仕事は僕の望んでいた回路設計とは異なります。
なので、僕は回路設計の仕事はしばらくできないかもしれません。
しかし、やっぱり会社にホームページで工作機械の動いているところを見ると楽しくなります。
それに、自分の望んでいる仕事ではなくても「仕事をやっているうちに楽しさが分かってくる」という面があります。
まずは、今の仕事を精一杯やっていこうと思います。

ちなみに、電子回路の洋書はこれからも趣味として読み続けていきたいと思います。
洋書を読むこと自体はとても楽しいからです。
人生に一度はこういう洋書を読破してみたいです。
そして、将来は自分でシンセサイザーを設計できるようになりたいと思います。
また、もしかしたら社内の配置が変わって、回路設計をやる機会ができるかもしれません。
まあ、どちらにしても、洋書を読んで損はしないと思います。


しかし、こんなに早く既卒フリーターを乗り越えることができるとは思いませんでした。
「2011年はずっとフリーター生活だろうな」というぐらい覚悟していました。
でも、あっさり終わってしまいましたね。
正直言って「もしかしたら僕は就職することができないかもしれない」とか「絶対無理だ」と思っていました。

僕は、1年間の浪人、2年間の留年、そして就職活動の失敗といった感じで失敗を繰り返していました。
それでも、曲りなりに乗り越えていけました。
決して人生をなめているわけじゃありませんが、「人生は何度失敗しても大丈夫だ!!!」と改めて思いました。
留年玉子は決して要領の良い人間ではありません。
これからの人生でもたくさん失敗していくと思いますが、また今までどおり乗り越えていこうと思います。

それでは、長々と書きましたが、今回はこれで終わります。
最後まで読んでいただいてありがとうございした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[追伸]

既卒フリーターをあっという間に乗り越えてしまいました。
なので、落ち着きのない感じがしますが、またブログのタイトルを変えます。
タイトルは今月中に決めます。
でも、新タイトルになっても今までのノリを続けていくつもりです。

コメントを書いてくださった方、また、ブログをいつも見てくださった方、本当にありがとうございます。

今回の記事では、「自分の力だけで既卒フリーターを乗り越えた」みたいに書いてしまいました。
でも、実際はそうではありません。
皆さんの応援があったからこそ、僕は頑張れました。
このブログのおかげで、日常生活に張り合いが出てきたと思います。
記事の中ではお礼を忘れていたので「追伸」 の中でお礼をすることにしました。

また新しいタイトルになっても、これからもよろしくお願いします。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-04-22 14:28 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

既卒フリーターを乗り越えた!!! その1

こんにちは、留年玉子です。

皆さんにうれしいお知らせがあります。
なんと、留年玉子は4/25(月)から派遣社員として働けることになりました!!!

4/19(火)に愛知県内にある工作機械メーカーに、派遣会社のスタッフといっしょに仕事の打合せにいきました。
まあ、打合せといっても半分面接も入っています。
なので、スタッフの方が「留年玉子君のこういうところをアピールしてくれ」というアドバイスをしてくれました。
具体的には、「若さと元気で頑張っていきます!!!」という形でアピールしろと言われました。
しかし、正直言うと、僕はむしろ物静かな方なので、心の中で「参ったなあ~」と思いました。
でも、僕は既卒フリーターで職歴も何もないので、そういうアピールの仕方しかないのかもしれません。
なので、せめて腹から声を出すことにしました。

そして、スタッフとともに会社に行き、さっそく現場の方たちと打合せをしました。
現場の方を見ていると、思ったより気楽そうで余裕がありそうな表情をしていました。
そして、仕事の内容の話を聞き、いろんな質問をされました。
それに対して、なるべくいつもより大きな声を出して答えました。
ぶっちゃけた話、ちょっと虚勢を張ってるところもありました。
僕は2年間の留年をしていたので、留年のことも聞かれました。
まあ、これは正直に「留年していました」とだけ答えました。
また、「あなたは人と話すことは得意ですか?」という質問もちょっと焦りました。
さすがに「全然だめですね」とは言えません。
なので、

「人と話すのはそれほど得意ではありませんが、一度失敗したぐらいでは挫けない、そういう前向きさは持ち合わせています」

と答えました。
そしたら、現場の方が「すごいねえ、うらやましいよ」と言い、かなりウケがよかったです。
本当にとっさに出てきた一言ですが、不思議とウケました。
たぶん、この言葉が今回の合格につながったんだと思います。
まあ、自分で言うのも難ですが、今まで色々な失敗を乗り越えてきたので、上の言葉はウソではないと思います。

そして、打合せが終わり、そのまま電車で自分のアパートに戻りました。
そしたら、打合せが終わって1時間もしないうちに「合格」の返事がきました。
たしかに、現場の方は「即断即決で返事をする」と言ってましたが、あまりに早すぎてびっくりしました。
まあ、こんな感じで、既卒フリーターを乗り越えてしまいました。

長くなったので、いったんここで切ります。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-04-22 14:06 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

もう少し声を出してみよう

こんにちは、もう少し腹から声を出したい留年玉子です。

今日は、派遣会社(以下、T社と呼びます)にいってきました。
そして、ごくごく簡単な面談をして、T社に登録してきました。
学生時代の就職活動の面接のような厳しさはありませんでした。
2年間の留年を突っ込まれることも全くなかったです。

そして、明日はいよいよ派遣先の会社に行き、仕事の打合せをします。
その会社は工作機械を作る会社です。
そこで、技術的な資料を作成したり、工作機械の調整をしたりします。
もし派遣先の会社がOKをくれれば、もう派遣社員として働くことができます。
既卒フリーターを乗り越えることができるということです。

ただ、派遣先の会社がOKを出してくれないこともあります。
でも、たとえそうなったとしても、T社が「留年玉子さんにできる仕事」を探して紹介してくれるそうです。
なので、たとえ落ちても、また一から履歴書やエントリーシートを書いたりする必要はありません。
そう考えると、学生時代の就職活動よりは気が楽です。
とはいえ、できれば明日OKをもらい、早く社会に出て働きたいです。

ところで、今日の面談で「派遣先に行ったら、今よりも10~20%は声を出すといい」と言われました。
やっぱり、若い新入社員は「元気」をアピールした方がいいみたいです。
とはいっても、僕はどちらかというと内向的な感じです。
一日で急に性格を変えることはできません。
でも、声をもう少し出すことはできると思います。

そこで、付け焼刃的ですが、ちょっとだけ声を出すトレーニングをしてみました。
それは、ラジオのDJになりきって、自分のしゃべりをラジカセに録音するというものです。
初めはパソコンに録音しようと思いましたが、マイクを持ってなかったので、ラジカセでカセットテープに録音しました。
そして適当に30分間だけ独り言を話していました。
なるべく腹から声を出すように心がけたので、思ったより声が聞き取りやすかったです。

明日の朝もこれをやって、声だしのウォーミングアップをしようと思います。

僕は職歴が全くないので、当然スキルもありません。
なので、もしかしたら最大のポイントは「声の大きさ」かもしれません。
声を大きくするだけで合格できるのなら、明日はいつもより頑張って声を出したいと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-04-18 23:31 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

紹介予定派遣

こんにちは、勇気を出して働こうとしている留年玉子です。

ついさっき、ネットをしていたら「紹介予定派遣」というものを見つけました。
この制度を簡単に言うと、「最初は派遣社員として働いて、会社側に認められたら正社員になれる」という制度です。
もちろん、「この会社で働きたくない」と思ったらこちらから拒否することもできます。

僕は卒業1年未満の既卒フリーターですが、もしこの制度を利用できるならぜひ使いたいです。
なぜなら、就職活動と違って、紹介予定派遣は仕事をひととおり経験してから正社員になれるからです。
また、残念ながら正社員になれなかったとしても、派遣社員として給料はもらえます。
そして、また別の会社にチャレンジできます。
まだ、僕はこの制度を利用したことないので誤解もあるかもしれませんが、「お金のもらえるインターンシップ」という感じがします。
これを利用しない手はないと思います。

アルバイトの期間は、職歴の空白期間とみなされてしまいます。
だから、バイトを長引かせると就職活動に不利になりそうです。
でも、紹介予定派遣ならなかなか正社員になれなくても、いちおうは派遣社員として働いたことになります。
だから、職歴に空白を空けずに済みます。
あと、面接でなく仕事ぶりで自分をアピールできるところもいいと思います。
面接が苦手な僕にはぴったりかもしれません。

まあ、正直言うとそんなにすんなり上手くいくかは分かりません。
でも、やれるだけやってみましょう。
今日はもう遅いので、明日はもう少し詳しく「紹介予定派遣」を調べてみたいと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-04-03 02:34 | 就職活動 | Trackback | Comments(2)

燃え尽き症候群かもしれない

こんにちは、留年玉子です。
今日はちょっと後ろ向きな内容かもしれません。

最近、僕は燃え尽き症候群かもしれません。
大学を卒業することはほぼ確実です。
しかし、就職活動に対するやる気がちっとも出てきません。

自分にとっては、大学を卒業することはとてつもなくハードルが高かったです。
何度も何度も失敗しました。
しかし、それをもう乗り越えてしまいました。
そして、次の就職活動に移りたいと思ってもなかなか行動できません。
自分の心が「ちょっと休ませてくれ」と言ってるような気がします。
ちょっと何だか燃え尽きている感じです。
なんか少し疲れてしまいました。
なので、就職活動は4月からやろうと思います。

卒業後の就職活動は新卒よりも不利になるのは頭で分かっています。
でも、燃え尽きた導火線が再び燃えてくるまでちょっと休ませてください。

ただ、ボケーっと寝ているだけではよけいに憂鬱になるので、気分転換になることをしようと思います。
それは「シンセサイザーを3月中に完成させること」です。
もう、就職活動を始めて1年半以上経っています。
どんなに怠けているときでも、何だかんだで頭の中ではいつも就職活動のことを考えていました。
たまには、就職活動のことを頭から切り離したいです。
だから、3月中は何もかも忘れてシンセサイザーを完成させようと思います。
元はといえば、僕はシンセサイザーを自作するために今の大学に入学したわけです。
それを完成できたとすれば、間違いなく元気になれます。
また、好きなことを毎日続けることによって、生活にリズムが生まれてくると思います。

留年玉子はこのまま燃え尽きたままで終わるつもりはありません。
自分の人生は自分で責任を取ります。
なので、自分のペースでやらせてください。


追記
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-03-22 13:49 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

就職活動の作戦

おはようございます、留年玉子です。

僕は今かなりマイペースですが就職活動をしています。
それで、就職活動中にある本をみつけました。
そこにはこんなことが書かれていました。

「自己PRと志望動機は理論的につなげたが良い」

自己PRと志望動機をつなげたものを文章でまとめるといいみたいです。
それが就職活動の軸になるそうです。
なので、僕もそれをやってみることにしました。
(ただ、文章にまとめたものをここに載せるとものすごい長文になるので、ここでは箇条書きしたものを載せます。)

僕は回路設計の仕事をしたいです。
なので、自己PRを回路設計につなげてみましょう。

僕が自己PRできることは以下の2つです。

①日記を7年間書き続けたこと
②シンセサイザーの自作に挑戦したこと

それぞれを回路設計につなげてみようと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
①日記を7年間書き続けたこと

 たぶん、僕としては日記を一番頑張っていたと思います。
 実を言うと、日記は高校1年の10月から書いていて、実質的には9年間書いています。
 
 今はやっていませんが、そのうちの4年間は英語で日記を書いていたこともありました。
 だから、「英語力を生かして~」という自己PRを今までやっていました。
 しかし、そうすると必ず面接官にTOEICの点数を聞かれます。
 ぶっちゃけTOEICなんて大学入学直後に受けさせられて300点ぐらいしか取れていません。
 もちろん、僕は英語が好きだし、今でも電子回路の洋書を楽しんで読んでいます。
 でも、僕の英語の能力自体はそれほど高いわけではありません。
 ほとんど下手の横好きで英語を楽しんでいるだけです。
 なので、面接で「英語の日記」をアピールするのはやめることにしました。

 また、日記と回路設計をつなげるのもなかなか難しいです。
 それを承知で自己PRと志望動機を無理やりつなげるとこうなりました。
 
 1.日記を7年間書き続けることで文章が上手くなった。
 2.卒業論文でもそれが生かされ、実験結果を自分の言葉でまとめるときにすごく役に立った。
 3.先生にも論文のまとめ方を褒められた。
 4.物事を根気強く続けていく大切さを知った。
 5.回路設計の仕事でもこの根気強さを生かしたい。  

 でも、就職活動に関しては何度もギブアップしています。
 正直に言うと、僕にそこまで根気強さがあるわけじゃありません。 
 面接官にそこを突っ込まれるともうおしまいです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
②シンセサイザーの自作に挑戦したこと

 僕がシンセサイザーを作っていることは以前の記事で書きました。
 たぶん、こちらの方が自然に回路設計とつながるような気がします。
 自己PRと志望動機をつなげるとこうなりました。
 
 1.学生時代はシンセサイザーの自作に挑戦した。
 2.初めはシンセサイザーの構造も作り方も分からず、様々な試行錯誤をし、失敗を繰り返した。
  (その試行錯誤の具体的な内容も面接で話します)
 3.去年、ネット上でシンセサイザーキットを発見し、それを作ってみることにした。
 4.シンセサイザーキットを作っているうちに、自分で回路を設計してモノを作りたいと思った。
 5.仕事で自分の回路設計の技術を磨き、世の中の役に立てるものを作りたい。

 個人的にはこれがいちばん自己PRと志望動機がつながっているような気がします。
 ただ、実を言うと、シンセサイザーはまだ完成してないので、その辺りはぼかしています。
 できれば、シンセサイザーを完成させ、もっと自信を持ってこれを話したいです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
というわけで、これからの就職活動では「シンセサイザーの自作」のエピソードを中心に据えていきたいと思います。

ところで、昨日からシンセサイザーの製作を再開しました。
もう講義も卒業論文もバイトもないので、思ったより自由な時間があります。
それで、「じゃあ久々にシンセを作ってみるか」と思ってやってみることにしました。
久々にやってみると、何だかスムーズに製作が進みました。
今まで行き詰まっていたのが信じられないぐらいです。
今作っているシンセは全部で7つの基板から成り立っています。
昨日はそのうちの2つを完成させました。
もしうまくいけば、シンセを完成できるかもしれません。
そして、面接でも自信をもって「シンセサイザーの自作」のエピソードを話したいと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-03-09 09:11 | 就職活動 | Trackback | Comments(2)

タケノコ強化月間

こんにちは、留年玉子です。
最近ブログの更新がなかったので、今日は何回か一気に更新したいと思います。


今年になって、ほぼ毎日タケノコを食べています。
そのせいか、だんだんとタケノコのおいしさが分かるようになってきました。
特に、国産のタケノコがおいしいです。
(中国産は何が入っているのか分からないので買わないことにしました。)

b0204981_20134486.jpg


このタケノコは498円と高かったですが、高かった分だけいちばんおいしかったです。

タケノコはうつ病に効果があるそうです。
タケノコにはチロシンという物質が含まれています。
そのチロシンを体内に取り込むとドーパミンに変わります。
ドーパミンは脳のやる気の源になります。
だから、うつ病に効果があるようです。

うつに効く食べ物・食事

僕はうつ病ではありませんが、落ち込んだりやる気が全くでなかったりすることがよくあります。
特に、就職活動のことを考えるとかなり憂鬱になって丸1日寝ていたくなっていました。
つい最近まではリクルートスーツを着た人を見るのが嫌でした。
また、「自己分析」、「面接」、「内定」、「業界研究」といったキーワードを聞くだけで辛かったです。
でも、そういうときにタケノコを食べてみると、やっぱりやる気が出てきました。
立ち向かう気概が出てきました。

聞いた話では、竹は1日に1mも伸びるそうです。
そのものすごい成長力がタケノコの中に宿っているんだと思います。
そりゃあ、そんなタケノコを食べた人間もやる気もでてくるわけです。

僕は3月終わりまでに就職を決めなければなりません。
だから、やる気を最大限に出して就職活動をしたいと思います。
そこで、僕は3月中はタケノコをいつもの2倍食べたいと思います。
だから、3月は「タケノコ強化月間」にしようと思います。
タケノコからやる気の物質を積極的に取り入れて、就職活動を精力的に行い、内定を勝ち取りましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
まあ、実を言うと、就職活動ではなかなかやる気が出なかったのですが、電子回路の洋書を読んでるときはやる気に満ちています。
読むペースはめちゃくちゃ遅いですが、今はいちばん最初の「序文」~「第1章の1.1節」まで読み終えてしまいました。
ほぼ毎日1時間ほど読んでいますが、もっと読みたいです。
本当はそれを要約してブログに載せたいですが、それは4月になってからやろうと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-02-28 20:50 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

就職はできないかもしれない

こんにちは、留年玉子です。

残念ながら、昨日受けた面接は落ちました。
なので、今日のブログは後ろ向きなことを書きます。

面接では「英語の日記」と「シンセサイザーの製作」のことを話しましたが、それらは役に立たないことが分かりました。
それに、面接中に人事と雑談していましたが、「普段は何やってんの?」と聞かれました。
そして、留年玉子の孤独なプライベートを話さなきゃいけなくなりました。
僕は孤独でいるのが好きです。
逆に、人と一緒にいるのが苦痛になってきました。
僕はこの生活をそれほど寂しいとは思いません。
しかし、採用する側にとってはウケは良くないと思います。

もう少し、人と話すようにしたほうがいいのだろうか…
もう少し、大学で友達を作ったほうがよかったのだろうか…
もう少し、明るい性格になればよかったのだろうか…

しかし、留年玉子はもう友達の作り方すら忘れてしまいました。
孤独でいることに慣れすぎてしまいました。

最近思うんですが、僕は「普通の人」がとてもうらやましいです。
普通に高校を卒業して、大学に入学し、普通に単位を取って、普通に就職できて、普通に社会人になれる人はとてもすごいと思います。
これは僕にとってすごく難しいことです。
僕は、大学受験に失敗しているし、大学の単位を何度も落としているし、就職も失敗しそうです。
普通の人になれる人はすげえよ!!!

もしかしたら、僕は大学卒業までに就職できないかもしれません。
僕は友達の作り方すら思い出せません。
こんなことなら、工学部なんかに入らず、就職予備校にでも入ってコミュニケーション能力でも鍛えておけばよかったです。
もう就職活動やめたくなってきました。
僕は社会が求めているような「明るく希望に満ちたコミュニケーション能力抜群でリーダーシップあふれる人」になれません。
社会人全員が自分の敵に見えてきました。
もう、就職活動面倒くさいです。
もうやめてもいいですか。

すみません、気分が落ち込んでいて、めちゃくちゃなことを書きました。
もしかしたら、本当に就職できないかもしれません。
でも、死ぬことだけは避けようと思います。
とりあえずは卒業論文を書き終えようと思います。
また、お金がなくなりそうなので、失業保険を受け取るか、バイトでも始めようと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2010-12-03 01:18 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE