志望動機

こんにちは、履歴書を書いてたら深夜になってしまった留年玉子です。

僕の受けるR社では、エントリーシートはありません。
作成する書類は履歴書だけです。
しかし、こういう書類を書くのってなかなか難しいです。
今、下書きを作っているところです。
履歴書には、以下のことを書く欄があります。

①志望動機
②自分の長所・特徴
③研究テーマ
④得意な科目
⑤趣味
⑥学生時代に力を入れたこと

この中で②~⑥までは埋まりました。
でも、①志望動機で手こずっています。
僕の大学生活を振り返ってみると、意外にも普通の人と違った体験をしています。
なので、自己PRなどは思ったほど苦にせず書けます。
でも、志望動機を書くのが大の苦手かもしれません。
以前の面接でも志望動機が練れてなくて落とされていました。

ところで、僕はいつも回路設計の仕事を好んで受けています。
そこで、いったいなぜその仕事を好んで受けるのかを考えてみました。
なぜ回路設計をいつも選ぶのでしょうか?
それは「シンセサイザーの製作」という趣味がきっかけだと思います。
もともと、今の大学に入った目的は「シンセサイザーを製作するため」でした。
しかし、大学では電子回路の基礎の基礎を勉強するだけで、回路設計まではあまりできませんでした。
(もちろん、その講義もそれなりに有意義でしたが)
だから、今度は「メーカーで働きながら回路設計を勉強したい」という思いがあります。
そして、仕事で回路設計を一生懸命習得して、自分のシンセサイザーを作るときにも生かそうと考えています。
これが正直な志望動機です。

しかし、こんなことを書いていいのか不安もあります。
「自分の趣味のために回路設計をやりたい」なんて書いていいのでしょうか。
僕はほぼ1人で就職活動しているので、周りにそういうことを聞ける人がいません。
なので、それだけが気がかりです。

それに、「シンセサイザーの製作」は最近手つかずです。
なぜなら、就職活動のことで頭がいっぱいだからです。
たとえ今からシンセサイザーの製作を再開したとしても、「エントリーシート書かなきゃ」、「面接怖いな」、「会社説明会いつだっけ?」などのことばかり頭に浮かび、集中できないと思います。
でも、たしかに最近は手付かずでしたが、2ヶ月間の夏休みでは毎日のようにシンセサイザーを作っていました。
いちおう2ヶ月間頑張ったんだし、少しぐらい胸をはっていいと思います。
それに、就職担当の先生が言ってたのですが「面接ではある程度の誇張が必要」だそうです。
なので、今は手つかずでも「シンセサイザーの製作」のことを面接で話そうと思います。
そして、もし内定が取れたらまた「シンセサイザーの製作」を再開したいです。
せめて卒業するまでにシンセサイザーを完成させたいです。

面接は12/1(水)です。
できれば、今年が終わるまでに内定を取りたいです。
こうなったら、面接で圧迫されようが失笑されようが、自分の思いをしっかり伝えようと思います。
自分の思いをしっかり伝えて、それでもダメならそれでけっこうです。
とにかく悔いのない面接をしようと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-26 05:39 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

今日見た夢 自分の部屋の見知らぬ住人

こんにちは、留年玉子です。
今、企業研究と業界研究が終わりました。
企業研究は、会社情報、製品以外にも、働いている先輩の声を13人分ノートにまとめてみました。
業界研究は、業界地図を2年分見比べて、どう変化したか、ライバルの会社はどこかをまとめてみました。
これだけやれば十分だと思います。
次は、履歴書を書いて、面接の練習をしたいと思います。
面接まであと1週間なので、まだ十分間に合います。

さて、今日は僕はこんな夢を見ました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
僕は近所のスーパーで食料品を買い、自分のアパートに帰ってきました。
しかし、帰ってくるといつもと部屋の雰囲気が違っていました。
僕のアパートは2Kで、和室が2部屋、キッチンの部屋が1つあります。
何と、そのそれぞれの部屋にPCが置いてありました。
普段はデスクトップのPC1台のみなのに、急に3台に増えていました。
それからしばらくすると、見知らぬ人たちが「ただいま」といって僕の部屋に入ってきました。
彼らは、男3人女2人で、全く顔と名前も知りません。
でも、本当に何食わぬ顔で入ってきました。
そして、彼らはいつまで経っても帰りませんでした。
なので、僕は彼らに質問しました。

留年玉子:もしかして、君たちはこの部屋で一緒に住む気なのか?
男女   :そうです。僕たちはもうすぐXX大学に入学するんで、ここに住むことになったんです。
       よろしくお願いします。
留年玉子:こちらこそ、よろしく。

普通なら、見知らぬ人に勝手に居候されたら追い出したくなります。
でも、なぜか急に仲良くなり、追い出す気がなくなりました。
いろいろ、大学生活の不安を相談しているうちに、だんだん楽しくなってきました。
そして、彼らと一緒に住もうと思いました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
…と言った所で夢は終わってしまいました。
何だか、人の温かみを感じる夢でした。
いったいこの夢が何を意味しているのかは分かりません。
そこで、この夢を自分の独断と偏見で分析してみました。

夢の中では、見知らぬ人が自分の部屋に入ってきました。
これは、就職活動の面接に通じていてます。
なぜなら、面接では見知らぬ人に自分の内面について質問されるからです。

また、面接では初対面の面接官と話します。
夢の中でも、初対面の男女と話しました。
しかも、僕は彼らとと一言交わしただけで仲良くなっています。
なので、この夢は「次の面接で上手くいく」という暗示かもしれません。

この分析が合っているかは分かりませんが、そうなれるように面接の準備をしたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-24 22:21 | | Trackback | Comments(0)

英語を生かすために

こんにちは、留年玉子です。

最近、僕は数学の洋書を読んでいます。
その名も「Ordinary Differential Equation」です。
日本語に訳すと「常微分方程式」で、これは1変数の微分方程式という意味です。
なんでこんな本を読んでいるのでしょうか?
実は、以前「読書の秋~洋書~」という記事を書いていました。
そこで、「半導体の洋書を読みたい」と書きました。
しかし、読んでいると数式がけっこうでてきました。
文章は読めるけど、数式を導出することができません。
なので、一度改めて微分方程式を勉強することにしました。
実は、僕は微分方程式の講義をあまり真剣に受けていませんでした。
それで、試験直前になって慌てて勉強して単位をとれました。
しかし、理工書は数式がいっぱいでてきます。
だから、理工書を読むときは紙と鉛筆を用意して、数式を自分で変形しながら読む必要があります。
ただ、今の僕では数学の力が決定的に足りなくてそれができません。
なので、しばらくは数学の洋書を中心に読んでいきたいと思います。

「数学の勉強なら洋書じゃなくてもいいじゃないか」と思うかもしれません。
でも、せっかく4年間も英語の日記を書いてきたし、卒業研究の英語の論文も読破しました。
なので、自分の英語の力を試してみたくなりました。

そういえば、英語に関して大学卒業後にやってみたいことがあります。
それは、英語のホームページ(もしくはブログ)を作ることです。
たとえ仕事で使うことがなくても。身につけた英語をちゃんと自分で生かしたいです。
そのためには、もう少し英語の勉強が必要です。
具体的に書くと、以下の2つです。

①高校の英文法の復習
②自分独自の話題を作る


①高校の英文法の復習

 僕は、日記を書くとき、中学生レベルの英文法を使っています。
 また、数学や工学の洋書でも、それほど難しい文章はなく、中学生レベルに毛が生えた程度です。
 しかし、僕は高校で習った英文法をすっかり忘れています。
 だから、大学卒業後は高校の英文法も復習したいと思います。

②自分独自の話題を作る

 日本人だからと言って、サムライ、寿司、富士山の話ばっかり毎日書けるわけではありません。
 なので、留年玉子独自の話題を作って、他とは違う特徴を作りたいと思います。
 たぶん、大学卒業したらきっと「シンセサイザー製作」に夢中になっていると思います。
 なので、回路図を発表してみたり、作り方を写真入で説明したり、曲を作ってみたり、演奏してみたり、そんなことをしてみようと思います。
 もしかしたら、同じ趣味を持った世界中の外国人と情報交換できるかもしれません。

というわけで、自分なりに英語を生かす方法を考えてみました。
せっかく大学生活で英語を頑張ってきたんだから、面接でのアピールだけでなく、実際に生かしましょう。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-19 02:32 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)

SPI合格!!!

こんにちは、留年玉子です。

今週の日曜日にSPIを受けてみました。
正直言って、あまり解けていませんでした。
特に、数学系統の問題なんて解けないところが4問ほどありました。
途中で頭の中が混乱し、問題もあわてて解いていました。
なので、手ごたえは全然ありませんでした。
「たぶん、どうせまた筆記試験で落とされるかな」と思っていました。
しかし、意外にも合格していました。
なぜだか分かりません。

でも、これで僕は面接を受けられます!!!
そこは大いに喜んでいいと思います!!!

R社に内定するためには、あと2回の面接を突破しなければなりません。
実は、留年玉子はまだ一次面接すら突破したことがありません。
でも、これは練習で補いましょう。
面接の日程は12月初めのものを選びたいと思います。
たぶん、12/1,12/2のどちらかにしようと思います。
あえてだいぶ先にしました。
それまでに、履歴書書いて、書類そろえて、会社を調べて、面接の練習をする予定です。
だから、けっこうやることはいっぱいあります。

とりあえず、まずはSPI合格!!!
ここから先は練習あるのみです!!!
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-16 01:45 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

先が見えない

こんにちは、留年玉子です。

就職活動を始めて、これで1年2ヶ月経ちました。
今現在の就職活動に対する率直な感想を言います。

「全く先が見えない!!!」

これしか思い浮かびません。
企業のことを調べていても、面接のことを考えていても、「また落ちるかもしれない」という考えが浮かびます。
いったいいつまでこんなことをしなければならないのでしょうか?
もしかしたら、卒業までやらなきゃいけないのでしょうか。

でも、実は以前これと似たようなことを体験し、乗り越えたことがあります。
それは今から4年前の2006年9月~10月中頃までの時期でした。
以前書いた日記帳を読み返し、当時のことを書いてみました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
当時、僕は地元の自動車学校に通っていました。
無謀にもMT車に挑戦しました。
しかし、僕は慣れない車の運転にかなり戸惑いました。
教官の前ではいつも緊張してエンストばっかりしていました。
そして、毎日のように教官に怒られていました。
それで、結局みきわめで10回延長しました。
あと少しで卒業検定を受けられるのに、ちっとも先に進めません。
そして、毎回のように「お前はダメだダメだ」と教官に言われました。
もちろん、そのアドバイスをちゃんと反省し、イメージトレーニングをしていました。
でも、その効果は全く現われません。
「左折するときに、車を左に寄せる」と頭では分かっています。
でも、実際にそうしようとしても車は左に寄ってくれません。

頭では分かっているのに、なかなか思うように運転できない。

そんな感じでした。
しまいには、教習で車に乗るのが怖くなりました。
全く免許が取れる気がしません。

「いつまで教習所に通えばいいんだ?僕は車の運転に向いてないかもしれない」

と思っていました。
それで、かなり嫌になって、その日1日は教習の予約をせず、意味もなく自転車で遠くに逃げていました。
でも、次の日の教習で、急にコツをつかみ、みきわけを合格しました。
そして、卒業検定も一発合格し、自動車学校を卒業できました。
その後、すぐに運転免許試験場に行き、筆記試験に受かり、免許をとることができました。

今思えば、車の運転も運動と同じで、体で覚える必要があります。
でも、僕は運動神経が良くないので、体で覚えるのに時間がかかったんだと思います。
延長10回目でようやく自分の脳と体と車の操縦が一致しました。

今は1人暮らしなので、車を持つのは経済的に難しいです。
でも、社会人になったらMT車にあえて乗ってみたいと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ところで、今やっている就職活動も先が見えません。
自動車学校に通っていたときも今と同じぐらい先が見えませんでした。
でも、僕はその先の見えない状況を乗り越え、免許を取りました。
だから、僕は就職活動も乗り越える力を持っています。
アピールするものは持っているので、それを面接で自信を持って発表すればいいだけです。

先が見えなくても、もうゴールはすぐそばかもしれません。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-12 00:03 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

R社への内定に向けて

こんにちは、留年玉子です。
最近、急に寒くなりましたね。
つい最近衣替えをしたばかりなのに、もう上着が要りそうです。

ところで、皆さんは就職決まりましたか?
僕はまだ決まっていません。
以前の記事で紹介したR社を受けたいと思います。
そのために、SPIのウェブテストを今週の日曜日までに受けなければなりません。
なので、しばらく試験対策をやって、土曜日にSPIを受けたいと思います。
※SPIは就職活動で主に使われる筆記試験です。
今日、久しぶりに問題集に載ってる模擬試験を解いてみたら、90点以上取れました。
なので、たぶん大丈夫だと思います。
でも、念には念を入れて、明日もう一度模擬試験をやってみようと思います。

ところで、面接の自己PRですが、「英語の日記」を中心にアピールしようと思います。
英語の日記はもう4年も書いています。
4年間続けたので、何も後ろめたいこともないし、嘘をつく必要もありません。
あとは、面接の練習をしっかりやりましょう。

今回受けるR社では、たぶん仕事で英語を使うことはないと思います。
なので、英語力よりも「物事に取り組む姿勢」をアピールしたいと思います。
いや、ぶっちゃけた話、僕の英語力なんて大したことないです。
外国人と英語で話したことないし、TOEICの点数も入学当初に受けた300点しかありません。
でも、4年間続けたことは十分アピールできると思います。

もちろん、大学を卒業したらもっと英語を使ってみたいです。
せっかく、今まで英語の日記を書いてきたんだから生かさないともったいないと思います。
仕事では英語を使わないですが、プライベートで使っていけばいいと思います。
エンジニアになったら、自分で技術書を読んで勉強することがあります。
もし、英語ができれば、英語の技術書も読むことができます。
それだけでも、一味違うエンジニアになれるかもしれません。

まあ、まだ先の話だけど…
内定とれたらまたじっくり考えたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-11 22:42 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

人と話すこと

こんにちは、留年玉子です。
今回のタイトルを見ると、留年生は嫌悪感を抱くかもしれません。
でも、この記事を書いている僕も人と話すのがかなり苦手です。
なので、「友達を作らなければダメだ!!!」とか「コミュニケーション能力が大切だ!!!」などと言うつもりはありません。
安心して読んでください。

先週の木曜日に、就職担当の先生の部屋に行きました。
以前受けた会社に落ちたので、次に受ける会社を決めるためです。
とりあえず、3社紹介されました。
その中のR社を受けることにしました。
R社は、コピー機、計測器、精密加工部品などを作っている名古屋のメーカーです。
その会社では、回路設計の仕事も募集があったので応募してみようと思います。

まだR社のホームページをチラッと見ただけですが、「求める人物像」にこんなことが書かれていました。

・浪人・留年の経験は自分の人生にプラスになったと感じている

実を言うと、求める人物像に留年のことが書かれている企業は初めて見ました。
僕はハンドルネームが「留年玉子」だし、2年留年、1年浪人しています。
でも、個人的には「留年・浪人はプラスになった」と思っています。
もしかしたら、今回は内定取れるかもしれません。

そのあと、就職担当の先生と少しばかり雑談をしました。
先生は「何か趣味はあるか?」と質問をしました。
僕は「英語の日記を4年間書いている」と答えました。
(「シンセサイザー製作」も言おうと思いましたが、最近なかなかそれに触る時間がないのでやめておきました)
それから、僕は「英語の日記の記事で書いた内容」を話しました。
そしたら、先生にかなり驚かれました。

「留年玉子君は他の学生にはない光るものを持っている。それを面接でアピールしたほうがいい。」

実は、「英語の日記」をアピールしたことは1度だけあります。
しかし、そのときは圧迫面接だったので、かなり自分自身を否定されました。
もちろんこの趣味もボロクソに否定されました。
「英語の日記なんか書いているから留年するんだろうが!!!」
面接官にこんな感じで言われました。
なので、「英語の日記のことを面接で話すのはやめておこう」と思っていました。
また、ブログでもつい最近まで「英語の日記」の話をするのはやめようと思ってたぐらいです。
でも、先生のこの言葉によって自信が出てきました。
英語の日記は4年間も続けているし、今も書いています。
なので、自信を持って話していい内容かもしれません。

さて、僕は大学内に友達がいません。
留年生になると、特に友達が作りにくいです。
なので、大学内で人と話すことは少ないです。
あえて挙げるとすれば、英語論文の輪講で研究室の先生と話すぐらいです。
でも、就職担当との雑談で、「人と話すことも意外と楽しいかもしれない」と思えてきました。
なので、これからは研究室の人たちとも少しずつ話して行こうと思います。
何気ない雑談の中から意外な発見があるかもしれません。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-07 03:49 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

【爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP】Tune-up Generation

こんにちは、留年玉子です。

今週から、毎日研究室に通うことにしました。
僕の卒業研究は、作業的に「英語の論文の要約」が大半を占めると思います。
もちろん実験もちゃんとやりますが、比較的簡単に結果が得られるものだそうです。
実験が上手くいかなくて結果がでないことはないようです。
だから、卒業論文を完成させるためには、毎日地道に英語の論文を読んでいけば大丈夫です。

あと、問題は就職活動ですね。
今年の就職活動は思わず笑っちゃうほど難しいです。
僕にとっては、卒業研究よりもこちらの方がずーーっと難しいです。
もしかしたら、卒業までに内定が取れないかもしれません。
でも、しばらくはそのまま就職活動を続けたいと思います。
捨てる神があれば拾う神あり。
今の所は捨てる神しかであっていませんが、拾う神は必ずいるはずです。

さて、今日は偶然見かけた動画を紹介します。
このブログで紹介する動画は留年玉子の好みがかなり入っています。
なので、最近流行ってるとか、大人気の動画を紹介することはありません。
どちらかというと、ちょっとマニアックなものを拾ってきます。

今回紹介する動画は「Tune-up Generation」という曲です。
これは僕が小学6年生のときに見ていたアニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」のオープニングテーマでした。
このアニメは「ミニ四駆大好き兄弟が世界一を目指す」という内容でした。
以前の日記で「小6のときにミニ四駆に熱中してた」と書きました。
それで、このアニメをみていたわけです。
久しぶりに曲を聞いてみて、とても懐かしい気分になりました。
それに、大人になってから聞いてみると意外と歌詞もよかったです。
何と言うか、まっすぐで希望に満ち溢れています。
では、下の動画で聞いてみてください。



当時からはもう14年が経ちました。
その当時は本当に楽しい時代でした。
それに比べると、今の時代は閉塞感に支配されています。
でも、過去を懐かしむのはいいですが、懐かしんでいるだけだと全く前に進めません。
過去を懐かしんだら、次はそれを現在につなげて生きたいと思います。
少なくとも、自分のやりたいことに関してはこの曲の歌詞ぐらいにまっすぐに行こうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-04 02:04 | 動画紹介 | Trackback | Comments(0)

留年玉子の英語の勉強法

こんにちは、留年玉子です。
この記事では初めてトラックバックを使ってみたいと思います。
(トラックバックは使ったことがないので、もしかしたらちゃんとできてないかもしれません。)

今回トラックバックした記事では「英語の勉強法」のことについて書かれています。
僕もこれに関連する話をしたいと思います。
かなり自己満足な記事なので、あまりあてにならないかもしれません。

僕はTOEICの勉強を全然やっていません。
それに、点数は全体の30%しか取れていません。
でも、英語は好きなほうです。
実は、このブログでは書かなかったのですが、僕は「英語の日記」を書いています。

日記自体は高校生1年の頃からつけていました。
日記を書こうとしたきっかけは「高校で全く友人ができなかったから」です。
誰も話す人がいなくて全然面白くなかったので、ノートに試しに愚痴を書いてみたら気持ちがかなりすっきりしました。
それがきっかけで、僕は日記を書くようになりました。

そして、大学2年あたりまで日本語の日記をつけていました。
それが、あることがきっかけで「英語で日記を書いてみたい」と思うようになりました。
それは大学の講義が終わって、地元の喫茶店で1人でくつろいでいるときでした。
1人でくつろいでいると、よく他人の話が聞こえてきます。
隣りで社会人の人たちがこんな話をしていました。

「あ~あ、英語って難しいよなあ」
「学生時代にもっと勉強しておけばよかったなあ」

何の脈絡でこんな話をしているのかは分かりません。
でも、それを聞いて「じゃあ、僕は学生だから今のうちの英語を勉強すればいいじゃん」と思いました。
しかし、留年玉子には外国人の友達がいないし、N○VAに駅前留学するお金も時間もありません。
英語を身につけるためには、英語を毎日使う必要があります。
そこで「日本語で書いている日記をこれからは英語で書いてみよう」と思いました。
それで、僕は英語の日記を書くようになりました。

英語の日記を書いて4年になります。
正直言うと、高校の英文法はほとんど覚えていません。
(もちろん、時間があれば復習したいですが)
でも、中学生ぐらいの英文法だけでも意外と自分の言いたいことが書けます。
もちろん、最初は分からない単語だらけで辞書と格闘していました。
今ではある程度なら辞書なしでも英文を書くことができます。

コツは「文法上の間違いを気にしすぎないこと」です。
たとえ間違ってもいいので、英文を書いてみましょう。
日記は誰かに見せるわけではないので、間違いを恐れる必要はないと思います。
それに、辞書を見れば正しい英文がいっぱい載っているので、少しずつそれを取り入れていけばいいと思います。

もちろん、これでTOEICの点数が劇的に上がったわけではありません。
いや、TOEICを受けてすらいません。
でも、英語の日記を書いているうちに「英語が好きになったこと」は間違いありません。
何度も辞書を引いて、表現を覚えれば覚えるほど色んな言い回しができるようになりました。
そして、これまで自分が英語で表現できなかったものがだんだんと表現できるようになってきました。
それに、卒業研究で英語の論文を読むときも抵抗なく読めるようになりました。
最近は、Amazonで本を買うときに洋書も調べるようになりました。

実は、この方法には前例があります。
大学で、A先生(ドイツ人)という英語の先生がいました。
この先生の母国語はもちろんドイツ語ですが、日本語も英語もかなり上手でした。
先生が話せる言語は、ドイツ語、英語、日本語、フランス語、イタリア語、アラビア語、中国語、韓国語です。
先生が言うには「外国語で日記を書いていろんな言語を身につけた」と言ってました。
もしかしたら、僕も英語を身に着けられるかもしれません。

というわけで、英語の勉強法に関して自己満足な記事を書きました。
でも、僕の目指しているエンジニアの仕事では英語を使うことはそれほどありません。
なので、就職活動の自己PRではあまり使えませんでした。
ひょっとするとただの器用貧乏に終わるかもしれません。
でも、英語ができれば、技術を勉強するときに和書だけでなく洋書を読めます。
また、英語のホームページも読めるようになると、それだけでかなり世界が広がるでしょう。
やがては英語のホームページを作って、世界中の人に読まれるものを作れるかもしれません。
こんな感じで、たとえ仕事で使わなくても、自分の生活の中で生かすことができると思います。

この勉強法を自信を持っておすすめすることはできませんっ!!!
ただ、どうしても書きたくなったので書いただけです。
なので、「くだらん記事だ」と思ったら無視してください。
それでは、長くなりましたが読んでいただいてありがとうございました。
[PR]

by blueshine6096 | 2010-11-01 22:32 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)