Runner 【爆風スランプ】

こんにちは、留年玉子です。

もう明日になったら3月ですが、僕は就職活動にもっと熱くなりたいです。
なので、今日はとても熱い曲を紹介します。↓



この曲が流行っていた頃、僕はまだ小学校低学年だったと思います。
(もしかしたら、まだ保育園児だったかもしれません。)
でも、この曲のサビはとてもストレートで、小学生の僕でもすぐに覚えてしまえるぐらいでした。
何より、サンプラザ中野のスキンヘッドにサングラスという容姿にもインパクトがあってよかったと思います。
僕はこの曲を聴いて青春時代を過ごしたわけではありませんが、この曲の熱さは気に入っています。
この熱さは今の僕に欠けているのかもしれません。
こういう熱さは今の時代にこそ必要なのかもしれません。

たぶん、このブログを読んでいる方はこの曲をあまり知らないと思います。
でも、一度聞いてみてください。
冷め切った心が暑苦しくなります。
もしかしたら熱くなりすぎて急に走り出したくなるかもしれません。(笑)
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-28 21:12 | 動画紹介 | Trackback | Comments(0)

タケノコ強化月間

こんにちは、留年玉子です。
最近ブログの更新がなかったので、今日は何回か一気に更新したいと思います。


今年になって、ほぼ毎日タケノコを食べています。
そのせいか、だんだんとタケノコのおいしさが分かるようになってきました。
特に、国産のタケノコがおいしいです。
(中国産は何が入っているのか分からないので買わないことにしました。)

b0204981_20134486.jpg


このタケノコは498円と高かったですが、高かった分だけいちばんおいしかったです。

タケノコはうつ病に効果があるそうです。
タケノコにはチロシンという物質が含まれています。
そのチロシンを体内に取り込むとドーパミンに変わります。
ドーパミンは脳のやる気の源になります。
だから、うつ病に効果があるようです。

うつに効く食べ物・食事

僕はうつ病ではありませんが、落ち込んだりやる気が全くでなかったりすることがよくあります。
特に、就職活動のことを考えるとかなり憂鬱になって丸1日寝ていたくなっていました。
つい最近まではリクルートスーツを着た人を見るのが嫌でした。
また、「自己分析」、「面接」、「内定」、「業界研究」といったキーワードを聞くだけで辛かったです。
でも、そういうときにタケノコを食べてみると、やっぱりやる気が出てきました。
立ち向かう気概が出てきました。

聞いた話では、竹は1日に1mも伸びるそうです。
そのものすごい成長力がタケノコの中に宿っているんだと思います。
そりゃあ、そんなタケノコを食べた人間もやる気もでてくるわけです。

僕は3月終わりまでに就職を決めなければなりません。
だから、やる気を最大限に出して就職活動をしたいと思います。
そこで、僕は3月中はタケノコをいつもの2倍食べたいと思います。
だから、3月は「タケノコ強化月間」にしようと思います。
タケノコからやる気の物質を積極的に取り入れて、就職活動を精力的に行い、内定を勝ち取りましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
まあ、実を言うと、就職活動ではなかなかやる気が出なかったのですが、電子回路の洋書を読んでるときはやる気に満ちています。
読むペースはめちゃくちゃ遅いですが、今はいちばん最初の「序文」~「第1章の1.1節」まで読み終えてしまいました。
ほぼ毎日1時間ほど読んでいますが、もっと読みたいです。
本当はそれを要約してブログに載せたいですが、それは4月になってからやろうと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-28 20:50 | 就職活動 | Trackback | Comments(0)

卒業論文を終えて

こんにちは、留年玉子です。

2/17(木)のプレゼンも終わり、無事に卒業研究を終了しました。
そして、今は就職活動に向けて動き出しています。
でも、ちょっと気分転換したいのでブログを書きます。

今回、卒業論文を乗り越え、7年間の大学生活に終止符を打つことができたわけです。
今の研究室は実を言うと第1志望ではありませんでした。
でも、僕は今の研究室に入ってよかったと思っています。

本当は電子回路の研究室に行きたかったけど、人気がありすぎていけませんでした。
なので、結局今の希土類の研究室に行くことにしました。
この研究室に行こうと思った決め手は「放任主義」です。
研究室の先生は「この研究室では放っておかれることが多いから、自分のことは自分で管理する必要がある」と言ってました。

今までの人生の経験で行くと、僕はガチガチに管理される環境よりも、放ったらかされる環境の方が力を発揮できていました。

たとえば、まだ岡崎の地元で高校生だった頃は、本当に宿題がメチャクチャ多くて、校則も厳しかったです。
生徒をガチガチに管理するような高校でした。
そして、与えられた宿題をこなしていましたが、全くといっていいほど成果はなかったと思います。

一方、予備校に通ってた頃は宿題もなかったし、校則もなかったです。
あまり「勉強しろ」とうるさく言わない雰囲気だったので、真面目な人は勉強をしまくって、遊びたい人は全く勉強しない感じでした。
僕はその中でほとんどハメを外さず勉強でき、今の大学に合格できました。

だから、僕はある程度放っておかれる雰囲気が合っていると思いました。
それで、この研究室に行きました。

卒業論文のペースもそりゃあもうマイペースでしたよ。
前期は毎週月曜日に先生と英語の論文を読んでいただけでした。
夏休み中は、バイトをクビになり、就職活動も上手くいかず、卒業論文からも逃げていました。
でも、やっぱりそれじゃダメだと思ったので、夏休み中に英語の論文を読みきりました。
そして、後期に研究室に復帰しました。
とは言っても、結局「月曜日と金曜日だけ研究室に来ればいい」ということになったので、毎日のように研究室に行くことは少なかったです。
大学に行きたくないときは家で英語の論文を要約したりしてました。
でも、さすがに〆切が近くなったときは毎日行きましたよ。
それで、着々と卒業論文をまとめて完成させることができました。

ところで、研究室で1年間過ごした感じとしては、ほどよく放任的でした。
とりあえず、自分のペースでやらせてくれる感じでしたね。
もちろん週1回は先生の指導がありましたが、口うるさいことを言われたことがほとんどありません。
やっぱり、夏休み中に英語の論文を自分で読みきったのがよかったのかもしれません。
たぶん、そのおかげで先生は「留年玉子はうるさく言わなくても自分でやれるんだな」と思ってくれたのかもしれません。

やはり、僕は放任的な雰囲気の中の方がやりやすいことが分かりました。
この研究室に入ってよかったと思います。
だから、これからの就職活動でも、ガチガチに管理さる会社よりもある程度放任的な会社を選ぼうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-22 23:13 | 卒業論文 | Trackback | Comments(0)

新入生に向けた記事

こんにちは、留年玉子です。

明日は卒論の発表があるので、今日のブログは手短にします。

ところで、僕はもうすぐ大学を卒業します。
その一方では、新たに大学に入学する新入生もいます。
僕は基本的に「留年は人生の無駄じゃない」という考えで生きています。
留年というまわり道から得られるものもけっこうあります。
しかし、できるもんなら「留年はしないに越したことはない」です。
そこで、3月中旬にこれから大学に入学する新入生に向けた記事を書きたいと思います。
(僕は工学部なので、工学部寄りの記事になってしまうかもしれませんが…)
たしかそれぐらいには全ての大学入試が終わっているでしょう。
なので、それぐらいの大学に入る前の時期に

「大学生活ではこういうことに気をつけた方がいい」

というのを書いておこうと思います。
なぜなら、僕自身がこの大学生活でいろいろな落とし穴にはまってしまったからです。
なので、これから入学する後輩に「僕のドツボにはまりまくった経験」を生かしてほしいと考えています。
そして、僕みたいにならないようにしてほしいです。
僕は留年生活で単独行動が多かったせいか、自分の「後輩」が全くいなかったです。
なので、せめてこのブログの中だけでも後輩にアドバイスをしたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-17 00:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

卒業論文を提出できました!!!

こんにちは、留年玉子です。

今日ようやく卒業論文を提出できました。
表紙と中身はこんな感じです。
(大学名と本名は隠してあります。)

b0204981_3423699.jpg


b0204981_6572350.jpg


いちおう、2/17(木)に卒業論文のプレゼンがあります。
でも、そのプレゼンは上手くしゃべれなくても落ちることはめったにないそうです。
(もちろん、プレゼンの準備はそれなりにするつもりです。)
これで僕はもう95%以上の確率で大学を卒業できるでしょう。

このブログには書きませんでしたが、実は「後期は卒業論文を書くのをやめようか」と思ってたこともありました。
二部生は卒業論文が必須ではありません。
なので、卒業論文を書かず、講義だけを受けて卒業することもできました。
でも、今思うと「卒業論文を書いてよかった」と思います。
自分のやってきた研究がきれいに一冊の論文として完成したとき、何とも言えない感動がありました。
もちろん、今まで読んできた英語の論文の内容もこの中に入れておきました。
実験方法を自分の言葉で説明するのもけっこう苦労しました。
実験の図も何度も描き直しました。
こういう「自分のやってきたことを文章や図で、なるべく分かりやすく自分の言葉でまとめる」という行為は社会に出ても十分役に立つと思います。
社会人になっても仕事で報告書や企画書を書くだろうし、卒業論文を書いた経験がかなり役立つと思います。

この写真にある卒業論文は「僕の7年間の大学生活の集大成」だと思っています。
論文に書いた内容以上に僕にとっての重みを感じます。
なので、いつまでも捨てずに手元に残しておくつもりです。

さて、これで卒業論文が終わりました。
今までどんなに怠けていても、頭の中で卒業論文と就職活動のことを考えてたような気がします。
でも、これで片方の卒業論文を乗り越え、残りは就職活動だけです。
なので、パッと頭を切り替えて就職活動をするべきですがちょっと1日だけ休ませてください。
精神的にけっこう疲れている気がします。
なので、明日は久しぶりに渥美半島に行って海でも眺めてこようと思います。
そこで、これからのことをゆっくりと考えたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-09 23:59 | 卒業論文 | Trackback | Comments(2)

卒業論文を書き終えるまであと少し

こんにちは、留年玉子です。

卒業論文の〆切の2月9日が近づいています。
なので、現在の卒業論文の進み具合を報告します。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
○:完了 △:途中 ×:書いてない

1 序論 ○
2 原理 ○
3 実験器具 △
4 実験方法 △
5 実験結果及び考察 △
6 結論 △
7 参考文献 △
8 謝辞 ○
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3実験器具は実験器具の配置図を描いたほうがいいのか迷っています。
なので、先生に質問してみようと思います。

4実験方法は、今までやってきた実験の分は全て完成しています。
しかし、もう1つ実験が追加されるかもしれないので、いちおう△にしておきました。

5実験結果及び考察もあと少し考察を詳しくすれば、今までの実験の分は完成します。
ただ、これももう1つの実験が加われば記述を追加するかもしれません。

6結論は5の考察を完結にまとめるだけでいいのですぐ完成できます。
これも今までの実験の分は完成しています。
また、もう1つの実験が加われば記述を追加するかもしれません。

7参考文献は今まで読んできた英語の論文のタイトルがよく分かりません。
それを先生に聞けば完成できると思います。

こんな感じで、だんだんと終わりに近づいています。
ただ、追加の実験があるかどうかで事情が変わってきます。
できれば追加の実験はなくなってほしいです。
今日は家で卒論を書いて、できれば明日にはそれを印刷して提出できるようにしたいと思います。
せっかく2年留年してまでここまで頑張ってきたので、最後は自分でゴールしたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-06 20:03 | 卒業論文 | Trackback | Comments(2)

節分

こんにちは、留年玉子です。

今日は節分ですね。
僕は今まで節分がきても、特に節分らしいことをはしたことがありませんでした。
でも、今年は珍しく節分らしいことをしました。

b0204981_1144171.jpg


恵方巻きと豆を年の数だけ食べました。

豆まきはあとで掃除するのが嫌なのでさすがにやりませんでした。
なので、豆を年の数だけ食べることだけをやりました。
残念ながら、節分豆は売り切れていたので、こちらのピーナッツ豆を代わりに食べました。
僕は26歳なので、ちょうど26個数えて食べました。
普通の大学生4年生よりずいぶん年上ですね。(笑)
ぶっちゃけると、大学院生の修士課程の人よりも年上です。
むしろ、この年齢だとさらに上の博士課程の人の方が話しやすい気がします。
普段は自分の年齢を気にすることは全然ありませんが、豆を食べているときにそんなことを思いました。

また、恵方巻きは近くのスーパーで半額になってるのを買いました。
僕はシイタケが苦手なので、それを使ってないものを探したら、写真に載ってるものになりました。
今年の恵方は南南東なので、そちらに向いて無言で食べようとしました。
しかし、もう数年は寿司を食べてないのでついつい

「うまいっ!!!」

と叫んでしまいました。
本当は無言で食べなきゃいけないのに…
これが貧乏学生の悲しいところです。
でも、巻き寿司は本当においしかったです。
まあ、「うまい」の一言ぐらいは多めにみてください。(笑)

何か言い伝えによると、恵方に向かって無言で巻き寿司を食べると願いが叶うそうです。
もちろんこれだけで願いが叶えられるとは思いませんが、良い暗示にはなると思います。
1人暮らしをしていると、こういう季節の行事に疎くなってきます。
なので、少しずつこういうことも普段の生活に取り入れていこうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-02-04 02:30 | 留年生活 | Trackback | Comments(0)