WordとExcel

こんにちは、WordとExcelがあまり使いこなせない留年玉子です。

いちおうはWordとExcelを使って卒業論文を完成させました。
しかし、それは本を見ながらやってただけでした。
まだまだスムーズに使いこなせていません。
だから、今日から家に帰って勉強することにしました。
でも、僕はどちらかというと「家に帰ったら仕事を考えたくもない」という考えの持ち主です。
頭の中が仕事仕事になると先週のように潰れてしまいます。
だから、家に帰ったら1時間ほど休憩時間をとろうと思います。
それで、仕事のことをいったん忘れましょう。

WordやExcelって慣れが必要です。
だから、本を一冊終えた後も自主的に何かWordやExcelを続けてみようと思います。
例えば、Excelで小遣い帳を作ってみるとか、Wordに本の要点をレポートみたいにまとめるとか。
何か自主的に使いこなせるように工夫してみようと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-30 18:43 | Trackback | Comments(3)

もう少し頑張ってみよう その2

つづきです。

また、昨日は「会社に行かないで生計を立てる方法がないか」ということも考えていました。
もちろん、探せばいろいろ出てくると思います。
例えば、僕が過去にやってた「せどり」がそうです。
(まあ、ぜんぜん上手くいきませんでしたが…)
古本屋で安く本を仕入れて、アマゾンやヤフオクで売るというものです。
また、株などの資産運用もそうです。
(まだ僕は危険そうで手を出す気はありません。)
でも、それらをやるにしても、今のようなお金のない状態では危険です。
だから、しばらく社会人として働いて、お金を貯めてからそういうことを考えればいいと思います。
まあ、これはやるかやらないかは分かりません。
もう少し後で考えます。
でも、どっちにしても準備するお金が必要なので今の所で働きたいと思います。

というわけで、留年玉子はまた明日から仕事に復帰します。
皆さんには心配をかけて本当にすみません。
でも、これでタイトルどおり「派遣生活の楽しみ方」が見えてきた気がします。
それでは、きっと明日は雨ですが、明日の仕事を頑張ろうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-29 22:27 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

もう少し頑張ってみよう その1

こんにちは、留年玉子です。

心の中の天使と悪魔の対決は天使が勝ちました。
なので、もう少し社会人をやってみることにしました。
最低でも、9/20(火)の契約期限までは今の職場で頑張っていくつもりです。
そこまで働いてダメだったら別の職場を探してくれるそうです。

ところで、昨日は夜中に今まで自分の書いたブログを読み返してみました。

①「せどりで暮らそう!!![留年生編]」の時代
②「留年生活を楽しんじゃえ!!!」の時代
③「既卒フリーターを乗り越えろ!!!」の時代
④「派遣生活を楽しんじゃえ!!!」の時代

これらすべての過去~現在に至るまで、全ての記事とコメントを読み返しました。
まだ大学を卒業して数ヶ月しか経っていませんが、学生時代が懐かしくなりました。

それで、ブログを読み返していて気がついたことがあります。
それは「ここ数ヶ月の環境の変化がものすごく激しいこと」です。

考えてみれば、僕はほんの1、2ヶ月前まで引きこもりのような生活をしていました。
就職活動に失敗して完全にいじけていました。(笑)
「たぶんこの2011年は当分フリーター生活になるだろうな」と思っていました。
しかし、それがどういうわけだかさっさと派遣社員になれてしまったわけです。
ほとんど「引きこもり」のような留年玉子が全く初めての「社会人」の世界に突入したわけです。
引きこもりから社会人ってものすごい環境の変化です。
でも、やっぱり引きこもりがいきなり社会人になろうとしても急になれるわけじゃありません。
だから、なかなか上手くいかずに「僕には社会人は無理だ」と思い始めました。
それで精神的にダウンしてしまったんだと思います。

でも、これはもう毎日会社に行って慣れるしかありません。
しかし、ただ単純に「毎日耐えるだけの日々」を送るのは辛いです。
なので、欲しいものを給料で買うために会社で働くことにしました。

今のところ、いちばん欲しいものは「シンセサイザーキットの基板と部品」です。
実をいうと、シンセサイザーの組み立てはもうすでに終わっています。
しかし、その組み立てはものすごく雑です。
配線はゴチャゴチャだし、半田付けも下手です。
おかげで、基板のメッキがはがれかけているところもあります。
なので、もう一度基板と部品を買い、今度はもう少し丁寧に組み立てていこうと思います。

次に欲しいものは、回路設計に必要な測定器です。
名前を言うと、オシロスコープ、ファンクションジェネレータ、スペクトラムアナライザ…といったものです。
(名前を聞いても分からない人は読み流していただいてけっこうです。)
将来、僕は自分のオリジナルのシンセサイザーを設計するつもりです。
そのために、これらの測定器が必要になります。
でも、これらの測定器は比較的高価です。
安いものでも3万円ぐらいだし、高いものは10万円以上します。
じゃあ、やっぱりバイトよりは今の仕事を続けるしかないでしょう。

また、他にも、新たに勉強することが増えてきて、洋書を買うこともあるかもしれません。
結局、自分の趣味にお金をかけようと思えば、いくらでもかかります。
だから、「欲しいものを手に入れるためにしっかり働く」という気持ちで頑張っていけばいいと思います。
たったそれだけのことで、仕事に張り合いがもてます。

ちょっと長くなりそうなので、ここでいったん切ります。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-29 22:03 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

まだ悩んでる

こんにちは、相変わらず心の中で天使と悪魔が戦っている留年玉子です。
(何のことだかよく分からない方は前回の記事を読めば分かると思います。)

今日の記事は短めにします。

「仕事でお金を得て~をやってみたい」というのが1つでも見つかれば、今の仕事を続けられそうな気がします。
また、仕事帰りの楽しみが1つでもあれば仕事を続けられそうです。

ただ、それがなかなか見当たらなくて困っています。

今日はちょっと仕事を休みました。
でも、ずっと寝転んで考え込んでいても何の解決もできません。
ちょっと、今から気分転換にBookoffに行ってきます。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-27 20:16 | 戯れ言 | Trackback | Comments(4)

なんか疲れた

こんにちは、留年玉子です。

今日は久しぶりに「戯れ言」というカテゴリでブログを書きます。
この「戯れ言」のカテゴリは基本的にかなり後ろ向きなことを書きます。
いつもは前向きな感じで書いていますが、今回の記事は前向きな言葉がほとんどないかもしれません。

最近、何だか仕事を辞めたくなってきました。

「毎日こんなに怒られてまで社会人をやる必要があるのだろうか…」

と思えてきました。
ぶっちゃけると、生活のために働くのなら、バイトで稼いだ毎月13万円でも十分です。
僕は年収1000万円の勝ち組なんてめざしていません。
ヒルズ族の一員になる気もありません。

また、結婚願望が全然ありません。
なので、家族の大黒柱となって働く必要もありません。
炊事洗濯も自分でできるから、お嫁さんがいなくてもやっていけます。

部屋も現在の和室2部屋のアパートで十分です。
豪邸や別荘を持っていても掃除が面倒くさいだけです。

以前は、「車が欲しい」と書いたけど、最近は「レンタカーで十分かな」と思っています。

唯一欲しいものはエアコンぐらいかな。
それもバイトでお金を貯めれば買うことができます。

結局、考えてみればバイトでも十分生活していけます。
なのに、上司に毎日怒られてまで会社にいる必要があるのだろうか。
何だか会社で頑張る意味が分からなくなりました。

これを派遣会社の社員や親に相談してみたら、こういう答えが返ってきました。

・フリーターでは将来的に何の成長もできない。何のスキルも身につかない。
・せっかく就職できたんだから、あと3ヶ月は頑張りなさい。
 (3年頑張れと言われることもある)

もちろん、この答えは正しいと思います。
でも、これらを僕が実行できる気力がありません。
確かに、フリーターでは成長はないのかもしれません。
でも、今の僕には成長する気力がありません。
むしろ、僕はもう少し気楽に暮らしたいです。
あと、3ヶ月も頑張れる自信がないです。
僕にとっては一日すらもかなり長いです。

今、会社を続けるか辞めるかを巡って、僕の心の中で天使と悪魔が対決をしています。

悪魔:あ~やってらんねえ。会社なんて辞めてもっと気楽に暮らそうぜ♪
天使:ダメだよ、もう少し頑張ろうよ!せっかく就職できたんだから。

ず~っとこんな対決をしていて一向に決着が着きません。
本当は会社で頑張った方がいいと頭では分かっている。
でも、何だかそれが辛くて厳しくてとてつもなく大変なことに思えてしまう。
それで、どうしても逃げ出したくなってしまう。

もういっそのこと「いのちの電話」にでもかけて相談してみようかな。
今日の留年玉子は病んでいますね。
ぶっちゃけ、自分でも何を書いているのか分からなくなってきました。
もう少し、今後のことをじっくり考えて見ます。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-26 21:02 | 戯れ言 | Trackback | Comments(0)

1.3 The Lumped Matter Dscipline

こんにちは、留年玉子です。
今日も洋書の感想を書きたいと思います。

今日は1.3節のThe Lumped Matter Dscipline(一括した事項の規則)をやります。
(こちらで全体の目次を確認できます。)
この洋書で出てくる「一括した素子の抽象化」はこの規則が基礎となっているようです。
前回の1.2節でも「一括した事項の規則」と言う言葉が出てきましたが、この1.3節でさらに詳しく議論していきます。

それでは、さっそく感想を書きます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
一括した素子は図のように、電圧Vと電流Iを固有に定義できます。

b0204981_11344457.jpg


「一括した事項の規則」は以下の3つです。

 ①閉じたループ内の磁気の変化が0である一括した素子の境界を選ぶこと。

b0204981_11351544.jpg


 ②全体の電荷の変化のない一括した素子の境界を選ぶこと。

b0204981_1135378.jpg


 ③信号の時間尺度は、一括した素子を横切る電磁波の伝播遅延よりもずっと大きくすること。

①は電圧に関係するものです。
磁気の変化があると、誘電起電力が発生し、電圧が固有のものではなくなってしまいます。
なので、電圧を固有に定義するためには、磁気の変化が0である必要があります。
  
②は電流に関係するものです。
電流を固有に定義するには、素子の内部の電荷が変化しない必要があります。

③は電磁波に関係するものです。
これは正直いって大学では習いませんでした。
おそらく、あまりに高い周波数だと電磁波の影響も考えないといけないのかもしれません。
(間違っているかもしれませんが…)

これら3つの「一括した事項の規則」を満足しているとき、素子は電流と電圧に対して外部の接点で計算できます。
つまり、上の図のブラックボックスのような「一括した素子」として単純化して扱うことができます。
そして、これがキルヒホッフの電圧則/電流則につながっていくそうです。

大学では、いきなり抵抗、コイル、コンデンサといった素子の説明に入っていました。
しかし、素子として扱う前にもこんな隠されたステップがあったんですね。
これを知っているか知らないかでだいぶ違うと思います。

また、③の電磁波の影響を考えることも大学では習っていませんでした。
洋書ではこの「電磁波の影響」がもっと詳しく書かれています。
詳細の気になる方は自分で買って読んでみてください。

次回は、1.4 Limitations of the Lumped Circuit abstraction(一括した回路の抽象化の限界)をやります。
今まで「一括した回路の抽象化」についてやってきましたが、これには限界もあるようです。
それでは次回をお楽しみに。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-22 11:37 | 洋書 | Trackback | Comments(0)

人づきあいが苦手な人のための「コミュ力」の鍛え方

こんにちは、「明日は会社に行きたくないでござる」と叫びたい留年玉子です。

今日は僕の読んでいる本を紹介します。
本のタイトルは「人づきあいが苦手な人のための「コミュ力」の鍛え方」 (久米信行 著)です。

b0204981_9181920.jpg


以前、ブログに「会社外の仲間を作りたい」という記事を書きました。
実は、その記事の元になったのがこの本でした。

この本の主旨はこんな感じでした。
(もちろん、他にもいろんなことが書かれています)

・1人の時間を楽しめる人は人生を充実させることができる。
・孤独な人こそ積極的に行ったことのない場所に出かけ、新しい人間関係を作ろう。

だから、この本は「学校や会社で友達がいない人」にすごく合うと思います。

また、この本ではむしろ「1人でご飯を食べること」を推奨しています。
これにはけっこう驚かされました。
今まで、「昼食はみんなと仲良く取らなくてはいけない」という考えがどこかにありました。
でも、この本を読んで少し安心しました。
僕も会社では1人で食堂で昼食をとっています。
本の中では、「誰も知らない店に1人で行くといい」と書かれています。
しかし、会社の外は田んぼだらけで店は少ないので、そこまではできないでいます。
まあ、できる範囲で実践していきましょう。

もし、このブログを読んでいる方で「大学内でぼっちになっている人」がいましたら、ぜひ読んでみてはいかかでしょうか。
(僕も学生時代はぼっちでしたが)
世間では「独りぼっちはダメ」という風潮がどこかにありますが、この本を読めばかなり前向きになれると思います。

※ちなみに、このブログではアフィリエイトは一切やっていません。
 この本を買って下さっても、僕には1円のお金も入りません。
 ただ、僕の気に入った本を紹介したかっただけです。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-22 09:59 | 書籍紹介 | Trackback(1) | Comments(3)

逃げなくてよかった

こんにちは、使えない派遣社員の留年玉子です。
今日の記事は暗いところがけっこうあります。
でも、最後はハッピーエンドで締めますので、安心してください。

あ~社会て本当に厳しいな。
僕の所属している部署は何だか殺伐としています。

上司はとても追及が厳しいです。
僕の言葉遣い1つ1つに細かいツッコミが入ります。
特に、会話に「あれ」とか「これ」とかいう代名詞を使うと怒られます。
上司からすると、「あれ」とか「それ」とかを使われると、仕事の内容がものすごく伝わりにくくなるそうです。
なので、代名詞をほとんど使わず、書類の長ったらしい正式名称を省略せずに説明をしています。
とは言っても、やっぱり代名詞は便利だからついついどうしても使ってしまいます。
それで上司にいつも怒られてしまいます。
「何とかしなきゃ」と思っているのに…
頭では分かっていても、クセはなかなか抜けないし、簡単そうでけっこう難しいです。

また、会社の先輩も納期にかなり遅れていて、かなり殺気立ってる感じがして怖かったです。
質問したら殴られそうな雰囲気でした。
(でも、まあ怖かったけど質問しましたよ。)
あと、病気で休んでいる人に電話をかけて、「おまえは仕事に対する姿勢が甘すぎる」と説教をしている先輩もいました。
それを見て、「社会って本当に恐ろしいところだな」と思いました。

実は、今日の行きの電車にいる僕はかなり暗いことを考えていました。

・僕には社会人なんて無理なのかな…
・また今日も上司に怒られるだろうな…
・今日で会社を辞めようかな…
・いっそのことこのまま電車を降りずに岐阜県まで逃げようかな…

すみません、かなり暗すぎですね。(笑)
でも、今日はちょうど給料の締めなので、仕方なく会社に行きました。
派遣社員は、終業後に作業報告書を書きます。
作業報告書には上司のサインが必要です。
今日は給料の締め日です。
今日、作業報告書に上司からサインをもらえれば、ようやく1ヶ月分の給料がもらえます。
だから、「今日辞めるにしても、せめて給料はもらおう」と思って、仕方なく会社に出勤しました。

案の定、会社では上司に怒られましたし、パニックになってミスだらけでした。
(本当に申し訳ないです。)
やっぱり「留年玉子君は使えないからクビだ」と言われるだろうな思いました。
でも、作業報告書を上司にサインしてもらうとき、上司から出た言葉は意外にもやさしいものでした。

「留年玉子君もこれでようやく給料がもらえるね」

文章では伝わりにくいかもしれませんが、そのときの上司の顔は「おまえはよく頑張ったな!!!」という表情でした。
普段は厳しい上司なので、そのやさしい言葉は何だかうれしかったです。
もちろん給料がもうすぐ入るのもうれしいですが、それ以上の喜びを手に入れた気がします。

行きの電車では本当に逃げ出したくなりましたが、逃げずに会社で働いてよかったと思います。
殺伐とした部署ですが、自分のできるところまで逃げずにやってみようと思います。



追記
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-20 21:28 | Trackback | Comments(0)

ブログで数式を使う

こんにちは、留年玉子です。

今日は洋書の1.3節を訳し終えて、要約して内容も理解しました。
それで、ブログに感想を書こうとしました。
しかし、1.3節の感想を書くためには、数式が必要です。
もちろん、運動方程式のF=maのようなシンプルな数式は書けます。
しかし、今回出てくる数式には偏微分が使われています。
その数式をどうやってブログに載せるかを検討しています。
なので、1.3節の感想はもう少しお待ちください。

ちなみに、ブログ上では難しい数式の計算は省きます。
(もちろん、自分で洋書を読むときはちゃんと計算しますよ。)

これからの「洋書の記事」では数式が出てきて面食らうかもしれません。
しかし、こうして洋書の感想をブログに書くことで、サボりを防止できています。
興味のない方は無理して読まなくてもけっこうです。

「留年玉子はまだ懲りずに洋書を読んでるんだな」

と見守ってくれるだけでも励みになります。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-18 19:07 | 洋書 | Trackback | Comments(0)

もしも会社を辞めさせられたら…

こんにちは、留年玉子です。
まず、今日一日を乗り切れたことを喜びたいです。

正直言って、仕事ができない自分に腹が立ってきます。
このまえ、派遣会社の人から電話がかかってきました。
その人が言うには、6月いっぱいまでが研修期間で、それまでに何か問題を起こすと、7月から働けなくなるそうです。

なかなか怖いですね。
僕は今のところ問題を起こしていません。
ただ、あまり仕事ができない方なので、

「留年玉子君は使えないな」

ぐらいは思われてるでしょう。
それが原因で、もしかしたら辞めさせられる可能性も0ではありません。
なので、ショックを受けないようにそうなったときのことを考えたいと思います。
もし今の仕事を辞めさせられたら、とりあえずバイトでもします。
それで、「僕はバイト生活で満足だ」と思うなら、バイトだけやって暮らそうと思います。
それで、数年ほど働いてお金が貯まったら、しばらくバイトを休んでどこか海外にでも出かけようかな。

まあ、もちろんそうなりたくはないけどね。
上司は厳しくて叱られてばかりだけど、今の会社でもう少し働きたいなあ。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-05-16 18:58 | Trackback | Comments(2)