<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

工作機械の本を買おうかな

こんにちは、留年玉子です。

もし給料が入ったら、工作機械の入門の本を買おうと思います。
僕は4月から急にこの業界に放り込まれた派遣社員です。
そのせいか、新人研修は一切受けていません。
だから、周りの人の話している工作機械の用語がさっぱり分かりません。
そういうわけで、簡単そうな本を買って自分で勉強しようと思いました。
なるべく、自分の仕事の範囲外の部分も読んでいきたいです。
会社の人たちを見ると、自分の仕事の範囲はものすごく勉強してるけど、一歩外のことは「俺たちには関係ねえ!」という雰囲気を感じます。
あんまり自分を制限せず、興味のあることは積極的に吸収しようと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-30 19:12 | Trackback | Comments(0)

洋書のペースをあげたい

こんにちは、留年玉子です。
お久しぶりです。

ここ3日間、会社のスピーチのネタが思い浮かばなくて悩んでいました。
でも、何とか乗り越えました。
スピーチで悩みまくったせいか、洋書も最近読んでいません。
そのせいか、ストレスがたまっています。
やっぱり、頭の中が仕事のことばかりになるとダメですね。
明日の朝に洋書を読むのを再開したいです。
今、洋書は1.5節の最初まで読み終わりました。
1月からこの電子回路の洋書を読み始めました。
なので、もう半年間はこれを読み続けています。
しかし、これじゃあまりにもペースが遅いです。
なので、休みの日は時間をかけて読むようにしたいと思います。
そして、できれば読むペースもあげたいです。
たぶん、今年中にこの洋書を読み終えるのは厳しいです。
最低でも今やってる第1章を読破します。
もしこの洋書を読破したら、シンセサイザの設計をしたいです。
また、将来的にやる副業も電子回路の知識を生かしたものにしようと思います。

今日はとりとめもない記事になってしまいました。
最後まで読んで下さってありがとうございます。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-29 18:40 | 洋書 | Trackback | Comments(0)

6/29(水)までブログを休みます

こんにちは、留年玉子です。

急ですが、6/29(水)までブログを休むことにしました。
別に、ブログを書くのが嫌になったわけではありませんよ。

今の会社では、朝礼で1日1人ずつスピーチをやります。
そのスピーチの僕の出番が今週の水曜日にまわってきます。
なので、しばらくスピーチの練習をさせてください。

スピーチが終わったらいつもどおりブログを再開します。
誠に勝手ですが、よろしくお願いします。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-27 19:06 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

洗濯機にトラブル発生

こんにちは、留年玉子です。

今日は洋書を読みたかったのですが、できないかもしれません。
先ほど洗濯をしていたら、ガシャンガシャンと洗濯機からものすごい音がしました。
急いで洗濯機を止めました。
なので、ちょっと原因を調べます。
もしかしたら、それだけで一日が潰れるかもしれません。


追記
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-25 11:38 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

細かさと気転

こんにちは、すっかり汗くさくなってしまった留年玉子です。

今さらですが、なぜ今の会社が僕を採用したのか分かりました。
それは上司に叱られているときに分かりました。

上司:なぜ私が留年玉子君を採用したか分かるか!?
留年玉子:う~ん、若さと元気ですか?
上司:違うわ!!!私は細かいところに気がつく人材が欲しかったから君を採用したんだ!!!

そうだったのか…
全然知らなかったな。
派遣会社の人は「この会社は若さと元気を求めている」と言ってました。
一方、今働いてる会社が求めているのは「細かさと気転」です。
こんなに思惑のズレがあるのに、よく採用されたな…
でも、どうであれ、上司に少しは期待されていることが分かりました。
僕もたまには人の期待に応えてみようと思います。
僕は細かいことを気にしない方です。
なので、せめて仕事の間だけは細かくて気転の利く人になろうと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-23 19:05 | Trackback | Comments(0)

丸一日洋書を読む

こんにちは、留年玉子です。

僕の配属された部署は、先輩社員2人と上司がいます。
ところが、今日は先輩社員が2人とも休みでした。
なので、今日は上司と僕しかいませんでした。
いつも先輩社員にする質問を僕に聞いてくるので、けっこう辛かったです。

ところで、今週の土曜日にやってみたいことがあります。
それは、丸1日洋書を読むことです。
このブログでは電子回路の洋書の感想を書いています。
洋書は朝の10分~30分の時間を使って読んでいます。
しかし、まだ長時間ずーっと読んだことはありません。
たまには飽きるほど読んでみたくなりました。
なので、土曜日のブログは洋書の記事を多く更新すると思います。
これだけ洋書を読みふければ、仕事の辛いことも忘れられるでしょう。

丸一日でどこまで読めるか試してみようと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-21 18:38 | 洋書 | Trackback | Comments(5)

皆勤をめざせ!!!

こんにちは、留年玉子です。

昨日の記事を自分で読んでみて率直に思うことがあります。
ひとことで言うと
「こんなもん紹介してどうするんだ?!」
と言いたくなります。
でも、以外にもたくさんの方が見てくれていました。
あの記事は何の役にも立ちませんが、見てくださってありがとうございます。

ところで、今月は仕事を休むことが多かったです。
会社を辞めたくなったり、風邪で体調を崩したり…
おかげで、給料が少ないです。
まだ働いて半年も経ってないし、有休はありません。

そこで、来月は皆勤をめざそうと思います。
毎日ちゃんと仕事に行き、新たな仕事をしっかり身につけていきましょう。
僕はまだ新人なので、時給は派遣社員としては最低の1000円です。
それでも、学生時代のバイトよりずっと給料は良いです。
皆勤すれば、16万円ももらえます。
まあ、人によってはこの額を少ないと思うかもしれません。
しかし、学生時代の僕はバイトの11万円で暮らしていました。
だから、留年玉子にとっては十分多い給料です。
もし皆勤できたら、エアコンをつけようと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-20 19:43 | Trackback | Comments(0)

小学生時代の作品の修理

こんにちは、留年玉子です。
今日の記事は写真を多めに入れておきました。

実は、先週の日曜日に岡崎の実家に帰りました。
なぜそうしたかというと、自分が昔聞いていた音楽をまた聴きたくなったからです。
実家に置いてあったCDやカセットテープを全て名古屋のアパートに持ち帰りました。
また、ついでにこんなものも持ち帰りました。

b0204981_034046.jpg


これは、僕が小6のとき(1996年)に作った図工の作品です。
もう今から15年も前に作ったものです。
これを見て、とても懐かしく思いました。
実家の僕の部屋の隅でほこりを被って、釘も抜けて朽ち果てていました。
なので、これを名古屋のアパートに持ち帰って修理することにしました。
(この作品が何なのかはあとで説明します。)

b0204981_0491335.jpg


上の写真のように、内側の赤いフェルトがはがれていたので、ボンドで貼りなおしました。
また、釘も新しいものを買ってきて、打ち直しました。
そして、こんな感じで修理できました。

b0204981_0542625.jpg


はがれていた赤いフェルトを貼り、釘もしっかり打ち直して、頑丈になりました。

ところで、これはいったい何の作品でしょうか?
これは小6のときに作った「宝箱」です。
(ちょっと今思うと気恥ずかしいですが、本当の話です。)
当時、図工の授業で木工をやっていました。
ほとんどの人は教科書どおりにティッシュケースを作っていました。
でも、当時の僕はかなりひねくれていました。

「ティッシュなんてすでに箱が付いてるから、その上に木の箱を被せてもしょうがない」
「どうせなら、もっと面白いものを作りたいなあ」
「そうだ、自分の宝物を入れる宝箱を作ろう!!!」

というわけで、僕は宝箱を作りました。
正面に「たからぶね」と描かれています。
文字通り、財宝が山のように積まれた宝船です。
これはたぶん、ドラゴンクエストとか桃太郎伝説といった冒険物に影響されたんだと思います。

b0204981_120360.jpg


側面を見てみると、かなり下手くそですが、金閣が描かれています。
さすがに、金色の絵の具はなかったので黄色で代用しました。
これは、修学旅行で初めて京都に行って感動したから書いたんだと思います。
本当に小学生でも分かるぐらいきれいな金色でした。

b0204981_1251515.jpg


もう一方の側面には銀閣が描かれています。
銀閣の渋くて落ち着いた雰囲気も好きでした。

b0204981_1305819.jpg


上面は古い木材の感じを出したかったので、わざと濁った茶色を使っていました。
当時の自分なりに骨董品のような雰囲気を出そうとしていたんだと思います。
ぶっちゃけ、この色は先生のウケが良くなかったです。
あと、上についてる黒いベニヤ板は箱を開けるためのものです。
取っ手を作るのは難しかったので、この部分に爪を引っ掛けて開けるようにしました。

b0204981_1404075.jpg


中に自分の宝物を入れるとこんな雰囲気になります。
当時の自分は内部に赤いフェルトを貼ることで高級感をだそうとしていました。(笑)
中には、小学校、中学校、高校の思い出の品々が入っていました。

これで、実家でぶっこわれていた宝箱を完全に修理できました。
15年も前に作ったものがまた復元できるとすごくうれしいです。
やっぱり僕は物を作るのが好きなんだと思います。
せっかく宝箱が復活したので、これからもこの箱に入れる宝物が増えるように生きていきたいです。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-19 01:58 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

1.4 Limitations of the Lumped Circuit abstraction

こんにちは、留年玉子です。
久しぶりに洋書の感想を書きたいと思います。

今日は1.4節のLimitations of the Lumped Circuit abstraction(一括した回路の抽象化の限界)をやります。
(こちらで全体の目次を確認できます。)

それでは、さっそく感想を書きます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
この洋書で詳しくやってきた「一括した回路の抽象化」ですが、ある条件になると限界がくるようです。
その条件とは「信号の周波数が非常に高い」ことです。

前回の復習ですが、「一括した事項の規則」は以下の3つです。

 ①閉じたループ内の磁気の変化が0である一括した素子の境界を選ぶこと。
 ②全体の電荷の変化のない一括した素子の境界を選ぶこと。
 ③信号の時間尺度は、一括した素子を横切る電磁波の伝播遅延よりもずっと大きくすること。

信号の周波数が非常に高くなると、信号の速度が上がります。
そして、信号の速度が電磁波の速度に近づいてしまいます。
それで、一括した事項の規則③を破ってしまいます。
だから、周波数が高いときは電磁波の影響も考えないといけなくなるようです。

特に、最近のコンピュータのマイクロプロセッサは[GHz]の範囲で動いています。
なので、マイクロプロセッサの回路設計では「一括した回路の抽象化」が使えなくなります。
洋書では、このあたりのマイクロプロセッサの話がかなり詳しく書いてありました。
興味のある方は読んでみるといいと思います。

信号の周波数が高いときは、電磁波の影響によって抵抗や導線が普段と違う回路動作になるようです。
それはまだまだ先になりますが、第9章で高周波の回路の勉強できます。
電磁波の影響はコンデンサとコイルで表せば、高周波でも一括した回路の抽象化ができるようです。
そこまで先は長いですが、頑張ろうと思います。

次回は、1.5 Practical Two-Terminal Elements(現実的な2端子素子)をやります。
今まで「一括した回路の抽象化」についてやってきましたが、これには限界もあるようです。
それでは次回をお楽しみに。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-18 10:02 | 洋書 | Trackback | Comments(0)

シンセサイザ製作に再挑戦!!!

こんにちは、留年玉子です。

残念ながら、名古屋で電子工作をする集まりはありませんでした。
また、電子回路講座もお金が1万~5万円かかります。
今はお金が足りないので断念しました。
結局、今は会社外の仲間を作れません。
なので、今はコツコツとシンセサイザを作っていこうと思います。

ところで、シンセサイザの製作を1からやり直そうと思います。
と言うのは、配線や半田付けが雑でゴチャゴチャだからです。
それのせいで、動作チェックで次々と問題が起こります。
まったく先に進めません。
だから、ちょっともったいないですが、もう一度最初から基板や部品を揃え直して組み立てるつもりです。
その代わり、これからはもっと丁寧できれいに組み立てます。

これが完成しないと、僕の人生が始まらない気がします。
今度こそ完成させます。

シンセサイザが完成したら、何か曲でも作ってみようかな。
僕に音楽の才能があるのかは全く分かりません。
でも、自作シンセサイザで自作した曲をブログで発表すると思います。
楽しみにしててください。
[PR]

  by blueshine6096 | 2011-06-14 18:54 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE