何もできずに終わる休日

こんにちは、留年玉子です。

会社のほうは、何とか生き残ることができました。
これからも今の会社で働いていこうと思います。

また、今日部屋にようやく洗濯機が来ました。
リサイクルショップの比較的丈夫そうなものを買いました。
洗濯機が壊れてから、コインランドリーを行ったり来たりして、すごく大変でした
もうこれで安心です。

ところで、土日にシンセサイザーを作ろうと思っていましたが、できませんでした。
どうしても土日になるとゴロゴロしたくなってきます。
特に、土曜日の昼頃に眠気に襲われます。
ついつい昼寝してしまって、気がついたら夕方です。
そして、日曜日は1週間分の食料品の買出しやたまった洗濯物を片付けるハメになります。
気がついたら、何もできず日曜日も終わってしまいます。

もしかしたら、シンセサイザーの製作に取り掛かるのはまだまだ時間がかかるかもしれません。
う~ん、ブログのタイトルを「派遣生活を楽しんじゃえ!!!」に戻した方がいいかな…

なかなかシンセサイザーを作れないかもしれませんが、温かく見守っていてください。
留年玉子もできる限り頑張ってみます。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-30 20:54 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

生き残るための悪あがき

こんにちは、どうにかして今の職場で生き残りたい留年玉子です。

僕は1年浪人し、大学を2年留年しました。
だから留年玉子は+3です。
+3の人を雇ってくれる会社は少ないだろうな。
だから、今の会社で多少合わないところがあっても、3年は頑張ろうと思います。
辞めさせられる可能性もありますが、今のところは今の会社でベストを尽くすのがいちばんです。

それで、今日は家に帰ったら、「生き残るための悪あがき」をしたいと思います。
何をするかと言うと、喫茶店かファミレスで「仕事内容の復習」をします。最近は特に「工作機械のプログラムのインストール作業」をしています。
その際に工作機械を操作します。
しかし、仕事中に機械の操作を覚えたつもりでも、休み明けにはすぐに忘れてしまいます。
それで復習しようと思ったわけです。
あと、家だと怠けてしまいそうなので、今日だけは喫茶店かファミレスに行くことにしました。

今の会社で生き残るため、今を必死で生きていこうと思います。
そして、それでもダメなら諦めます。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-24 18:48 | Trackback | Comments(0)

新しい仕事内容

こんにちは、留年玉子です。
考えてみれば、このブログって「シンセサイザーを作っちゃえ!!!」というタイトルのクセに、シンセサイザー製作の記事を書いていませんね。
これじゃ、まるでラーメンを作らないラーメン屋みたいです。
でも、平日にシンセサイザーを作るのは時間的に難しいです。
なので、平日はどうしてもシンセサイザー以外の記事を書いてしまいます。
だから、シンセサイザーは土日に作ろうと思います。
そして、土日のどちらかで「シンセサイザー製作」の記事を書くつもりです。
よろしくお願いします。

ところで、今日は久々に仕事のことを書きたいと思います。
僕は9/20(火)に派遣の契約が更新されます。
そこを乗り越えれば、試用期間が終わります。
そして、今の会社でずっと働けるようになります。
しかし、そこで会社側が「留年玉子君はうちには向いてない」と判断すれば、僕は解雇されます。
そして、また別の会社に行くことになります。
派遣会社の営業が「今週の金曜日に留年玉子君の雇用をどうするかを○○さん(上司)と相談する」と言ってました。
だから、少し怖いです。

でも、最近は上司には「留年玉子君は次のステップとして新しい仕事を覚えて欲しい」と言われています。
普通は1ヶ月後に辞めさせたい人に新しい仕事なんてやらせませんよね?
そんなことをしたら、教えた労力が全て無駄になってしまいます。
でも、人生何が起こるか分かりません。
辞めさせられたら、そのときはそのときで別の会社で前向きにやっていきます。

ところで、上司の言う「新しい仕事」とは何でしょうか?
それは「工作機械のプログラムの書き換え」です。
7月までは、どちらかと言うと、書類作成やチェックといった事務的な仕事が多かったです。
そして、8月になってから、先輩の作ったプログラムを工作機械にダウンロードする作業を任されました。
だんだんと、工作機械に実際に触る機会が増えてきたわけです。
そして、今日から「工作機械のプログラムの書き換え」を先輩から教わっています。
工作機械の中のプログラムのソースコードを見ることができました。
これはもう本格的なプログラミングの雰囲気があります。
プログラムのソースを見てみると、何だかC言語に似ています。
if文とかelse if文がいっぱいあったし、マクロや関数を設定するするところも似ています。
(よく分からない方は読み流してください。)
何だか本格的でとても難しそうですが、もしかしたらできるかもしれません。
もし僕がクビにならなかったら、C言語を再び勉強しなおした方がいいかもしれません。

ちょっと今日は仕事のことばかり書かれていて、面白くなかったかもしれません。
ちなみに、明日は電力の関係で会社が休みです。
最近あまりできていない仕事の勉強、趣味の勉強をしようと思います。
今日はこれぐらいで終わろうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-22 22:31 | Trackback | Comments(0)

浜名湖を1周してきた その2

こんにちは、留年玉子です。
それでは、浜名湖1周旅行の続きを書こうと思います。
今回は浜名湖を自転車で走りながら考えたことを書きます。

①シンセサイザーを作った後どうするか

 もし、自分のオリジナルのシンセサイザーを作り終えたらどうするかを考えてみました。
 今のところ考えているのは、プログラミングを勉強して、専用の作曲ソフトでも作ろうかと思います。
 とは言っても、プログラミングのどんな言語を勉強したらいいのかはまだ分からないけどね。
 自分のブログをアクセス解析すると、「シンセサイザー C言語」というキーワードで検索している方が多いです。
 だから、C言語をとりあえず勉強すればいいのかな?
 それはもう少し詳しく調べてみようと思います。
 
②アナログシンセビルダーズサミットに必ず参加する

 「シンセサイザーを作りたい」という自分と同じ趣味を持った人たちの集まる場所に行ってみたいです。
 いろんなユニークなシンセサイザーを見たり、シンセサイザーに対する熱い思いを感じられると思います。
 会社外の人に会うことでいろんな刺激を受けると思います。
 
③小さな幸せを見逃さないようにする

 何となく日常生活を送っていると、頭が固くなって、物事にあまり感動できなくなってきます。
 なので、日常で見逃しているような小さな幸せを見逃さないようにしようと思います。
 例えば、「夕日がきれいだった」とか「たまたま見つけた店の料理がおいしかった」とか「仕事がはかどってうれしい」とか…
 そういう小さな幸せもたくさん集めれば大きな幸せになると思います。
 だから、これからブログを書くときには、「小さな幸せを一言添えようかな」と考えています。

④洋書を電車の中で読む

 洋書を読むペースが遅いので、できれば電車の中で読もうと思います。
 ただ、洋書は分厚くて重たいので持ち運ぶときに苦労します。
 そこで、コンビニで数ページコピーして持ち歩きたいと考えています。
 こういう細切れの時間に英文を読むことで、今よりもさらに英文に慣れてくると思います。
 そして、読むスピードも早くなってくると思います。

⑤電子回路の洋書を読み終えた後でやってみたいこと

 もし電子回路の洋書を読み終えてしまったら、電磁気学か電子物性工学を勉強しなおしてみたいです。

 「電磁気学をやってみたい」というのは以前の日記に書きましたが、もう一度書きます。
 電磁気学は電気電子の基礎となるものです。
 今、電子回路を勉強していますが、勉強しているうちに「電気とは何なのかを知りたい」という思いが出てきました。
 もちろん、学生時代にも電磁気学は習いました。
 しかし、電磁気学の使われる数学が分からなかったので、さっぱり理解できませんでした。
 でも、今は何とか大学も卒業したし、当時よりは数学も分かります。
 もしかしたら勉強しなおせるかもしれません。

 もう1つやってみたいのが電子物性工学です。
 電子物性工学は、様々な材料の電気的な性質についての学問です。
 なぜ電子物性工学をやりたくなっているのでしょうか?
 それは、僕が学生時代に希土類の研究室にいたからです。
 研究室にはいろんな本があって、「こういうのを読めるようになったら楽しいだろうな」と密かに思っていました。
 だったら、読めるようにすればいいんじゃないかな。
 (やっぱり、大学を卒業した経験ってその後の人生に影響を与えるんだな。)

と言うわけで、こんな感じでいろんなことを考えていました。
ここに書いてあることの全てを実行することはできないと思います。
でも、このうちのいくつかはブログを書くときに生かしていこうと思います。

あと、静岡ってのんびりしていてやさしい人が多いなあと思いました。
静岡の方言は三河弁に近いですね。
僕は岡崎市に住んで三河弁を話していたので、何だか親近感がわきました。
 
浜名湖に来るのは初めてで、道を間違えることもたくさんありました。
そして、何度も引き返して正しい道を見つけていました。
でも、そうやって地図を見ながら自分の頭を使って目的地にたどり着くのがすごく楽しかったです。
やっぱり、僕は自分で考えて行動するのが好きなんだなあと思いました。

何だかいろいろ書きましたが、仕事の嫌なことから離れられてリフレッシュできました。
今度来るときは、もっとお金を持って浜名湖のうなぎも食べたいと思います。
そして、これからも自分の頭をどんどん使って、楽しく生きようと思います。

かなり長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-20 08:39 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

浜名湖を1周してきた その1

こんにちは、留年玉子です。
本当は8/16(火)にこの記事を書くつもりでしたが、自分の部屋に妹が遊びにきたので書けませんでした。
遅くなってごめんなさい。

言い訳はこれぐらいにして、浜名湖1人旅の記事を書こうと思います。

8/14(日)僕は浜名湖に行くことにしました。
名古屋からJRの電車に乗り、愛知県を越えて、静岡県の弁天島駅に降りました。
b0204981_226081.jpg

こんな感じの海沿いの駅でした。


b0204981_2282570.jpg

駅を降りると、カラフルな色合いのホテル(マンションかな?)があったのでついつい写真をとってしまいました。


b0204981_2324236.jpg

それから、駅の近くの弁天島海浜公園に行き、自転車を借りました。
海浜公園は海に立ってる赤い鳥居が印象的でした。
(若干ピンボケしています)


b0204981_2355931.jpg

そして、サイクリングロードに突入しました。
こんな感じの道を色々なことを考えながら自転車で走っていました。
(何を考えていたかは、次回詳しく書きます。)


b0204981_2351589.jpg

途中で、海水浴場があったりしました。
僕も少し泳ぎたかったです。


b0204981_2423586.jpg

浜名湖沿いに有名な楽器メーカーのロ○ランドがありました。
できるもんなら、ここに就職してシンセサイザー製作に携わりたかったな。
でも、そんなことを考えても仕方ありません。
仕事でできないのなら、趣味で思う存分シンセサイザーを作らせていただきましょう。


途中で、昼食をとりました。
本当は浜名湖のうなぎを食べたかったですが、お金が足りなかったです。
とりあえず、600円のそばを食べました。
でも、ここの店員さんはすごくやさしい雰囲気でよかったです。

b0204981_2524017.jpg

そして、知らない道をさらに進んで行きました。


b0204981_254659.jpg

そして、とうとう浜名湖を一周し、海浜公園にたどり着きました。
たどりついた頃には、もうすっかり夕方になっていました。
夕日がきれいでした。

こんな感じで浜名湖を1周しました。
会社の嫌なことも忘れ、心が元気になってきました。
また、サイクリングロードで自転車をこぎながら色々なことを考えていました。
それを書くととてつもなく長い文章になるので、次回書こうと思います。
お楽しみに。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-18 03:03 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

浜名湖に行ってきます

こんにちは、留年玉子です。

昨日からお盆休みに入りました。
そして、来週の火曜日まで休みです。

昨日はダラダラ過ごしていました。
でも、ダラダラ過ごしていて気がついたことがあります。
それは「留年玉子の心が疲れている」ということです。
何だか、自分自身の中の喜怒哀楽の心を半分失っているような気がします。
今まで楽しめたものがあまり楽しめなくなっている気がします。
何だか覇気がなくなっています。

少し気分転換が必要のようです。

そこで、明日は静岡県の浜名湖を自転車で1周してこようと思います。
いつもは渥美半島のサイクリングロードを走っていますが、たまには静岡県にも行ってみようと思います。
(下が浜名湖です。)



最初は愛知県内の渥美半島にするつもりでした。
でも、たまには愛知県外にも行きたくなりました。
そこで、僕は静岡県の浜名湖に行ってみることにします。
名古屋から浜名湖に行くには、まずJR弁天島駅で下ります。
そこから、近くの弁天島海浜公園に行き、自転車を借ります。
そして、その自転車で浜名湖周辺のサイクリングロードを走ります。

もちろん、1人で行ってきます。
こういうのは、自分ひとりで自由奔放に旅するのが留年玉子には合っています。
僕は人と接するのが苦手なほうです。
誰かと一緒にいるとものすごく疲れます。
(仕事中は割り切ってやっていますが…)
僕自身の会話も下手クソで大して面白くもないし、人を楽しませる自信が全くありません。
だから、最終的にいちばん落ち着くのは「自分1人でいるとき」です。
留年玉子には仲のいい友達や恋人が皆無に等しいです。
でも、たとえそういう人ができても、僕は1人でどっかに遊びに行きたくなると思います。

何だか余分なことを書きました。
というわけで、明日は浜名湖に行ってきます。
(今回は写真を取ってきて、ブログに載せるつもりです。)
そして、自転車で湖を見ながら走り回って、心をリフレッシュしたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-13 22:18 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

仕事の範囲外の勉強

こんにちは、留年玉子です。

相変わらず電子回路の洋書を読んでいますが、以前と比べると読むのが早くなっているような気がします。
以前は30分で1、2文しか読めませんでした。
でも、今では30分で1段落ぐらい読めるようになりました。

電子回路の洋書は100%自分の趣味のために読んでいます。
だから、今の仕事で電子回路の知識を使うことはありません。
しかし、こういう勉強を続けていくと、何らかの形で自分に返ってくるような気がします。
例えば、数年後に回路設計の部署に異動する可能性があります。
そんなときに今勉強している知識が役に立つわけです。
まあ、これは現時点では妄想に過ぎませんが…

もし、たとえ仕事で使わなかったとしても、自分自身に良い影響を与えます。
洋書を読むとかなり良い気分転換になります。
おかげで、仕事に集中しやすくなります。
また、仕事の範囲外のことを勉強するので、視野が広がり、話の引き出しが多くなると思います。

自分には仕事に関係あるかないかを抜きにしてまだ勉強したいことがたくさんあります。
とある本には「エンジニアも会計や経理の勉強をした方がいい」と書かれていたので、もしかしたらやるかもしれません。
あと、電子回路の洋書が終わったら、個人的に電磁気学をやってみたいと考えています。
電磁気学は電気電子系の基礎となる科目ですが、学生時代は数学ができなくて全く理解できませんでした。
でも、電子回路を勉強しているうちに、もう少し深く電気のことを勉強してみたくなってきました。
それで、この分野の基礎となる電磁気学をやってみたくなりました。
もちろん、洋書でやります。
実際に取り掛かるのは数年先になりそうですが、今なら電磁気学の数学もじっくり復習できそうなので、やってみようと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-10 05:18 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

1.5.1 Batteries

こんにちは、留年玉子です。
久しぶりに洋書の感想を書きたいと思います。

今日は1.5.1 Batteries(電池)をやります。
(こちらで全体の目次を確認できます。)

今日の内容は「中学生の理科第1分野」といった感じです。
なので、電気を勉強している方にはちょっと物足りないかもしれません。
それでは、さっそく感想を書きます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
電池は、携帯電話、コンピュータ、懐中電灯など、様々なところに使われている。
電池はエネルギーの源であり、内部の化学反応からエネルギーを引き出す。
電池で重要なのは、電圧、エネルギーの貯蔵量、内部抵抗である。
この章では、電池の内部抵抗は0とする。

回路図では、電池は図1(b)のように表す。

b0204981_11353089.jpg


大きな電圧を得るためには、図2(a)のように電池を直列に接続する。
直列接続の電池は電流の量が同じである。

b0204981_11355164.jpg


2番目に大切なのは電池のエネルギーの貯蔵量であり、単位は[J]である。
電池が回路内で抵抗とつながっているとき、電池は電力を消費する。
電池によって運ばれる電力Pは、電圧Vと電流Iの積である。

 P=VI

電池は、電圧1[V]、電流1[A]のとき、電力1[W]を得る。
電力はエネルギーの運ばれる割合である。
もし、電力Pが一定量で時間Tの間届けられるならば、供給されるエネルギーwは

 w=PT

である。

もし節点の電圧を増やさずに電流の量を増やしたいなら、図3(a)のように電池を並列に接続すればよい。

b0204981_11362844.jpg


全体のエネルギーは直列も並列も同じである。

今日の内容はぶっちゃけ全然面白くなかったかもしれません。
次回は、1.5.2 Linear Resistor (線形抵抗)をやります。
お楽しみに。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-06 11:37 | 洋書 | Trackback | Comments(0)

自分専用の研究室

こんにちは、留年玉子です。

ところで、今月分の給料でエアコンを買おうと思います。
(できれば洗濯機も)
そうすれば、他人を部屋に呼ぶときに快適に過ごせます。

もし給料や貯金が増えてきたら、インテリアに凝ってみたいです。
まあ、インテリアといっても「自分の理想の部屋を作る」というだけです。
僕が理想とする部屋は「自分専用の研究室」です。
これは、僕が工学部を卒業した影響かもしれません。
僕は自分のシンセサイザーを設計するので、そのための研究室にしようと思います。
だから、オシロスコープなどの測定機をいつでも使えるように置いておきます。
また、「実験データを記録したノート」や「電子回路の勉強で使った本」を本棚にきれいに並べておきたいです。
そして、使いたいときにすぐに取り出せるようにしたいです。
もちろん、部屋に大掛かりな装置は置けませんが、たったこれだけでも研究室らしくなります。
ただ、これだけだと無機質な感じになります。
なので、観葉植物や花を置いたりして居心地のいい部屋になるように工夫するつもりです。

今日もまた妄想を語ってしまいました。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-02 22:31 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

図書館 or 有料自習室

こんにちは、留年玉子です。

コインランドリーまで洗濯物を運ぶのって面倒くさいです。
僕は車を持っていないから、自転車で運ばなきゃいけません。
洗濯物が多いときはアパートとコインランドリーを2往復します。
あ~洗濯機のある生活に戻りたい…

しかし、なぜか休みの日はどうしてもダラダラしてしまいます。
今日は昼ごろから夜の8時までずっと寝ていました。
先週までは「土日は洋書を思いっきり読もう」と思っていました。
しかし、結局1行も進められませんでした。
いったい何が原因なのだろうか?
やっぱり会社のせいかもしれない。
皆さんの中には「サザエさん症候群」という言葉を聞いたことがあると思います。
それは、「サザエさん」という番組が日曜日の終わりを暗示し、「明日から嫌な仕事が始まる」と考えて憂鬱になるものです。
実は、僕はそれよりもっとひどいです。
僕は土曜日の午後から「仕事が嫌だなあ」とずっと悩んでしまいます。
あまりにも月曜日が嫌過ぎるので、そのうち現実逃避して寝てしまいます。
そして気がつけば、夕方になっています。

これじゃ、何だか休みがもったいないです。
でも、会社のせいにばかりにしても仕方ありません。
それに、土曜日に仕事のことで悩むなんてバカらしいです。
なので、何とか土曜日ぐらいは仕事のことを忘れるようにしたいです。
そこで、僕は土曜日に図書館で洋書を読んでみようかと考えています。
考えてみれば、名古屋市内の図書館って全然行ったことがありません。
(大学の図書館にはよく行っていました。)
図書館に行けば、少なくともエアコンのない自分の部屋よりは涼しくてはかどると思います。
今週の土曜日になったら行ってみようかな。
でも、すぐに自習室が満席になりそうだから早めに行こう。
もし今週の土曜日に無事に図書館で洋書を読むことができたら、ブログで結果を報告します。
(またいつもどおりダラダラしてしまうかもしれません)
洋書がサクサク進んで、仕事のことを忘れることができて、元気を取り戻せると思います。

また、ネットで調べてみると「有料自習室」というがあるそうです。
なんとお金を払って、自分の自習するスペースを借りられるそうです。
僕の住んでいる名古屋では、こんな所が見つかりました。

レンタルオフィス@スペース

お金を払う分、無料の自習室よりも真剣に勉強できそうですね。
一度は利用してみたい気がします。
できれば、今週末に利用してみるかもしれません。
もしここを利用することになったら、ブログに書こうかな。

最近、僕のブログに「もし~したら」みたいな文章が多くなってると思います。
本当に最近遊ぶお金がなくて、何にもできなくてどこにもいけない状態が続いています。
だから、「もし~したら」という妄想がどうしても多くなります。
何にもできないから妄想しかできないんです。
でも、今週の金曜日にようやく給料が入ります。
給料が入ったら、「妄想」よりも「実際にやったこと」を書きたいと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2011-08-01 01:15 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)