これから浪人される方へ 不合格体験記 その1

こんにちは、留年玉子です。

今日は僕自身が大学不合格になった直後に書いた「不合格体験記」を公開します。
このブログでは一人称は「僕」を使っていますが、不合格体験記では「オレ」になっています。
なので、いつもの記事よりちょっと偉そうな印象を受けるかもしれません。
当時は高二病が入っていました。
まあ、若気の至りだと思って、大目に見てやってください。(笑)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オレの入試失敗体験記
                                      ○○○高等学校普通科 留年玉子

まずは、オレの高校生活がどのようなものだったのかを語ることにする。
オレはけっして勉強を怠けていたわけではない。
志望校の九州芸工大をめざして頑張っていた。
学校から出された課題はとにかくきちんとやった。
そのせいか、定期テストの点数はかなり良かったと思う。
行事にだってよく参加していた。
体育大会のマスコットを作ったり、学習合宿に参加して、10時間勉強したりしていた。
ただ、高校の文化祭(文化発表会)は今一つ盛り上がりに欠けていたので、あまりやる気をもって参加できなかった。
それでも、文化祭以外は積極的だったと思う。

部活面はパッとしなかった。
ハンド部に入ったが、部活仲間とは気が合わず、部活の雰囲気もダラダラしていて行きたくなかったので、オレは部活に行かなくなり、とうとうクビになった。
また、オレが入りたかった卓球部は、同級生の部員全員がやめてしまっていた。
部活で青春できなかったことを今でも公開している。

当時の模試の成績はパッとしなかった。
頑張ってはいたのだけど、結局最後まで上がらなかった。
その他、オレは学校がこわかった。
「予備校なんて行っても、成績なんて上がらないよ!!!」と言うA井先生の言葉が本当に怖かった。
こんな感じで、いろんな失敗ばかりして、頑張っているのに成果があらわれない、悔しいばかりの高校生活だったのである。

高校生活でいったい何がかけていただろうか?
それは、端的にいうと、"友達"である。
小学校、中学校と、深い友達ができたけど、高校では深い友達はできなかった。
部活の友達はもちろんいない。
クラスだって2年間は友達がいなかった。
高3になって何とか2人友達ができたが、それは"友達"というよりは"話相手"だ。
あまり深く関わっていないし、結びつきも薄いのである。
この人間関係の希薄さが高校生活を退屈にさせたのだとオレは考える。

次は、各教科について語ることにする。

国語

 現代文は、授業をしっかりと受けていた。
 授業では、「本文の重要な部分に線を引きながら読め」と言われたが、どこが重要なのか分からなかったの で、線を引けなんて言われたら、どこもかしこも線ばかり引いていた。
 あまり意味がなかったな。
 古文は高2の頃にやっていた品詞分解ノートで文法はだいたい分かっていた。
 高3の夏休みには重要古語250のプリントを暗記した。
 しかし、それでも古文はパッとしなかった。
 漢文は重要句型と漢字を暗記した。
 しかし、古文と同様に漢文もパッとしなかった。
 
 いったい何がいけなかったのか。
 現代文は、演習が足りていなかった。
 英語、数学に時間をとられて、現代文をなおざりにしてしまっていた。
 古文、漢文は、文法をおさえているが、その使い方がわかっていない。
 また、単語の方も何度も繰り返して覚えていないので、ほとんど忘れてしまう。

 それでは、どうするべきか。
 現代文は、自分で出口シリーズの問題集を解いていくか、予備校の先生の授業の前にしっかりと予習する  なりして、現代文の解き方をマスターするべきだ。
 古文、漢文は、もう一度文法をおさらいして、しっかりと予習して、その後授業をきいて、文法の使い方をマス ターする。
 または、単語は何度も繰り返して覚えるべきだ。

数学

 学校から出されたメジアン(数学ⅠAⅡB)という問題集を1日5問ずつやっていた。
 しかし、メジアンは何だかやりづらい 問題集だった。
 また、もう1冊、学校からオービタル(数学ⅢC)という問題集も1日3問ずつやっていた。
 しかし、オービタルもやりづらかった。

 いったい何がいけなかったか。
 1つは、基礎のなってないオレが、メジアンやオービタルのような入試問題集をやっても、土台のしっかりして いないのに建物をたてるように、うまく力がついていかない。
 もう1つは、メジアンやオービタル自体、解説が少ししかないことだ。
 これでは、分からない問題は分からないままで終わってしまう。
 だから、この2点がいけなかったのだ。

 それでは、どうするべきか。
 問題集をいいものに変えるべきである。
 基礎から応用まで入っていて、解説が詳しく、1冊が薄いものにすればよい。
 数学は自分で問題を解いていく必要がある。
 また、どうしても苦手な確率と複素数は、予備校のテーマ別補講で補強したり、分からない問題は必ずその 日のうちに先生に質問してみよう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
長くなったので、いったんここで切り、明日続きを更新します。
お楽しみに。
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-31 01:23 | 浪人生活体験記 | Trackback | Comments(0)

これから浪人される方へ はじめに

こんにちは、留年玉子です。

3月も終わりに近づいてきました。
もう大学入試の結果は分かってしまったと思います。
「無事に合格された高校生」がいる一方で、「残念ながら不合格になった高校生」もいると思います。
今回は後者の方に向けた記事を書きたいと思います。

なぜ、世の中が「合格おめでとう!!!」と騒いでいる中でこんな記事を書くのでしょうか?
それは、留年玉子自身もかつては大学に落ちて1浪したことがあるからです。

不合格になった方は、いま、ものすごい挫折感と敗北感に打ちひしがれていることでしょう。
僕も浪人していたので、その気持ちがよく分かります。

周りはこれから華やかなキャンパスライフを送っていくのに、自分はまた1年受験勉強をしなければいけない。

今までやってきた努力は一体なんだったんだ!!?

もうそれだけで気が遠くなってしまうと思います。

そこで、気恥ずかしいですが、僕は浪人時代に書いた日記を一部公開することにしました。
余計なおせっかいになるかもしれませんが、もしかしたら浪人生の力になれるかもしれません。

僕が浪人生活を送ったのは、2003年です。
なので、カリキュラムが変化していると思います。
したがって、なるべく混乱のないように書くつもりです。

そんな感じで、明日さっそく「不合格体験記」を書こうと思います。
お楽しみに。

また、これから浪人生になる方は、今感じている挫折感や敗北感を絶対に忘れないようにしてください。
これらは受験勉強をしているときはもちろん、大学入学後、さらには社会に出てからも大きな心の支えになりますから。
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-29 22:47 | 浪人生活体験記 | Trackback | Comments(0)

自習室が完成しました!!!

こんにちは、少しハングリー精神が出てきた留年玉子です。

以前、「自分の部屋を自習室に」という記事を書きました。
その自習室がとうとう完成しました!!!
とは言っても、大したことをしたわけじゃありませんが、いちおう写真付きで紹介しておきます。

まず、机の下にカーペットを敷きました。

b0204981_20192522.jpg


次に、部屋を真ん中で区切るようにカーテンをつけます。
まあ、カーテンといっても洗濯ロープにシーツを二枚かけた簡単なものです。

b0204981_2055028.jpg


そして、部屋にアロマを焚きます。
このアロマポットはコンセントを差して、光る電球の熱で精油を熱して香りを出します。
集中力を増したいので、ローズマリー、ペッパーミント、レモンの三種類の精油を買いました。
僕はペッパーミントが特に気に入っています。
(インターネットでは匂いを伝えられないのが残念です。)

b0204981_20205551.jpg


中はこんな雰囲気になりました。
広めの漫画喫茶の個室みたいになりました。

b0204981_20235853.jpg


こんなふうに、電子回路の洋書を読みふけったりできます。

b0204981_2025217.jpg


よそ見をしても、カーテンがあるので、余計なものが目に入りません。
気が散らなくなります。

b0204981_20255248.jpg


実際に試しに勉強して見ました。
電子回路の洋書を読んだり、工作機械の勉強をしました。
とにかくかなり捗りました。
普段は30分しか集中できませんが、今回は軽く2時間は勉強できました。

また、思っていた以上にアロマが効果的でした。
ただ単にいい匂いがするだけでなく、気持ちを切り替える効果もあります。
(これはやってみないと絶対分からないと思います。)
特に、ペッパーミントの香りは集中力が凄まじく出てきます。
アロマは女性がやるイメージがありましたが、勇気を出して取り入れてよかったと思っています。

ところで、相変わらず仕事が面白くありません。
なので、せっかく完成したこの自習室で勉強して、知識を増やして、できる仕事の範囲を広げようと思います。
留年玉子はこのまま「書類作成の事務仕事」なんかで終わるつもりはありません。
もっと勉強して「エンジニア」になりましょう。
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-27 20:49 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

仕事が面白くない(良い意味で)

こんにちは、最近ブログの更新ができていない留年玉子です。

いま、部屋を自習室にする模様替えを行っています。
まだ、カーテンのパーテーションを付けただけです。
でも、それだけでもだいぶいい雰囲気になりました。
あとは、アロマテラピーとカーペットが届くのを待つだけです。
今週の土日にはこの模様替えを完成させ、実際に勉強してみることにします。

最近、良い意味で仕事が面白くないです。
与えられた仕事は余裕でできるようになってしまいました。
余裕がありすぎて、今のままだと退屈で仕方ありません。
最初は「楽ちんでいいな~♪」と思っていたのですが、だんだんと飽きてきました。
だから、今の状態からレベルアップしたいです。

じゃあ、いったい留年玉子はどのようにレベルアップしたいのでしょうか?
僕が今のところ目指しているのは、「エンジニアの仕事をすること」です。
今の仕事内容を簡単に言うと、「書類作成のデスクワーク」です。
エンジニアに要求される専門的な知識など全く必要ありません。
単なる事務仕事とほとんど大差ありません。
でも、僕は2年留年しましたが、いちおう工学部を卒業しています。
だから、僕としては大学で学んだことと完全に一致しなくてもいいので、「エンジニアの仕事」をしてみいるデスクワークに加えて、「エンジニアの仕事」を少しでもやれるようにしていきたいです。

たぶん、僕が今現時点でやれそうなのは、「工作機械のプログラミング」です。
ただ、上司や先輩たちは忙しくて、僕に教えている暇はないと思います。
なので、自分で勉強していくしかありません。
また、そういう「エンジニアの仕事」をする時間を作るためにも、今やってるデスクワークをもっと能率よくやっていきたいです。
ワードとエクセルに限らず、オフィスソフトにもう少し習熟していきたいと思っています。

もしかしたら、電子回路の洋書も仕事で役立つときが来るかもしれません。
工作機械の会社だけあって、僕の周りは機械屋さんがいっぱいいます。
機械屋さんの様子を見ていると、電気関係が苦手な人が多いです。
ただ単に電気が苦手というより、アレルギーに近いぐらい嫌いな様子でした。
機械屋さんが言うには、「電気は目に見えないものが多すぎて恐い」そうです。
その点、僕は電気に対する恐怖心はありません。
近い将来、これが大きなアドバンテージになるかもしれません。
工作機械でもセンサーがついています。
そのセンサーは電子回路でできています。
そのあたりで何か活躍できるかもしれません。

話が逸れましたが、このようにレベルアップするために勉強しなきゃいけないことは山のようにあります。
やるべきことがたくさんあるということは、まだまだ仕事を面白くすることができます。
これからは自分で勉強して、知識を広げて、それを仕事に生かしていこうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-22 18:10 | Trackback | Comments(0)

自分の部屋を自習室に

こんにちは、留年玉子です。

最近、仕事の量が少なくなって張り合いがありません。
こういう余裕のあるときこそ、勉強してスキルアップするべきなのかもしれません。
仕事ならば、ワードやエクセルの勉強をしたり、工作機械の知識を自主的に勉強したいです。
趣味の方では、電子回路の洋書を読み耽ったり、シンセサイザーを組み立てたりしてみたいです。

そこで、名古屋の栄にある有料自習室に行こうかと思いました。
しかし、ちょっと僕には値段が高過ぎました。
なので、僕は自分の部屋を自習室に作り替えることにしました。
とは言っても、アパートを改築するわけではありません。
ちょっとした工夫で、自分の部屋を勉強しやすくするだけです。
今のところは以下のことを考えています。

①カーテンで部屋を区切って、パーテーション代わりにする。

 オフィスのような立派なパーテーションを買うお金はないので、代わりにカーテンを使います。
 もしかしたら、節約のために、洗濯ロープにシーツを垂らしただけの簡素なものにするかもしれません。

②部屋の香りを勉強に集中しやすいものにする。

 普段は全く興味なかったアロマテラピーを取り入れようと思います。
 もう少し詳しく調べて見ますが、集中力の高まる香りを使います。

③勉強するスペースのみカーペットを敷く。

 僕の部屋は畳の部屋です。
 畳はくつろぐにはもってこいで、とても居心地がいいです。
 ただ、自習するときにはその居心地の良さが仇になります。
 すぐに勉強をサボって昼寝したくなってしまいます。
 そこで、勉強するスペース周辺を「オフィスの雰囲気」に変えることにしました。
 そのために、勉強するスペースの部分だけカーペットを敷くことにしました。
 そして、カーテンを閉めれば、小さなオフィスが完成するようにしたいです。

これらはまだ妄想の段階です。
でも、もし自分の部屋で勉強に集中できるようになったら、これほどいいことはありません。

明日さっそく、この模様替えをしたいと思います。 
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-14 18:42 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

大学入試に失敗した高校生向けの記事

こんにちは、昨日電子部品を買いそびれた留年玉子です。

今さらですが、もう3月ですね。
3月と言えば「合格発表」の月です。
そこで、僕は3月下旬にある企画をやることにしました。
それは「大学入試に失敗した高校生向けの記事」です。

僕も実は大学入試に失敗して、1浪しました。
なので、入試に失敗した方を励ます記事にしたいと思っています。
内容はまだ考え中です。

僕の手元には「浪人時代に書いた日記帳」があります。
その中には、「不合格体験記」や「合格体験記」があります。
せっかく世の中に「ブログ」というツールができたので、その内容を公開したいと思っています。
それで、世の中の役に少しでも役に立てれば最高です。

もちろん、当時の入試と今の入試はだいぶ変わっていると思います。
僕が浪人したのは2003年です。
今からもう7年も前の話です。
なので、もしかしたら今の入試とは若干合わない部分もあるかもしれません。
例えば、僕の頃のセンター試験の英語はリスニングがありませんでした。
今はリスニングをやっているそうですね。
そういう違いもなるべく調べようと思います。


でも、入試の形態に多少の違いがあったとしても、受験に失敗して絶望している高校生の励ましにはなると思います。

結論から言うと、僕は「浪人して良かった」と今でも思います。
もちろん、浪人せずにすむならしない方がいいです。
でも、浪人してきたことで見えてきたものがあります。
それを、記事に書いていくつもりです。
お楽しみに。
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-08 20:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

和室

こんにちは、ブログを書く前に寝てしまう留年玉子です。

僕はいま社会人ですが、住まいは学生時代から住んでいるアパートです。
来年の今頃ぐらいには引っ越しを考えています。

今住んでいるアパートは木造2F建ての古いアパートです。
部屋は2Kで、和室が6畳と3畳の2部屋です。
トイレと風呂は別々になっていて、それで家賃が3万円ぐらいです。

たぶん、来年の今頃はお金を貯めて、別のアパートに引っ越していると思います。
でも、僕は引っ越すにしてもだいたい同じような感じのアパートに引っ越すと思います。
「もっといい部屋に引っ越したい」という欲はほとんどありません。
風呂なしアパートでなければ大丈夫です。

僕はむしろ「安いアパートをどのように有効に使っていくか」というのに興味を持っています。
安いアパートでも、やり方次第では秘密基地や書斎にすることができるからです。

たぶん、和室の方が洋室より安いと思います。
やっぱり、洋室の方がおしゃれな感じがするからだろうか?
でも、和室も悪くないですよ。
洋室のフローリングの上にそのまま布団を敷いて寝る人はあまりいないと思います。
フローリングの上にそのまま寝転ぶのも抵抗があります。
洋室の場合は、ベッドを買うか、カーペットを敷く必要があります。
その分だけお金がかかります。
また、ベッドを置いたスペースだけ部屋が狭くなります。
一方、和室には畳があります。
畳の上に布団を敷いて寝るのは全く違和感がありません。
また、カーペットを買わなくても、そのまま畳の上で横になることができます。
そして、布団をたためば、新たにスペースを作ることができます。

僕は個人的に「和室は穴場だ」と思っています。
こんなに快適なのにも関わらず、あまり人気がありません。
だから、今度引っ越すときも和室の部屋に引っ越したいです。
今度も、見た目があまりかっこよくない、古めかしい感じのアパートをわざと狙おうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-07 23:32 | 派遣生活 | Trackback | Comments(2)

ショボいシンセサイザーを作っちゃえ!!!

こんにちは、留年玉子です。

来週に給料が入ります。
留年玉子は給料が入ったら何をするのでしょうか?

僕は「ショボいシンセサイザー」を作りたいです。
もちろん、Analog 2.0も作りたいですが、その前のワンクッションとして「ショボいシンセサイザー」を作りたいです。

以前、僕は「アナログシンセビルダーズサミット」に参加しました。
そこで聞いた話によると、「発振回路とスピーカを使えば、とりあえず簡単なシンセサイザーを作れる」そうです。
555という発振回路のICがあるそうです。
なので、その555とスピーカを使ったシンセを作ります。
あとは、できれば音階も弾けるような仕組みを作ろうと考えています。
今のところは、シンプルに抵抗を使ったキーボードを作ろうと思っています。

もし完成したら、シンセサイザーを演奏している様子を映像でブログに貼ろうと思います。

とは言っても、今回作るものはシンセサイザーとは言えないかもしれません。
シンセサイザーというより、音の出るおもちゃに近いです。
なので、あまり壮大なものを期待しないでください。
まさしく「ショボいシンセサイザー」です。

でも、僕はこの「ショボいシンセサイザー」を成長させようと企んでいます。
電子回路の洋書で学んだ回路を試してみたりとか、シンセサイザーキットの回路を取り入れてみたりとか…
とにかく、勉強した回路を実際に作って、手当たり次第試してみるつもりです。
(考えてみれば、学生時代にこういう姿勢が全くなかったです。)
そうして、勉強したものをたくさんくっつけていって、自分のオリジナルを完成させようと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2012-03-02 17:59 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)