<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ノイズジェネレータ&ミキサの製作 調整と動作確認 その1

お久しぶりです。留年玉子です。

慣れない動画撮影でなかなか思うように進みませんでした。
これで、ようやく記事を書けます。
お待たせしました。

基板の組立てが終わり、ノイズジェネレータ&ミキサの調整と動作確認をしました。
今回はスピーカを使って音を鳴らします。
その音は画像だけでは伝わりません。
なので、今回は初めて動画を使ってみることにしました。
動画を見れば、ノイズの音が出ている様子が分かると思います。

スピーカは大須のパソコンショップで安かったものを買いました。

b0204981_21552898.jpg


このスピーカをパネルに接続しました。

b0204981_21573310.jpg


そして、ライフラインケーブルを接続しました。

b0204981_2264990.jpg


そして、電源を入れました。
しかし、音が鳴りません…。
ピクリとも動きません。
いったいどうしたのでしょうか?
部品の向きや半田付けはめちゃくちゃしつこく確認したので、基板内に間違いがあるとは考えにくいです。
もしかしたら、ライフラインケーブルが原因かもしれません。
Analog 2.0は学生時代に一度挑戦して失敗しました。
だから、そのときに使っていたライフラインケーブルを試しに使ってみました。↓

b0204981_22327.jpg


このライフラインケーブルに交換して、

b0204981_224532.jpg


スイッチオン!!!
すると、ちゃんとスピーカから音が出ました!!!
やったぜ!!!
b0204981_229325.jpg



とはいっても、この画像じゃこの興奮は伝わりませんね…
画像だけでは音は出てきません。
そこで動画を使います。

それでは、ノイズ音がちゃんと出ているかを動画で見てみましょう。

まずはホワイトノイズです。
スイッチをwhiteに倒せば、ホワイトノイズが出ます。
ホワイトノイズは「サーッ」という感じの音です。



次はピンクノイズです。
スイッチをpinkに倒せば、ピンクノイズが出ます。
ピンクノイズは「ゴーッ」という感じの音です。
ホワイトノイズに比べて、くぐもった低い音が聞こえると思います。
聞き比べてみてください。



初めて動画を使ったわけですが、画像だけでは伝わらないものが少し伝わったと思います。
長くなりそうなので、今日はこれぐらいにしておきましょう。
また、次回の続きをお楽しみに。
[PR]

  by blueshine6096 | 2013-01-28 22:21 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

風邪引いた

こんにちは、留年玉子です。

今日はシンセサイザー製作の記事を書こうと思いましたが、どうにも体調がよくありません。

今日はブログをサボります。

今日は家に帰ったら、すぐに風呂入って生姜湯でも飲んで寝ます。

以前、ブログに動画を使うと言いました。
動画を試しに撮ってみましたが、そんなに難しくなかったです。
体調が戻ったら、シンセサイザー製作の記事を動画付きでやれると思います。

それでは、今日はこのへんで。
[PR]

  by blueshine6096 | 2013-01-21 18:08 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

動画を使ってみようか

こんにちは、留年玉子です。

土日にシンセサイザーの製作をしていました。
ノイズジェネレータ&ミキサの調整です。
この調整はスピーカを使って音を鳴らします。
しかし、この音は画像では伝わりません。
そこで、次回から「シンセサイザー製作」の記事に動画を取り入れようと思っています。
動画ならスピーカから出る音も伝わります。

ただ、僕は自分で動画を作ったことがないので、いま試行錯誤をしています。
あとは、動画に自分の声を入れようか迷っています。
説明しながらシンセサイザーを操作した方が分かりやすいだろうか。
ただ、ちょっと勇気が要りますね。
いろいろ考えています。

とりあえず、次回からシンセサイザ製作の記事に動画を使い始めます。
これで、画像だけでは伝わらないシンセの音や操作感が伝わると思います。
お楽しみに。
[PR]

  by blueshine6096 | 2013-01-16 23:11 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

電子回路の洋書について

こんにちは、留年玉子です。

最近、アクセス解析を見ました。
すると、「電子回路の洋書が届きました」という記事のアクセス数が急増していました。
なので、今回はその洋書について触れようと思います。

アクセス数が上がるのはうれしいです。
でも、最近、僕は電子回路の洋書を全く読んでいません。
じゃあ、留年玉子は洋書を読むのを諦めたのでしょうか?
面倒くさくなって辞めちゃったように見えるかもしれません。
でも、そんなことはありません。

僕はシンセサイザーを自作しようと考えています。
今はキットを作っているだけですが、近い将来は全てを自分で設計したオリジナルを作りたいです。
そのためには、やっぱり電子回路の知識を勉強する必要があります。
その勉強のために、この洋書を使うつもりです。

ただ、この洋書に取り掛かるのはもう少し先になりそうです。
2013年中にシンセサイザーキットを完成させます。
その後でこの洋書を読み始めるつもりです。
だから、2014年ぐらいに洋書を読み始めると思ってください。
洋書を楽しみにしている方はもう少しお待ちください。
その間はシンセサイザー製作などの記事をお楽しみください。

以上が今の洋書についての自分の考えです。
とりあえず「洋書を読む気がある」というのを伝えたかったんです。
それでこの記事を書きました。
1年後を楽しみにしていてください。
[PR]

  by blueshine6096 | 2013-01-10 18:20 | 洋書 | Trackback | Comments(0)

仕事の目標

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

年明けの記事に仕事の目標をあっさりと書きました。
今日はそれについてもう少し詳しく書きます。

2013年の仕事の目標は「工作機械のプログラミングを勉強して、技術的な仕事をすること」です。

今までは書類作成などの補助的な仕事しかしていませんでした。
WordとExcelができれば、高校生でもできてしまいます。
なので、2013年はもっと技術的な仕事をしたいと思いました。
今所属している部署は工作機械のプログラミングをします。
加工プログラムやマクロなどを作ります。
僕もそのプログラミングをできるようにしたいわけです。

じゃあ、どうすればいいのでしょうか?
まずは勉強するしかありません。
いま、プログラミングの説明書が手元にあります。
その説明書を電車の中で読むことにしました。
でも、ただ読んでいるだけでは頭に入りません。
なので、僕はその説明書を書き写してみることにしました。
決して要領の良いやり方とは言えないかもしれません。
僕は目で見て、書いてようやく新しいことが頭に入ります。
そうやって、プログラミングを少しずつ頭に入れていきたいです。
そして、やがては実際にプログラミングして、「留年玉子はエンジニアである」と自信を持っていえるようになりたいと思います。

僕はこのブログで「会社から独立したい」と書いてきました。
どうせ会社を辞めるつもりなのに、こうして仕事の目標を立てるのは矛盾しているように見えます。
でも、新たに技術を習得すれば給料は上がると思います。
給料が上がれば、せどりにもお金をもっとかけられます。
もっとたくさんの本を仕入れられます。
それらが売れれば、せどりの売り上げが増えます。
せどりの売り上げが増えれば、もしかしたら給料以上の金額を稼げるかもしれません。
だから、今の仕事を頑張れば、「会社から独立する」という夢が実現に近づきます。
また、エンジニアの仕事をした経験は独立後も無駄にならないし、自信もつくと思います。

だからこそ、今年は工作機械のプログラミングを勉強していこうと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2013-01-08 22:04 | Trackback | Comments(0)

ノイズジェネレータ&ミキサの製作 配線の枝分かれ

こんにちは、留年玉子です。

昨日書こうと思ったけど書けなかった記事を書きたいと思います。

正月休みは凄まじい勢いでゴロゴロしていました。
それでも、少しばかりシンセサイザーを作りました。

以前、製作で分からなくてやっていない部分がありました。
この赤い部分「JP4-Mixer Out間の配線」の配線がまだ残っていました。

b0204981_22503964.jpg


『達人と作る アナログシンセサイザー自作入門』のP91では、このように書かれています。

b0204981_228368.jpg


このように書かれていますが、Mixer Outの3.5mmジャックにさらにもう2本のリード線をハンダ付けするということなのでしょうか?
そのへんがあやふやなので、Analog2.0のサポートフォーラムで質問して調べてみようと思います。


ちなみに、この「シンセ職人見習い」というのは僕のことです。
シンセ職人見習い=留年玉子です。
まだこのブログを書いていないときにこのハンドルネームを考えました。

質問した結果、3.5mmジャックの端子から枝分かれさせて配線するという認識で良さそうです。
とりあえず自分の認識は正しかったようです。
図にするとこんな感じになります。

b0204981_22433443.jpg


また、3.5mm端子ではなく、ピンヘッダから同様に配線してもいいようです。

b0204981_22451623.jpg


僕は前者の方法でやってみることにしました。
このように、1つの端子に対して2本のリード線を束ねて半田付けしました。

b0204981_22532223.jpg


そして、コンタクトとハウジングをリード線に半田付けして、ピンヘッダに接続しました。
(ちょっと角度が悪いかもしれません。)

b0204981_2256854.jpg


そして、基板をパネルにはめ込みました。

b0204981_22572777.jpg


簡単ですが、今回はここまで進みました。
とりあえず、これで配線は終了です。
次回は、この基板の調整をしようと思います。
スピーカーを使って音の調節をするので、個人的に楽しみです。
お楽しみに。
[PR]

  by blueshine6096 | 2013-01-07 23:01 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます in 2013

【投稿キャンペーン第2弾】あなたの新春の一枚&新年の抱負
明けましておめでとうございます。留年玉子です。

去年になってようやく歯車が噛みあい始めました。
「シンセサイザーを作っちゃえ!!!」というタイトルどおり、シンセサイザー製作の記事をたくさん書けるようになりました。
ただ、去年は歯車が噛みあい始めただけで、結果は何も残していません。
なので、2013年は結果を出す年にしたいと思います。

具体的には、今作っているAnalog2.0というシンセを完成させます。
最後までやりきって、「完成!!!」という結果を出したいと思っています。

せどりの方は、2013年中に自分の給料の17万円を越えたいと思います。
仕事の方は、自分で工作機械のプログラミングを勉強して、もっとエンジニアらしい仕事をできるようにしたいと思います。

新春の1枚はシンセの写真を載せておきましょうか。

b0204981_12465587.jpg


この写真自体は季節感も何も感じないと思います。
単なる未完のシンセサイザーです。
知らない人がみたら、ただの穴だらけの板です。
2013年の終わりには、このシンセはボリュームがつき、つまみが付き、基板を完成し、動作チェックが完了します。
この穴だらけの板を立派なシンセサイザーに変身させます。
そんな願いをこめて、この写真を載せました。

現在まで生きてきて思ったのですが、人が作った物を消費していくだけじゃ、人生が面白くならないですね。
(異論は大いに認めます。)
暖かい部屋にこもって動画ばっかり見るのもいいですが、僕はやがて飽きてしまいます。
やっぱり、人生を楽しくするには、「自分の手を使って物を作る」というのが僕の場合は必要だと思いました。
今作っているのはシンセサイザーのキットですが、それでも物を自分で作っていくのはすごく楽しいです。
近い将来は、シンセサイザーを全部自分で設計して完成できるようになりたいです。

それでは、2013年も「シンセサイザーを作っちゃえ!!!」をよろしくお願いします。
[PR]

  by blueshine6096 | 2013-01-02 12:55 | 派遣生活 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE