面接の結果

こんにちは、留年玉子です。
今のところは昼夜逆転せず、ちゃんと朝に起きれています。

ところで、派遣の営業から面接の結果の知らせを聞きました。
結局、面接には落ちました。

自分を含めて二人面接し、僕以外のもう一人が採用されたようです。
やっぱり、面接ってほとんど運次第ですね。
どんなに面接で好感触だったとしても、僕の周りが偶然めちゃくちゃ優秀な人たちばっかりだったら、僕はまず採用されませんから。
どんなに頑張っても、落ちるときは落ちます。

面接に落ちたので、僕は次の仕事が決まるまで働かない状態になります。
半分ニートみたいになります。
今の派遣会社は便宜上解雇になりますが、もしいい仕事があったら紹介して、再び雇用するそうです。
(もちろん、自分で就活してもいいです。)

たぶん、来週ぐらいに離職票がくると思います。
それを職安に持っていけば、失業保険がもらえるそうです。
今回は会社の都合で辞めさせられたので、すぐに失業保険はもらえると思います。

あと、僕は学生時代にバイトしていました。
そのときの離職票をまだ使っていません。
もしも、そのときの離職票が使えるなら使っていきたいです。

実を言うと、僕は失業保険を受け取ったことがありません。
なので、正直なところ、要領がよく分かっていません。
その失業保険の具合を見ながら、今後どうするか決めようと思います。

でも、見方を変えると、これは夏休みですね。
仕事が決まるまでは働かなくていいわけですから。
大学を卒業してから二年半ぐらいはずっと働いていました。
不本意な形ではありますが、しばらく休憩できます。
この期間を利用して、たまには自分を見つめ直してみるのもいいかもしれません。

追記
[PR]

by blueshine6096 | 2013-07-26 23:14 | 派遣生活 | Trackback | Comments(4)

今回の仕事を振り返って

こんにちは、留年玉子です。

先週の金曜日で派遣契約が切れ、会社を去りました。
今は派遣会社に属しているものの仕事をしていない、セミニートのような状態になっています。
なんとかだらけ過ぎないように気をつけて過ごしています。

派遣契約が切れて、仕事に区切りがつきました。
なので、今回はその仕事を振り返ってみようと思います。

大学卒業後、僕はNNT状態でしたが、何とか派遣社員として工作機械メーカーで働くことになりました。
工作機械メーカーといっても、僕自身は技術的なことをほとんどやっていません。
やっていることと言ったら、「ワード、エクセルを使った書類作成」でした。
そのときに配属された部署の上司がなかなかクセのある人でした。
書類作成でミスをすると、その上司に延々と怒られます。
それで、僕はかなり精神的に参っていました。
怒られるのが嫌で仕方がなかったので、書類作成した後は細心の注意を払って確認するようになりました。
書類をさっさと作成し、チェックに時間をかけるようにしました。
そのおかげか、ミスはかなり減りましたね。
学生時代に比べると、僕は間違いなく注意深くなったと思います。

それから、2年ぐらい経ち、別の部署へ異動することになりました。
そこはエンジニアがたくさんいる部署です。
「留年玉子君もそろそろ工作機械のプログラミングをやってもらおうか」という話が出始めていました。
しかし、いざ技術的なことをやってみるとなると、僕には驚くほど知識がありませんでした。
そりゃそうです。
僕は学生時代に電気電子系を専攻していたので、機械のことなど全くやっていないからです。
また、正社員の方は新入社員のときに1年ぐらいの新人研修をみっちり受けています。
その新人研修のときに、現場で実際に工作機械を組み立てたりしています。
なので、正社員の方は工作機械の基礎知識が十分にあります。
一方、僕のような派遣社員はそういう研修など一切ありません。
だから、僕は正社員と比べると、絶望的なまでに工作機械の基礎知識がすっぽ抜けています。
なので、それを何とかするために、本を買ってきて勉強を始めました。
しかし、会社の経営が悪くなり、契約を切られてしまいました。

それについて、今思うと「失敗したなあ」と思うことがあります。
本を読んで勉強することは全く悪くありません。
ただ、その勉強しているという事実を周りの人にアピールしなかったのがちょっと失敗でした。
「僕は知識が足りないから、自分で勉強している」というのを上司や先輩にもう少しアピールした方がよかったかもしれません。
そうすれば、彼らは「留年玉子君は頑張っているから、契約を切るのはやめよう」というようになったかもしれません。
ただ、当時の僕は「そんなことをアピールするのはウザいと思われそう」と思ったのでやりませんでした。
でも、上司や先輩の側からするとそんなに悪い気はしないと今になって思います。
もう少しそういうのをアピールしとけばよかったなあ。

話をまとめます。

書類作成で培った注意深さは、今回の仕事での大きな収穫です。
これは自信を持ちたいと思います。
あとは、自分で勉強しているという事実をほんの少しでいいからアピールする。
次の職場でこの経験を生かして意向と思います。

次の仕事は遅かれ早かれ決まると思います。
今回は残念ながら、事務的な仕事しかできませんでした。
次の仕事こそは、ちゃんとエンジニアの仕事をし、技術を身につけていきたいです。
[PR]

by blueshine6096 | 2013-07-24 00:16 | Trackback | Comments(0)

電子回路の仕事!?

こんにちは、留年玉子です。

最近、PC の画面の調子が悪くて、ブログの更進が億劫になっています。
でも、めげずに携帯から更進します。

もうすぐ、今の仕事の契約が終わります。
なので、次の仕事を探す必要があります。
それで、派遣会社が次の仕事を探してくれている状態でした。
そしたら、自分にものすごいぴったりな仕事が見つかりました。

それは、「電子回路の評価の仕事」です。
できあがった電子回路の基板をオシロスコープ等の測定器を使って、正しく動くかどうかを評価します。
電子回路の評価なので、回路自体を自分で設計することはありません。
でも、今まで僕がやりたかった回路に携わる仕事であることは間違いありません。
もちろん、そこから電子回路を勉強していけば、回路設計もやらせてもらえるそうです。

あ~今日の面接緊張したなあ。
もう大学を卒業して二年経つけど、また留年を突っ込まれるとは思わなかったなあ。
あと、学生時代の卒業研究もけっこう聞かれた。
面接前日に卒業論文を見直しといてよかった。

面接は落ちるかもしれないし、受かるかもしれません。
もし受かったら、万々歳です。
落ちてしまったら、例年より少し長めの夏休みを取ってしばらくのんびりします。

あ~携帯からの更進って時間かかるなあ。
今日はこれで終わります。
[PR]

by blueshine6096 | 2013-07-16 18:12 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)