政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ

こんにちは、留年玉子です。

今日は笑われる覚悟で、本を紹介したいと思います。
その本は「政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ」です。

政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ (増補改訂版)

池上彰/海竜社

僕はこの本のタイトルのとおり、政治のことがよく分からないまま社会に出ています。
僕はどちらかと言えば「世の中の政治の不満を言うより、目の前の自分ができることをやった方がいい」という考えで生きてきました。
なので、政治に対する興味は全然ありませんでした。
でも、社会に出てしばらく経つうちに、政治が自分の生活に跳ね返ってくることを感じました。


いちばん分かりやすい例だと、消費税の増税ですね。
同じ買い物をしているつもりでも、お金の減り具合が違います。

こんなふうに、あんなに縁遠く感じた政治が目の前の生活に関わることが分かってきました。
でも、いざ政治のニュースを見ても、何が何だかさっぱり分かりません。
それで、僕はこの本を買うことにしました。


読んだ感想をひとことで言うと、「読みやすくて分かりやすい」です。
さすが、池上さんと言いたくなります。
政治に対する興味ゼロの僕でも十分読めました。
自分には全く縁遠い国会とか裁判所とか、そのしくみがすごく分かりやすかったです。
また、今まで総理大臣が変わっても「へぇ~」ぐらいしか思いませんでしたが、かなり大きく生活が変わる可能性があるのが実感できました。
なので、政治のニュースを見てもさっぱり分からない方におすすめします。
あと、このシリーズには他にも「経済のことが分からない」「会社のことが分からない」
という本があるようです。
分かりやすかったので、こちらも読んでみようと思います。
これで僕も少しは世の中のことを理解できるようになれるかもしれません。


[PR]

by blueshine6096 | 2013-11-24 17:12 | 書籍紹介 | Trackback | Comments(2)

DVD

こんにちは、留年玉子です。

最近、すごく寒くなってきました。
気候の変化に適応するのが大変で、疲れが出てきています。

いざブログを書くとなると、なかなかネタが思いつかない。
心配ありません。
今から考えます。

あ~親との関係が悪くなってしまったなあ。
妹にメールしても返事がかえってこなくなった。
仕事でも金曜日はいつもやらないミスをしまくった。
仕事復帰したばかりで、給料がめちゃくちゃ少ない。
おかげで、アナログシンセビルダーズサミットに参加できなかったし。
あ~全然面白くないなあ。
やってられません。

現実が嫌になってきます。
それで最近始めたことがあります。
それは「休日にDVDを見ること」です。

まあ、これはインドア派の方ならよくやっていることだと思います。
なので、取り立ててブログで書くことでもないかもしれません。
でも、ネタがないので書くことにしました。

実は、僕は今まで休日にDVDを見たりすることをやったことなかったです。
でも、こうして嫌なことばっかり重なると、現実逃避したくなります。

あるとき、僕は昔の日記を読み返してみました。
そこにこんなことが書かれていました。

 社会に出たら、金曜日の夜に1人で映画を見に行ってみたい!
これはいい現実逃避だと思いました。
でも、毎週映画館に行くとなると、けっこうお金がかかります。
そこで、代わりにGEOでDVDを借りてみることにしました。
これだと、100円で一週間借りれるし、今のような経済状態でも十分できます。
(実際には、金曜日よりも土日に見ることの方が多くなりました。)

実際にDVDを見てみると、意外と楽しめます。
わざわざ映画館まで行かなくても十分かもしれません。

じゃあ、実際に見たDVDの感想を少し書きます。

 ピンポン
  僕は中学時代に卓球部だったので、この映画が好きです。
  あと、映画に挿入されるシンセを使った音楽が個人的に好みです。

 ドラえもん各種
  なぜかドラえもんズのものをよく借ります。
  理由はありません。
  ただ、懐かしいからです。
  昔に戻った錯覚を覚えます。
  
 ロボコン
  いちおう理系の端くれなので、少し興味を持ってみることができました。
  映画の中とはいえ、機械の世界がのぞけました。
  電気の世界だと、旋盤を使って物を削ることなんてないからなあ。
  こういうのを見ると、理系の端くれの僕はやる気が出てきます。

なんか、こういう映画やアニメの感想文って書いたことないんだよなあ。
ちょっと苦手意識があります。

よく「現実から逃げるな」なんて言われるし、それは正しいとは思います。
でも、たまには逃げてもいいと思います。
辛い現実、しょぼい自分と向き合うのって大変です。
週に1回ぐらいは空想の世界に逃げ込んでもいいと思います。
空想の世界から力を得ることもできますし、元気になれます。
元気が戻ってきたら、再び現実に戻ればいいと思います。

というわけで、これからも休日にDVDを見ることにしました。
あ~何かいてるのか自分でもよく分からない。
今日はこれで終わります。
[PR]

by blueshine6096 | 2013-11-17 15:11 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

もっと有意義な友人・知人との交流方法を考えてみる その2

もっと有意義な友人・知人との交流方法を考えてみる

続きです。

今回は僕の好みで、水餃子にしました。
でも、焼き餃子も可能なので心配ありません。
焼き餃子にしたい方は、餃子をゆでる作業を焼くようにすればいいでしょう。

偉そうに餃子の作り方を書きましたが、僕は焼き餃子がうまく焼けません。
学生のときに、全然上手く焼けなくて悩んでいました。
あるとき、当時のバイト先の中国人が僕の部屋に遊びに来ました。
それで、その中国人が冷凍の水餃子を持ってきてくれました。
その水餃子がすごくおいしくて驚きました。
焼き餃子にはないモチモチ感が最高でした。
そのせいか、「どうせ焼き餃子はうまく焼けないし、いっそのこと水餃子にしちゃえ!!!」と思いました。
それで、僕は水餃子を食べるようになりました。

その水餃子は中国産の冷凍でした。
異物混入が心配でした。
でも、その中国人自身がうまそうに食ってたし、僕も食べてみたけど体に異常とかはなかったです。
その中国人の餃子の食べ方も豪快でした。
なんと、生のニンニクを丸かじりしながら水餃子を頬張っていました。
この食べ方もけっこういけますが、あとで口の中が猛烈にニンニク臭くなるので注意してください。

話が逸れましたが、どうせ餃子パーティをやるなら、餃子の皮から作った方が面白いと思います。
特に、餃子の生地を丸く伸ばすところ、餃子の具を包むところはみんなでやった方が絶対楽しいです。
餃子の生地をこねる人は、パワーのある人がよく似合うでしょう。
今回は8つ分しか餃子を作りませんでしたが、これを40個1人で包んでいるとさすがにつまらなくなってきます。
みんなでやった方が楽しいと強く思います。

また、僕の書いたレシピも絶対守らなきゃいけないわけじゃありません。
いろんなレシピを参考にして、一人暮らし用にかなりシンプルに作れるようにしています。
餃子をもっとたくさん作りたいなら、小麦粉をもっと増やせばいいです。
具は、今回はひき肉とキャベツだけですが、ニラやショウガを使ったり、キャベツを白菜に変えてもいいです。
小麦粉も強力粉を使いましたが、中力粉を使ってもいいです。
好きなように改良してください。
念のため、参考にしたレシピのURLを貼っておきます。

中国人シェフ直伝の皮から作る水餃子がめちゃ簡単でめちゃウマッ☆ シェフ「家庭料理なんだから難しいわけがない

まあ、この記事で書いたことを実際にやったことは一度もありません。
なので、「餃子を皮からみんなで手作りする」というのを提案という形で記事に書きました。
長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
[PR]

by blueshine6096 | 2013-11-04 01:42 | 派遣生活 | Trackback | Comments(2)

もっと有意義な友人・知人との交流方法を考えてみる その1

もっと有意義な友人・知人との交流方法を考えてみる

こんにちは、久々にブログを書く留年玉子です。
今回はCHAGEAS-FANさんの記事をトラックバックさせていただきました。

僕は休日にはほとんど1人で行動していますが、今回はあえて「もっと有意義な友人・知人との交流方法を考えてみる」という記事を書くことにしました。
CHAGEAS-FANさんの記事を読むと、こんなことが書かれていました。

友人たちとの交流には、自分たちでパーティを開いてみるといい。

例えば、以下のようなパーティがあります。

 ①餃子を皆でつくって食べる
 ②ラーメンを麵からつくる
 ③各自が得意のカレーを持ち寄って自慢しあう
 ④海外旅行からかえってきた友人の写真をプロジェクターで見ながらご飯を食べる

今回は①餃子を皆でつくって食べる
を掘り下げたいと思います。

実は、僕は何回も餃子を皮から手作りして作っています。
(ブログには全く書いていませんが、Twitterではたまに餃子のことをつぶやいてるのを見たことあるかもしれません。)
だったら、「餃子パーティも市販の皮ではなく、餃子の皮を手作りした方が楽しいんじゃないかな」と思いました。
餃子の皮を自分で作ると、市販の皮よりずっとおいしいです。
食感がまるで違います。
時間は少しかかりますが、全然難しくありません。

じゃあ、さっそくですが、僕のやっている餃子の作り方を紹介します。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
餃子

 材料

  餃子の皮
   小麦粉(強力粉) 50g
   お湯(ぬるい)  適量
  
  餃子の具
   豚ひき肉 50g
   キャベツ 1~2枚
   塩 少々
   砂糖     小さじ1
   しょうゆ   小さじ2
ごま油 小さじ1/2

  餃子のたれ
   ぽん酢   自分の好きな量


①小麦粉を器に入れて、そこにお湯を少し垂らして混ぜます。  
 
b0204981_23451076.jpg

 
b0204981_23455627.jpg

 すると、小麦粉が少しずつまとまってきます。
 ある程度まとまるまで、お湯を少し足しては混ぜ、足しては混ぜを繰り返します。


②まとまってきた強力粉を1つの生地にまとめて、手に付かなくなるまでこねていきます。
 
b0204981_23512126.jpg

 
b0204981_23513967.jpg
   
 
b0204981_23515040.jpg
 
 
 こねた生地は、下に引っ付かないように小麦粉を撒いて、ラップをして置いておきます。
 
b0204981_23593352.jpg



③餃子の具を作ります。

 キャベツを粗くみじん切りにして、ラップをして、電子レンジで3分加熱します。
 粗熱がとれたら、水を切ってよく絞ります。
 
b0204981_032519.jpg

 
 そこにひき肉、塩、砂糖、しょうゆ、ごま油を入れて、よく練ります。
 
b0204981_042053.jpg


③餃子の皮を作ります。

 生地を棒状に伸ばし、
 
b0204981_07847.jpg

 適当に手でちぎります。
 
b0204981_075910.jpg

 これを麺棒で丸く伸ばしていきます。(形が多少変になっても大丈夫です。)
 
b0204981_0123943.jpg

 
b0204981_0125313.jpg



④餃子の具を皮で包みます。(市販の皮のように水をつける必要はありません。)

 餃子の具を皮の真ん中に乗せます。
 
b0204981_0161516.jpg

 皮を半分に折って中央を止めて、
 
b0204981_0185993.jpg

 右半分にひだを作って閉じ、
 
b0204981_0194075.jpg

 左半分にひだを作って閉じます。
 
b0204981_0203842.jpg


 ひだを作るのが面倒な方は、端っこを単純に閉じるだけでも大丈夫です。
 
b0204981_0223769.jpg


 こんな感じで包み終わりました。↓
 
b0204981_0244734.jpg



⑤餃子をゆでます。

 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、その中に餃子を放り込みます。
 
b0204981_0294987.jpg

 餃子が浮かんできたら、水を入れます。
 それを3回繰り返したら、完成です。

⑥ぽん酢をつけて、餃子を召し上がってください。

 
b0204981_043405.jpg

 
b0204981_0441711.jpg

 餃子の中から肉汁が出てきて、すごくおいしいです。
 手作りの皮はモチモチした食感がたまりません。
 何もつけずに食べても十分おいしいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
長くなりそうなので、いったんここで切ります。
[PR]

by blueshine6096 | 2013-11-04 00:37 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)