MiniboardⅡの製作 MIDIキーボードの購入

こんにちは、W杯で日本が敗退してしまって落ち込んでいた留年玉子です。
最近ブログを更新していなくて、サボっていると思われたくないので記事を書きます。

さて、MiniboardⅡの基板の確認作業が終わっていました。
そして、今度は動作チェックに入ろうとしました。
しかし、その動作チェックには「MIDIキーボード」が必要でした。
僕の手元にはそれがないので、どこかに買いに行くことにしました。

僕はMIDIをやったことないので、何を買えばいいのかよくわかりません。
ネットで調べてみると、MIDIキーボードの他に、「MIDIインターフェース」というケーブルが必要なようでした。
とりあえず、MIDIキーボードとMIDIインターフェースの2つを買えば良さそうです。

ところで、名古屋の楽器屋さんって行ったことがありません。
いったいどこにあるのでしょうか?
調べてみると、矢場町のパルコ東館に「島村楽器」という所があるようです。
この辺は、ちょうど大須と栄の中間あたりにあります。
大須と比べると、この辺から街がだんだんとオシャレな感じになってきます。
大須の方の雰囲気に慣れている留年玉子としては、雰囲気的にアウェーと言うか、ちょっと苦手です。
でも、勇気をもって行くことにしました。

パルコに行ってみると、やっぱりファッショナブルな人が多かったです。
なんかその場から立ち去りたくなります。
でも、せっかくここまできたので、帰るわけにはいきません。
何とか迷いながら、島村楽器に着きました。
MIDIキーボードはシンセサイザーのコーナーの近くにありました。

とりあえず、この2つを買いました。

MIDIキーボード(約6000円ぐらい)↓

b0204981_00512053.jpg
MIDIインターフェース(約4000円ぐらい)↓
b0204981_00553943.jpg
これで、何とか1万円以内に収まりました。
あと、このMIDIキーボードの商品には、ソフトも入っているようです。
b0204981_01011184.jpg
これでMIDIキーボードが動かせそうです。(たぶん)

すみませんが、今回はそれだけです。
MIDIキーボード等を買っただけで終わりです。
次回は、これらを使って、MiniboardⅡの動作チェックに入ります。
お楽しみに。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-06-30 01:10 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

他人のためにシンセを作る!?

こんにちは、留年玉子です。

W杯を見ていましたが、残念ながら、日本はコートジボワールに逆転負けされてしまいました。
ドログバさんの貫禄にやられてしまったという感じでした。
でも、ザックジャパンのこのまま終わらないと思います。
本田、岡崎、香川、長友、長谷部、遠藤、内田、川島…、みんな死ぬほど諦めの悪い人たちばかりです。
このまま黙っていられる人たちでは決してないと思います。
次のギリシャ戦での勝利を信じています。
(このブログはサッカーのブログではないので、これぐらいにしておきます。)

ところで、僕は将来的に挑戦してみたいことがあります。
このブログのタイトルは「シンセサイザーを作っちゃえ!!!」です。
そのシンセサイザーを作る目的は「自分が演奏するため」です。
だから、専ら「自分のため」にシンセサイザーを作っています。

もし「自分のためにシンセを作ること」に慣れてきたら、今度は「他人のためにシンセを作ること」に挑戦しようと考えています。

いったいどういうことなのでしょうか?

あるミュージシャンから「~なシンセを作ってほしい」という依頼が来ます。
その依頼に沿って、僕がシンセを設計・製作します。
そして、完成したシンセをミュージシャンに渡して、それを使っていただくという感じです。
こんな感じで、シンセサイザーを他人のために作ります。

正直いって、これを実現するには相当の力が必要です。
今の自分から見ると、はるか遠く先にあって、実現できるかどうか定かではありません。
でも、「自分が目指す最終的な形」として定めてみようと思います。

もちろん、最初はお金なんて取りません。
何回かは練習として無料でやります。
それで、実際にシンセを作ってみて、すごく評判が良かったり、注文が殺到するぐらいになったら、有料に切り替えるつもりです。
あまりパッとしないようなら、趣味としてそのまま無料でやります。
だから、多かれ少なかれ、将来的に僕は他人のためにシンセを作るでしょう。

あ~実力はないのに夢ばかり膨らませてしまいます。
留年玉子の悪い癖ですね。
でも、こういう夢や妄想があると人生がすごく楽しくなります。
だからこの癖はやめられないんだなあ。
あ~僕は夢を膨らませるばっかりでなく、実現させるためにもう少し頑張らないとな。

それでは、今日はこの辺で。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-06-17 19:42 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(2)

MiniboardⅡの製作 確認作業終了!!!

こんにちは、留年玉子です。

ようやく基板の確認作業が終了しました!!!
もうこの画像は見飽きましたね。↓

b0204981_22331386.jpg


基板を確認しているとき、ひとつだけ気がかりなことがあります。
それはR11の抵抗値です。

b0204981_22423456.jpg


R11=820kΩです。
それをテスターで測定してみると、

b0204981_2238568.jpg


808kΩになってしまいました。
(写真ではMΩ表記ですが、kΩに直しています。)
これはズレがけっこうありませんか?
よくよく考えてみると、そりゃあそうです。
抵抗のカラーコードを読むと、R11で使っている抵抗は許容差が大きいからです。
R11の許容差のカラーコードは銀色で、±10%はあります。
それ以外の抵抗では、許容差のカラーコードは金色で、±5%です。
なので、R11だけ許容差の大きいというか、ズレの大きい抵抗を使っていることが分かりました。

じゃあ、R11をどうしましょうか?
僕はとりあえずこのままR11を使用してみます。
そして、動作チェックを行ってみて、うまく動かないようなら、もう少し許容差の少ない抵抗に代えてみることにします。

それじゃあ、基板の確認作業も終わったので、次は動作チェックに進みたいです。
しかし、今日はできませんでした。
動作チェックにはMIDIキーボードを使います。
しかし、自分の手元にあるキーボードはMIDIに対応していませんでした。
なので、来週にMIDIに必要な器具を揃えるために、店を見てみることにします。
そして、手に届きそうな値段なら、それらを購入し、動作チェックに入ろうと思います。
お楽しみに。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-06-08 23:05 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(2)