<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

MiniboardⅡの製作 動作チェック Gate信号の確認 その4

こんにちは、留年玉子です。

連休中はシンセサイザーを製作していました。
今回も写真や動画をたくさん使うと思います。
ただ、今回はめちゃくちゃ長い記事になるかもしれません。

前回は、「任意のノート信号をMini boardⅡに送ろうとしたけど、MIDIインターフェースがMIDIキーボードに接続できない」という所で終わりました。
MIDIインターフェースはMIDI端子なのに、MIDIキーボードにはUSBしかついていません。
異なる端子で接続できないので、当然ノート信号を送ることができません。
前回はそこで止まっていました。

留年玉子自身もいろいろ解決策を考えましたが、あまり良い方法が思いつきません。
「どうしたものか」と思っていたところに、ちょうど良く読者の方からコメントがありました。

  Commented by shio at 2014-07-14 21:55 x
  試したわけでもないので、外してるかもしれませんが、
  話半分に聞いてもらえればと思います。

  UM-ONE mk2 で PC と MInI Board II を繋ぎ、
  Domino (http://takabosoft.com/domino) などの MIDI シーケンサソフトを使い、
  MIDI-OUT を UM-ONE mk2 に向けるように設定し、
  そのソフトで適当に音符を指定して演奏させてみれば、
  MIDI の動作チェック程度はできそうな気がします。

  また、 microKEY を PC に接続し、
  シーケンサソフトの MIDI-IN に microKEY を指定すれば、
  キーボードの演奏を UM-ONE mk2 経由で MInI Board II に流せるかもしれません。


じゃあ、一度そのとおりにやってみましょう!!!
まず、DominoというMIDIシーケンサソフトをダウンロードします。
このソフトは無料でダウンロードできます。↓


b0204981_14421643.jpg



そして、MIDIインターフェース(UM-ONE mk2)をMiniboardⅡに接続します。
(写真では見えませんが、右側はPCと繋がっています。)


b0204981_14481169.jpg

そして、MIDI-OUTをUM-ONEに設定します。

b0204981_14584369.jpg


そして、Dominoで適当に音符を指定します。
とりあえず、任意のノート信号でいいので、ドレミファソラシドと演奏させることにしました。
こんな感じです。↓





それでは、ノート信号を送っているとき、ちゃんとGate信号が約5Vになっているのでしょうか?
動画で確認してみましょう。
(MIDI-OUTをUM-ONEに設定すると、音が出ないのでちょっと分かりにくいかもしれません。)




分かりにくいかもしれませんが、演奏中(ノート信号が送られているとき)は約5Vになっています。
とりあえず、これで任意のノート信号を送ってGate信号を制御できることが分かりました。

長くなったので、いったんここで切ります。


[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-31 23:28 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

会話

こんにちは、電車の中で空腹に襲われている留年玉子です。

先週はシンセサイザーのMini board Ⅱの動作チェックをしていました。
今回も画像や動画をたくさん使った記事になると思います。
ただ、その記事は書くのに時間がかかります。
なので、今回はその間のつなぎとして、別の記事を書きます。

留年玉子は今でも人と話すのが苦手です。
これはもうずっと前からそうです。
でも、最近になって、それが少し変化しているように感じます。

人と話すのが苦手なのは変わらないですが、最近はそれがわずかに話せるようになってきました。

今までは、人の話に対して「返事をするのがやっと」という感じでした。
最近はそこから少しずつですが、話せるようになってきました。
どんなふうに変化したかというと、「人の話題に乗れるようになったこと」です!!!
う~ん、ショボいかな?
たしかに、まだまだ人並み以下ではあります。
でも、「返事するのがやっと」という以前の状態から考えると、すごく大きな変化です。
例えて言うなら、ハイハイしかできない赤ん坊がようやく立って歩けるようになったという感じでしょうか。
0が1に変わったというか、小さいけれど革命的な変化です。

なぜ今になってそういう変化が起こったのでしょうか?
それは、社会に出て四年目になって、ようやく人に慣れ始めたからだと思います。

僕は2年も留年したので、学生時代はかなり孤独でした。
そして、人との付き合い方をほとんど知らないまま社会に出ました。
(そのかわり、自分を見つめる時間がたくさんできて、それはそれで楽しかったです)
社会に出ると、多かれ少なかれ人と関わることになります。
もうこれが「死ぬほど面倒くさくて嫌で仕方がない」ものでした。
でも、学生時代のように一人ではいられません。
仕方がないので、上司への報告とか、朝礼のスピーチとか、先輩に疑問点を質問するとか、冠婚葬祭とか、…本当はやりたくないですが、やるしかありませんでした。
でも、嫌々ながらもやってきた成果が最近になってようやく出てきたようです。
ようやく人並みの少し下ぐらいの対人の経験値がついてきたようです。
まあ、ショボいなりに芽が出てきたということです。

僕はまだ「自分から話題を振る」というのがあまりできません。
それができるようになると、少しは人付き合いが楽しくなりそうですね。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-22 21:37 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

MiniboardⅡの製作 動作チェック Gate信号の確認 その3

続きです。

MIDI機器から任意のノート信号を入れて、Gate端子に5Vが出るかどうかを確認します。
しかし、ここである問題が出てきました。

今回使うMIDIキーボードは、KORGのmicroKEY-25というものです。↓
b0204981_22282152.jpg
ソフトシンセはM1 Leをダウンロードしました。↓
(microKEY-25に付属していました。)
b0204981_22335983.jpg
ちなみにMIDIインターフェースはローランドのUM-ONE mk2です。↓
b0204981_22384130.jpg
microKEY-25からM1 Leを操作して、ノート信号をMiniboardⅡに送ろうとしていました。
ところが、microKEY-25にはMIDI端子が付いていませんでした。

b0204981_22421636.jpg

これは島村楽器で新品で買いました。
最近のMIDIキーボードはUSB端子が主流で、MIDI端子は付いていないようです。
これでは、MIDIインターフェースが使えなくて、MiniboardⅡに任意のノート信号を送ることができません。
どうすればいいのか分からないので、いろいろ解決策を考えました。

①MIDIキーボードをMIDI端子のあるものに買い換える
 
 一昔前のMIDIキーボードに買い換えます。
 そうすれば、MIDI端子が付いているので、今のMIDIインターフェースが使えます。
 ただ、せっかくmicroKEY-25を買ってきたのにもったいないし、お金もかかります。
 ハードオフかヤフオクでも使うしかないか…。


②USBホストを買う

 MIDI端子をUSBに変換するUSBホストがありそうです。
 これを買えば、ノート信号をMiniboardⅡに送れるかもしれません。
 ただ、これもけっこう高いです。
 見たところ、1万円以上はします。
 安いのが見つかればいいですけど。


③この手順をスキップする

 「MIDI機器から任意のノート信号を送る」という手順の重要度はどれぐらいでしょうか?
 MiniboardⅡの基板自体はGate信号を確認できています。
 なので、もしもこの手順がそんなに重要じゃなければ、思い切ってスキップしてしまうのも1つの手かもしれません。
 でも、この手順が必要不可欠なほど重要なら、スキップはできません。

いろいろ考えてもう少し自分でもがいてみますが、もし良い案があればコメントで書いてくださってもけっこうです。
ちなみに、投資金額は12000円が上限です。

今回はここまで進みました。
長々と書きましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
次回は、解決策が見つかれば、MiniboardⅡの動作チェックの続きをやります。
まだそれが分からなければ、VCOの部品でも買ってきます。
お楽しみに。

[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-13 23:09 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(2)

MiniboardⅡの製作 動作チェック Gate信号の確認 その2

続きです。
前置きが長くなりましたが、Gate信号の確認をしてみましょう。

テスターのマイナス側をアース、プラス側をGate端子に接続します。
b0204981_21432157.jpg
何もしていない状態だと、3.3mVです。
本当は何もしてないときは0Vですが、3.3mV=0.0033Vなので、誤差の範囲と考えましょうか。(笑)

次に、基板の鍵盤(タクトスイッチ)を押してみます。↓
b0204981_21475782.jpg
すると、約5Vの信号が入っています。
なので、鍵盤はちゃんと機能していることが分かりました!!!

証拠に動画も撮ってみました。↓

動画では、ペンで鍵盤を1つずつ押しています。
どこを押しても、ちゃんと約5Vの電圧が出ていることが分かると思います。

次に任意のノート信号を入れて、5Vが出るかどうかを見ます。
ところが、いろいろあってまた長くなりそうなので、またここで切ります。


[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-13 22:00 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

MiniboardⅡの製作 動作チェック Gate信号の確認 その1

こんにちは、出張を乗り越えて少し落ち着いてきた留年玉子です。
台風が去って、セミの鳴き声も聞こえ始めました。
そろそろ夏だなあという感じがしてきました。
留年玉子は夏が大好きです。
夏は暑いけど、元気が出てきます。

ところで、今日はMiniboardⅡの動作チェックに入りました。
基板はこんな感じです。↓
b0204981_20083334.jpg

ちょっと見栄えを良くするために、こちらのスペーサを使って、
b0204981_20143749.jpg

基板に足を付けました。↓
b0204981_20191457.jpg

MiniboardⅡにライフラインケーブルを接続して、動作チェック開始します。
b0204981_20440676.jpg

ライフラインケーブルからは、電源からこんなふうに信号が送られています。
左からGate信号、CV信号、+12V、アース、-12Vが送られてきます。
b0204981_21004286.jpg

まず、Gate信号を確認しようと思ったのですが、テスターのワニ口クリップが大きすぎて掴み辛いです。

b0204981_21065171.jpg


そこで、Gate信号、CV信号、アースのピンに、それぞれリード線を延ばしました。
これならテスターのワニ口クリップで掴みやすいです。
(用が済んだら、これらのリード線はもちろん外します。)
b0204981_21180331.jpg
長くなりそうなので、ここでいったん切ります。

[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-13 21:26 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

出張後の雑感

こんにちは、留年玉子です。

ようやく出張が終わって、いま新幹線の中にいます。
本当は明日まで海老名に滞在する予定でしたが、予想以上に早く仕事が終わったので、1日早く帰りました。

毎日夜の9時ぐらいまで仕事があって、あまり周りを探険する余裕がありませんでした。

関東の方は駅の周りが栄えていて良いですね。
海老名駅の周りもいろいろな店が集まっていて、不便は感じなかったです。
あ~駅の近くにある三省堂書店に行って見たかったなあ。
でも、仕事が終わったら閉まっていて行けなかったなあ。
留年玉子は本屋がけっこう好きです。
今度、また海老名に出張したときにでも行きましょうか。

ところで、僕は新幹線に乗るのが10年ぶりぐらいです。
普段は、東京とかに行くのは夜光バスを使います。
今回は 出張で交通費が出るので、遠慮なく新幹線を使いました。
新幹線を使うと、名古屋から新横浜まで二時間もかからず行けます。
今まで夜行バスで半日かけて東京に行ってた僕から見ると、信じられないぐらいの速さでした。
名古屋から神奈川県の海老名まであっという間に着きました。

仕事は、いまやっているのを海老名の会社でやってるだけです。
自分の勤めている会社からも、数名来ていました。
ただ、僕は人見知りが激しくて、あまり打ち解けるのはできませんでした。
単純に一緒に仕事を淡々とこなしていました。

神奈川県で数日過ごした感じですが、「都会的でクール」な感じがしました。
名古屋は見た目は都会っぽいですが、所々田舎っぽいところがあります。
それに比べると、何となくスマートな雰囲気があります。
これは、留年玉子の独り善がりな感想です。

もうすぐ名古屋に付きます。
明日も仕事はあります。
今度の休みこそ、シンセサイザーをつくりたいです。
それでは、今日はこの辺で終わります。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-09 18:34 | 派遣生活 | Trackback | Comments(2)

明日から出張

こんにちは、留年玉子です。

明日から神奈川県の海老名市に四日間出張します。
もう準備はできました。

出張先でもなるべくブログは更新したいです。
でも、携帯の電池がなかったり、気持ちに余裕がなかったりして、しばらく更新できなくなるかもしれません。
なるべく更新するようにします。

準備はもうできましたが、知らない場所に行くので、少し緊張しています。
今日はこれぐらいにして、早めに寝ます。
それでは、また。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-06 22:32 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

出張を命じられた

こんにちは、留年玉子です。
今週は残業が多くて、けっこう大変でした。
残業しすぎて疲れたので、つけ麺が食べたいぐらいです。

今日命じられたのですが、なんと、来週の月曜日から神奈川県海老名市に出張することになりました!!!
今の会社は出張が多い方ですが、とうとう僕も出張を命ぜられるようになってしまいました。
しかも、四日間ずっと出張です。
実は、留年玉子は生まれてこの方出張を経験したことが一度もありません。
だから、今回の出張は人生初となります。
正直いって、かなり不安です。
あまりに突然言われたので、頭の中が整理できていません。
今まで東京には何度か行ったことはあります。
その時の移動手段は専ら「夜行バス」です。
新幹線なんて使ったことがありません。
いったん現実逃避したいです。

ただ、ここ最近、あまり遠くに出たことがありません。
仕事ではありますが、これを機会にちょっとだけ新しい刺激を受けてこようと思います。
そして、自分なりに面白いものを見つけてみようと思います。

まあ、今はかなり疲れたので現実逃避させてください。
そして、立ち直ってから現実に戻ってきて、出張の準備でもしましょう。

あと、僕はやっぱりシンセを作りたいですね。
たとえ、出張の準備で忙しくてもなんとかやりたいですね。
Mini boardⅡもいい加減完成させたいです。
ブログの記事までは書けないかもしれませんが、やれるだけやってみます。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-04 22:40 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

小さいけどやり遂げたこと

こんにちは、久々に夜9時まで残業した留年玉子です。
ストレスがたまるので、アイスクリームを衝動買いしてしまいました。

ところで、小さなことですが、最近密かにやり遂げたことがあります。
それは、「電子回路の洋書の第1章を読破したこと」です!!!
なんと、ここまで進むのに1年3ヶ月かかりました。
まあ、やる気があったりなかったりで、ずっと放置してたことがあったので、こんなに時間がかかってしまいました。
それぐらいダラダラしたペースで、読んだり止めたりの繰り返しでした。
留年玉子はとてもじゃないけど、「たゆまぬ努力を続けてきた」なんて言えません。
むしろ、「三日坊主を100回繰り返した」と言った方が正しいと思います。
やったりやらなかったりを繰り返して1年以上経ちました。
そんなことをしているうちに、気がついたらゴールの近くまで来ていました。
あとは、ダッシュしてゴールにたどり着きました。
そんな感じです。

それでも、第1章を読破したのはとてつもなく大きな一歩だと思います。
何はともあれ、曲がりなりにも物事を1つやり遂げたのですから。

おかげで、電子回路に関する英単語はだいたい覚えてしまいました。
すでに知っている基本的な内容もたくさんありましたが、「英語だとこんなふうに表現するんだ!!!」ということが分かりました。
おかげで、意外と新鮮な感じがしました。

また、説明の仕方も日本の本と違います。
説明がくどいぐらい懇切丁寧です。
そして、「これは社会のどこでこんなふうに応用されている」という具体例がたくさんあって、読んでいて楽しかったです。

ところで、僕は洋書の第1章を読破した後、ちょっとだけ楽しみにしていることがあります。
それは「YouTubeでMITの講義が聞けること」です。
これは留年玉子が数年前からずっとやってみたいと思っていたことです。

この洋書はMITの電子回路の講義で使用されています。
そして、今、第1章を読破しました。
この第1章はMITの講義のちょうど第1講の範囲になっています。
だから、僕は第1講の予習が終えたので、講義を聞くことができます。
講義は当然英語ですが、YouTubeなので何回も聞き直すことができます。
せっかくこういう凄いものがあるので、洋書の内容の復習として聞いてみようと思います。

そして、講義を聞き終わったら、講義の内容をブログで簡単に記事にして発表したいと思います。
(もちろん、日本語です。)
お楽しみに。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-07-01 22:48 | 洋書 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE