<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

VCOの製作 抵抗値の確認作業

続きです。
VCOの部品の半田付けは全て終わりました。
なので、今度は「部品の確認作業」をします。

①半田付け不良はないか
②正しい部品が取り付けられているか
③部品の向きは正しいか

以上の3点を確認します。
このまま動作チェックに入ってもいいのですが、そのときにうまく動かないことがあります。
それで、原因は「部品の間違い」というのがよくありました。
動作チェックを始めてから確認作業をするのは気分的にも億劫です。
なので、今のうちに確認しておきましょう。

このへんは人それぞれやり方があるので、詳しくは書きません。
(もちろん、「確認作業をもっと詳しく書いて欲しい」という要望があれば書きます。)

ただ、上記の②について少しだけ書きたいことがあります。
正直言って、ものすごく地味な工夫です。


②正しい部品が取り付けられているか

 VCOでいちばん多い部品は抵抗です。
 抵抗だけで40本近くあります。
 これを1つ1つの値を確認していくのは気が遠くなります。
 そこで、その面倒くさい抵抗の確認作業を少しだけ気分的に楽する工夫を発見しました。
 まあ、発見というほどでもなく、しょぼいことなんですが。 

 抵抗の値を確認するときは、僕は抵抗のカラーコードを読み取っています。
 抵抗のカラーコードは左の2つが数値を表わし、左から3つ目が乗数を表します。
 左から4つ目は許容誤差です。
 抵抗値を読み取るだけなら、左から1~3つ目の色だけを読み取るだけで十分です。

 VCOの抵抗が40本も近くありますが、40本の抵抗1つ1つが全部違う値かというと、そうでもありません。
 同じ値の抵抗もけっこうあります。
 例えば、VCOだと、100kΩの抵抗は7本使われています。
 100kΩのカラーコードは茶黒黄です。
 当たり前ですが、100kΩの抵抗7本ともカラーコードは茶黒黄です。
 なので、1本カラーコードが分かってしまえば、ほかの7本ともカラーコードが分かってしまうわけです。
 だから、同じ値の抵抗をまとめて確認するとすごく捗ります。
 
 また、抵抗値が全く同じでないときでも、22kΩ、2.2kΩ、220kΩ、2.2MΩのようなときは工夫できます。
 それぞれカラーコードを読み取ってみましょう。

  22kΩ :赤赤
  2.2kΩ :赤赤
  220kΩ :赤赤
  2.2MΩ :赤赤

 こうして見るとよく分かるのですが、左から2つ目までは全く同じ色です。
 それが分かると、左から二つまでの色を覚えておけば、あとは左から3つ目の色を確認するだけでいいです。
 それだけでも分かっていると、抵抗の値を確認するときに楽になります。
 
以上、抵抗値の確認のときのものすごく地味な工夫を紹介しました。(笑)
お役に立てれば幸いですし、あまり役に立たないかもしれません。
今回は基板の部品の確認作業が終わりました。
次回は、基板外の部品を確認して、できれば動作チェックに入れたらいいなあと思います。
お楽しみに。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-10-19 17:50 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(2)

VCOの製作 基板外の部品 その2

こんにちは、留年玉子です。
今回もVCOの製作が進んだので、記事にしたいと思います。


前回はここまで進みました。↓

b0204981_23192590.jpg

たしか、ロータリースイッチを間違えていましたね。↓
b0204981_23210894.jpg

そこで、大須に行って、正しい3接点のロータリースイッチを買ってきました。
b0204981_14165021.jpg

これで、3つの波形が選択できます。
b0204981_14180416.jpg

そして、このロータリースイッチを半田付けして、
b0204981_14200877.jpg

パネルにはめ込むことができました。
b0204981_14222533.jpg

実は、配線の長さをいつもより短めにしたので、ちゃんとはまるかどうか不安でした。
若干いつもよりギリギリですが、何とか大丈夫そうですね。(笑)
この5つの3.5mmジャックをはめるのが意外に苦労しました。
b0204981_14280191.jpg

前から見るとこんな感じになります。↓
b0204981_14293847.jpg
これで、基板外の部品の半田付けが終わりました。
次は、部品と半田付けのチェックに入ります。
長くなりそうなので、いったんここで切ります。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-10-19 14:33 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

VCOの製作 基板外の部品

こんにちは、台風で会社を1日休んだ留年玉子です。

土曜日は酒で酔い潰れていましたが、日曜日はシンセサイザーを製作しました。

それでは、続きをやりましょう。
前回は抵抗R8を除いて、基板のほとんどが完成していました。↓

b0204981_23111021.jpg

その抵抗R8を大須で買ってきて、半田付けしました。↓

b0204981_23132936.jpg


とりあえず、これで基板は完成でーす。(棒読み)
う~ん、全然達成感がないですね。(笑)
抵抗を1つ半田付けしただけだし…。
じゃあ、これじゃ物足りないから次に行きましょう。


次は、基板外の部品に移ります。
VCOはやっぱり部品が多いです。
基板の部品だけでもこれだけあります。↓

b0204981_23170851.jpg

これらはリード線を伸ばして配線をしないといけないので、けっこう時間がかかりました。

まず、部品と基板をパネルにはめ込んで、

b0204981_23175380.jpg

リード線の長さを決めました。
袋分けしているのは、僕の趣味です。↓

b0204981_23182824.jpg

そして、リード線に部品を半田付けしたり、コンタクトとハウジングを使ってコネクタ化しました。
このへんの作り方は、以下の記事にくどいぐらい詳しく書きました。
分からない方は参照してみてください。

 3.5mmジャックの極性
 リード線のコネクタ化
 配線の枝分かれ


そして、今回はここまで完成しました。↓

b0204981_23192590.jpg


こうして見ると、何かの謎の生命体に見えますね。(笑)


あと、3接点のロータリースイッチを半田付けしようとしました。

b0204981_23203680.jpg


ところが、手元にあるロータリースイッチはどうやら違うものでした。

僕は3つの接点を選択できるロータリースイッチを買ったつもりでした。
しかし、手元にあるものは2接点しか選択できませんでした。

b0204981_23210894.jpg



これだと、VCOの3つの波形のうちの2つしか使えません。
「金具が3つあるから3接点のロータリースイッチだ」と思って買ったのですが、どうやら勘違いだったようです。
また大須で買い直してきます。(泣)
今度はもう少しよく見て買いましょう。


VCOは部品がたくさんあるので、どうしても買い間違いが多発しますね。
でも、何だかんだでいつもより良いペースで進んでいます。
いつもより、夢に近づいていると言ったら大袈裟かもしれませんが、本当にそんな感じがします。
完成に近づいている実感があります。

次回は、基板外の部品を終えて、半田付けの確認などをします。
お楽しみに。



追記
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-10-09 23:37 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

酒を飲む!?

こんにちは、留年玉子です。
外の空気は金木犀のにおいがします。
留年玉子はこのにおいが好きです。
春に咲く桜も好きですが、それと同じぐらいに金木犀が好きです。
皆さんはどうでしょうか。

ところで、僕は一度やってみたいことがあります。
それは「金曜の夜に家で酒を飲むこと」です。
こう書くと、「留年玉子君は酒に強いんだな」と思うかもしれません。
とんでもない。めちゃくちゃ弱いです。
僕は学生時代の新人生歓迎会のときに初めて酒を飲みました。
そのときはビールを1杯飲みましたが、それだけで頭痛と吐き気がしました。
結局、人と話すどころではなくなり、途中で帰りました。
もうそれ以来、アルコールはダメだこりゃ」となりました。
こんな調子なので、飲み会はほとんど最低限しか出ませんでした。
こんな僕が家で酒を飲むのは、決して遊びではなく、「一種の挑戦」なのです。
普段は絶対やらないことに挑戦しようとしています。

じゃあ、なぜわざわざこんなことをするのでしょうか?
僕はたしかに酒が飲めません。
だから、アルコール類は苦手意識に凝り固まっています。
ただ、ひとくちに酒と言っても、ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウィスキー、ウォッカ…といろいろあります。
僕はその数ある酒の中のほんの僅かを飲んだだけです。
まだ「酒なんてダメだ!!!」と決めつけるのは早計すぎると感じます。
もしかしたら、僕の飲んだことない酒の中に「自分に合うもの」がある可能性もあります。
そういう自分に合う酒を探してみようと思います。

あと、僕が酒を飲むと体調が悪くなるのは、「周りの人と同じ飲み方をしているから」です。
酒は適量を飲むようにすれば、体に良いし、気分もよくなります。
そうすれば、人との会話も進み、人間関係の潤滑油になります。
なので、その「自分に合った飲み方」というのを研究していきたいと思っています。
酒に弱い僕には僕なりの飲み方がきっとあるはずです。

要は、自分のペースで留年玉子専用の酒との付き合い方を模索するわけです。
もしもそういうのが見つかれば、自分の生き方の幅が倍に広がるでしょう。
こればっかりは自分の体で試してみないと分かりません。
さっそく、今週の金曜は日本酒に挑戦してみようと思います。
[PR]

  by blueshine6096 | 2014-10-01 21:21 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE