2014年を振り返って

こんにちは、留年玉子です。
もうそろそろ終わってしまう2014年を振り返って見たいと思います。
例年、この手の文章は長くなりがちなので、今回は短くまとめるようにしていきます。

2014年はいろいろありました。
一言で言うと、「課題がはっきり見えた一年だったなあ」と感じました。
良いことと悪いことの両方ありました。

じゃあ、まずは悪いことから書きます。
それは「二度に渡る派遣切り」です。
3月末と、そして12月末にありました。
おかげで、派遣切りももう慣れてしまいましたよ。(笑)
今までは「派遣でもいいか」と思っていました。
でも、こんなに職場を変わるとなると落ち着きません。
技術を身につける時間もないし、身につけたとしても生かす時間もありません。
だから、今年になってからようやく「正社員を狙おう」という気持ちになれました。
学生時代の就活の失敗でかなりトラウマがあって、内心諦めかけていたところがあります。
でも、ようやく「何とかしよう」という気が起きました。

次は良いことを書きます。
それは「アナログシンセビルダーズサミットに出展したこと」です。
まあ、展示物は完成途中のキットでしょぼいものでした。
でも、出展を体験できたのはすごく良かったです。
これで「Analog2.0を絶対完成させる!!!」と心に誓いました。
自己満足ではありますが、出展してみて初めて分かることがたくさんありました。
次回はもっと完成度の高いものを作って、他人も楽しめるものを展示します。

最後に、この2つの両方から見えてきた課題を書きます。
それは僕のコミュニケーション能力です。
以前働いていたR社はフレンドリーな所でした。
もう少し社員と仲良くなっておけばよかったと後悔しています。
また、サミットで出展していると、あまり面識ない人と話しました。
仕事でも趣味でも、やっぱり「人と話すことからは逃げられないんだなあ」というのを感じました。
でも、なかなかうまく話せないわけです。
来年はサミットでプレゼンまでやるかもしれないしなあ。
なんとかして、もう少しだけでもいいから人と話せるようにしたいなあ。

2014年は苦しくもあり楽しくもあり、有意義な1年でした。
そして、いろんな課題がはっきり見えてきました。
その課題を2015年に取り組みたいと思います。
それでは、良いお年を。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-31 23:49 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

派遣契約終了

こんにちは、留年玉子です。
ちょっとだけ派遣の仕事を振り返ってみたいと思います。

とうとうR社の仕事を終えてしまいました。
もう電車で岐阜県の山の上に行く必要はありません。
わずか8ヶ月でしたが、別れは寂しいですね。

今回、印刷機の評価の仕事をやりました。
短い期間でしたが、こんなに機能があるんだと驚きました。
印刷機でホッチキスの綴じができるなんて初めて知りましたよ。
他にもシフト、奥綴じ、斜め綴じ、二ヶ所綴じ、中綴じといろんなことができます。
またものによってはZ折りまでできるんですね。
パンチの穴も開けることができます。
こんなのはここに来るまで知りませんでした。
だから、ちょっとしたパンフレットや冊子を大量に印刷したいときに、印刷機を使うと簡単にできます。
もし次の会社て使われている印刷機がR社のものだったら目が輝くと思います。
また違う会社の物であっても、使い方さえ覚えれば、もっといろんな機能を使いこなすでしょう。
また、簡単な紙詰まりだったらすぐに解決できます。
自分もそうだったのですが、だいたい印刷機の機能なんてほんの一部しか使ってないません。
いや、「ぶっちゃけ印刷機の機能なんてそんなに興味ねえーーー!!!」と思います。
もし次の仕事が見つかったら、「こういう機能があるから使えるんじゃない?」と提案したりするかもしれない。
(すごく生意気だな)

印刷機の評価をやってて思ったことがあります。
1つは、「コピー用紙を袋から出したまま放置しないこと」です。
コピー紙は袋から出して裸のまま放っておくと、紙がカールします。
このカールが原因で、紙詰まりが起きたり、綴じたときに揃えが悪くなったりします。
もちろん、会社ではそういうカールした紙でも上手く印刷できるように頑張っています。
でも、どうせなら自分から紙をカールさせないに越したことはありません。
だから、これからはコピー用紙を袋から出したら、チャック付きの袋の中で口を閉じて保存しようと思います。
理想的にはエアコンで適温に保った部屋に入れておくのがいいです。
でも、コピー用紙のためにそこまで気を使うのはバカらしいですね。
なので、せめて袋に入れて口を閉じて保存するだけでもだいぶ違います。

もう1つは、「薄い紙は使わないこと」です。
薄い紙は特にカールしやすく、印刷時にトラブルが頻発していました。
評価の時にいつも結果が散々だったのが、こういう薄い紙でした。
僕もですが、ベテランの社員ですら苦しめられてきました。
なので、「もう絶対に使わない」と心に決めました。

職場自体は良い雰囲気でしたよ。
僕にはもったいなかったな。
なんかフレンドリーな雰囲気でした。
別れが寂しいというか、 「もう少し仲良くなっておきたかったなあ」と少し後悔しています。
自分のコミュ力のなさはかなり反省したいです。
あと、同じ派遣会社の先輩が2人いたので、連絡先を聞きました。
もし次の仕事が決まったら連絡でもしようと思っています。

さて、これで派遣切りは3回目になりました
ここまで仕事を点々とすると落ち着きませんね。
でも、1つだけいいことがありました。
それは「視野が広くなった」ことです。
もしも僕が新卒で就職していたら、ずっと1つの会社の中にいるはずです。
なので、僕はその会社の中のことしか知らない井の中の蛙になっているでしょう。
でも、3回も派遣切りされると、「会社によって雰囲気が全然違うなあ」というのが見えてきました。
もしかしたら、この経験が組織に新しい風を吹き込むかもしれないし、ただの空気の読めない人になるかもしれません。
どちらにしろ、意外な形で視野が広がったのは間違いないです。
それだけが派遣切りに遭ってよかったことですね。

次はどんな職場になるでしょうか?
できれば、紹介予定派遣で正社員につながるところがいいです。
それは来年じっくり考えましょう。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-31 18:19 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

クリスマス2014

こんにちは、留年玉子です。
少し遅いですが、クリスマスのことを書きたいと思います。


クリスマスはピザとチーズケーキを食べることにしました。
チーズケーキは手作りです。
あと、飲み物は赤いシャンパンにしました。

b0204981_19055426.jpg

そして、アロマキャンドルを灯しました。
b0204981_19073835.jpg

う~ん、カメラのフラッシュを焚くと感じがでないですね。
フラッシュを焚かないで撮ってみると、非日常感が出てきました。
b0204981_19100372.jpg

こんな雰囲気の中、爆走兄弟レッツ&ゴーを見ました。
ほとんど丸1日見ていましたが、全部見ることは出来ませんでした。
WGPでビクトリーズがロッソストラーダ(イタリア代表の悪役チーム)を負かす所まで見ました。
ロッソストラーダはけっこう暴れまわってくれますので、このへんは個人的にスカッとします。
その辺まできたら、ちょっとPCが限界に来たのと、自分の睡眠欲に負けました。
でも、こういう昔懐かしのアニメを見ると元気が出ます。
1人でも良いクリスマスを過ごすことができました。

とりあえず、かなり遅いことを承知で言いますが、
メリークリスマス!!!
残りの2014年を有意義に過ごしましょう。
b0204981_08430698.jpg

[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-29 08:46 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

失業中の過ごし方

こんにちは、留年玉子です。
先週は電池一本分のエネルギーで仕事を乗り越えました。
休みはほとんど寝ていたので、もう寝ることに飽きてきました。

ところで、R社の仕事は明日で最後です。
そろそろ失業します。
失業中の過ごし方ってけっこう難しいです。
失業中は誰にも何も言われなくて自由です。
でも、この自由な時間を有意義に使うのがとても難しいんです。
下手すると、仕事より難しいです。
気が付いたら、昼夜逆転したり、激太りしたりします。
そんな自分に自己嫌悪したくなったりします。
そうならないためにも、今回は失業中の過ごし方を考えてみます。


①朝はシンセサイザーを製作する

 せっかくアナログシンセビルダーズサミットに出展までしたんだし、その経験を生かしましょう。
 頭のすっきりしている朝にこそシンセサイザーを作りましょう。
 朝っぱらから好きなことをして、生活に張り合いを持たせるのが目的です。
 これでVCOの不具合が解決できたら、もう万々歳ですね。

②昼は大掃除をする
 失業によって早めの休みができたので、ここで大掃除をしましょう。
 大掃除は年末の恒例行事ですが、今回の場合は気持ちの整理という面があります。
 今回の派遣切りは気持ち的に悲しいですが、いつまでも引きずっているわけにはいきません。
 要らないものを処分して、汚れた所をきれいに磨いて、新鮮な気分になろうと思います。
 そして、次のステップに進みましょう。

③夜は歩く
 失業中で部屋に引きこもっているとだんだんと気持ちが暗くなってきます。
 頭の中でいろいろ考えすぎて、頭に血が上りそうになります。
 そんなときは、外に出て歩きます。
 歩いて体を動かすことで、頭に集中しすぎていた血液が体全体にバランスよく行き渡るようになります。
 (この説明が医学的に正しいかどうかは分かりませんが、そんな感覚があります。)
 あと、歩いているとパッと良い案が思い浮かんだりします。
 歩いた後は気分が前向きになります。
 部屋にこもって考え込んいるときとは大違いです。
 実は、以前失業していたときもやっていました。
 失業中は仕事をやめて体を動かさなくなって、けっこう太ってきます。
 僕は太ろうと思えばいくらでも太る体質です。
 多いときは10kg太ったことがあります。
 そういう激太りを防ぐために、夜に歩くことをはじめました。
 おかげで、毎回の激太りを防げました。
 歩くのは運動不足解消に最適です。
 お金もかからないし、1人でもできます。
 現在引きこもっている方にもおすすめできます。

この失業中こそ有意義に過ごして、次のステップにつなげていきたいです
たぶん、この失業が人生の良い方向へのターニングポイントになるような気がします。
「あのとき失業したからこそ今がある」
そう言えるように過ごしていきたいと思います。


[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-21 20:22 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

脱派遣を目指そう!!!

こんにちは、留年玉子です。

今までの職歴を書いてみます。

2013年7月
 工作機械メーカーを会社都合で解雇される。
2014年3月
 家電メーカーを会社都合で解雇される。
2014年12月
 印刷機メーカーを会社都合で解雇予定。

あ~こんなにも会社都合で辞めさせられると「たまには自己都合でやめてやろうか!!?」と思ってしまいます。
しかし、派遣社員だから仕方ないのかもしれません。
あ~もう少し働けると思ったのになあ。
せめて、「来年もよろしくお願いします」ぐらいは言えるかと思ってしました。

こうも半年単位で職場を変わるとなると落ち着きません。
これでは学生時代にやってたバイトの方がよっぽどか安定しています。
あと技術の上達がしにくいです。
半年で技術って身に付きますか!?
僕はもう少し時間がかかると思います。
たとえそれが身に付いたとしても、半年ではそれを使う時間がないです。
そして、この調子が続くと、「何年経っても技術が身に付かない」という状態になりそうです。
なんか、ドラクエで「いくら経験値を積んでもレベルが上がらない」みたいな感覚です。
派遣という身分に限界を感じ始めています。
留年玉子はまだ一度も正社員になったことがありません。
そこで、この機会に脱派遣をしてみようと思います。

ただ、僕は面接が大の苦手です。
一種のトラウマがあります。
なので、派遣会社の紹介予定派遣という制度を利用してみます。
簡単に言うと、しばらく派遣で働いて、派遣先に認めらたら正社員になれる制度です。
だいたい半年ぐらい働いたら合否が分かるそうです。
これなら面接が苦手でもやっていけます。
口下手でも仕事ぶりでアピールできます。
これなら留年玉子にもできそうです。
「正社員になれる」という目標があると、僕はより頑張れます。

もちろん、不合格で正社員になれないこともあります。
また、タイミング的に紹介予定派遣の仕事がないこともあります。
そういうときは、つなぎとして派遣をやります。
派遣の仕事をしながらチャンスを伺います。
そして、良さそうな紹介予定派遣が出てきたら、すかさず受けにいくつもりです。

という訳で、これからは脱派遣を目指していきます。
人生に一度は正社員を経験しておきたいです。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-18 18:11 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

クリスマスをどう過ごそう!?

こんにちは、岐阜県の山の上で雪が降ってとても寒い留年玉子です。

もうすぐクリスマスが来ますね。
もうさすがにサンタさんからプレゼントをもらえません。
何となく過ごすとクリスマスがあんまり楽しくないです。
なので、留年玉子なりに「クリスマスの楽しい過ごし方2014」を考えてみましょう。

ちなみに、恋人はいません。
これから失業する人間にそんなのできるわけねえええーーー!!!
でも、見方を変えれば、「失業中だからこそできるクリスマスの過ごし方」もあるはずです。
今しかできないクリスマスを過ごしましょう。

失業するので、クリスマスにはしっかりと有休を取りました。
(まあ、有休消化のためです。)
本来ならクリスマスにも仕事があります。
でも、失業する分だけゆっくりクリスマスを過ごせます。

ケーキは自分で焼きます。
たぶん、チーズケーキを作るでしょう。
以前焼いたことありますし。
個人的に、普通の白いケーキよりチーズケーキの方が好きです。
あと、チーズケーキはデコレーションがなくても格好がつきます。
1つのケーキを独り占めにしてしまいます。
ケーキ作りはクリスマス前の23日にやりましょう。

飲み物はシャンパンかな。
食べ物はピザをわざと2枚頼むつもりです。
僕はピザを頼んだことが全然ありません。
なので、「ピザをたらふく食べてみたい」と常日頃から考えていました。
でも、いつも実現できずにいました。
だったら、失業するときこそやってみましょう。
あと、ポテトチップスも何袋か買います。

なんか、食い物の話ばっかになってきたなあ。(笑)
せっかくのクリスマスなので、雰囲気も作りましょう。
アロマキャンドルなんてどうでしょうか?
クリスマスの夜につけるだけで非日常が味わえます。

最後に、クリスマスを使って見たいアニメを最後まで見ようと思います。
何を見ようか。
今のところ、「爆走兄弟レッツ&ゴー」を最終回まで通してみることにします。
留年玉子は小学生の頃にミニ四駆をやっていました。
あの頃は本当に楽しかったぜ!!!
楽天の動画サイトで見てみようと思います。
このアニメは本当に大好きでした。
これを見て元気を出したいです。

まあ、何とも好き勝手につらつら書いてしまいました。
これは僕のクリスマスの過ごし方です。
皆さんはどんなクリスマスを過ごしたいですか?
考えてみると、きっと楽しくなるでしょう。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-17 18:15 | 派遣生活 | Trackback | Comments(2)

派遣契約終了のお知らせ

こんにちは、留年玉子です。
今日は、皆さんに悲しいお知らせをしなければなりません。

留年玉子は今年一杯で派遣契約終了になることになりました。
なんと、以前書いた記事の通りになってしまいました。

だから、僕は来年からニートになります。
でも、心配しないでください。
留年玉子はもうすでに2回も派遣切りに遭い、それを乗り越えています。
だから、もうこんなのはお馴染みのことです。
今回も乗り越えられる自信があります。

あと、派遣切りされたからといって、派遣村に行かなければならないほど困窮はしてないです。
こういう時のために、貯金はしっかりしています。
よほど贅沢しなければ、貯金だけでも半年は生き延びることができます。
できれば、貯金に手を着けず、失業保険が切れる前に仕事を見つけてたいですね。

実は、この派遣切りはアナログシンセビルダーズサミットの5日前に告げられました。
これは皆さんに秘密にしていました。
「この事実を口外するとサミットが盛り下がる」と思ったからです。
派遣切りを告げられ、僕のテンションはかなり下がりました。
「このメンタルでサミットなんて大丈夫か」と思いました。
「辞退しようか」と少し考えました。
でも、結局行ったけどね。
サミット中は派遣切りのことをすっかり忘れていました。(笑)

仕事は来週の月曜日で終わりです。
しかし、派遣切りを告げられると、仕事のモチベーションはかなり下がります。
例えば、留年玉子が電池を燃料にして動いているとします。
僕は平常時に電池4本で動いています。
それが、派遣切りを告げられると、電池1本で動いているような感覚になります。
会社に行くのがやっとと言う感じです。
本当は「家で1日100時間寝ていたい」です。
でも、僕も3年の派遣生活を経て、前よりも少しは大人になったつもりです。
「バックレる」とか無礼なことはしないです。
あと少しだけ頑張りましょう。

上司によると、今回の派遣切りは「留年玉子の勤務態度が悪い」とか「仕事ができない」という理由では決してないようです。
僕の書いた報告書はかなりレベルが高いと言われました。
喋るのは苦手だけど、書く方は通用したようです。
(こんなところで自慢するな!!!)
今の派遣先はあるところの子会社です。
この派遣切りは親会社の「経費削減!!!」という命令で行われたものだそうです。

子会社は親会社に逆らえない。

そんな社会の闇を垣間見ました。
こういうのを含めて社会勉強というのだろうか。

まだこれからどうするかは決めていません。
でも、派遣切りのお陰で少し早く仕事を休みがきました。
ゆっくり休みながら考えましょう。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-16 19:15 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

CHAGEAS-FANさんに会う

こんにちは、留年玉子です。
今月は何かと書きたいことがたくさんあります。
もしかしたら、毎日更新できるかな。

ところで、アナログシンセビルダーズサミットの後、東京在住のある方と会う約束をしていました。
その方とは、このブログにリンクを貼っているCHAGEAS-FANさんです。
せっかく東京に来たので、会ってみることにしました。

東京駅近くのバス乗り場の前で待ち合わせでした。
しかし、東京駅の構造は複雑で迷いました。
なので、約束の時間に遅れて到着しました。
そこで、CHAGEAS-FANさんに会いました。

彼に会って初めて分かったのですが、けっこう背が高くて驚きました。
そこから、そのまま近くの喫茶店へ移動して、30分ほど話しました。

とは言っても、ネット上で知り合った人とこうして会うのは、サミットを除いてほとんどなかったです。
なので、ちょっと新鮮な体験でした。

話の内容は本当にたわいもないことでした。
主にブログに書いてあることについて聞いてみたりしました。
アドバイス的なことはほとんど話していません。
せいぜい「名古屋に来たらあんかけスパゲッティを食べるといい」と言ったぐらいです。

彼と話していて感じたのは、「社会への深い興味」です。
「いろんな世界を知りたい」という強い欲求を感じました。
やっぱり大学で社会学を専攻してたんだと思います。
僕はどちらかと言うと、社会に対してはあまり興味がなく、自分の殻に閉じ籠るところがあります。
なので、そういうのを見ると、「凄いなあ」と思いました。

あと、ネットで知り合った人に会おうとするところが凄いです。
僕には絶対できません。
そんな勇気ないです。

そんな社会と人に興味を持つところは僕も見習いたいぐらいです。
短い時間でしたが、色々話せました。
たまには人と話すのもいいですね。
[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-15 18:09 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

アナログシンセビルダーズサミット2014 その4

こんにちは、留年玉子です。

前回の続きです。
今回で最後にします。

④他人のシンセに刺激を受ける

 これは見学者のときもそうかもしれません。
 でも、出展者になるとさらにより身近に刺激を受けます。
 じゃあ、僕の見たシンセを紹介しましょう。


 Chuckさん
b0204981_20383165.jpg
 僕の左隣りのブースにありました。
 なんか凄い!!!
 何が凄いのか説明しきれないけど、全体的にかなり凝っている感じです。
 なかなか真似できません。
 デザイン的にもかっこいいし。
 作る側に立って、より凄さが分かりました。
 モールス信号は良く知らないけど、新鮮な感じがします。
 個人的には、パネルにある小さなオシロスコープが好きです。



 ながさわさん
b0204981_20405852.jpg

 僕の右隣りのブースでした。
 見た感じ学生の方だと思います。
 (間違っていたらごめんなさい)
 サミットではあまり見ないギターシンセです。
 (とはいっても写真にギター部分が写っていませんね。)
 ギターのフレームは自分ので削って作りあげたとのことです。
 こういう製作の苦労話を聞くと、自分も頑張ろうという気持ちになります。
 ICのキットをいただいたので、試しに作ってみるつもりです。


 Nakagawa Akinoriさん
b0204981_20460487.jpg
 既製品と自作の混在したモジュラーシンセです。
 自作の部分は色んな所から拾ってきて作ったそうです。
 これだけつまみがあると、丸1日いじっていても飽きないと思います。
 僕もこういうシンセを完成させてみたいです。


 山下さん
b0204981_20561349.jpg
 山下さんはこのサミットの主要メンバーの師匠にあたる人です。
 Abeさん、Chuckさんはこの方がきっかけでシンセを作り始めたそうです。
 山下シンセのデモ演奏を聞きました。
 テープレコーダーを使ったかなり昔の音源でしたが、全然色あせていなかったです。
 展示物はアームテルミンです。
 小学生向けの教材なので、構造はとてもシンプルですが、とてもいい音が出ます。


 p.igmonさん
b0204981_21090462.jpg
 僕はマイコンのことを全然知りません。
 恐る恐る色々説明を聞いてみると、意外と楽しいシンセサイザーでした。
 リバーブとか曲の中で使うと楽しそうです。
 なんと、これはキットとして売っているそうです。
 ちょっと難しそうだけど、財布と相談しながら買ってみようかな。

あ~紹介しきれない。
これ以上やるととんでもない長さになるので、写真を貼っておきます。
(全部は廻りきれていないです。中には抜けている写真もあるのでご了承ください。)

b0204981_21260919.jpg
b0204981_21265778.jpg
b0204981_21253141.jpg
b0204981_21281055.jpg
b0204981_21273896.jpg
b0204981_21292038.jpg

b0204981_21301507.jpg
b0204981_21413081.jpg
b0204981_21435222.jpg
b0204981_21425610.jpg



僕はこの未完成のAnalog2.0を出展しようかすごく迷いました。
でも、僕は恥をかいてでも、どうしても出展を体験しておきたいと思いました。
今回は何も考えず、その場の勢いだけで行動してみました。
こんなに衝動に任せて行動したのは、学生の時以来ですね。
結論から言うと、「出展してよかったなあ」と心から思います。
サミットの良い所は、「サミットまでにきっちり完成させなければならない」と肩肘張らなくていいところです。
たとえ未完成でも、出展してみると得られるものがたくさんありました。
来年はAnalog2.0をちゃんと完成さて出展します。
そして、そのAnalog2.0に何かを+αして、留年玉子なりのオリジナルの色も出していきたいと思います。

それでは、これを以ってアナログシンセビルダーズサミット2014の感想を終わらせていただきます。
長々と書きましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。


[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-14 22:12 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

アナログシンセビルダーズサミット2014 その3

こんにちは、留年玉子です。
前回の続きで、サミットの感想を書きたいと思います。

③シンセサイザーを発表すること

出展者として参加したので、初めて「サミットのパンフレットの原稿」を書きました。
書いてみて分かったのですが、意外とスペースが少なかったです。
ちなみに、僕の書いた原稿はこんな感じです。↓


b0204981_21352102.jpg



別に見られても困るものではないので、公開してしまいます。
だいたい、A5の半分ぐらいのスペースです。
僕の場合は、未完成のキットなので、わりと簡潔にまとめることができました。
しかし、これが「自分で作ったシンセサイザー」だと、このスペースにまとめるのが大変そうです。
シンセの写真、特徴、機能、そして熱い思いをこのスペースに収めます。
そう思うと、無駄を徹底的に省いて、シンプルに自分のシンセの魅力を伝える必要があるんですね。

また、僕のAnalog2.0があまりにショボいので、それを補う工夫を自分なりにしてみました。

それは「自己紹介用のパンフレット」です。
要は名刺代わりです。
ただ、A4 1枚の大きさなので、名刺よりも情報量があります。↓

b0204981_21371525.jpg



本当はカラーにしたかったのですが、予算の都合で白黒にしました。(笑)
名古屋から原本だけを持ってきて、九段下のローソンで印刷しました。
まあ、そんなことはどうでもいいですね。
初対面の人からすると、留年玉子は「名古屋から来た謎の人物」です。
なので、どうしても「留年玉子とは何者なのか」を明らかにしておきたかったんです。
そんな狙いでこのパンフレットを作りました。
サミット終了後にパンフレットの枚数を数えてみると、20部用意したうちの13部なくなっていました。
意外と多くの人がこのパンフレットを取ってくれました。
このパンフレットがウケているか滑っているかは分かりません。
どちらにしても、留年玉子をアピールできたかな。
とりあえず、 「こいつはこういうヤツなんだ」と分かってくださればそれでいいです。

今回はかなり急いで作ったので、来年はもっと凝ったものを作りたいです。
内容ももう少し考えます。
次回はカラーにしよう。
自作のシンセの説明も入れたいですね。
あと、来年はプレゼンもやりたいなあ。

今回はこれで終わります。
次で最後になると思います。
次回はサミットの中身に入ります。
お楽しみに。


[PR]

by blueshine6096 | 2014-12-10 21:40 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)