明日から半年ぶりの仕事

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。
ここ最近、入社手続きや作業着の購入などで意外と忙しかったです。

明日からようやく仕事が始まります。
電子部品組立機のF社で働きます。
半年ぶりの仕事なのでとても不安です。
毎回こういう新しい職場に行く前はどうしても緊張してしまいます。
もうこればっかりはどうしようもないですね。

でも、今までと1つだけ違うことがあります。
それは「緊張感の中にもワクワク感がある」ということです。
この仕事は今までよりも難しい仕事ですが、もしこの仕事でやっていければ相当すごいことになります。
おそらく正社員でも十分やっていけるだけの実力がつくと思います。
ただ、それは本当にそこでやっていけたらの話です。
試用期間中に「やっぱりだめだ」と言われることもあります。
特に、仕事を始めて2週間は、派遣先にダメだと判断されたら即派遣契約停止になるそうです。
だから、なかなか気が抜けません。

とりあえず、仕事が始まる前にやれることはやりました。
仕事に必要な工業力学の本はひととおり読みました。
自分の使う商品についてひととおり勉強しました。
これだけやってもダメだったら、派遣先の要求が高すぎます。
「いつでも解雇できる派遣社員に高度な物を求めすぎだ」と思います。
そうなった場合は本当にごめんなさい。
さっさと別の仕事を探します。
もう今までのように何ヶ月もダラダラしたりはせず、次の仕事に就きます。

明日は無事に会社にいけたら100点満点です。
あとは派遣先が煮るなり焼くなり勝手に決めてくれるでしょう。
それでは、今日はこれで終わります。

[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-31 20:23 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

この仕事で一皮剥けたい

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

無事に次の仕事が決まりました。
電子部品組立機のF社が次の派遣先になりました。
これでめでたくニート脱出というわけです。
今回の仕事は今までよりも本格的です。
なので、だんだんと不安感に襲われていました。

でも、このまま不安がっていても仕方がありません。
なんとかやっていけるように、仕事の勉強をすることにしました。
具体的には以下のことをやります。

①商品知識の勉強

 会社の全部の製品とはいきませんが、せめて自分の扱うものぐらいは把握しておきたいと
 思います。
 会社のホームページを見ながら、大雑把に商品の特徴をまとめることにしました。
 僕の扱う製品はマウンタという、小さなチップ型の電子部品を高速で基板の上に乗せて、
 基板を組み立てる装置です。
 どんなものを作るのかがだいたい分かれば、不安がかなり解消されると思います。

②工業力学の本を読む

 これは派遣会社から言われたことです。
 この仕事は工業力学の知識を使うようです。
 なので、「そういう系統の本を買ってざっと読んでおけ」と言われました。
 さっそく、今日はこの本を買ってきました。↓
b0204981_00522716.jpg
 

 Amazonでも評価が高かったし、読み進めていけそうな感じがしました。
 就業前はとにかくざっと読むことに集中します。
 そして、就業後は仕事の勉強のためにじっくり読み込んでいこうと思います。

③C言語の勉強

 これはどちらかというと将来に向けた勉強です。
 面接のときの様子を思い出すと、社員の方は将来的にソフト方面をやらせたい雰囲気が
 ありました。
 面接のときに使った僕のスキルシートを良くみると、プログラミングという文字に
 しっかりと濃く丸がつけてありました。
 まあ、実際はプログラミングなんてほとんどやっていません。
 でも、今さら「僕はプログラミングなんてできません」というのも
 バカバカしいです。
 だったら、今からできるようにしていきましょう。
 会社の中途採用の募集要項を見ると「C++ができる人材が欲しい」
 書かれていました。
 だから、電子部品組立機のソフトはC++で作られているんだと思います。
 C++はC言語のパワーアップ版みたいなものです。
 僕はC言語をやったことがあるので、そこから勉強し直してからC++に入ろうと思います。
 今回の仕事内容はプログラマやSEではないので、いきなりプログラムを組まされること
 はありません。
 なので、ゆっくりですが少しずつとやっていきます。

あ~言われたことをやるだけの仕事から脱却したいです。
仕事に対する知識をつれば、「もっとこうしたほうがいいんじゃないか」という考えも湧いてきます。
自分の方から提案ができるようになると思います。
この仕事でエンジニアとして一皮剥けたいです。


追記
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-24 01:06 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

速報 次の職場が決まりました!!!

こんにちは、シンセ職人見習いです。

先ほど大手派遣I社から「面接に合格しました!!!」という電話がありました。
だから、次の派遣先は電子部品組立器のF社になりました。
ここに来るまで長かったなあ。
5ヶ月の月日を経て、ようやく次の仕事にありつけました。

面接はあまり良いとは言えませんでしたが、なぜか合格しました。
分からないものですね。
僕は派遣先の候補を2つ挙げていました。
1つは難しい仕事の派遣先、もう1つは簡単な仕事の派遣先です。
今回の合格したF社は難しい仕事の方です。
「やっていけるだろうか」とものすごく不安になります。
でも、このF社でやっていけるようになれば、エンジニアとしてかなりの技術を身につけることができると思います。
それは間違いないです。
だから、たとえ怖くても飛び込んでチャレンジしてみようと思います。

仕事が始まるのは6月からです。
試用期間が3ヶ月あって、それを乗り越えれば長期で働けます。
あと、時給も前より上がります。

今はまだ実感が湧かず、心の整理がついていません。
今日はこれぐらいにします。
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-18 17:52 | 派遣生活 | Trackback | Comments(2)

Saoriiiii - 浮世ディスコ

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

現時点では面接の結果はまだ分かりません。
あ~受かった場合、落ちた場合といろいろ考えすぎて胃がもたれてきます。
なので、少しだけ現実から目を背けたいと思います。

今回はSaoriiiiiさんの「浮世ディスコ」という曲を紹介します。

浮世ディスコという曲名のとおり、和風ダンスミュージックです。
歌詞の一部に古文が取り入れられてちょっとユニークです。
聞いた感じだと、和風+哀愁+クールといった感じで、独特な雰囲気があります。
下に歌詞を載せます。↓
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
浮世ディスコ
Lyrics : Saoriiiii , Shamomona Music : KANITAKUMI

Sense by my time 映るものすべて Since ever fate 君に出来るの?
ねぇ 気づいて 邯鄲の夢


Sense by my time ヒカリを超えて 何億光年も果てまで
Past and future 昇り続けるの? 浮世の幕開く

つれづれなる ひぐらし うつりゆくよしなしごと
そこはかとなく書けば 古きと現実がリンクする


心ここに在らざれば視れども見えず
気付きもしない 独りよがりのステージ


Sense by my time 映るものすべて 「No sweat!」かっこつけないで
Since ever fate 君に出来るの? 栄枯盛衰 うぬぼれないで


Sense by my time ヒカリを超えて 何億光年も果てまで
Past and future 昇り続けるの? 浮世の罠にはまる


いでや 世に生まれては 願いは多かめれ
人は心を操り 天使と悪魔がwinkする


世の中を 築き者なれば 生きとし生きる者
いづれか歌を読まざりける


Sense by my time 映るものすべて 「No sweat!」かっこつけないで
Since ever fate 君に出来るの? 敗柳残花 むなしいだけ


Sense by my time ヒカリを超えて 何億光年も果てまで
Past and future 昇り続けるの? 浮世の鐘が鳴る


泣いてるの?
ひとりぼっちで
回るの
はかない風車
季節はめぐりめぐって
刹那にfade


Sense by my time 映るものすべて 「No sweat!」かっこつけないで
Since ever fate 君に出来るの? 盛者必衰 あぁ無常


Sense by my time ヒカリを超えて 何億光年も果てまで
Past and future 昇り続けるの? 今夜限り終わらせて
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
こうして改めて歌詞を眺めてみると、現代文、古文、英語の3つが混じり合っていて不思議な感じがします。(笑)
やっぱり、浮世ディスコなので、詞の内容は諸行無常栄枯盛衰といった感じです。
たぶん、これらの言葉はSaoriiiiiさん自身が身を持って経験したんだと思います。
Saoriiiiiさんの今までの経歴はこんな感じです。

 ①秋葉原で路上ライブを始める。
 ②デートピアでSaori@destinyとしてメジャーデビューをする。
 ③2名のキーボードが加わり、それなりにクリオティ高いライブができるようになる。
 ④テクノポップのブームが去って引退を余儀なくされる。



これもそれなりの栄枯盛衰だと思います。
これらを乗り越えて復活して今があるんだなあ。
昔のSaori@destinyのときも良かったけど、今のSaoriiiiiになってからの方が楽しそうにやってる感じがする。
しまった、ちょっと話を広げすぎたかな。
ゴチャゴチャ書きましたが、曲はかっこいいので聞いてみてください。↓



この曲は公式HPから無料でダウンロードすることができます。

また、リミックスも個人的に気に入っています。↓


こっちはオリジナルと違って近未来的な雰囲気です。
これはライブ限定でしか手に入らないみたいです。
日付が合えば、ちょっと遠くのライブまでいってみようかな。

追記
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-18 13:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

これからのシンセサイザー製作の記事について

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。
面接の返事は明日です。
落ちる可能性の方が高いけど、受かったらうれしいです。
やっていけるか不安もすごくあるけど、もしここでやっていけたらすごいエンジニアになれそうです。
まあ、そんな取らぬ狸の皮算用はこれぐらいでやめておきます。

ところで、僕は「Analog2.0のメカニズムシリーズ」を長らく書いていましたね。

 ①Analog2.0のメカニズムの概略 全体
 ②Analog2.0のメカニズムの概略 電源、ライフラインケーブル
 ③Analog2.0のメカニズムの概略 ノイズジェネレータ&ミキサ
 ④Analog2.0のメカニズムの概略 VCA
 ⑤Analog2.0のメカニズムの概略 VCO
 ⑥Analog2.0のメカニズムの概略 エンベロープジェネレータ
 ⑦Analog2.0のメカニズムの概略 LFO
 ⑧Analog2.0のメカニズムの概略 VCF

本当に長々と最後まで書きましたよ。
自分でもよく書いたなあと思います。
でも、こんなに偉そうにAnalog2.0のメカニズムを書いたのに、まだ完成していません。
冷静に考えると、この状況は「すごくバカっぽいな」と思いました。

そろそろVCOの製作を再開し、シンセサイザー製作の記事を書きます。
その際に今までと少しだけ書き方を変えようと思います。
じゃあ、いったい何を変えるのでしょうか?

それは「うまくいかなかった場合も記事にする」ということです。
今までは製作していて何か進展があったらブログの記事にしていました。
調整で詰まっていて原因が分かるまで記事を書かないようにしていました。
まあ、今までの自分は見栄っ張りなところがあったんです。
どちらかというと僕は「~をやってうまくいった」と書きたい方でした。
その方がかっこいいし、読んでいてすっきりすると思っていました。
でも、もうそんな見栄を張ることをやめることにしました。
「~をやってみたがうまくいかなかった」という場合も記事にすることにします。

これからVCOの不具合の原因を調べていきます。
不具合を特定するのに全然うまくいかないことがあるわけです。
丸1日使っても原因がさっぱり分からないこともありえます。
そんな場合も「うまくいかなかった」という記事を残すようにしたいと思います。
収穫がない場合も恥ずかしがらず記事にしていきます。
あえて試行錯誤で泥臭い部分をだすことにしました。

そうすることで、自分の頭の中を整理できます。
また、そういう迷いの過程をブログに残すことで、泥臭く悩んだ部分が誰かの役に立つかもしれません。

そんなわけで、これからはかっこ悪い記事もたくさん書きます。
お楽しみに。

追記
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-18 01:19 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

面接に行ってきた

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

先ほど、大手派遣I社の派遣先に面接に行ってきました。
派遣先は電子部品組立器のF社です。

面接の手ごたえとしては「たぶん落ちたな。(笑)」という感じです。
どうもF社の社員の方は僕の経歴を見て、「言われたことしかできない受身な人間だ」と感じたのかもしれません。
その辺りをすごく突っ込まれました。
僕ももう少し勉強して知識をつけて、自分で考えて仕事をしたい気持ちはあります。
でも、だいたい半年~1年で派遣切りになってしまっていました。
やっと仕事に慣れて余裕がでてきて、もっと知識をつけようというときにいつも派遣切りでした。
まあ、これ以上言い訳しても仕方ないのでこれぐらいでやめておきます。
何か対策を考えないとなあ。

この面接の返事は来週の月曜日です。
今まで僕はいろんな職場で働いてきましたが、合格するときは必ず面接日当日に返事が来ます。
一方、返事を後日に持ち越されるときは決まって不合格です。
今回もたぶん不合格だと思います。
まあ、まだ分かりませんが、もし合格してF社で働けるようになれば、技術的にかなりのレベルを習得できるでしょう。
今までの人生の中でいちばん頑張ると思います。

あ~面接疲れたなあ。
とりあえず今日は失敗して元々です。
結果よりも、勇気を出して面接にチャレンジしたことを誇りに思いたいと思います。


追記
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-15 16:10 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

プラモデルの組立て その2

続きです。

次は赤ザクを組立ててみます。↓
b0204981_19375940.jpg

やっぱり、けっこう部品がたくさんあります。
b0204981_19390831.jpg

これを1つ1つ丁寧に組立てていきます。
b0204981_19401592.jpg

そして、数時間かかって赤ザク完成です!!!
b0204981_19414475.jpg

こうしてみると、まさしく戦士ですね。
見ていると自分まで勇ましくなりそうです。
ガンダムには詳しくないけど、たしかこの赤ザクはすごく強かったと思います。
シャアっていう主人公のライバルが乗ってたかな。
本当はさら塗装してもっとかっこよくしたいです。
まあ、仕事が決まって給料がもらえたら、塗料でも買いましょうか。

せっかく組み立てたので、戸棚に飾っておきましょう。
b0204981_19490893.jpg

掃除していろんな物を捨てて、ちょうどこのスペースが空いていました。
この殺風景なスペースをミニ四駆と赤ザクのおかげでいい具合の飾ることができました。
あと、ちょっと少年時代を思い出して懐かしくなりました。
大人になっても少年時代の好奇心を忘れないようにしたいですね。
その心をいつまでも持っていると、生きてて楽しくなると思います。

明日は派遣先との面接があります。
電子部品組立器のF社に行きます。
もうすでに緊張しています。
合格すればラッキーで、不合格でも命がなくなるわけではありません。
明日はとにかく遅刻せずに面接に行って、終わったらどっかで久々に外食でもしましょう。

[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-14 20:04 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

プラモデルの組立て その1

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

以前、僕は部屋の掃除をしていました。
実はそのときに押入れから2つのプラモデルが出てきました。↓
b0204981_18514092.jpg

右はミニ四駆、左はガンダムの赤ザクです。

ミニ四駆は確かまだ学生だった5年前に買ったと思います。
大須のおもちゃ屋さんに行って、懐かしさのあまり買ってしまいました。
ただ、当時は就活や研究に忙しくて、そのまま忘れてしまったんだと思います。

赤ザクは以前仕事をしていたP社でもらいました。
契約期間満了で辞める際に送別会がありました。
その送別会で、同じ大学出身の先輩社員からこの赤ザクをプレゼントとしてもらいました。
しかし、その後すぐに次の仕事が入ってしまい、組み立てることなく押入れの中で眠っていました。

だったら、せっかくなので作ってみましょう!!!
まずはミニ四駆を作ってみます。↓
b0204981_19062824.jpg

箱を開けるとこんな感じです。
b0204981_19093978.jpg

シャーシを組立てます。
もちろん、グリスも塗ります。
b0204981_19112828.jpg
b0204981_19121672.jpg

ボディの部分は洗剤で洗います。
こうすると、ボディ表面の余計な油分が取れて、ステッカーがきれいに貼れるようになります。
小学生時代のコロコロコミックに書いてありました。(笑)
b0204981_19134407.jpg

そして、ステッカーを貼ります。
これが意外と難しかったです。
気を抜くとすぐにずれそうになります。
b0204981_19184471.jpg

念のため、5分ぐらい慣らし運転をしておきました。
これをやることで、ギヤとグリスが馴染んで、スムーズに動くようになります。
これも昔のコロコロコミックに書いてありました。(笑)

そして、ミニ四駆の完成です。
b0204981_19240430.jpg
このミニ四駆はホーネットjr.というかなり大昔の古い車種です。
なぜこの車種を選んだのかは自分でもよく分かりません。
本当は小6の頃に改造したミニ四駆を飾りたいですが、それは実家に置いたままです。
どこにしまったのか分からないし、もしかしたら処分されたかな。
今度実家に帰ったら探してみます。

今回作ったホーネットjr.もこれはこれでいい味出しています。
険しい荒野の上で暴れてきてくれそうなマシンですね。

長くなりそうなのでいったんここで切ります。
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-14 19:34 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

この仕事に決めた!!!

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

シンセサイザーの記事を書いているうちに、仕事探しの状況は前回といろいろ変わりました。
いろいろ迷ったのですが、次の派遣先はこの2つのどちらかにすることにしました。

 ①F社:電子部品組立器の実験評価
 ②P社:冷蔵庫の評価

①F社:電子部品組立器の実験評価

 このF社は学生時代の就活で受けたことがあります。
 (まあ、当時は書類審査で落とされました。)
 企業研究をしっかりやったので、どんなものを作っているかも未だに覚えています。
 社内の雰囲気はすごくよかったです。
 仕事的にはけっこう本格的です。
 残業も月に40時間ぐらいあるそうです。
 でも、こういう仕事は大変ですが嫌いではないです。  
 また、このF社は三河方面にあります。
 僕は実家が岡崎市なので、この三河方面は特に親しみがあります。
 久々に自分のホームで仕事ができます。
 
②P社:冷蔵庫の評価

 P社は以前モータ開発の仕事でお世話になりました。
 そのP社でまた別の仕事をします。
 詳しい内容は聞いていませんが、金属を削ったり、力仕事が多いそうです。
 以前働いたことがある職場なので、面接なしで仕事に行くことができます。
 9月末までの短期の仕事です。
 なので、仕事としては気楽なものです。
 職場の雰囲気も知っていますし、この短期の仕事で肩慣らしするのもいいかもしれません。


この①、②の仕事ですごく迷いました。
結局、①F社:電子部品組立器の実験評価にすることにしました。
誰が言ったのか忘れましたが、
 
「2つの分かれ道で迷っている場合は、険しい方を選んだ方がいい」

という言葉を聞いたことがあります。
誰でしたっけ?まあいいか。
というわけで、比較的難しいF社の仕事にしました。
さっそく、派遣会社に面接を申し込みました。
そして、今週の木、金曜日、あるいは来週はじめぐらいに面接を受けると思います。
(面接とは言っても、そこまでかしこまったものでなく、バイトの面接に毛が生えた程度です。)
そして、合格すれば6月から仕事に復帰できます!!!

ただ、難しい方を選ぶのはいいですが、「おまえには無理だ」と言われる可能性もあります。
その場合は滑り止めで②P社:冷蔵庫の評価をやろうと思います。
以前の記事で書きましたが、夏ぐらいにアパートを引越さなければならなりません。
なので、F社を断られたら、面接なしで行けるP社に滑り込むつもりです。

こんな感じで仕事探しが進んでいます。
もうそろそろ次の仕事を終えて、ニート生活にピリオドを打とうと思います。
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-11 19:58 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

Analog2.0のメカニズムの概略 VCF

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。
来週中に次の仕事が決まると思います。
(仕事探しの詳しい状況については、別の機会に書きます。)

とうとう「Analog2.0メカニズムシリーズ」はこれがラストです。
今日はVCFの概略を書きます。
(回路図を公開しますが、それはちゃんと設計者の許可をいただいています。)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
VCF

 音色に変化をつけます。
 入力された音信号にフィルタをかけて、音を変化させます。

 VCFの回路図は以下のとおりです。↓
 (画像をクリックすると拡大できます。) 
b0204981_19023914.jpg

 VCFのブロック図は以下のとおりです。↓
b0204981_19043458.jpg

 ブロック図のとおり、VCFは以下の3つに分かれます。

  ①トランジスタラダー
  ②電圧→電流変換回路
  ③差動増幅器

 それぞれのブロックについて簡単に説明します。

 ①トランジスタラダー
  RCフィルタの抵抗Rをトランジスタに置き換えたフィルタ。
  それによって、フィルタの抵抗を入力電圧CVで可変できるようになる。
  電流入力型。

 ②電圧→電流変換回路
  トランジスタラダーが電流入力型なので、制御電圧を制御電流に変える。
 
 ③差動増幅器
  トランジスタラダーの出力の同相成分を除去する。
  レゾナンス効果のため、出力からトランジスタラダーの入力に帰還をかける。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
トランジスタラダーの説明はかなりざっくりしたものです。
詳しく説明をしようとすると、英語の論文1冊分になります。
僕ではちょっと無理です。

このVCFはシンセサイザー自作愛好家の方々に太鼓判を押されています。
すごく素晴らしいフィルタのようです。
だったらなおさら最後まで作ってみるしかないですね。

今回を以って「Analog2.0メカニズムシリーズ」を終わらせていただきます。
いざ終わるとなると一抹の淋しさも感じます。
自己満足ではありますが、こうしてブログに概略をまとめるのは本当に勉強になりました。
この記事を書くことを許可してくださったGanさんには改めて
「ありがとうございました。」
と言いたいです。
けっこうガチな記事を長々と書きましたが、最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

追記
[PR]

by blueshine6096 | 2015-05-09 19:31 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)