<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

近況報告

こんにちは、半熟卵です。

いろんな考えがあって、実際にやってはいるのですが、今ひとつ形になっていません。
どうもブログを書こうにも書きにくい状況です。
なので、今日は近況報告という形で記事にしようと思います。

携帯を格安スマホのDMM.mobileに変更する予定です。
しかし、電話番号継続ができなかったので、もしかしたらまた1から申し込み手続きをやり直す可能性がでてきました。
解約時にはまた親と同伴しなければならないだろうか。
面倒くさいなあ。

シンセサイザーのVCOの製作は、ちぎれそうな配線を新しい物に交換しています。
まだ全部付け終わっていないので、記事にするまでもない状況です。
何となくですが、そろそろVCOが完成しそうな気がします。

PCのOSを最新に更新しようと考えています。
現在、WindowdsXPを使っています。
しかし、そろそろ限界を感じてきました。
妹がプレゼントしてくれたウォークマンはXPでは使えません。
また、勉強しようと思って買ってきたJW-CADの本もXPでは動作保証外です。
これでは何もできやしません。
なので、Windowds10ぐらいのOSを買って、アップデートをしようと思います。

携帯の件が終わったら、住民票を岡崎市から名古屋市に移したいと思います。
そして、ちゃんと自分の住んでいる場所へ税金を納めようと思います。
ただ、これも岡崎と名古屋それぞれの市役所の月1回開かれている休日窓口に行かなければなりません。
どのへんでタイミングをとろうか非常に迷っています。

こんな感じで、いろいろやろうと思っているわりには何一つ形になっていません。
それが今の近況です。
また、この中のどれかが片付いたら、何か書こうと思います。

[PR]

  by blueshine6096 | 2016-08-18 22:32 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

VCOの製作 コメント返信

こんにちは、半熟卵です。

前回のシンセサイザー製作に関する記事に良いコメントがきました!!!
そのコメント返信をしたいと思います。

ただ、そのコメントは鍵付きなので、ハンドルネームや全文は公開しません。
内容を要約したうえで返信します。

コメント要約
---------------------------------------------------------------
VCO基板のロータリースイッチの共通端子にミキサ入力端子の信号線とグランドの2本を接続しているのはおかしい。
これでは出力信号がグランドにショートされ、音が出なくなってしまう。
ここは信号線のみを接続すればいい。

プツプツ音は1Hz以下の低い周波数の音が出ていると思われる。
TRIM1を端から端まで回転させて音に変化するかを見ると良い。
---------------------------------------------------------------

①VCO基板のロータリースイッチの共通端子にミキサ入力端子の信号線とグランドの2本を接続しているのはおかしい。
 はい、思いっきり2本接続していました。
 2本あるので2本とも接続すると勘違いしていました。
 なんかこの辺がいちばん怪しいですね。
 これは本当にありがたい情報です。
 
②TRIM1を端から端まで回転させて音に変化するかを見ると良い。
 もしも①で解決しなかったら、これも試してみようと思います。

何となくですが①が原因のような気がします。
今はもげそうになったリード線を交換するため、配線の類は全部外して見ます。
リード線を交換しながら、①のようにセッティングしようと思います。

というわけで、ノードの電圧を調べるのをやめて、路線を変更します。
ロータリースイッチの共通端子にミキサ入力の信号線のみを接続してみて、様子を見てみることにします。
お楽しみに。

鍵付きコメントを書いてくださった方は本当にありがとうございました。
ここ最近、シンセサイザーの製作が行き詰っていたので本当に助かります。

[PR]

  by blueshine6096 | 2016-08-08 22:37 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

作業環境を整える

こんにちは、半熟卵です。

現在のアパートに引っ越してからシンセサイザーを製作するとき、1つだけやりにくいことがあります。
それは「コンセントの位置が机から遠いこと」です。

ハンダ小手を使うとき、Analog2.0の電源を入れるとき、オシロスコープを使うとき、…それぞれコンセントが必要です。
以前のアパートでは机から近い位置にコンセントがあったので、特に問題はありませんでした。
しかし、今のアパートはコンセントが遠いので、その都度延長コードを引っ張ってきて製作をしていました。
毎回毎回それをやるとすごく面倒くさいです。
なので、今回はちょっとシンセサイザー製作そのものから離れて「作業環境を整える」ことにしました。

これが今使っている机です。↓
b0204981_23324902.jpg

小学1年生のときから使っている学習机を改造して、今も使っています。
机の電気スタンドの下にあるこの部分をテーブルタップに置き換えます。
b0204981_23325793.jpg

この部分はただの飾りです。
もともとはこの机に付属していた蛍光灯のスイッチです。
でも、中学時代に何を思ったのか、「電気スタンドの方がかっこいい」と思ったので、このスイッチを使わなくなりました。
そして、このスイッチのコンセントも邪魔なので切ってしまいました。
b0204981_23340276.jpg

でも、これを付けないと、こんな感じでぽっかり穴が開いて見栄えが悪くなります。
なので、ずっと仕方なくこの飾りを付けていたわけです。
ここをテーブルタップを付けて有効利用することにしました。
b0204981_23341451.jpg

テーブルタップはこれを使うことにしました。
深い理由はありませんが、何となく見た目が気に入りました。
b0204981_23343634.jpg
このテーブルタップを穴を開けて結束バンドでしっかり固定しました。
すると、こんな感じになりました。
b0204981_00012210.jpg

ちょっとかっこよくなったかな。
このテーブルタップはAnalog2.0のACアダプタを差したり、オシロスコープなどの計測器の電力供給に使いたいと思います。

あとは、もう1つは机のこの左側の部分に、
b0204981_23345699.jpg
同様にテーブルタップを固定しました。
b0204981_23352026.jpg

この白いテーブルタップはハンダ小手への電力供給に使います。
実は、僕は左利きで、ハンダ小手を左手で持ちます。
なので、この位置にコンセントがあると非常に助かるのです。

こんなふうにいろいろ改造して、全体的にはこうなりました。
b0204981_23353951.jpg

これで延長コードを引っ張らなくても、椅子に座りながらハンダ小手や計測器が使えるようになりました。
かなり便利になって、製作もすすめやすくなることでしょう。
それでは、今日はこのへんで。

[PR]

  by blueshine6096 | 2016-08-01 00:25 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE