エンベロープジェネレータの製作 モジュールの動作確認 その2

続きです。
エンベロープジェネレータの動作確認をしているのですが、反応が小さいです。
何が原因か考えてみたら、すぐ分かりました。

b0204981_02540106.jpg

保護抵抗は1kΩで、測定箇所はその近くのNon-Inv Out(JP1)です。
なので、出力に影響はあるだろうと考えられます。
そこで、ちょっと方針を変えます。
測定箇所をNon-Inv Outから保護抵抗の手前に変更して動作確認することにしました。
要は、回路図を見れば分かりますが、トランジスタQ5のエミッタ付近です。
ここなら保護抵抗の影響がないので、動作確認がしやすいと思いました。
b0204981_03061455.jpg

実物では、こんな感じで測定しています。
b0204981_03192704.jpg
b0204981_03193899.jpg
それでは、気を取り直して動作確認しましょう。

①ツマミを以下のように設定して、MiniboardⅡの任意のキーを押し、エンベロープジェネレータの出力が8V程度まで上がるかどうか確認する。
b0204981_22304583.jpg
 これなら8V程度と言えるでしょう。

②Sustainを中点まで動かし、MiniboardⅡの任意のキーを押し、出力が2~4V程度まで上がることを確認する。
 写真を撮り忘れましたが、4Vぐらい上がっていました。

とりあえず、ここまではOKです。
③次はAttackの値を徐々に上げていき、MiniboardⅡの任意のキーを押し、アナログテスターの針の振れ具合を見ます。
このとき、立ち上がりが徐々に遅くなっていることを確認してみます。
これは写真では分かりにくいので、動画で見てみましょう。



確かに、Attackを大きくするにつれて、立ち上がりが遅くなっています。

④次に、Attackの値を適当にセットして、Decayの値を徐々に上げていき、MiniboardⅡの任意のキーを押し、アナログテスターの針の振れ具合を見ます。
このとき、最大値からSustainの値に落ちていくスピードが徐々に遅くなっているかを確認します。

 Attackを適当な値にセットするのですが、針の触れが大きい方が変化が見やすいので、Attackを大きめにしました。
b0204981_22511138.jpg

 この状態でDecayを大きくしていって、針の振れを見てみましょう。

 たしかに、最大値からSustainの値に落ちていくスピードがゆっくりになっています。

⑤Releaseの値を上げながら、MiniboardⅡの任意のキーをon/offさせる。
このとき、キーを離した後の出力の減衰が徐々に遅くなっていることを確認します。


キーを離した後の減衰がゆっくりになっていることを動画で確認でしたと思います。

これで、エンベロープジェネレータは完成です!!!

ありがとうございました!!!
と終わりたいところですが、ぶっちゃけた話、この動作確認って地味じゃないですか?
このモジュール自体は音を全く出さないので、どうしても地味になってしまいます。
だったら、せっかくエンベロープジェネレータを作ったので、それでちょっとだけ遊んでみましょう!!!


どうでしょうか?
このエンベロープジェネレータのおかげで、電子音の表現の幅が大きく広がったのが分かったでしょう。
今までよりさらに楽器らしくなりました。

次回は、LFOの製作に入ります。
お楽しみに。


[PR]

# by blueshine6096 | 2017-05-23 23:26 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

エンベロープジェネレータの製作 モジュールの動作確認 その1

こんにちは、半熟卵です。

シンセサイザー製作で、前回はツマミの向きを決定しました。
今回はエンベロープジェネレータの動作確認を行います。
この動作確認では可変抵抗を回して制御信号の変化を見ます。
その際に、ツマミが付いていると状況を説明しやすくなります。
なので、前回はあんなにくどい説明をしたわけです。

エンベロープジェネレータには、AttackDecaySustainReleaseの4つの可変抵抗があります。
4つの可変抵抗を調整して、音を変化させます。
b0204981_02102166.jpg

例えば、Attackを回して立ち上がりの時間を長くすれば、キーボードを押したときにゆっくりと大きくなる音になります。
また、Releaseを回して0になるまでの時間を短くすれば、キーボードを離した瞬間に音が消えるようになります。
他にも、Decayの時間を長くしたり、Sustainのレベルを変化させたりして音を変化させるわけです。
そんな感じで、エンベロープジェネレータを使うと、音の表現の幅が一気に広がります。

それでは、動作確認に入りましょう。

このツマミの付いたAnalog2.0に、
b0204981_18355051.jpg

校正用Gate/CV発生器として、昔作ったMiniboardⅡを電源に接続します。
b0204981_00291234.jpg


そして、アナログテスターを使って、針の振れ具合を見ながら制御信号の変化を見ます。
b0204981_00454957.jpg


電源のスイッチを入れて、ツマミを以下のように設定します。
(Attack:最小、Decay:最小、Sustain:最大、Release:最小)
b0204981_01085050.jpg

エンベロープジェネレータの出力にテスターを当てるのですが、パネルに付けたままだと当てにくいので、外してから当てることにします。
b0204981_01115375.jpg

テスターのレンジは12Vよりも大きくします。
このテスターではレンジは50Vになります。
b0204981_01312700.jpg

MiniboardⅡのキーを押し、ゲート信号を発生させます。
(キーはどれでもいいです。)
b0204981_01492681.jpg

このときに8V程度まで電圧が上がれば良いみたいですが、
b0204981_01524939.jpg

実際には6V程度でした。
これは誤差の範囲なのでしょうか?
もう少し先に進めて様子を見てみましょう。

次にSustainを中点に動かして、MiniboardⅡを押し、2~4Vまで上がるかどうかを見てみます。
b0204981_01562456.jpg

すると、
b0204981_01583466.jpg
これでは小さすぎて分かりません。
制御信号の電圧を見やすくするため、レンジを50Vから10Vに変えて見ましょう。
b0204981_02013606.jpg
b0204981_02033834.jpg
見た感じ、0.4Vといったところです。
2~4V上がるところを0.4Vしか上がらないのはさすがにおかしいです。
いったい何が原因なのでしょうか!!?

長くなりそうなので、いったんここで切ります。

[PR]

# by blueshine6096 | 2017-05-23 02:13 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(2)

エンベロープジェネレータの製作 ツマミの向き その2

続きです。

では、実際にそうなるようにツマミの向きを考えましょう。
Analog2.0では、可変抵抗はこれを使っています。↓
(型番はよく分かりません。)
b0204981_13533455.jpg
ツマミはこんなふうに中にイモネジを入れて固定するタイプです。
b0204981_18214934.jpg


この可変抵抗の中点を割り出しましょう。
これがシャフトを左一杯に回したもので、
b0204981_18074316.jpg

そして、これがシャフトを右一杯に回したものです。
b0204981_18073606.jpg

なので、可変抵抗の中点はシャフトをこれぐらい回した位置にあります。
b0204981_16082696.jpg

そして、実際には可変抵抗を基板に取り付け、右に90°回転させた状態で基板に取り付けます。
こんな感じになります。
b0204981_16083906.jpg

この状態のまま、この向きにツマミを固定しました。
b0204981_18260053.jpg

これでツマミの向きが分かりました。
今まで作ったモジュールにツマミを取り付けました。
b0204981_18355051.jpg

これで見た目もさらにシンセサイザーらしくなりましたね!!!
ちなみに、オレンジ色のツマミは波形を変えるロータリースイッチの部分に付けました。
色を変えたほうが演奏中に波形を切り替えるときに見つけやすいと思ったからです。

実際に電源を入れてツマミを動かしてみました。
そしたら、ツマミを右に回せば音量が大きくなり、左に回せば音量が小さくなりました。
ちゃんと目指していたものになりました。
Analog2.0の可変抵抗は2-3ピン間の抵抗値の変化を使っているモジュールが大半です。
なので、この表の中の赤い線で囲った部分に注目します。
b0204981_18560909.jpg

2-3ピン間では、

 ①右端までシャフトを回す。→抵抗値が最小→音がいちばん出やすい→音量が最大
 ②左端までシャフトを回す。→抵抗値が最大→音がいちばん出にくい→音量が最小

となるので、理屈に合っています。
なので、おそらくこのツマミはこの取り付け方で大丈夫だと思います。

今回はこれで終わりです。
何だかバカバカしいことをくどいぐらいに説明してしまった感じがします。
次回は、エンベロープジェネレータの動作チェックに進みます。
お楽しみに。

[PR]

# by blueshine6096 | 2017-04-25 19:06 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

エンベロープジェネレータの製作 ツマミの向き その1

こんにちは、半熟卵です。
考えてみれば、4ヶ月ぶりになります。
久々にシンセサイザーを製作をやることになります。
今回の記事はできる人にとってはとてもバカバカしい内容です。

前回、エンベロープジェネレータに保護抵抗を入れました。
そして、動作確認に進もうとしました。
そのとき、大須の電気街でたくさんのツマミを買ったのを急に思い出しました。↓
b0204981_13171236.jpg


このエンベロープジェネレータの動作確認では、可変抵抗4つを右に回したり、左に回したり、中点にしたり、いじり倒します。
なので、可変抵抗にツマミを付けたくなりました。
また、ツマミがあった方が状況を説明しやすいのもあります。
この機会に、自分のシンセサイザーにツマミを付けることにしました。
現在、自分のシンセサイザーはこんな感じです。↓
b0204981_13331246.jpg

しかし、ツマミを付けている途中であることに引っかかりました。

そもそもツマミってどの向きに取り付けたらいいんだ!!?

今回はその疑問に答えたいと思います。

ところで、可変抵抗のしくみってどうなっているのでしょうか?
今まで感覚でやっていたので、おさらいしておきましょう。
可変抵抗のしくみはこちらに書いてあります。↓
可変抵抗は3つピンがあります。
シャフトを回すと、真ん中の2ピンが移動して、左右の抵抗値の割合が変わります。
そんなイメージを持っていただければ良いと思います。
b0204981_15131497.jpg


もし分かりにくかったら、こんな感じでテスターで抵抗値の変化を見てみるのもいいと思います。
b0204981_15442898.jpg
b0204981_15464307.jpg
上の手描きの図を見れば分かりますが、抵抗値の変化を見たいときは、1-2ピン間、あるいは2-3ピン間のどちらかを調べてください。
1-3ピン間を調べても、可変抵抗全体の抵抗値を測定してしまって、シャフトをいくら回しても何も変化しません。
可変抵抗の抵抗値の変化を表にまとめると、こんな感じになります。
b0204981_17590040.jpg

ツマミの回転はこんな感じをイメージしています。
b0204981_15154068.jpg

左に回すと音量が小さくなり右に回すと音量が大きくなり真ん中が中点になるようにしたいと考えています。
たしか、ラジオの音量もこうでしたし、ごくごく自然に受け入れられると思います。

では、実際にそれを実現できるようにツマミの向きを考えてみようと思います。

長くなりそうなので、いったんここで切ります。

[PR]

# by blueshine6096 | 2017-04-25 15:57 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

名古屋でSaoriiiiiさんのライブに行ってきた

こんにちは、半熟卵です。

4/2(日)にSaoriiiiiさんのライブに行ってきました!!!

カナスタさんが主催するMUSIC SQAREというライブが名古屋の栄にあるSound Bar MiRAiで行われました。
そこにSaoriiiiiさんも出演するので、久々に参加してみました。

個人的に、このライブはすごくありがたかったです。
今は事情があってフリーターになっているので、東京や大阪までライブに行くのは経済的にちょっと大変です。
でも、今回のライブ会場は自転車で行けるぐらい近いです。
普段は名古屋から新幹線に乗らなければいけないところを、交通費0円で行けるわけです。
このチャンスはめったにないので、参加することにしました。

セットリストはこんな感じでした。↓
--------------------------------------------------------------------
セットリスト
 1 Retro Train(VIP MIX)
 3 オ・マ・ジ・ナ・イ
  MC
 4 money
 6 フリーパス・ライセンス(新曲)
-------------------------------------------------------------------
この中で特におすすめなのが、2番、5番、7番目の曲です。
また、個人的にはRetro Trainからチャップリン・オーケストラに切り替わるギャップも好きです。
聞きなれた曲もライブで聞くと全然違います。
でも、その中でも特にそれを感じたのが新曲の「フリーパス・ライセンス」です。


今までSaoriiiiiさんが今までやりそうであまりやらなかった軽快でかわいらしい感じの曲です。
個人的には、かわいく歌っているけど甘くなりすぎていないところが良いですね。
この曲はライブでかなり化けます!!!
上の動画で聞くだけでも十分楽しいですが、ライブだとその10割増しぐらい楽しく盛り上がります。

せっかくなので、MCのことも書きましょう。
SaoriiiiiさんはMCでこんなことを話していました。
-------------------------------------------------------------------
①今日は誰もスタッフをつけず、1人で来た。
 携帯の経路検索でSound Bar MiRAiを目指して歩いていたら、なぜか似た名前のSOUND BAR SAKURAに着いてしまった。
 慌ててスタッフに電話をして、何とかギリギリでライブ会場に着いた。
 これだから機械は信用できない。

②ひつまぶしを食べに店に行ったけど、まだ準備中だった。代わりに名古屋コーチンの親子丼を食べた。
-------------------------------------------------------------------
このあたりは実にSaoriiiiiさんらしいと思います。(笑)
きっと歩いている途中で、携帯が変な所に触れてしまって、行き先が変わってしまったのかもしれません。たぶん。
Sound Bar MiRAiは栄にあります。
一方、SOUND BAR SAKURAは栄の隣にある新栄という場所にありました。
位置的にはライブ会場からそんなに離れていません。
この新栄というところは夜のお店がたくさんあります。
なので、歩いている途中、「すごく怪しいところに来ちゃったなあ」と感じたんじゃないかと思います。
ひつまぶしは今度名古屋に来る機会があれば、ぜひ食べていただきたいです。
普通にうな丼みたいに食べてもいいし、だし汁を入れてお茶漬けにして食べてもおいしいです。
うなぎの料理なので体力回復にもなると思います。
あ~書いていたら自分までひつまぶしを食いたくなってきた。
値段が張りますが、本当においしいです。

ライブ後に物販で上で紹介したフリーパス・ライセンスのCD-Rを買いました。
ジャケットはけっこうかわいらしい感じです。
今までなかった感じですね。
b0204981_10005776.jpg

サインもいただきました。
b0204981_10030218.jpg

残念ながら、今はフリーターでお金があまりないので、このCD1枚を買うのがやっとでした。
なので、今回はチェキを撮ることができませんでした。
それでも、Saoriiiiiさんはずっと笑顔で出迎えてくださって、うれしかったです。
「リプたくさんください」って言われたかな。
次回はチェキも撮りたいですね。

こんなに近場で交通費0円でとても楽しいライブをありがとうございました!!!
次回もどこかで参加したいと思います。

Saoriiiiiさん本人からツイキャスで新曲「フリーパス・ライセンス」の歌詞の公開の許可をいただきました。
下に歌詞を書いたので、見てください。
(何度も確認はしましたが、手入力なので間違いがあるかもしれません。間違いがあったら、コメントかTwitterで遠慮なく指摘してください。)


フリーパスライセンスの歌詞↓
[PR]

# by blueshine6096 | 2017-04-10 10:44 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)