人気ブログランキング |

WEB上で仕事を募集することにしました

※この記事は仕事募集用です。
 仕事が決まり次第、この記事を削除させていただきます。

こんにちは、半熟卵です。
自分は9月半ばから無職になり、次の仕事を探しています。
現在、派遣元の営業に仕事を探してもらっていますし、自分で面接に出向くかもしれません。
それに加えて、このブログを通して、WEB上でも仕事の募集を行いたいと思います。

今のご時世は人手不足が起こっています。
人員確保のために求人広告を出しても、思うように人が集まらない所もあると思います。
あまりにニッチな業界すぎて、魅力が伝わりにくく、応募者が集まらない所もあるでしょう。
派遣社員を動員するにしても、派遣会社にけっこうなお金を払わなければなりません。
また、そもそも求人広告を出すお金のない会社も存在します。
だったら、求人広告や派遣会社をすっとばして、僕個人に直接オファーできるようにしちゃえばいいじゃん。
そんな僕の独断で、仕事募集用の窓口をこちらに開設しました。

ただ、僕が「仕事を募集します!!!」と声高に叫んでも、このままではどこの馬の骨とも分からないと思います。
なので、なるべく僕の素性が分かるようにしたいと思います。
まず、職務経歴書を個人情報や会社名を伏せて公開します。
次に、職務経歴書で書ききれなかった情報や希望条件を明示します。
最後に、連絡先を書きます。
もしこれらを見て、「こいつに何かやらせてみたい」と思ったら、ぜひオファーをよろしくお願い致します。

職務経歴書はこちらになります。↓
 職務経歴書.PDF

次に、職務経歴書に書ききれなかった情報を書きます。↓

年齢
 35才(1984年4月28日生まれ)

学歴
 名古屋の某工業大学の夜間を卒業しました。
 (愛知県の方には大学名がバレバレかな。)
 学科は電気・電子系です。

資格
 運転免許
 ただし、ペーパードライバーです。

趣味
 電子工作
  ブログのタイトルのとおり、シンセサイザーを製作しています。
  ただ、回路設計ができるレベルではなく、趣味の範囲で楽しんでいます。
  オシロスコープを自分で購入して、測定で使っています。

希望勤務地
 愛知、岐阜、三重、静岡(西部)の電車、バス、徒歩で行ける場所
 現在、名古屋在住なので、主に東海4県の会社希望です。
 ただ、静岡県の関東寄りの地域は通勤が大変なので、静岡県は西部のみとさせて
 いただきました。 

現住所
 WEB上なので詳細は明かせませんが、JR名古屋駅と考えて差し支えありません。
 交通費を計算するときは、JR名古屋駅から200円高くなる程度の場所と考えて
 ください。

希望待遇
 現在と同じぐらいの待遇を希望します。
 以下が現在の待遇です。↓
  給料:手取り20万円前後
  賞与:2万円/月
  休暇:週休2日、土日祝日休み
  勤務時間:8:30~17:00
   ※勤務時間はこの時間にぴったりでなくて結構です。
  残業:有り
  交通費支給
  社会保険完備

職務経歴書の補足

 使用CADについて
  iCAD、CADRAと書かれていますが、どちらも2次元の図面を描くときに
  使っていました。
  3次元CADは職業訓練にCATIAをやりました。

 希望職種への思い
  機械設計
   これが第1希望です。
   1年半の経験をそのまま生かすことができます。
   残念ながら、機械設計の奥の深さと面白さを知り始めた頃に、
   退場になってしまいました。
   できれば、この仕事の続きをやりたいなあ。

  機械加工
   職業訓練で少しだけ機械加工をやりました。
   機械設計をやっているとき、機械加工の経験があればもっと良い図面が描けると
   感じることが多々ありました。
   実務経験はありませんが、やってみたい職種です。
   
  製造
   機械加工とほぼ同じ理由です。
   良い設計をするために、製造を経験してみたいです。
   こちらも実務経験はありませんが、やってみたい職種です。

  評価
   機械設計をやる前は主にこの職種でした。
   僕が箸にも棒にもかからなかったら、この仕事をお願いします。
   当時は図面も全く読めませんでしたが、今では読めます。
   再び評価業務をやるときは、設計の経験が生かせると思います。

  その他
   希望職種を書きましたが、ここから外れた職種も受け付けます。
   職種については、そのときの需要もあるので、ある程度柔軟に捉えています。
   即戦力とまではいきませんが、研修をしてくだされば対応します。

 職務経歴書に載せなかった経歴
  スペースの関係上で職務経歴書に載せなかった経歴があります。

   期間:2015年6月~2015年7月(1ヶ月)
   会社:F社
   業務:電子基板製造機の評価

  ただ、この職場だけはどうしても自分に合わなくて、精神的に崩れました。
  隠していると思われるのが嫌なので、事実としてここに書いておきます。

求人申し込み用メールアドレス
 もしオファーを出す場合は、こちらのメールアドレスにご連絡お願い致します。
 
  hanjukutamago6096@gmail.com

 メールを送る際、職種待遇を明記して下さると大変助かります。
 そして、僕がメールを見て「自分にできそうだ」「面白そうだ」
 と思ったら、メールを返信します。
 そこから、面接に日程等を相談しながら決めたいと考えています。

質問
 自分の情報をできる限り公開しているつもりですが、それでも不十分な所が出てくると
 思います。
 そんなときはコメントで質問を受け付けます。
 また、上に書いたメールアドレス(hanjukutamago6096@gmail.com)からでも大丈夫
 です。

最後に
 極端な話、ブログの記事を全部読めば、半熟卵の人物面が9割方分かります。
 数時間の面接をするよりもずっとよく分かると思います。
 ぶっちゃけた話、どうしようもない面もけっこう描かれています。
 なので、書類審査や一次面接と思って、ブログの一部だけでも目を通していただけると
 うれしいです。
 そのうえで、フィーリングが合うと思ったら、ぜひオファーをお願いします。
 そうすれば、きっと仕事を長く続けることができると思います。

# by blueshine6096 | 2020-12-31 00:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

初めて来られた方へ

初めて来られた方はこちらを読んでみてください。

※このブログはリンクフリーです。
 リンクしたい方は勝手にリンクを貼っていただいてけっこうです。


クリック

# by blueshine6096 | 2019-12-31 23:59 | 初めて来られた方へ | Trackback | Comments(4)

次の会社に受かるために

こんにちは、半熟卵です。

前回、WEB上で仕事募集の窓口をこのブログ上に作りました。
この窓口は一度作ってしまえば、あとは待っているだけです。
時間が空いたので、少しだけ転職活動をすることにしました。

とりあえず、2社応募してみました。
そしたら、そのうちの1社の書類選考が通過しました。
面接は12月11日になりました。

その会社は今と同じ無期雇用の派遣ですが、名古屋市内の自宅からかなり近い場所で働くことができます。
今まで片道1時間以上かかる遠距離通勤が多かったので、これは大きいと思います。
もし求人票の通りなら、給料は今より上がると思います。

さて、書類選考が通過したら面接を通過する必要があります。
今日はそのことについて頭の中でいろいろ考えていたのですが、今ひとつ何も進みませんでした。
頭の中で考えているだけでは埒が明きません。
なので、面接でよくされる質問を紙に書いて、可視化することにしました。
b0204981_21522298.jpg

 ・自己紹介
 ・志望動機
 ・趣味
 ・職歴
   今まで勤務先6社分
 ・職業訓練校
 ・大学時代
   卒業研究の内容
   学んだ内容
   大学を留年した理由
 ・未来
   将来どのようなエンジニアになりたいのか?
  会社の特徴(企業研究)

面接で聞かれることはだいたいこのあたりだと思います。
もしかしたら、大学時代のことは、もう5年以上前に卒業したので聞かれないかもしれません。
でも、いきなり聞かれると思い出せなくて答えられない可能性もあるので、入れておきました。

これらの質問1つ1つに対して、A4の紙1枚分ぐらいに掘り下げていこうと思います。
b0204981_21523142.jpg

上の写真はまだ掘り下げる途中のものです。
これを紙1面ぐらいもっと掘り下げてびっしりと書き殴ってみるつもりです。
そうすれば、面接でどんな角度から質問が来ても対応できるようになると思います。

面接まではまだ時間があります。
就職活動は正直言って運の要素があります。
受からないときは何をやっても受からないし、受かるときは驚くほどあっけなく受かります。
なので、せめて今から少しでも合格する確率を高めていきたいと思います。


追記

# by blueshine6096 | 2019-11-29 22:57 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

今さらながら、増税対策をどうする? その2

続きです。

②普段は楽天カードによるクレジットカード決済を使う。

 楽天のキャッシュレス決済を中心に使うことにしましたが、店によってキャッシュレス
 決済の種類が違います。
 それを1つ1つ把握するのは大変です。
 でも、クレジットカードならほとんどの店でかなり普及しています。
 なので、普段は楽天カードのクレジットカード決済
 を使うことにしました。
 これなら、どの店に入ってもキャッシュレス決済ができますし、普段の買い物から楽天
 ポイントを貯めることができます。
 最近はスーパーでもセルフレジが普及していて、クレジットカードを差し込むだけで
 支払いできます。
 面倒なサインも必要なくなりました。
 とりあえず、どうすればいいのか迷ったらクレジットカードを使うことにします。
 初めて入る店で決済の種類が分からないときや、店によって違うQRコード決済を調べる
 のが面倒なときに便利です。


③状況を見て、楽天ペイや楽天Edyを使う。

 楽天のキャッシュレス決済は楽天カードを使っとけば何とかなりますが、他には
 楽天ペイと楽天Edyもあります。
 楽天ペイはQRコード決済で、楽天Edyは電子マネーです。
 これらもうまく使えばかなり経済的になります。
 もし行きつけの店で楽天ペイや楽天Edyが使える
 のが分かったら、なるべく多く使おう
 と思います。
 ざっと見た感じだと、自宅の近くのイオンは残念ながらこれらは使えませんが、
 コンビニ、薬局、家電量販店では大半の店で使えそうです。
 正直言って、このあたりはまだ理解している途中です。(笑)
 これらの使い方は多岐に渡りますが、自分は楽天ポイントを貯める方向に使いたいと
 思います。

たぶん、これよりももっとお得になるやり方は存在します。
このやり方はお得なキャンペーンをいくつも見逃してしまうでしょう。
でも、ポイントの還元率に捕らわれて右往左往してしまうと、自分で管理ができなくなってしまいます。
何よりも大切なのは継続です。
なので、目先のキャンペーンを見逃してでも、この楽天で統一するやり方を採用させていただきました。
あ~本音を言うと増税なんてクソ食らえですね。
でも、増税する政党が政権を握っている以上はこれに従うしかありません。
不平不満ばかり言っても仕方ないので、今はこの世の中の流れをうまく利用して生きてやりましょう。


補足

# by blueshine6096 | 2019-11-19 15:12 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

今さらながら、増税対策をどうする? その1

こんにちは、半熟卵です。

10月から消費税が10%に増税されました。
それで、増税対策のためにキャッシュレス決済をいろいろ物色していました。
キャッシュレス決済は実に様々なものが合って、決めるのに頭を悩ませます。
その中で、「自分はどう決断したのか」というのを記事にしたいと思います。
決して、ここに書いてあることだけがいちばんお得な方法というわけではありません。
この記事は半熟卵自身のひとつの意見で、参考程度にしていただければと思います。

では、結論から先に言いましょう。
僕はキャッシュレス決済をどうしたのでしょうか?
それは以下になります。

 ①楽天のキャッシュレス決済を中心に使う。
 ②普段は楽天カードによるクレジットカード決済を使う。
 ③状況を見て、楽天ペイや楽天Edyを使う。

それでは、なぜその決断に至ったのかを書いていきたいと思います。

①楽天のキャッシュレス決済を中心に使う。

 キャッシュレス決済とひとくちに行っても、QRコード決済、電子マネー、クレジット
 カード、デビットカードとあって迷います。
 さらに、その中のQRコード決済はPayPay、LINEペイ、Origami Pay、楽天ペイ、
 d払い、メルペイ、ハヤシヤペイ、カトチャンペイ…と実に様々です。
 また、店によってこれは使えるけどあれは使えないというのもあります。
 ネット上で調べてみると、お得な使い方が山ほど出てきます。

 このハヤシヤペイにこのカトチャンカードを使えば還元率50%!!!

 上のようなギラギラした情報がいくらでも腐るほど出てきます。
 こんなのを真に受けていたら、財布の中がクレジットカードだらけでパンパン
 になるし、スマホの中がペイペイペイペイペイペイペイ
 ペイペイペイ…になってしまいます。
 自分の母親がクレジットカードを5枚以上持っていて、管理もろくにできてないの
 を見てきました。
 なので、自分はクレジットカードをたくさん持ちたくないんですね。
 そして、店ごとに違うキャンペーンに応じて数あるペイの中から最適なペイを
 選び出さなければなりません。

こんなのやってらんねえよ!!!

 このようにしてずっと考え込んでいたら、
 途中で頭が痛くなってきました。
 結局、僕は目先のお得情報を追うのをやめました。
 そこで、僕は方向性を変えて、今までの生活習慣の延長でできるキャッシュレス
 決済を考えることにしました。
 自分はすでに楽天カードを使っています。
 普段は現金を使っていますが、公共料金のみクレジットで支払っていました。
 おかげで、楽天ポイントがたくさん貯まっていました。
 これの延長で、楽天のキャッシュレス決済を中心にする
 ことにしました。
 そうすれば、今まで以上に楽天ポイントを貯めることができます。
 また、キャッシュレス決済を1つに統一することで、ポイントがバラバラに分散
 するのを防ぐ狙いもあります。
 ポイントがPayPay、メルペイ、LINEペイ、…といろんな所に散らばっていると
 わけが分からなくなります。
 だったら、ポイントは楽天ポイントとして1ヶ所にまとめた方が管理しやすいと
 思いました。
 そうすれば、楽天ポイントがどんどん貯まっていくでしょう。
 何に使うかはまだ決めていませんが、楽しみは後にとっておきましょう。
 以上が、楽天のキャッシュレス決済を使うことにした理由です。
 
 長くなりそうなので、ここでいったん切ります。

# by blueshine6096 | 2019-11-19 15:11 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

ベランダで野菜を育ててみよう

こんにちは、半熟卵です。
今日はいつもの記事と毛色の違うことを書きます。

現在、僕は無職です。
無職の時期は時間があります。
その時間を利用して、ベランダで野菜を育ててみることにしました。
いわゆる、ベランダ菜園ですね。

実は、僕はこのベランダ菜園を何年も前からやってみたいと思っていました。
たしか、今から10年前ぐらいの大学時代からずっと密かに考えていました。

 「ベランダで野菜を育てられたら、楽しいだろうなあ」

ただ、当時住んでいたアパートはベランダがありませんでした。
なので、頭の中で考えているだけで、実行に移すことはできませんでした。
それから、今のベランダのあるアパートに引っ越しました。
しかし、いざベランダで野菜を育てようにも、何をしたらいいのか、何を買えばいいのか、何を育てたらいいのか分かりません。
仕事に追われていて、考える暇もなく、ベランダ菜園の願望は忘却の彼方に置き去りにしてしまいました。
そして、無職で暇な時間ができた今、ようやく重い腰を上げてベランダ菜園に取りかかりました。
こうして見ると、ずいぶん長い間思い悩んで、やっと機が熟したのですね。
半熟卵にとって、ベランダ菜園は悲願ともいうべきものなのです。

今回、ベランダ菜園で買ったものは以下のとおりです。

 ・ルッコラの種
 ・プランター(60cm程度の長さのもの)
 ・プランターの受け皿
 ・鉢底石
 ・培養土
 ・じょうろ

はじめは、ベランダ菜園で何を育てていいのか分かりませんでした。
ネットで調べてみると、「ルッコラが超ド級に育てやすい」という情報がありました。
b0204981_03023981.jpg


ルッコラは別名ロケットとも言われている野菜です。
実際に食べてみると、ゴマの味のするサニーレタスといった感じでした。
食感も悪くないし、健康に良さそうだし、うまくいけば食費が減るかもしれません。
なので、今回はルッコラを育ててみることにしました。

プランター、受け皿、じょうろはダイソーで買い揃えました。
ルッコラの種、鉢底石、培養土はホームセンターで買いました。

まず、受け皿の上にプランターを乗せ、プランターの底に鉢底石を敷き詰めます。
そして、その上に培養土を詰め込みます。
次に、ルッコラの種を蒔きます。
そして、1日1回ぐらいのペースでじょうろで水やりをしました。

すると、1週間ぐらい水やりをしたいたら、無事に種が発芽しました!!!
b0204981_03025392.jpg


見づらいかもしれませんが、緑色のコケみたいなのがルッコラの発芽した芽です。
もう少し拡大してみましょう。
b0204981_03030410.jpg


これならどうでしょうか?
しっかりと芽が出ているのが分かると思います。
植物を育てるなんて小学生以来だったので、これはもう感激でしたね!!!

めでたく発芽させることができたので、これからもルッコラを育て続けようと思います。
そして、成長具合をブログ記事に残そうと思います。
考えてみれば、自分のブログは工業に偏りすぎていて、こういう緑のある内容を書いたことがなかったんですね。
たまにはこういう命が宿っているというか、彩りのある記事も良いと思います。
できれば、収穫して料理に使うところまでできたら万々歳ですね。
------------------------------------------------------------


More

# by blueshine6096 | 2019-11-09 03:05 | ベランダ菜園 | Trackback | Comments(0)

これからどう生きる? ~第3の領域を開拓する~

こんにちは、半熟卵です。
前の職場から離れてから、約1か月経ちました。
いろいろ考えたいことがたくさんあります。
たとえば、消費税が増税に伴って生活をどうやって防衛していくのか、どうしたら次の仕事が決まるのか、とかいろいろあります。
でも、今回はそういう目の前のことではなく、もっと長期的な視点で「これからどう生きる?」という話をしたいと思います。
たまにはこういう話も良いと思います。

僕は以前勤めていた測定器メーカーで3年、5年、10年と末永くやっていこうと思っていました。
しかし、自分の思いとは裏腹に、会社からは「退場!」を突き付けられてしまいました。
本当は機械設計の深遠な世界に入り込みたかったのですが、それはできなくなってしまいました。
あ~やっぱり会社組織で生きていくのってマジで難しいなあ…。

まあ、今そんなことを言っても何も始まりません。
そこから何か自分のやれそうなものを見つける必要があります。
じゃあ、今現時点での自分の強みとなるものはあるのでしょうか?
ぶっちゃけた話、僕は本当にショボいエンジニアです。
自分よりできる人なんていくらでもいますし、自分の代わりもいくらでもいます。
将来的にAIに取って代わられるどころか、僕はすでに新入社員や再雇用のおじいちゃんに取って代わられてしまいました。
でも、そこから強いて自分の強みを上げるとすれば、「①電気の領域」と「②機械の領域」の両方を経験したことです。
図式化するとこんな感じになります。↓
b0204981_12580844.jpg


学生時代は「電子回路の設計を極めるぞ!!!」と思っていたのですが、世の中は就職難で残念ながら叶いませんでした。
結局、正社員にはなれず、生活するために今すぐやれる派遣にでもなるしかありませんでした。
派遣の仕事を転々としているうちに、電気と機械の両方の世界を垣間見ました。
たいていは電気と機械のどちらかを一方を重点的にやることが多いですね。
それだけで精一杯だと思います。
だから、この2つの世界の両方を見てきた人というのはそんなに多くないと思います。
理系だと、自分の知らない異なる領域に入っていくのは困難を極めます。
よほど勉強熱心な方でないかぎり、未知の領域を開拓する気は起きないでしょう。
それを自分は、派遣で揉まれているうちにいつの間にかすでに開拓してしまったわけです。
この長所をこれから有効に使って生きていこうと思います。

また、話が飛びますが、派遣の営業がこんなことを言っていました。

「今はC言語やC++の仕事がかなりたくさんある」

それを聞いて、大学でC言語をひととおり勉強していたことをふと思い出しました。
なので、C++までは難しくても、C言語なら今から復習して十分身に着けられそうだと考えています。
実は、このブログを始める前の時期にC言語によるソフトシンセの製作に挑戦したことがあります。
まあ、思いっきり失敗しましたけど。(笑)
C言語の文法はもうすっかり忘れてしまいましたが、勉強したことは自分の脳の奥深くに沈んでいるはずです。
今こそ、もう一度思い出してみましょう。
もしかしたら、それが次の仕事につながるかもしれません。

もちろん、職につながればめでたしなのですが、それだけではありません。
今現時点で自分が知っている①電気、②機械という領域に、さらに第3の領域を開拓できるわけです。
それは「③ソフトウェアの領域」です。
先ほどの図に「③ソフトウェア」が追加され、このようになります。↓
b0204981_14191770.jpg


たぶん、僕がC言語を習得しても、他にももっとできる人は腐るほどいます。
ソフトウェアの世界は技術の進歩のスピードがとてつもなく速いですね。
それに、自分よりずっと年下のプログラミングの天才みたいな人も続々と出てきます。
僕がC言語をやっとできるようになっても、そのソフトウェアの領域の素晴らしい方々には全く歯が立たないわけです。
でも、その素晴らしい方々の中に機械の図面を見て、設計できる人は少ないと思います。
また、その素晴らしい方々でも電子回路を知っている人はそこまで多くないと思います。
たとえその道のエキスパートでも、他の領域までは手がまわりません。
そういう方がいたとしても、本当に極々わずかです。
だから、もしも僕が①電気、②機械、③ソフトウェアの3つの領域のスキルを掛け合わせることができるようになれば、天才やエキスパートな方々とも十分に張り合うことが可能だと思います。
それはちょっと言い過ぎかな。(笑)
でも、「僕はしょうもないダメ人間だ」と縮こまってるよりは、それぐらいの野心を持って生きた方がずっと楽しいし、ワクワクしてきますね。

また、この3つの領域で生きていけるようになれば、よほどのことがない限り食いっぱぐれないと思います。
なぜなら、①電気、②機械、③ソフトウェアの3つの広い領域をグルグルまわることができるからです。
たとえば、派遣で機械設計の仕事をしていたけど、不況によって派遣切りに遭ったとします。
そんなとき、そのときの情勢によって求められるものが違ってきます。

 ・プログラミングの人材が足りない。
 ・電子回路の設計者がほしい。
 ・別の会社で機械設計の経験がある人がほしい。
  …etc

3つの領域で生きていけるようになれば、どんなものがきてもほぼ対応できます。

そう言えば、派遣を転々としてようやく分かったことがあります。
これは学生時代には全く分からなかったことです。
それは「1つのモノを完成させるために、様々な領域の知識が必要だ」ということです。
僕は学生時代に電気電子系の学科を選考していました。
でも、どこのメーカーに行っても、電気の知識のみでは物は完成できません。
電子回路の基板を収めるためのケースが必要になります。
ケースを設計するのに機械の知識が必要になります。
さらに、そこにIoTのような機能を付けたいなら、ソフトウェアの知識が必要になります。
電気のみ、機械のみ、ソフトウェアのみでモノが完成するのは見たことがありません。
1つのモノを作るのにいろいろな領域がかけ合わさっているのですね。
もし僕が3つの領域の知識を身に着けたら、もしかしたら1人でもモノを作れるようになるかもしれません。
会社組織で仕事をするときは基本的に分業なので、1人で完成まで持っていく必要はありません。
でも、僕個人で何かモノを生み出したくなったとき、1人で何でもできるようになれると便利ですね。
誰かと協力するのも良いのですが、せっかくなので長所を伸ばして、できることを増やしていきましょう。

気合いが入りすぎて、長々と書いてしまいました、
とりあえず、まずやるべきことは第3の領域「ソフトウェア」を開拓することです。
そうすれば、可能性が無限大に広がります。
今回は長期的な視点での話なので、このへんで終わりにします。
具体的にどのように勉強していくのかはまた別の機会に書こうと思います。

# by blueshine6096 | 2019-10-19 22:46 | 正社員生活 | Trackback | Comments(7)

測定器メーカーでの機械設計の仕事の総括

こんにちは、半熟卵です。

以前、測定器メーカーの職場を離れることになったことを書きました。
それから半月ほど経って、精神的にだいぶ落ち着いてきました。
そろそろ、この職場のことを総括しようと思います。

仕事内容は機械設計でした。
組立図を参考に部品図を描いたり、形状を設計したり、不具合があったらそれを解消していました。
職業訓練校で学んだことを発揮できたし、機械設計の大変さ、面白さを体験できました。
特に、不具合対応は勉強になりましたね。
はじめは図面を見ただけではピンと来なかったところがたくさんありましたが、不具合を直しているうちに機械の構造が少しずつ分かってきました。
また、製造とのコミュニケーションもやりました。
他部署とのコミュニケーションなんて大の苦手ですよ。
どれぐらい苦手だったかと言うと、この記事ぐらい苦手でした。↓


このような過去があったので、最初はびびりまくっていました。
いちばん話したのは、韓国人の製造の方だな。
初めて見たときは、「この人は怒りっぽくて怖いなあ」と思いました。
でも、慣れてくると意外と仕事がやりやすかったです。
多少口の悪いところはありますが、はっきりと明確に話してくれるし、親切に教えてくれたりするところもありましたね。
この辺りは昔と比べると、大きく成長したと思います。

では、失敗したところは何があったのでしょうか?
それは前回の記事にさんざん書きました。↓

本当はここに書くのも嫌なぐらいですが、簡単に概略を書きます。

 ・直属の正社員の指示があまりにも分かりにくくて、理解するのに時間がかかった。
 ・彼は説明の際に主語を省略するクセがあって、何を言ってるのか分かりにくい。
 ・指示を理解するのに時間がかかるから、当然作業も時間がかかる。
 ・中国人上司はその結果だけを見て、「半熟卵君はダメ派遣社員だ」と判断する。

どう贔屓目に見ても、原因の大半は直属の正社員ですね。
できるものならこの問題を解決したかったのですが、残念ながらできなくなってしまいました。
でも、あえて自分側の失敗を挙げるとすれば、「社内営業ができていなかった」と思います。
職場から離れて冷静になってみて、そう感じました。
今思うと、自分のできること、得意なことを中国人上司に売り込むことが全くできていなかったです。
もう「真面目に精一杯取り組めば、見ている人は見てくれる」という世の中ではないのかもしれません。
中国人上司に自分の長所を印象付けるのが必要だったのかもしれません。
たとえば、

  「半熟卵君は機械設計の他に電子回路もできる」
 「半熟卵君はクセの強い韓国人の製造と話すのが得意そうだ」
 「半熟卵君は仕事は速くないけど、間違いが少ないなあ」

といったことを印象付けることができれば、もしかしたらもう少し長く働くことができたかもしれません。
次の職場ではそういう社内営業のようなことも意識してみたいと思います。
できることまでできないという必要はないので、一言ぐらいそれとなくアピールしてみましょう。
また、売り込めるほどのものがないなら、今からでもいいのでそういうものを作ってみましょう。

考えてみれば、僕はこの測定器メーカーで初めて設計の仕事をやりました。
今までは評価の仕事しかやったことがなくて、人に言われたとおりにやるだけでした。
それが、設計では自分の考えたものを形作ることができるわけです。
なので、今までの仕事よりも大変ではありましたが、ずっと楽しかったです。
昔は図面を見ても何が描いてあるのか分からなかったけど、今では読むことができます。
そして、ちょっとした物なら設計することもできるようになりました。
今回の経験はプラスにしかなりようがありません。

さて、次の仕事をどうにかする必要があります。
個人的には、また機械設計をやってみたいです。
機械設計はとても奥が深いです。
機械設計は原理原則がたくさんあるのですが、経験や勘が必要でマニュアル化しにくい部分も物凄くたくさんあります。
なので、この測定器メーカーで仕事をしていた1年半ではまだまだ全然足りません。
せっかくコツを掴みかけてきたところだから、またこの続きをやってみたいなあ。
でも、そのときの世の中の需要もあるので、もしかしたら別の仕事になる可能性もあります。
そのときはそのときで、今回の機械設計の経験を何か別の形で生かしていこうと思います。

# by blueshine6096 | 2019-10-07 18:37 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

9月半ばに職場を離れることになりました

※今回の記事には前向きなことが一切書かれていないので、読むときは覚悟しておいてください。

こんにちは、半熟卵です。

今回は残念なお知らせをしなければなりません。

職業訓練校を経て勤務していた職場は、9月半ばで離れることになりました。

理由は「中国人上司の期待に添えなかったから」です。
そのような理由が派遣の営業から告げられました。

心当たりがあるのは、仕事があまりに遅くて時間がかかっていることです。
確かに、自分は仕事がそこまではやくない方です。
ここに来た当初は本当にボロボロでした。
今では、だいぶはやく仕事ができるようになりました。

ある条件下を除いてはなああああ!!!(激怒)

その「ある条件」というのは何でしょうか?
それは僕に対して指揮命令する正社員の下で仕事をするときです。
以下、ここではその正社員のことを「例の者」と呼ぶことにします。
その例の者の説明がどうにもこうにも紛らわしくて理解不能でした。
はじめは「自分の知識が不足しているから説明が理解できないんだ」と思っていました。
しかし、機械のメカニズムがある程度分かってきた今も、例の者の説明は一向に理解できません。
他の正社員の説明は何とか理解できます。
分からないところがあったとしても、質問して理解できます。
ところが、例の者から説明を受けていると、頭の中が「???」となって何が分からないのかすら分からない状態になります。
これは半熟卵の頭が悪いからでしょうか?
その可能性もあります。
ただ、職場で自分の周りを見てみると、周りの社員も例の者の話は理解に苦しんでいました。
立会時によく分からないことを言ったり、メールで難解で長い文章を送ったり、電話で話が伝わらなくて周りを混乱させたり、けっこういろいろ困っているようです。

では、その例の者の説明の何がそんなに分かりにくいのでしょうか?
それは説明に主語がことごとく抜けている点です。
主語が抜けていると、何の話なのかさっぱり分かりません。
そのうえ、途中で知らないうちに主語が切り替わっていたりします。
この理解の困難さをたとえ話で説明したいと思います。
例えば、おとぎ話の『桃太郎』の最初の1節はこんな感じです。

 昔々あるところにおじいさんとおばあさんがいました。
 おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯にいきました。
 おばあさんが洗濯をしていると、大きな桃がどんぶらこっこと流れてきました。
 
それが例の者の手にかかるとこうなります。

 昔々あるところに、山で芝刈りに行き、川で洗濯していたら、どんぶらこっこと流れてきて…

これ、初めて聞いた人が何の話か分かりますか?
自分は全然分からないです。
こんなのが毎日のように続きます。
めちゃくちゃしんどいですよ。
そして、説明を理解するのにとてつもなく時間がかかり、作業効率が極端に落ちました。
もうね、あまりにも作業時間がかかりすぎるのを例の者に問い詰められるのですが、

「作業効率が悪くなる原因はおまえだああああああああああああ!!!」

と叫んでやりたいです。
そして、中国人上司はその結果だけを見て「半熟卵君は無能派遣社員だ」と判断したのでしょう。
あ~僕よりずっと仕事のできる社員ですら、例の者の説明に苦労しているのに、僕が理解できるわけないですよ。
例の者の説明が難解で作業に時間がかかり、僕の作業効率がガタ落ちして、上司からの評価がどんどん下がっていく。
いったい何の地獄だよこれは!!!

こういう話に主語のない人は、バイト先のパートのおばさんとかで見たことがあります。
また、たまに新入社員でもそういう人はいますが、仕事に慣れてくるとそういうのは治ってきます。
例の者はというともう5年目です。
たぶん、もう一生治らないだろうな。
だいたい、理系のメーカーでこういう主語を省略する話し方をする人を今まで見たことがありませんでした。
なので、対処法も思いつきませんでした。

あ~もうこんな時間か。
明日の仕事とか全然やる気が起きません。
この職場にいるのも一週間です。
この一週間は全部定時で帰らせてください。
そして、仕事最終日は逃げるように立ち去ろうと思います。

# by blueshine6096 | 2019-09-09 01:16 | 正社員生活 | Trackback | Comments(2)

エキサイトと森永トリプルケアプロジェクトに参加 その2

こんにちは、半熟卵です。
今回で最後ですが、ヨーグルトのモニター的な記事を書こうと思います。

昨日、ようやく森永トリプルヨーグルトを2週間分飲み切りました。
b0204981_21220751.jpg

①商品の効果感

 僕は仕事の昼休みに昼食をとるときに飲んでいました。
 これは自分の個人的な感覚ですが、これを飲むと昼食後の眠気が減るような気がします。
 きっと、食後の血糖値を減らしてくれているのかもしれません。
 のど越しも爽やかです。


②体調の変化

 これを飲んで体重が減ったというのはありませんでした。
 また、正確に計測したわけではないので、血圧、血糖値、中性脂肪の変化を見ることはできません。
 でも、間違いなく言えるのは、「便通がよくなったこと」です。
 便秘がちな方は飲んだ方が良いと思います。

2週間もヨーグルトを飲み続けると、ちょっとした達成感がありますね。
それが終わるとなると、少し寂しい気もします。
何というか、自分はヨーグルトにそこまで思い入れはなかったのですが、少しばかり好きになりましたね。
トリプルケアプロジェクトは終わってしまいましたが、何かしらのヨーグルトは食べておこうかな、
そして、もしこの商品が無事に世に出ることになったら、再び手に取ってみたいですね。
以上で、森永トリプルヨーグルトのモニター記事を終わらせていただきます。

# by blueshine6096 | 2019-08-06 05:00 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

エキサイトと森永トリプルケアプロジェクトに参加 その1

こんにちは、半熟卵です。
以前の記事で言ったとおり、ヨーグルトのモニター的な記事を書こうと思います。

b0204981_23031147.jpg

①商品の紹介

 今回紹介する商品は「トリプルヨーグルト」です。
 トリプルヨーグルトのトリプルとは何でしょうか?
 それは、以下の3つです。

  ・高めの血圧を下げる。
  ・食後の血糖値の上昇を穏やかにする。
  ・食後の中性脂肪の上昇を穏やかにする。

 このヨーグルトを飲むことで、血圧、血糖値、中性脂肪の3つをケアすることができます。
 健康が気になる方は飲んでみたくなる内容です。


②商品の味に対する感想

 飲むヨーグルトに近い味です。
 特にクセもなく、ヨーグルトが好きな人なら飲める味です。

③ブランドサイトへのリンク

 リンクはこちらになります。
 https://triple-yogurt.jp/

書き方が決まっているので、いつもよりそっけない感じがしますが、これで終わります。
 

 

# by blueshine6096 | 2019-07-29 04:31 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

ちょっとしたライター的な記事を書くことになりました

こんにちは、半熟卵です。

シンセサイザー製作を進めようと思っているのですが、どうも最近疲れやすいです。
湿度の高さに体がまだ慣れません。
来週はなんとか進めたいと思っています。

話は変わりますが、僕はちょっとしたライター的な記事を書くことになりました。
それは、エキサイトブログがやってる「森永乳業のトリプルヨーグルトのモニター募集」のことです。
自分は、「もしこれがもし当選したら、2週間分のヨーグルトがただでもらえる」ぐらいの軽い気持ちで応募しました。
「どうせ当たるわけない」と思っていましたが、なんと当選してしまいました!!!
これが、贈られてきたヨーグルトです。
b0204981_23031147.jpg

1日1本ずつ飲んで、1週間後、2週間後の計2回分の記事を書くことになりました。
シンセサイザー製作のブログから、いきなりヨーグルトの記事が出てきてびっくりすると思います。
なので、こういう事情があるというのを先に言っておこうと思いました。

あ~最近疲れやすいなあ。
このヨーグルトを飲んで、その疲れがどう改善するのかを試してみようと思います。


# by blueshine6096 | 2019-07-21 23:14 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

モジュール間の配線の確認 オーディオ機器の購入

こんにちは、半熟卵です。

これからモジュール間の配線をやるわけです。
しかし、自分のようなアパート住まいだと、スピーカで音を出すと近所迷惑になります。

そこで、Twitter上で以下のアドバイスを受けました。

ヘッドホンとオーディオインターフェースを買ってみたらいいんじゃないか?

これらのオーディオ機器を使えば、音を外に漏らすことなく、シンセサイザーの音を出せそうです。
また、オーディオ機器は作曲するときにも使えます。
ちょうどボーナスも貯まってきたので、この機会にオーディオ機器を買ってみることにしました。

①ヘッドホン

 ATH-M20x(オーディオテクニカ) \5810(税込み)
b0204981_22480886.jpg
 
 島村楽器(名古屋パルコ店)で買いました。
 これよりも良いものはあるかもしれませんが、定番と言われているし、安かったので買いました。


②オーディオインターフェース

 STUDIO 26c(PreSonus) \20800(税込み)
b0204981_22560758.jpg

 これは店に置いてなかったので、ネットで買いました。
 オーディオインターフェースの中では、これでもかなり安い方です。
 これを使えば、シンセの音を高品質で録音できたり、作曲した音楽を高品質に再生できるそうです。
 
③オーディオ変換ケーブル

  MPH2RCA/1.5(E.D.GEAR) \1026(税込み)
b0204981_23041478.jpg

 島村楽器に売っていました。
 これもこれから使うことになるので、ちゃんとしたものを買うことにしました。

④径変更プラグ

 型番不明 \220(税込み)
b0204981_23041806.jpg

 これは大須の電気街で買いました。
 シンセサイザーのジャックは直径3.5mmです。
 一方、オーディオインターフェースのジャックは6.3mmです。
 ジャックの直径の違いを解消するために買いました。

実はまだ箱を開封すらしていません。
今回は買い物するだけでクタクタに疲れてしまいましたね。
楽しみは週末の休みに取っておきましょう。
次回はモジュール間の配線の確認に入ります。
お楽しみに。

# by blueshine6096 | 2019-07-09 23:22 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

卓球を再開するかもしれない

こんにちは、半熟卵です。

シンセサイザー製作ですが、今はオーディオ機器を揃えているところです。
これと言って進展がないわけです。
なので、繋ぎとしてどうでも良いことを書きなぐろうと思います。

今回の記事のタイトルは「卓球を再開するかもしれない」です。
えええー!!?再開!!?
半熟卵さんって卓球なんてやってましたっけ?

実は、僕は中学時代に卓球をやっていました。
年代で言うと、90年代の終わりごろですね。
このブログが始まった2010年よりもさらに10年前に卓球をやっていましたね。
Twitterでも、たまに卓球のことをつぶやくことがあります。

中学生時代の僕は運動神経がいいとは言えないので、野球、サッカー、バスケ、全部苦手でした。
でも、何かしらの運動部には入りたかったので、比較的手軽にできそうな卓球部に入りました。
実際に入ってみると、そこはガチの強豪校でした。
経験者とかいっぱいいて、土日も試合や練習があって、自分のイメージとは裏腹にハードな部活でした。
筋トレとか外周を走り込むとか、卓球なのにかなりやらされましたよ。(笑)
でも、卓球をやっているうちにだんだんと面白さが分かるようになりました。
ピンポン球を打ち返すだけでも、球の回転、軌道、相手のスイング等を瞬時に判断しなければならないし、本当に奥の深いスポーツです。
また、ラケットに貼るラバーも数え切れないぐらい種類があり、自分に合ったものを選ぶ楽しさもありました。
さらに、卓球は個人競技なので、勝っても負けても自分の責任なので気が楽でした。
周りの強い人たちは部活のない日にも市の体育館で練習していました。
自分もその人たちと一緒に練習するようになりました。
おかげで、運動神経の良くない自分でも、卓球だけはできるようになりました。

そのときに使っていたラケットを今も持っています。
b0204981_23122696.jpg

20年以上の月日が経っているので、ラバーはもうカピカピに干からびています。
b0204981_23125167.jpg

たぶん、卓球に詳しい方ならこのラケットを見ただけで、どんな戦い方をするのか分かると思います。
中学を卒業して以来、卓球はやらなくなりました。

そこから月日が経って、Youtubeで卓球の動画がたくさんアップされるようになりました。
さらに、日本で卓球のリーグであるTリーグも開催されるようになりました。
そういうのを見ると、自分の中で眠っていた卓球熱がよみがえってきました。
でも、自分には卓球の相手がいませんでした。
相手がいなかったので、卓球をしようにもできなくて諦めていました。

そんなとき、ネット上で大須に卓球場ができたという話がありました。


この卓球場は一人で行っても大丈夫なようです。
なので、これを機会に卓球を始めてみようと思います。

まず、カピカピになったラバーを新しい物に貼り変えます。
ラケットケースは100均のものを代用します。
卓球シューズは使わなくなった室内用シューズを使おうと思います。
それで、30分ぐらい軽く打ってみようと思います。
まずはとりあえず遊びでやってみて、運動不足の解消でもできればいいかな。
それで飽き足らなくなったら、強くなるための練習もやるかもしれませんが、そのへんはやりながら考えるつもりです。

# by blueshine6096 | 2019-07-01 23:33 | 正社員生活 | Trackback | Comments(2)

自作した手帳の中身

こんにちは、半熟卵です。
はじめに言っておきます。
今日の記事は何のためにもなりません。
自己満足100%の記事なので覚悟しておいてください。

僕はGWに手帳を作りました。


このとき作った手帳はもちろん今も使っていますよ。
そのときの記事というのは、どちらかというと手帳の作り方が中心でした。
今回は手帳の中身に重点を置いて書きたいと思います。
と言うのは、手帳を作るときにフォーマットを自分なりにかなり工夫したからです。
他人に見せたことがないので、このブログ記事で見せたいと思います。

1つ目は住所・連絡先です。
b0204981_13223929.jpg

いきなりモザイクばっかりで申し訳ありません。
ここは他人の個人情報も入っているので、こうするしかありませんでした。
これはスマホが壊れてデータが飛んだときのために作りました。
格安スマホだとそういうことがたまにあったりします。
また、特に必要ないけど、職業訓練校の住所も載せました。
これは仕事を始めたときの初心を忘れないためです。
あとは「その他」の欄に服のサイズ、秘密の質問といった忘れやすいけどたまに必要になる情報を書きました。

2つ目は今年の目標、個人的な願望です。
b0204981_13521347.jpg

自分はこういうものがあった方が生きていて楽しいので、こういうページをわざわざ作りました。
将来的にどうなっていたいかを自分の好き勝手に書いています。
また、右の空白のページはわざと作りました。
手帳を使っているうちに「手帳にこんなのがあったら良いなあ」というのが出てきます。
そのときにこのページを使おうと思います。

3つ目は願い事です。
b0204981_13585693.jpg

先ほどの「個人的な願望」と重なる部分もありますが、こちらの方は些細で細々としたやりたいことを書きます。
願い事をノートに書いておくと叶うとか叶わないとかいう話を聞いたことがあります。
でも、ノートに書くとなくしてしまいそうなので、手帳の中にそういうページを作りました。
やりたいことはたくさんあるので、これからこの欄が満杯になるでしょう。


4つ目はMITのYoutubeの講義の出席簿です。
b0204981_14243448.jpg

僕はMITの電子回路の講義をYoutubeで聞いています。
これは日本にいながらアメリカの大学に通っているようなものです。
自分が大学に通っていたときは、サボり癖を克服するために手帳の中に出席簿を作りました。
おかげで、サボり癖を克服して、どうしようもない留年生だった自分が大学を卒業できました。
それと同じように、今回もMITの講義に対する出席簿を作りました。
見てのとおり、出席をしたら○をつけていくスタイルです。
講義は英語で行われるので、1回聞いただけで理解する自信はありません。
なので、2回目の分の出席簿も作りました。
2回目は準備と出席の2段階にしてあります。
準備というのは、講義資料の英語の分からない単語を調べることです。
一通り調べ終えたら、○をつけます。
その準備をした上で、もう一度講義を聞き直すことができたら、もう一つ○をつけます。
こうすることで、ちゃんと内容を理解してYoutubeの講義を聞くことができます。

5つ目は各種料金支払いです。
b0204981_14382275.jpg

自分の納税意識を高めたくて、このページを作りました。
家賃、住民税、雇用保険、健康保険、年金保険、光熱費、通信費、新聞代、奨学金返済、奨学金返済残り、投資代といった実に細かい支払いを記入します。
これを記入するだけで、公共料金のどれを払って、どれを払ってないのかがすぐに分かります。
奨学金の返済があとどれだけ残っているか、よく忘れます。
もちろん、頭の良い人はこんなのを作らなくてもいいのかもしれません。
僕は頭の中で把握しきれないので、わざわざこういうページを作りました。

最後は、週の予定です。
b0204981_14580872.jpg

週ごとに細々とした予定を書き込みます。
また、そこにさらに自分専用にいろんな工夫を施しました。
b0204981_15130511.jpg

可燃ゴミ、資源ゴミ、洗濯…といった家事は予めデータで記入してあります。
これで手書きをする手間が省けます。
あと、マネーレコーディングというのは平たく言えば出納帳みたいなものです。
その日に使ったお金をノートに記入していくというものだと思ってください。
また、ブログネタ用スペースも作りました。
b0204981_15482071.jpg

移動時間とかに思いついたブログネタをここに書いておきます。
これのおかげで、最近はブログの更新が捗っています。
あとは右上に付箋貼り付けスペースを作りました。
b0204981_15511686.jpg

やるべきことではあるけど、予定に落とし込めないものは付箋にかいてここに貼っておきます。
付箋に貼っておけば、次の週になったときに付箋ごと移動できます。
ここに書いたものをわざわざ書き写す手間が省けます。

こんな感じで、手帳を完全自作するのを良いことに、自分専用にかなり作り込みました。
おかげで自分にとってかなり快適な手帳になりました。
この手帳を使って、残りの2019年を楽しく過ごしていきたいと思います。

# by blueshine6096 | 2019-06-23 16:05 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

李さんの台湾名物屋台

こんにちは、半熟卵です。

前回、僕は島村楽器名古屋パルコ店にパッチケーブルを買いに行きました。

実は、その後に次いでに寄った場所があります。
それは「李さんの台湾名物屋台」です。
名古屋の大須を中心に展開している唐揚げ屋さんです。
たしか、大須だけで3店舗あります。
b0204981_23044874.jpg

ここのから揚げは本当に美味しいです!!!
こんなにサクサクで美味しい唐揚げを食べたのは初めてです。
サクサクの衣に唐辛子のパウダーがかかっていて、スパイシーな感じがたまりません。
こんな感じで、カップに入って渡されます。
b0204981_23061555.jpg
あまり写真が上手ではありませんね。
HPの方がもっと美味しそうなので、そちらを見た方が良いと思います。


あと、タピオカの入った飲み物も良い感じですね。
b0204981_23140956.jpg

今はタピオカがブームになっていますが、それ以前からこの店ではタピオカドリンクを売っていました。
今まで飲んだことなかったので、飲んでみました。
タピオカは餅の粒みたいな不思議な食感でしたね。

もし名古屋を案内する機会があったら、この李さんの台湾名物屋台に連れていきたいなあ。
また、名古屋が遠いという方は、東京、大阪、富山に進出しているそうなので、そちらに行ってみるのもいいと思います。
この唐揚げをぜひ味わってみてください。

# by blueshine6096 | 2019-06-19 04:00 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

モジュール間の配線の確認 パッチケーブル

こんにちは、半熟卵です。

とうとうAnalog2.0の全体の調整というか、モジュール間の配線の調整に入ります。
その際に、当然パッチケーブルも使います。

今まではパッチケーブルの代わりにこれを使っていました。↓
b0204981_21331573.jpg

もちろんこれでも良いのですが、最後ぐらいはちゃんとしたパッチケーブルを使いたくなりました。
その旨をTwitterでつぶやいたところ、皆さんのおかげで様々な情報が集まりました。
その中で、有効そうなものを手帳にメモしました。
b0204981_21384234.jpg

コスト的にはG WORKSというパッチケーブルがいちばん安いそうです。
ただ、Amazonでは在庫がなく、入手困難になっていました。
Silk RoadのPT-05Mもちょうどいい長さだけど、在庫切れです。
KORGのSQ-CABLE6が2160円と高いけど、手に入りやすいようです。
あとは、パッチケーブルを自作してしまうこともできるようです。
自分はパッチケーブルの自作を考えたことがあるので、興味がわきました。

じゃあ、結局自分はどうするのでしょうか?
とりあえず、自宅から近い楽器店である島村楽器名古屋パルコ店に行きます。
そこで良いのがあったらパッチケーブルを買います。
ない場合は、大須の電気街でプラグとケーブルを買って、パッチケーブルを自作することにしました。

そして、土曜日の午前中に、さっそくパルコに出かけました。
パルコは栄にあります。
自分は栄のようなおしゃれな街に行かないので、いつもと雰囲気が違って緊張しました。
パルコの東館に島村楽器がありました。
そこにシンセのパッチケーブルが1600円ぐらいで売っていました。

これを見て、大須の電気街でパーツを買うか迷いました。
でも、冷静に考えてみると、パッチケーブルを自作できても、シンセが作れていないと何もできません。
今はシンセを完成させる方が先なのではないか。
そう考えました。
どうしても自作したいなら、シンセを完成させた後にいくらでもできるわけです。
なので、今回は自作を諦めて、島村楽器にあるパッチケーブルを買うことにしました。

買ったパッチケーブルはこちらです。↓
b0204981_22010474.jpg
b0204981_22011223.jpg

というわけで、これらのパッチケーブルを使って、モジュール間の配線の確認をしていきたいと思います。
なんか、今回は製作というより買い物ですね。
本当はこれより先に進めたかったのですが、モニタスピーカのケーブルの紛失で先に進めていません。
しばらく、無くしたものを探そうと思います。
そして、見つからなければどこかで買ってきて、再び製作を進めたいと思います。

あと、774さん、公生さん、Twitterでアドバイスしていただき、本当に助かりました。
この場を借りてお礼を言いたいです。
ありがとうございました。


追記

# by blueshine6096 | 2019-06-16 22:07 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

MITの電子回路の講義を全て聞き終わった!!!

こんにちは、半熟卵です。

2019年の初めにこんな記事を書きました。


その記事の中で、「Youtubeで公開されているMITの電子回路の講義を帰りのバスで聞く」と書いたと思います。
とうとう、その講義を全部聞き終わりました!!!

ただし、理解できたとは到底言えません。
英語が聞き取れなかった部分もたくさんありました。
なので、これで終わりにせず、もう一度聞きたいと思います。
今度は講義資料の中の分からない英単語を辞書で調べます。
さすがにバスの中で紙の辞書を使うのは大変なので、ここはスマホの英和辞書アプリを使いましょう。
自分は紙の辞書の方が好きなのですが、こういうときぐらいはITに頼ろうと思います。
そして、講義資料のだいたいの内容が理解できたら、もう一度Youtubeの講義を聞いてみたいと思います。
もしそれも終わってしまったら、今度はこの講義に使っている分厚い洋書もじっくり読んでいきたいですね。

やっぱり、こういうブログを書いてるからには、電子回路の理論的な部分も詳しくなりたいよなあ。

# by blueshine6096 | 2019-06-12 04:00 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

熊秀さんからの5年前のアドバイス その2 ロータリースイッチのつまみ

こんにちは、半熟卵です。

前回の続きです。
5年前に参加したアナログシンセサイザービルダーズサミットで、熊秀創吉さんから以下のアドバイスを受けました。

 ①基板上のボリュームの爪をハンダ付けすると強度が上がる。
 ②ロータリースイッチは固くて回しにくいから、つまみを別の形に変えたらどうか。

①は前回やりました。
今回はについて書きます。

今まで使っていたロータリースイッチは、回転が硬いものでした。
b0204981_23341085.jpg
b0204981_23440457.jpg

この機会に、もう少し回転しやすいものに買い換えることにしました。
とりあえず、大須のボントンに売ってたこのタイプのロータリースイッチを買いました。↓
b0204981_23353805.jpg
b0204981_23354895.jpg

これを今までのロータリースイッチと付け替えました。
b0204981_23375238.jpg
b0204981_23380471.jpg

なんか、こうしてみると、見た目はあまり変わらないですね。
でも、今までガッチンガッチンと力を込めて回していたのが、これだとスイスイとスムーズに回ります。

さらに、ロータリースイッチ用のつまみも回しやすいものに変えます。
今まではこのオレンジ色の円筒形のつまみを使っていました。
b0204981_23460375.jpg

これはこれで統一感があって良いのですが、ロータリースイッチを回すには力が込めにくいです。
これをもう少し力を込めやすいものに変えます。
b0204981_23473782.jpg
b0204981_23475244.jpg

これを元のものと付け替えました。
b0204981_23494849.jpg

感触を文章で伝えられないのが残念です。
これで、今までよりさらにロータリースイッチが回転しやすくなりました。
楽器としての使い勝手もよくなったと思います。

もう5年前のことではありますが、熊秀さんには「アドバイスをありがとうございました!!!」とこの場でお礼したいと思います。

次回は、ようやくシンセサイザー全体の調整をしたいと思います。
お楽しみに。



追記

# by blueshine6096 | 2019-06-09 23:59 | Trackback | Comments(0)

6月に祝日を作る

こんにちは、半熟卵です。

GWも終わり、6月に入りました。
残念なことに、6月は祝日がありません。
梅雨で雨の日が多く、気分的にも憂鬱になります。
おまけに、自分の仕事も今までより高度になってきて、慣れるまでは大変になるでしょう。

でも、どうせ祝日がないなら自分で作ってしまいましょう!!!

そこで、6月13日に有給をとることにしました。
この日は自分の部屋の消防機器の点検があります。
いつもは平日に休みがとれないので、点検ができませんでした。
なので、この日に休みを取って点検してもらおうと思います。
もし地震が来て火事になっても、消防機器が作動すればだいぶ安心です。

点検自体は午前中の数十分で終わります。
その後は何かしら部屋の中でゆっくり過ごそうと思います。
たぶん、今の会社は有給を取りやすい方だと思います。
上司が率先して使ってるし、周囲も使っています。
自分はあまり使っていませんでした。
せっかく有給を与えられてるので、1日ぐらい使ってもバチは当たりません。
1日だけ効果的に仕事をサボろうと思います。

今日はとりあえずこのへんで。

# by blueshine6096 | 2019-06-03 04:11 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

製図のテキスト 進捗状況

こんにちは、半熟卵です。

自分が入社して間もない頃にこんな記事を書きました。↓

タイトルのとおり、「職業訓練で使っていた製図のテキストを10回読んで頭に入れる」という記事でした。
その進捗状況的な記事を一切書いていなかったので、この機会に書こうと思います。

じゃあ、現在は製図のテキストはどれぐらい読んだのでしょうか?
現在は6回目に突入しています。
一時期サボっていたときもありましたが、今も帰りの電車の中でこのテキストを読んでいます。
地下鉄でこの本を読んでる人を見かけたら、たぶん半熟卵で間違いないと思います。
さすがに6回目までくると、テキストの全体の構成、本文の話の筋が頭に入ってきます。

そこで、急な話ですが、テキストを読む回数を10回→7回に変更したいと思います。
きっかけはこちらの記事をたまたま見かけたからです。

自分はこんな記事を書いていますが、恥ずかしながらこの勉強法を知りませんでした。
それに、東大を主席で卒業した山口真由さんという方もよく知りません。
でも、東大トップの方の話なら参考にして良いでしょう。

上のリンクの記事では7回で十分と書いてあります。
それに、6回目を読んでいる時点で、自分でも十分頭に入っている実感が感じられます。
僕は別にこのテキストに関するペーパーテストを受けるわけではありません。
なので、このテキストは大まかな内容を理解すれば十分で、暗記までする必要はないわけです。
もし仕事中に図面を描いていて分からなかったら、仕事中にこのテキストで調べることもできます。
だから、もう10回も読む必要はないと判断しました。

そんな理由で、製図のテキストの読む回数を減らしました。
残りの回数分も何とか読み切ろうと思います。
読み終わったら、機械設計に関するまた別の読み物を読もうと考えています。
機械設計は製図以外にも様々な知識が必要です。
製図の基礎を固め終わったら、そういうものも伸ばしていこうと思います。

# by blueshine6096 | 2019-05-29 04:00 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

熊秀さんからの5年前のアドバイス その1 ボリュームの爪のハンダ付けによる強度向上

こんにちは、半熟卵です。

前回のシンセサイザー製作では、木のケースを完成させました。

ここから、「よし、このまま回路全体の調整に入って完成まで一直線だああ!!!」と行きたかったのですが、
ちょっと待ってください。
重要なことを思い出しました。

それは今から5年前に参加したアナログシンセビルダーズサミット2014の話です。


そのときに、熊秀創吉さんという方から製作に関するアドバイスをいただきました。

 ①基板上のボリュームの爪をハンダ付けすると強度が上がる。
 ②ロータリースイッチは固くて回しにくいから、つまみを別の形に変えたらどうか。

これらのアドバイスは、完成後では反映しにくいです。
なので、どうしても今のうちにやっておく必要があるのです。
今回はそのうちのについてやります。

現在、自分が作っているAnalog2.0というのはこのような爪付きのボリュームを使用しています。
b0204981_21014705.jpg

そして、この爪を基板に差し込んで、ハンダ付けをして、
b0204981_21043282.jpg

その状態でパネルに取り付けています。
b0204981_21065409.jpg

もちろん、これだけでも大丈夫です。
熊秀さんのアドバイスは、さらに赤で囲ったボリュームの爪の部分もハンダ付けをして、強度向上を図るというものです。
b0204981_21131752.jpg

Analog2.0では、このボリュームが基板を支えています。
なので、Analog2.0では、ボリュームはシンセサイザーの音色を変化させるだけでなく、

 ①基板をパネルに取り付ける。
 ②基板を支え続ける。

という機械部品のような役割も担っています。
したがって、ボリュームの爪の部分をハンダ付けをしてしっかり固定すれば、
パネルと基板が今までよりもしっかり固定され、強度も増すというわけです。

と言う訳で、このようにボリュームの爪をハンダ付けしました。
b0204981_21264699.jpg

今回はこれを全モジュールに対して行いました。
b0204981_21291012.jpg

あ~けっこう作業時間がかかったのに、文章にするとあっけないですね。(笑)
でも、これで強度向上ができました。
これから完成したAnalog2.0を部屋の外に持ち歩くことがきっとあるでしょう。
そんなときに強度が弱いと、途中でぶっ壊れてしまいます。
なので、今回の熊秀さんのアドバイスは有益なものだったと思います。
次回は熊秀さんによるもう一つのアドバイスを形にしたいと思います。

# by blueshine6096 | 2019-05-26 21:39 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

地元岡崎市の矢作川の河川敷をサイクリングしてみたい

こんにちは、半熟卵です。

僕はよく名古屋市内の庄内川河川敷にサイクリングに行きます。
日常に疲れてしまったとき、河川敷のある自然の中に入ると、かなりリフレッシュできます。
Twitterを見てくださってる方は、僕が何度も河川敷の風景をアップしているのが分かると思います。
それぐらい好きな場所です。
b0204981_23342770.jpg
b0204981_23343270.jpg
b0204981_23344941.jpg
b0204981_23344029.jpg

実は、「河川敷にサイクリングする」という習慣は、僕が名古屋に引っ越す前からやっていました。
僕は大学時代半ばまで岡崎市の実家に住んでいました。
実家の近くには矢作川という大きな川があります。
なので、土日に勉強に疲れたときは気分転換に河川敷に行ってましたね。

名古屋に引っ越した後もその習慣は続いています。
引っ越した後は、さすがに河川敷の近くとはいかなくなりました。
でも、遠くはなっても自転車で通いました。

こんなことをしているうちに、ある思いが浮かびました。

久しぶりに地元岡崎市の矢作川河川敷をサイクリングしてみたい

今年になって、10年以上使っていた自転車が壊れてしまったので、思い切って折り畳み自転車に買い替えました。
折り畳み自転車なら、電車に乗せて運ぶことができます。
名古屋から岡崎なら長くても電車で1時間ぐらいで行けます。
もし降りるとしたら、JR西岡崎駅が良いかな。
そこで降りれば、矢作川河川敷にすぐ着きます。

もし、本当に行く予定が立ったら、これも持っていきましょう。↓
b0204981_23352568.jpg

そうです。ココナッツウォーターです。
このココナッツウォーターは名古屋に引っ越してから見つけました。
天然のスポーツドリンクといった感じなので、サイクリングのときに持参するようになりました。
なので、今度は名古屋で見つけたココナッツウォーターを岡崎に逆輸入するつもりです。(笑)
そう考えてみると面白いなあ。

この記事はまだ「何となくやってみたい」という段階です。
本当にやるかどうかはまだ分かりません。
もし本当に実現できたら、ブログ記事にしようと思います。

# by blueshine6096 | 2019-05-19 23:46 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

作り置き計画

こんにちは、半熟卵です。

僕は2008年ぐらいに岡崎から名古屋に引っ越して一人暮らしを始めました。
だから、もう一人暮らしを始めてたぶん10年ぐらいになるだろうか。
他人からは「そろそろ結婚したらどうだ?」みたいなことを言われることもありますが、自分には一人暮らしが肌に合っています。
むしろ、一人の時間がないと調子が悪くなるぐらいです。

ただ、一人暮らしをしていて思ったのは「自分は料理がそこまで好きではない」ということです。
もちろんひととおりの料理は作ることができます。
でも、そこまで楽しくないというか、凝ったものを作る気になれません。
なので、僕は料理好きな人を尊敬しています。
今のアパートと職場は通勤時間がかかるので、仕事終わりに料理をする気になれません。
だから、どうしても夕飯は外食が多くなってしまいます。

これだとどうしてもお金がかかってしまいます。
自由に使えるお金のうちのほとんどを外食に使うなんてもったいないですね。
それに、栄養も偏るし、太ってくるし、本当に良いことがないです。
この状況を何とかしたいと思っています。

そこで目を付けたのが「作り置き」です。
土日に平日分の夕食をまとめて作っておきます。
そうすれば、仕事で疲れて帰ってきてもすぐに夕食を用意できます。
そして、外食に行く回数が減って、手元にお金が残ります。
その残ったお金をシンセサイザー製作に投資できます。
もしかしたら、外食ばかりよりも健康的になるかもしれません。

そんなことを考えるようになりました。
まだ考えているるだけで、具体的に何をするかははっきりしていません。
とりあえず、作り置きに関する料理本でも買おうと思います。
作り置きに必要な容器も揃えます。

と言うわけで、今ぼんやり考えていることを書いてみました。
実際にやってみてうまくいったら、また何か書こうと思います。

# by blueshine6096 | 2019-05-15 04:00 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

GWの思い出 手帳を作ってみた

こんにちは、半熟卵です。
まだGWの気分が抜けていません。
なので、一度こちらに記事として書いてみようと思います。

今年のGWは何をしていたのでしょうか?
やっぱりいちばんの思い出は手帳を作ったことです。
僕は以前も手帳を自作したことがあります。

実際に作ってみたら楽しかったので、今回もやることにしました。
今回は今までやったことのなかった手帳カバーまで自分の手で作りました。

まず、エクセルを使って、手帳のフォーマットを作成しました。
b0204981_22085053.jpg
b0204981_22090265.jpg

このへんは仕事でいつもやっているので、そこまで苦になりません。

手帳のフォーマットを作ったら、それを紙に両面印刷していきます。
今回はその紙にこだわりました。
今までは普通の市販で売ってるコピー用紙を使っていました。
でも、手帳に書き込むときの書き味がよくありませんでした。
そこで、ネット上で手帳に相応しいものを探しました。
見つかったのが、淡クリームキンマリという用紙です。
b0204981_22201647.jpg

写真では分かりにくいかもしれませんが、中を開けてみると、薄いクリーム色っぽい紙が出てきました。
この用紙は書籍などで実際に使われているしっかりした紙です。
b0204981_22214201.jpg

この紙に手帳のフォーマットを両面印刷して、2つ折りにしました。
b0204981_22302050.jpg
b0204981_22312944.jpg

次にこの折った紙を製本します。
製本の仕方はこちらの動画を参考にしました。


紙を3枚重ね、キリで数か所穴を開けます。
b0204981_22351818.jpg
b0204981_22360676.jpg

そして、動画のとおりに糸を通していきます。
b0204981_22372690.jpg
b0204981_22373893.jpg

糸綴じのやり方を説明するのはかなり面倒くさいので、動画を見てください。
これぐらいで縛って、
b0204981_22392216.jpg

念のため、製本テープを貼っておきます。
b0204981_22404990.jpg

これで中身ができました。
これに表紙もつけましょう。
工作用紙と色画用紙を使って、
b0204981_22444303.jpg

それらしい表紙をつけました。
ここまで来ると、本らしくなりましたね。
b0204981_22445513.jpg

そして、最後の関門はブックカバーです。
まず、名古屋駅の東急ハンズで、手帳カバーの材料を買いました。
b0204981_22070277.jpg
革の手帳カバーを作りたかったので、レザークラフトに必要そうなものを適当に買いました。
手帳カバーはこちらを参考にしました。↓

 レザークラフト 初心者向けの革小物 手帳カバー作り方

革をカッターナイフで切って、裏面や切り口にトコノールという薬品を塗ります。
この部分の写真を忘れてしまったので、詳しくは上のリンクを見てください。
b0204981_22564087.jpg


そして、工具で革に穴をあけます。
(本当はハンマーでガンガン打ち付けて穴をあけたかったのですが、近所迷惑になるのでできませんでした。)
b0204981_23011101.jpg
その穴に、ロウ引き糸を使って縫い合わせていきました。
b0204981_23045253.jpg

あとは使い勝手を良くするために、しおりをつけました。
b0204981_23065459.jpg
これでようやく完成です!!!
b0204981_23072356.jpg

ぶっちゃけ、表面はちょっと汚くなってしまいましたが、全くの初心者が作ったものなので大目に見てください。
中身はこんなふうになりました。
b0204981_23120504.jpg

本当に自分の好きなように作り込みました。
ここまで完成させると、感慨深いものがあります。
自分への良いプレゼントになったと思います。

もし機会があれば、需要があれば、手帳のフォーマットの中身も詳しく説明したいと思います。
お楽しみに。

# by blueshine6096 | 2019-05-12 23:20 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

ケースの製作 穴あけ、組立て その2②

続きです。

木板、アルミ板の大雑把な形はできました。
ただ、このままだと切り口などがだいぶガタガタです
なので、ヤスリで整えます。
b0204981_00125651.jpg

まず、粗い目のヤスリで磨き、形を整えます。
次は細かい目のヤスリできれいに仕上げました。
b0204981_00145876.jpg

そして、とうとう組み立てです。
ここからはほぼ本の通りです。

背面板が2枚あります。
b0204981_00170804.jpg

これを木工用ボンドを塗って、
b0204981_00175653.jpg

くっつけます。
b0204981_00184728.jpg

そして、背面板のボンドを乾かす間に、さっき開けた木板の窓にパネルをはめたり、
b0204981_00211931.jpg


木ねじでケースを組み立てたりしました。
本当は電動ドリルでやりたかったのですが、夜遅い時間で騒音になるので、手で回すドライバーを使いました。
b0204981_00220526.jpg
b0204981_00234574.jpg

このあたりは板がずれやすいので、しっかり押さえる必要があります。

そのうち、ボンドが乾いてくるので、背面板も取り付けます。
b0204981_00255259.jpg

そして、パネル取り付け棒を、
b0204981_00281856.jpg

木ねじで取り付けて、
完成!!!
b0204981_00291749.jpg
b0204981_00293007.jpg

長い時間かかりましたが、これでようやくシンセサイザーのケースが完成しました!!!
手でドライバーを回したので、マメができそうになりました。
久しぶりの木工、金属加工はけっこう体力を使います。
また、木の屑、金属の屑が散らばらないように新聞紙を引いたりしました。
さらに、ノコギリや電動ドライバーは騒音になるので、神経を使いました。
今までやってきた電子工作とはまた違った大変さがありました。

ケースはガタガタなところがたくさんありますが、こうして作ってみると愛着が湧きます。
あとはここに調整済みの基板とパネルをはめて、完成といきましょう。
次回もお楽しみに。

# by blueshine6096 | 2019-04-01 00:39 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

ケースの製作 穴あけ、組立て その2①

こんにちは、半熟卵です。
前回のケース製作の続きです。

木板、アルミ板をこれぐらいに切りました。
b0204981_21431475.jpg
b0204981_21514579.jpg


そこから穴の位置と大きさの印を付けました。
木板の方は写真を撮り忘れましたが、同様に印を付けました。
b0204981_23353238.jpg

そして、穴がずれないようにキリで位置決めをして、
(手元にポンチがないのでキリで代用しました。)
b0204981_23401656.jpg


電動ドリルで穴を開け、リーマーで穴を広げました。
b0204981_23420008.jpg

木板も同様に穴を開けました。
b0204981_23432704.jpg

木板の場合は、木ねじの頭が入るように少しだけ掘る必要があります。
ただ、手元に道具がないので、ドライバーの先端を使いました。
b0204981_23471039.jpg
b0204981_23471334.jpg

これを使って、下のように木ねじの頭が入るようにしました。
b0204981_23482883.jpg

あと、問題は木板のパネル用窓です。
b0204981_23541908.jpg

この木板の内部にある赤く囲った部分をどうやって開けたら良いのでしょうか?
この引き回しノコを使います。
b0204981_23571168.jpg

まず、引き回しノコギリが入るようにドリルで穴を開け、リーマで穴を広げます。
b0204981_23582934.jpg
b0204981_23590306.jpg
b0204981_23591299.jpg
b0204981_23591623.jpg
b0204981_23595617.jpg

そして、穴にノコギリを差し込み、ぐるっと一周する感じでくり抜きました。
b0204981_00005688.jpg
b0204981_00011489.jpg
b0204981_00012380.jpg

今思うと、真ん中の穴は要らなかったような気がします。

ひとまず、これで木板、アルミ板の大雑把な形ができました。
あとは組立てですね。
長くなりそうなので、いったんここで切ります。

# by blueshine6096 | 2019-04-01 00:05 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

ケースの製作 前置き、材料の切断 その1

こんにちは、半熟卵です。

シンセサイザー製作ですが、実はまだケースを製作していませんでした。
今回は電子工作を一切行いません。
どちらというと木工や金属加工です。

以前は VCFの基板外の部品を配線しました。
そして、次はシンセサイザー全体の調整に入ろうと思いました。
しかし、あることが気にかかりました。
それは、

 苦労して調整が終わった後で、ノコギリをギコギコ引いて木材を切るのって、なんか嫌じゃないですか?

同意を求めても仕方ないですが。
できれば、調整が終わったらすぐにパネルをケースに取り付けて、「さっそく音で遊んでみよう!」ぐらいが気持ちよいと思います。
というわけで、半熟卵の独りよがりな美学により、急遽ケースの製作をすることにしました。

まず、これぐらいの長い木板をホームセンターで買いました。
b0204981_21043272.jpg

本では1800mm×120mm×14mmの木板を用意するのですが、なるべくそれに近いものを選びました。

もう1つはサイドパネル用の金属板を買いました。
本では厚さ1.5mmを用意するように書かれていますが、その厚さの物が売っていませんでした。
なので、少しだけ厚い2mmのものを使いました。

b0204981_21131836.jpg

あとは木ネジです。
これだけあれば大丈夫でしょう。
b0204981_21192561.jpg
b0204981_21194995.jpg

このままだと、木の板もアルミの板も大き過ぎます。
なので、ノコギリでちょうど良い大きさに切り分けてみましょう。

まず、長い木の板に切断するための線を書き込みます。
(ちょっと見辛いかな。)
b0204981_21270682.jpg

どれがどの部分か分かるように、文字も書きました。
b0204981_21273124.jpg
このとき、木板の節と線が重なると、切断や穴開けがし辛くなります。
(僕は前の派遣の職場でこう言うのをやってたので、よく分かります。)
なので、節を避けるために、けがきを本のものとは少しだけ変えました。
b0204981_21302891.jpg

一方、金属板も同じように切断する線を書き込みました。
b0204981_21350747.jpg

じゃあ、これらをノコギリで切っていきましょう。
まず、木板を切ります。
自分の部屋の中なので、下に新聞紙を敷いて、大きめの本で足場を作りました。
b0204981_21371618.jpg

そして、ノコギリでギコギコと引いて、
b0204981_21373847.jpg

長い木板をバラバラに切り分けました。
b0204981_21431475.jpg


金属板も同じように切り分けます。
大きさは50mm×60mmです。
手元に金属用のノコギリがなかったので、ホームセンターで糸ノコを買いました。
b0204981_21492612.jpg


この糸ノコを使って、金属板を切りました。
(使うのは赤線で囲った方の金属板です。)
b0204981_21514579.jpg

ブログで文章にするとあっけないですが、木板や金属板を切るのはめちゃくちゃ体力使いますね。
肉体的には仕事より疲れましたね。

時間の都合でいったんここで終わります。
次回はこの続きをやります。
お楽しみに。

# by blueshine6096 | 2019-03-24 22:06 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

スマホを買い替えてみた ~Zenfone Max Pro M1~

こんにちは、半熟卵です。

2月になって、急にインフルエンザにかかってしまい、更新に間が空いてしまいました。
なので、書きたいことがいくつかたまっています。
シンセサイザー製作の記事はまだしっかりまとまっていないので、今回はこちらの話をします。↓

以前のブログ記事では「スマホを買い替えたい」という内容を書きました。
そして、とうとう本当に買い替えてしまいました!!!

機種は宣言したとおり、Zenfone Max Pro M1にしました。
まあ、実を言うと、機種を変更したのはインフルエンザになる前です。
買い替えてから1ヶ月ぐらい経っています。
本当は買い替えた直後にこの記事を書きたかったのです。
でも、買い替えた直後というのは感情的な高揚感というものがあって、冷静さを失います。
だったら、そういう感情が収まって冷静になった今、「1ヶ月使ってみてどうだったのか」というのも書く価値があると思います。

では、実際にZenfone Max Pro M1を買ってみてどうだったのかを書いてみます。
結論から言うと、「本当に良い買い物をした」と思います。

ガラケーを使っていたときに通信費が高かったのを何とかしたくて、格安スマホに買い換えました。
格安スマホにいざ買い替えてみると、電池の消耗がすごく速かったです。
もちろん、スマホをろくに興味を持っていなかった時期はそれでも問題ありませんでした。
しかし、ここ最近、MITの電子回路の講義(YouTube)を通勤時間中に聞くようになりました。
その動画というのは50分というかなり長い動画です。
それを格安スマホで見てしまうと、電池が全然足りなくなってしまうわけです。
せっかくMITの講義を聞こうと意気込んでいるのに、いつもスマホが限界を迎えてしまいます。
これでは落ち着いて講義が受けられません。
そういうわけで、電池の持久力に定評の高いZenfone Max Pro M1を思い切って購入することにしました。
b0204981_22203178.jpg
b0204981_22203969.jpg
b0204981_22202239.jpg


実際に使ってみて感じたのは、今までの格安スマホで電池が10%減るところを、Zenfone Max Pro M1だと1%しか減らない感じです。
そして、MITの講義を50分ぐらい見ても、余裕で電池が半分以上残っています。
だから、電池の持久力に関してはもう十分過ぎるぐらいの出来だと思います、
おかげで、自分は通勤時間にMITの動画をストレスなく見ることができるようになりました。
また、どうでも良い情報ですが、手に持ってみるとずっしりと重たい感じがあります。
きっと中身が詰まっているからだと思います。
重いのが嫌いな人はいるかもしれませんが、自分はこの重さはプレミア感があって好きです。
自分はこのスマホを長く使いたいので、近いうちにスマホカバーや保護フィルムを貼ろうと思います。

こんな感じで、3.5万円という安くない買い物でしたが、自分としては良い買い物ができました。
思い切ってお金を使ってよかったと思います。
これでMITの電子回路の講義を聞いて、そして自分のシンセサイザーの回路を設計できるようになりたいと思います。

# by blueshine6096 | 2019-02-24 22:38 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

スマホを買い替えようと思う

こんにちは、半熟卵です。

前回の記事では、「帰りのバスでMITの電子回路の講義を聞く」ということを書きました。
バスの中でスマホとイヤホンを使って、Youtubeで動画を再生します。
自分は2年留年しましたが、いちおう工業系の大学を卒業しています。
なので、講義自体は楽しく聞けています。
しかし、毎日バスの中で毎日動画を見ていると、問題が発生しました。

それは以下の2つです。

 ①動画が途中で止まってしまい、先に進まなくなる。
 ②スマホのバッテリーが途中で切れてしまう。

いったい何が原因なのでしょうか?
自分は今までスマホはそこまで重視していませんでした。
なので、安さを追求した最低限のスペックのものにしていました。
スマホに思い入れが全然なかったので、それでも何も不便はありませんでした。

ところが、それが急に毎日動画を見るようになってしまったわけです。
スマホのスペックが追い付かなくなってしまったわけです。
せっかくMITの動画を見ても、途中で見れなくなるようでは何も意味がありません。
そこで、この機会にスマホを思い切って買い替えることにしました。

機種はZenfone Max Pro M1に決めました。
このスマホは何といっても電池の持ちが群を抜いて良いです!!!
業界No.1といっても良いぐらいです。
なので、これを買えば動画再生中に電池切れを起こすことはなくなるでしょう。

あとは、wi-fiの使い方を覚えることですね。
自分はDmm.mobileのライトプラン(最低速で通信容量無制限)を使っていたので、Wi-fiを全然使っていませんでした。
でも、さすがにYoutubeで毎日動画を見たりすると、スマホにも影響が出てきます。
なので、通信容量を節約するために、Wi-fiを駆使しようと思います。
帰りの名鉄バスの中で公衆のwi-fiにでも繋げれば良いのだろうか?
何かアプリでも入れる必要があるのだろうか?
しかし、全然やったことないのでやり方を調べているところです。

スマホはすでに申し込みました。
きっと明日には届くと思います。
自分にしてはずいぶんと思い切った買い物でしたね。
金額にすると3.5万円ぐらいはかかりました。
決して安くない金額です。
この高性能なスマホを駆使して、MITの講義を毎日聞き、電子回路をしっかり身に着けたいです。
そして、仕事でやっている機械設計と合わせて、電子回路設計の両方ができるようになろうと思います。
そうすれば、今回使った3.5万円が何倍にもなって返ってくるようになります。
ぜひ、そんなふうになりたいと思います。

# by blueshine6096 | 2019-01-20 22:56 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)