世間一般のレールが合わない

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

しばらく会社を休んで思ったことがあります。
それはこんなことです。

 小学校、中学校、高校、大学を卒業して、会社に就職して、結婚して家庭を持つ
 という世間一般のレールが自分に合ってないんじゃないかな。

今まで僕はそのレールに必死でしがみついて走ってきました。
その結果が現在の僕です。
ろくに技術がないばかりか、電話1本出ることすらびびっているしょうもない人間になってしまいました。
僕はそんな人間になるために今まで頑張ってきたわけではありません。
結局、合わないレールの上を無理やり進んでいったからそうなってしまったのだと思います。

これでは消耗するだけ消耗して何もないまま人生が終わってしまいます。
もしかしたら、僕は自分で道を切り開く必要に迫られているのかもしれません。
そんな気がしています。

あ~でも具体的にどうするかはまだしっかりまとまっていません。
今回は「何となくそんな気がする」ということだけを伝えるだけにとどめておきます。
なんか、今日の記事はまるで就職したくない学生みたいですね。
ただ1つ違うのは、実際に働いた経験があるかどうかだけです。
(まあ、派遣ではありますけど。)
でも、自分で道を切り開くのに挑戦するのは面白そうです。
短いですが、今日はこれで終わります。

[PR]

  by blueshine6096 | 2015-07-25 23:43 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://blueshine6.exblog.jp/tb/24726058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< そもそもどんな技術を身につけたいの? 適応障害 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE