VCOの製作 不具合の原因 何を調べる?

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。
汚くなった部屋を片付けていたらこんな時間になってしまいました。
シンセサイザーを作るにはもう遅い時間です。
なので、今日は「VCOの不具合の原因を特定するために何を調べるか」だけでも書こうと思います。

前回はVCOの不具合の原因が分からなくて途方に暮れていました。
それで、質問掲示板とこのブログで助けを求めました。
そしたら、嬉しいことに2名の方が回答してくださいました。
ありがとうございます。
b0204981_01485778.jpg
b0204981_01492737.jpg

こちらの回答を参考にして、VCOの不具合を特定したいと思います。


①オペアンプに電源がきているか。半田付けができているか。
 念のためもう一度調べてみます。

②ボリュームの近くの抵抗値に間違いはないか。
 抵抗値はカラーコードによる確認しかしていませんでした。
 今回はテスターできちんと抵抗値を確認します。
 まずはボリュームの近くにある抵抗の値を測ってみようと思います。↓
b0204981_02041693.jpg
 


③異常に発熱している部品はないか。
 部品の熱については全くノーマークでした。
 これもちゃんと確認してみます。

④トランジスタのVbeの確認。
 テスターでVbeが約0.6Vかどうかをテスターで測定します。
 0.6Vではない場合はトランジスタかその周辺に問題があるようです。

まずは上のような①~④を調べてみましょう。
それでも見つからない場合はしらみつぶしな作業をします。

 ・②以外の全部の抵抗値をテスターで確認する。
 ・回路図と基板を照らし合わせながら導通確認。
 ・回路の各ノードの電圧を調べる。
 ・トランジスタ、オペアンプ、ダイオード、電解コンデンサの向きを確認する。

今日はもう遅いので、何を調べるかを書くだけに留めておきます。
明日から少しずつVCOの不具合を調べていきます。
忙しいときでもなるべく進めていきます。
お楽しみに。

[PR]

  by blueshine6096 | 2015-08-15 02:21 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://blueshine6.exblog.jp/tb/24789505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< そろそろ引っ越しをしようかな F社で得たもの 意図・目的を明... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE