評価のエキスパート!!?

こんにちは、シンセ職人見習いの留年玉子です。

新しい職場で働き始めて3週間になりました。
その会社で太陽光パネルを屋根に取り付けるための金具の強度を評価しています。
仕事をしていると、ことあるごとに上司にこう言われます。

「留年玉子君は評価のエキスパートになってくれ」

最初は冗談かと思っていましたが、毎日のように言われるので本気だと思います。
正直なことを言うと、

「よりによって屋根の金具のエキスパートかよ…」

という思いはあります。
自分の思い描いていた人生の斜め上を進んでいます。
どちらかというと太陽光パネルの性能評価の方をやりたかったです。
僕はシンセサイザーを作っているぐらいなので、電気系の内容は嫌いじゃないんです。
でも、電気系の仕事をして分かったのですが、自分よりもはるかに仕事ができる人が腐るほどいます。
そのたくさんのライバルの中で頭角を現していくのは非常に困難でした。

一方、屋根の金具は誰もやりたがらないぐらいニッチな分野です。
職場も4人しかいないぐらいの小規模なものです。
たくさんのライバルのいる電気系よりも、こちらの方がずっと頭角を現しやすいと思います。
だったら、上司の期待に答えてもいいんじゃないかな。
本当に屋根の金具のエキスパートになるつもりでやってもいいんじゃないかな。
ずっと大企業の中で埋没していた留年玉子でも活躍できるかな。

別に、屋根の金具の評価の仕事をしていたって、趣味でシンセサイザーを製作することは十分できます。
もしかしたら、全くの異分野の仕事内容が何か化学反応を起こしてくれるかもしれません。

それでは、今日はこれで終わります。
明日は丸1日サイクリングをしようと思います。
ここ最近、新しい環境に変わって疲れていました。
明日1日だけは頭の中を仕事から離れさせてください。

[PR]

  by blueshine6096 | 2015-09-19 01:07 | 派遣生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://blueshine6.exblog.jp/tb/24912153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< VCOの製作 不具合の原因 ト... VCOの製作 不具合の原因 ト... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE