エンベロープジェネレータの製作 基板外の部品と配線

こんにちは、半熟卵です。
今後の仕事のことについて考え事をしていて、ブログが手付かずでした。
でも、シンセサイザーの製作が進んだ分だけブログを書きたいと思います。

前回は、エンベロープジェネレータの基板内の部品を半田付けしました。
次は基板外の部品を取り付けましょう。


ざっとこんなものでしょうか。
b0204981_22441158.jpg


あと、写真から見て分かるように、Non-Inv OUTのジャックにVCAに繋げる配線VCFに繋げる配線があります。
VCFに繋げる配線は、まだモジュールができていないので、何もせず放っておきましょう。
一方、VCAに繋げる配線は、VCA基板のこのEG Inという部分に、
b0204981_22523378.jpg

こんなふうに繋ぎました。↓
b0204981_22332523.jpg

VCA側に2本の線があり、信号線GND線があります。
たぶん、経験的に信号線だけをエンベロープジェネレータに繋げばいいのだと思います。

これで基板外の部品と配線は終わりました。
次回は、エンベロープジェネレータの製作で有益なアドバイスをいただいたので、それについて書きます。
お楽しみに。

[PR]

  by blueshine6096 | 2016-11-21 22:58 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://blueshine6.exblog.jp/tb/26396825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< エンベロープジェネレータの製作... 人生初の名古屋案内 その2 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE