内定をとることができました!!! その1

こんにちは、半熟卵です。
職業訓練校を卒業して1ヶ月経ちましたが、とうとう本当に内定を取りました!!!
今度は採用証明書にもちゃんとサインをいただき、仕事開始日も正式に決まりました。
以前は内定未遂事件があったりして疑心暗鬼に陥りましたが、もうこれで安心です。
本当にここまでくるのは長かったです。

今回の就職活動で重視したのは、「就職課を利用して客観的な視点でアドバイスをもらうこと」です。
それが内定につながった大きな要因だと感じています。
僕は学生時代に就職活動に失敗しました。
当時の自分は友達も全くいなくて、一人で就職活動していました。
そうすると、客観的な視点がなく、志望動機や自己PRが独善的なものになりました。
なので、今回はなるべく客観的な視点を取り入れるために、積極的に職業訓練校の就職課に行くことにしました。
特に、履歴書、職務経歴書の書き方は何回もアドバイスをいただきました。
また、面接対策もかなり役にたちました。

それでは、ここから内定までのエピソードを書こうと思います。

内定未遂事件があったせいで、職業訓練校在学中に仕事を見つけることはできなくなりました。
それで、職業訓練校を卒業する日にまだ残っていたリクエスト求人の会社に応募することにしました。
そしたら、「2日後に面接に来てくれ」という話になりました。
普段は書類審査で1週間ぐらいはかかります。
それをすっ飛ばして2日後に面接というのはかなり急ピッチです。
まだろくに企業を調べていないし、書類も作っていない状態でした。
僕はその場では「ぜひ受けさせてください!!!」と快く返事をしましたが、内心は「どうしよう…」という感じでしたね。
でも、もう後がない状態なので、受けることにしました。
家に帰って、急いで履歴書、職務経歴書を作成しました。
自分なりに会社について調べて、志望動機、自己PRをそれなりに仕上げました。
そして、次の日に朝から職業訓練校の就職課に行って、アドバイザーから書類の添削と面接練習をしました。
面接練習の時点ではもうどうしようもなくボロボロでしたね。
アドバイザーから多くのことを指摘されました。
そして、もう明日には面接があるので、悠長なことをしていられません。
なので、そのまま喫茶店に入り浸って、面接で話すことをノートに整理していました。
本当はそのノートに整理したことをスラスラ言えるぐらいにしたかったのですが、時間がありません。
もうこのときは生きた心地が全くしませんでしたね。

そして、実際に面接を受けてみました。
面接官は思ったよりも穏やかそうな男性でした。
話の内容は
 ・会社独自の給与体系
 ・今後の仕事内容
といったものです。
そして、「33歳からでも機械設計者として十分やっていける」とか「機械設計は長く続けられる仕事だ」みたいな話を聞いていました。
質問と言えば、「今まで部活をやったことはありますか?」ぐらいで、志望動機も自己PRも聞かれませんでした。
そんな感じで面接は終わりました。
あまりにあっさりしすぎていて拍子抜けしました。
来週、結果を連絡するという話でした。
そして、結果は合格でした!!!
何というか、あまりに人手不足で、書類に目を通しただけで合格が決まったような雰囲気でした。
運が良かったのかもしれません。
今思えば、急な面接に応じて本当に良かったと思います。

長くなりそうなので、ここでいったん切ります。

[PR]

  by blueshine6096 | 2018-03-04 00:55 | 職業訓練校生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://blueshine6.exblog.jp/tb/28171616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 内定をとることができました!!... 職業訓練の復習 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE