<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

VCFの製作 基板のハンダ付け トランジスタのハンダ付けの小技

こんにちは、半熟卵です。
最近、シンセサイザー製作が手つかずです。
なので、何とか踏ん切りをつけたくて、今現在進んでいる所までをブログに書くことにしました。

前回はトランジスタマッチングを終えました。
これから、VCF基板の残りをやります。
今回はVCF基板を製作するときのちょっとした工夫について書こうと思います。

VCFはトランジスタラダーという回路が使われています。
(VCFの詳しいメカニズムについてはこちらを読んでください。)
名前の通り、VCFの基板はトランジスタをたくさんハンダ付けします。

トランジスタは3本足が付いていて向きを間違えやすいです。
なので、今回はちょっとした工夫をしました。
いったいどんな工夫なのでしょうか?

まず、トランジスタの3本の足はエミッタ、コレクタ、ベースと名付けられています。
(図では極性という言葉を使っています。)
b0204981_21130643.jpg


回路図の記号ではこうなります。↓
b0204981_10541798.jpg

そこで、この3本足がどれに対応するのかを区別するために、ペンを2色用意します。
b0204981_21285993.jpg

エミッタを赤、ベースを黒くペンで塗ります。
(何も色をつけていない足はコレクタです。)
b0204981_21372515.jpg

そして、プリント基板に印字してある通りにトランジスタを差し込みます。
とりあえず、これだけでもトランジスタの向きを間違えにくくなると思います。
b0204981_21383062.jpg

また、基板のプリントがどの足を示しているか分かりにくいときがあります。
そんなときは回路図を確認してみます。
そのときにもこの方法は便利です。

例えば、トランジスタQ16について考えてみます。
これがVCFの回路図です。↓
b0204981_10174927.jpg

小さすぎて見辛いので、拡大します。
b0204981_10232741.jpg


トランジスタQ16のエミッタ、コレクタ、ベースがどこにつながっているかを見てみましょう。
上の回路図から以下のことが分かります。

 ①Q16のエミッタはR32につながっている。
 ②Q16のコレクタはR24につながっている。
 ③Q16のベースはGNDにつながっている。

この①~③のうちの2つをテスターの通電チェックなどを使って調べて見てください。
2つがちゃんと繋がっていれば、あと1つは勝手に決まり、トランジスタの向きは合っています。
(これはプリント基板での話です。ユニバーサル基板で製作している方は①~③を全て調べてください。)

また、通電チェックをするときに基板を裏返すと思います。
そのときにもトランジスタの足に色を付けていると良いことがあります。
何だと思いますか?

それは、基板を裏返したときにトランジスタの3本足がどれなのかが一目で分かることです。
b0204981_11414579.jpg

トランジスタの3本足の配置を正確に覚えていても、裏返した途端に「この足はどれだっけ?」と混乱します。
足に色を付けておくだけで、一目瞭然で分かるわけです。
通電チェックをする時に本当にやりやすくなります。
特に、VCFはトランジスタをたくさんハンダ付けするので、この方法が威力を発揮します。

もちろん、慣れている方はこんなまどろっこしいことをしなくても良いかもしれません。
自分もこれをわざわざブログに書こうか迷いました。
これはちょっとした小技です。
良いと思ったら、ぜひ使ってみてください。

そして、今回で基板のハンダ付けが終わりました。
また、基板外の部品の配線もしました。
b0204981_20214210.jpg

まだ、今回は他のモジュールからの信号の配線をつなげていません。
次回はそこから始めたいと思います。
お楽しみに。


追記
[PR]

  by blueshine6096 | 2018-07-29 11:59 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

河川敷で考えたこと

こんにちは、半熟卵です。

今週の土曜日に河川敷へサイクリングに行きました。
日常生活で疲れた頭をリフレッシュさせたかったからです。

さすがに、今回はだいぶ暑かったです。
河川敷に行く途中で喫茶店で休憩しました。
かなり年季が入っていて、入るのに勇気が要りました。
昭和の雰囲気を感じました。
中に入ってみると、意外と良い雰囲気でくつろげました。
b0204981_21214004.jpg

左下にある「三丁目の夕日」という漫画は喫茶店に置いてあったものです。
この漫画は昔ながらの古き良き時代の雰囲気を感じ取れます。
おそらくまだ日本が貧しかった昭和の時代の生活なのでしょう。
まだ、エアコンどころか扇風機もなかったそうです。
でも、それでも何かと工夫しながら生きていく雰囲気が自分は好きです。

今回はサイクリングよりも木陰で休んでいることの方が多かったです。
b0204981_21214433.jpg

ただ木陰で休んでいるのもつまらないので、将来のことについていろいろ考えて、手帳にメモしました。
そのときにメモしたことの一部をここに書こうと思います。

①仕事をどうするか。
 製品カタログがあったらもらいたい。
 自分の携わっている機械がどんなものかを知っておいた方が、仕事をしていて楽しいと思う。

②シンセサイザー製作をどうするか。
 ネット上で流れてくる「ハードのシンセはオワコンだ」とか「そんなもん作ってもしょうがない」というような雑音を聞いても何も良いことがない。
 そのような雑音は何のプラスにもならないので、思い切ってシャットアウトしよう。
 シンセサイザーの製作が終わったら、電子回路を勉強し直したい。
 それを今やっている仕事に結びつければ、機械設計と電子回路の両方ができるようになる。
 (このへんはだいぶ妄想が入っています。)

③日常に飽きてくる
 飽きがこないように、新しい情報を得るようにした方がいい。
 最近、あまり読まなくなった新聞をちゃんと読むようにしよう。
 朝はざっと読むぐらいで、帰りのバスの中は暇だからそこで読めなかったところを読もう。
 投資を始めてみると、また面白くなるかもしれない。

こんな感じのことを考えていました。

今回は本当に暑かったです。
熱中症対策にココナッツウォーターを2本買いましたが、
b0204981_21213155.jpg
あまりに暑かったので、2本とも飲み干してしまいました。
熱中症にはくれぐれも注意してください。

今回は木陰で休んでばかりでしたが、頭の中が整理できて良かったです。
上に書いたことのうちのいくつかは本当にやると思います。
では、今日はこれで終わります。

[PR]

  by blueshine6096 | 2018-07-16 22:00 | 正社員生活 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE