<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

VCFの製作 基板外の部品の配線 その2

続きです。

③JP3(EG出力から)
b0204981_19032736.jpg

 実物を見て気が付いたのですが、1本線が足りませんでした。
 エンベロープ・ジェネレータからは1本しかせんが伸びていませんが、
b0204981_19092888.jpg
 
 VCFの基板は2本分の線を接続するようになっています。
b0204981_19143788.jpg

 エンベロープ・ジェネレータ側は1本線で書かれていて、
b0204981_19255061.jpg


 VCFの方は2本線で書かれています。
b0204981_19323619.jpg

 線が1本か2本か迷いました。
 おそらく、ピンヘッダが2つあるので、実際には2本の線が必要だと思います。
 なので、エンベロープ・ジェネレータ出力からの線をもう1本(赤で囲った部分)を増やしました。
b0204981_19431152.jpg
 
 そして、2本の線をピンヘッダに接続しました。
b0204981_19474198.jpg

 これで、③JP3(EG出力から)を繋げることができました。
b0204981_20011336.jpg


④JP4(ミキサ出力から)
b0204981_20025714.jpg


 VCFの基板では線1本ですが、
b0204981_20153691.jpg

 ミキサの基板からは線が2本出ています。
b0204981_20223113.jpg

 線が1本なのか2本なのか迷いました。
 そこで、本の中の付録A(Analog2.0システム配線図)を見ました。
 本の内容を直接映すのはまずいので、必要な部分を抜き出して書きます。
 それを見ると、ミキサとVCFはこのように繋がっています。
b0204981_20455429.jpg

 こうして見ると、線は1本で大丈夫そうですね。
 ミキサ出力の方に余分な線があったので、
b0204981_20530387.jpg

これを一本外して、
b0204981_20542463.jpg
 
 ミキサ出力をVCFに接続しました。
b0204981_20575125.jpg


 これで④JP4(ミキサ出力から)が繋がりました。
b0204981_21011204.jpg

これで、①~④まで全て繋がり、VCFの配線が完了しました!!!
もっと話を大きくすると、Analog2.0のハンダ付けが全て終わったことになります。
なので、次は動作チェックに行きたいのですが、その前にやることがあります。
それは、ケースの製作です。
実は、まだAnalog2.0の外観のケースを作っていません。
いつかはやろうと思っていたのですが、製作があまりに長引いてしまって、ずっとできませんでした。
そろそろやりたいと思います。

あ~この記事を書くのは本当に大変でした。
なるべく省力せずに書いたのですが、ちょっとやりすぎたかな。
それではまた。

[PR]

  by blueshine6096 | 2018-10-08 21:09 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(14)

VCFの製作 基板外の部品の配線 その1

こんにちは、半熟卵です。
ブログをだいぶ放置していましたが、久しぶりにブログ記事を書こうと思います。

Analog2.0はVCF基板内の部品をハンダ付けをしました。
今回は基板外の部品の配線をします。

VCFの配線は線がごちゃごちゃしていて大変です。
b0204981_15471675.jpg

それもそのはず、VCFはいろんなモジュールの中の最後に組み立てるものだからです。
このごちゃつき具合は。なかなかのものだと思います。
今回は、ぞの配線のごちゃごちゃを1つ1つほぐしてなるべく丁寧に書くことにしました。

VCFはこの図のように配線します。
b0204981_18371366.jpg


この図を見るとよく分かりますが、VCA、LFO、エンベロープジェネレータ、ミキサとあらゆる他モジュールから線を引っ張ってVCFに繋げます。
これがけっこう大変ですね。
上の写真のように、配線がごちゃごちゃだと何が何だか分かりません。
あまりにどうしようもなかったので、いったん配線を整理しました。
パネルから基板を取り外したりして、本の中の配線図を参照して、どの線がどこに繋がっているかを再確しました。
そのうえで、白ビニールテープを使って必要な線をピックアップしました。
b0204981_16024900.jpg

それでは、1つずつ基板外の部品を配線してみましょう。
上の基板の配線図の番号順に話を進めます。


①JP1 Audio Out(VCA Audio Inから)
b0204981_03575510.jpg
 実は、まだこの線はミキサにつながっていました。
 確か、VCAの動作確認時に、ミキサの代わりにVCFに暫定的に繋げていた線がありましたね。
 忘れている方はこちらの記事で思い出してください。↓
 
 
 そうです。このVCAの赤線を引いた線のことです。
b0204981_18290723.jpg
 
 この線をミキサからVCFに付け替える必要があります。
 まず、その赤で囲った線を
b0204981_16233157.jpg
 
 ミキサから外して、
b0204981_16245732.jpg


 VCFのAudio Outに接続します。
b0204981_17005075.jpg

 これで、①JP1 Audio Out(VCA Audio Inから)のラインが繋がりました。↓
b0204981_18422578.jpg


②JP2 Mod.In(LFO出力から)
b0204981_18070251.jpg

 LFOの3つに分岐している部分の中の1つをVCFに繋げます。
b0204981_18200884.jpg

 実物ではこんな感じです。
 この3つに枝分かれした中のまだ何も接続していない線をVCFにハンダ付けします。
b0204981_18160417.jpg
 これはただ単にハンダ付けするだけなので、問題ないと思います。
b0204981_18462023.jpg
長くなりそうなので、いったんここで切ります。

[PR]

  by blueshine6096 | 2018-10-08 18:53 | シンセサイザー製作 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE